学生時代は気の合う仲間との飲み会が多いわけですが、社会人になると話の合わない同僚や上司との飲み会が避けられないことも。

飲み会
※画像はイメージです(以下同じ)
 都内の自動車メーカーで事務として働く、草野明梨さん(仮名・25歳)は普段は明るく、誰とでもコミュニケーションが取れますが、もともとは人見知りで大人数での飲み会が苦手でした。

息苦しい忘年会に感情が爆発

「その日は職場の納会も兼ねた忘年会ホテルの宴会場を貸し切って行われ、会社の偉い人や、普段関わらない部署の人もたくさんいる、まさしく私の苦手な空間。なんとも言えない息苦しさを感じましたね」

 明梨さんは先輩にお酌したり、苦手な愛想笑いを振り撒くなど努力しました。しかし、後半に差し掛かった頃から、記憶が曖昧になり、なぜか会場を抜け出してしまったようです。

「ふと気が付くと、無意識のうちに知らないマンションに侵入しようとしていました……」

 休日は趣味のカメラに没頭するなど穏やかな日々を過ごしていた明梨さんですが、仕事では同じことの繰り返しで、やりがいのない毎日。気づかぬうちに心を蝕まれ、忘年会で感情が爆発してしまったそうです。

マンションの屋上で考えたこと

マンション 夜景

「これから忘年会に戻るわけにはいかないし、こうなったら後先考えず自分の本能に従おうと腹をくくりました。意識が朦朧(もうろう)とする中、猛烈な勢いで階段を駆け上がり、軽やかに柵も飛び越え、屋上にあった広いスペースに。1人きりになれて安心できたことを覚えています」

 もちろん不法侵入はいけませんが、マンションの屋上から周囲を眺めると、新宿のドコモタワー渋谷ヒカリエ東京タワー東京スカイツリーが視界に。

「今まで見たことがない綺麗な夜景を目の当たりにして、ずっと淀んでいた気持ちが心が晴れやかになった気がしました。ずっと真面目に生きてきた自分が初めて殻を破れた感慨もあって、思わずその場から動けなくなったんです」

しとしとと降る雨の冷たさで目が覚める

屋上で水浸し

「そのまま屋上で1時間くらい座っていました。そして無心でビルの上層階で点滅するライトを数えていたら、そのうち寝てしまっていたようです」

 翌朝、しとしとと降る雨で起きたアカリさん。夢から現実に戻ると、その場は随分と冷え込んでいたといいます。

「雨で全身がビショビショに濡れていて、ブルブルと震えていたのを覚えています。お酒が抜けたこともあってか、『わたし、何してるんだろう』と急に情けなくなり、小走りで自宅に帰りました」

 その後、職場ではどのような対応をしたのでしょうか。真面目な印象の同僚が急に忘年会を抜け出したとなれば、当然心配してしまいますよね。

「上司には『気分が悪くなって中座してしまいました』と平謝りをして、なんとか事なきを得ました。もちろん同僚からも『大丈夫だった?』と言われて、迷惑をかけたことに反省しきりでした」

写真を撮り続けるだけの生活を送リたい

カメラ

 その後も同じ会社で働き続けていた明梨さん。趣味の写真をコツコツと続け、SNSアップしていると、徐々にファンもついていったそうです。

SNSのフォロワーが5000人を超えた辺りから、周囲の反応が変わっていきました。企業から取材や、インタビューの話が舞い込むようになったんです。好きで続けてきたことが評価され、本当に嬉しかったです」

 今では自分の写真展を開催するまでになり、今後の生き方について語ってくれました。

「やっぱり会社での仕事は向いてない気が……。人に気を使うのが非常に疲れるんですよね……。いつかもっと有名になったら会社を辞めるつもりです。好きな写真を撮り続けるだけの生活を送るのが夢です」

 生活のためとはいえ、苦手なことを我慢して続けるよりも、自分が好きなことをして生きる方が良い。彼女の話からはそんな印象を受けました。

― 特集・忘年会にまつわるエトセトラ ―

TEXTminkle イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【minkle】

1992年生。港区のIT企業でエンジニアをしながら、複業でライターをしてます。趣味は読書とラジオお笑い全般が大好き。編集・ライター養成講座40期生 Twitter:@minkle_ideas



こんなに無理してまで「忘年会」に行く必要もないと思います。
行きたくない時は勇気を持って断ってしまいましょう。


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 storage.tenki.jp)


ここまで参加しなくても良いと思います。
自分の中に毒を持ちたい所です。

<このニュースへのネットの反応>

屋上ってそんな簡単に侵入できるのか?と思ったら「軽やかに柵も飛び越え」って…。


忘年会の愛想笑いなんて振りまいてもお互い覚えてもいないだろうし適当に顔出して適当に自分のタイミングで抜ければいいと思う


日本は目上神聖崇拝の前提で飲み会やるからね。外人が良くやるホームパーティとは全然違うと思う。上下関係が仕事するうえでは必要だ。けどな、目上に都合のいいものはいつもやりすぎる、日本の悪い癖だよな。あと好きな事のために辛い仕事をってなら多かれ少なかれみんなそんなもんだろ、耐えやすい仕事を選ぶしかねぇな


…仕事は卒なくこなしてるのに飲み会だけが全く合わないって何なんだろう  他の部署の人間と顔を繋ぐのも仕事の内と思うんだけど、酒が悪い方に働いてるだけな気がするな  写真が好きでそっち一本で生きていきたいならとっとと乗り換えたっていいだろうけど、結局仕事上の酒席はどこにでも発生すると思うんだけどな


忘年会中もちゃんと給料出てて参加費取られたりもしてないなら仕事なんだからちゃんと出ないとダメだよ。そうじゃないなら自由参加にすべきとうか、もう逮捕・監禁罪とか適用すべきだとは思うけど。理由が何であれ勝手に人の敷地入ったらダメだよ


酒じゃなくて自分に酔ってる人