日ユ同祖論同祖論、にちゆどうそろん)は、日本人(縄文人)の祖先が2700年前にアッシリア人に追放されたイスラエルの失われた十支族の一つとする説。 但し、ユダヤ人(古代イスラエル人のうちのユダ族、ベニヤミン族、レビ族)ではなく、ユダヤ人と共通の先祖ヤコブを持つ兄弟民族である。
114キロバイト (18,237 語) - 2020年4月23日 (木) 12:07


後「前方後円墳」を逆さに見ると「マナのツボ」に見えるらしい。

日本でユダヤの痕跡を探すのも面白いのかもしれない。

1 樽悶 ★ :2020/05/20(水) 08:00:57.32

日ユ同祖論を提唱した酒井勝軍

(出典 image.news.livedoor.com)


昭和の初めに酒井勝軍(さかいかつとき)という人物が唱えた「日ユ同祖論(にちゆどうそろん)」。それによると日本人は、ユダヤの失われた十支族の末裔であり、両民族間には血縁があるという説です。

失われた十支族とは、旧約聖書に記されたイスラエルの十二支族のうち、行方が知られていない十支族のこと。もちろん、この説は科学的に立証されたわけではないですが、丁寧に見ていくと興味深い共通点がいくつかでてきます。

約束の地を求めて東に向かった十支族の末裔たちは、数百年かけて東の果てにあった日本にたどり着きました。その間に混血が進み見た目にはアジア人に近い姿になっていた古代ヘブライ人は、天孫降臨族として日本に定着したのだとか。

その後、何度かに分けて日本に渡来した古代ヘブライ人、その主な一族は物部氏や秦氏でした。当然のように東南アジアや朝鮮半島、中国からの渡来人や原日本人と混血していき、現在の日本人や日本文化が形成されたのですが、日本の言語や風習には古代ヘブライ人との共通な部分が多数確認できます。

まずは言語。地名や単語は数千年経っても極端に変化することは多くはありません。日本語と類似したヘブライ語は一説には3000語を超えるともいわれています。

いくつか実例を挙げてみましょう。まず「鳥居(トリイ)」という単語は、ヘブライ語のアラム方言で、「門」を意味し、「帝(ミカド)」という単語は、高貴な人物を意味するヘブライ語の「ミカドル」によく似ているし、「駄目(ダメ)」という単語は、そのままの発音でヘブライ語で通じ、駄目という意味で使われています。

また、「憎む(ニクム)」という単語もそのままの発音でニクムという意味で通じるし、「主(ヌシ)」という単語も同様にリーダーという意味になります。

さらに、「忌む(イム)」という言葉は、「酷い」という意味、「飛鳥(アスカ)」は、住所を意味し、「滅ぶ(ホロブ)」もそのまま通じます。

このように共通する言葉が3000以上も確認されています。これは果たして偶然でしょうか。

また、日本の神社の配置構造が古代ヘブライの神殿と似ており、古代イスラエルが使用していた「ダビデの王の紋章」も、かごめ紋・六芒星として古い神社で多く使われています。

さらに、古代ヘブライには天使と相撲を取る話が残されていますが、これも日本に残る神様と相撲をとる相撲神事に似ています。

また、古代ヘブライから続く過越祭(ペサハ)という歳越しと日本の年越しから正月にかけての習慣が似ています。ペサハは、日本の大みそかと同じように家族で寝ないで過ごし、七日間どんちゃん騒ぎが続きます。

これは、日本の正月の七日間と同じであり、餅のような中身の入っていないパンを祝うのも類似性を持っています。神社の鳥居の形は、古代ヘブライの住宅に玄関と同じ形状をしています。

イスラエルの元駐日大使エリ・コーヘン氏は徳島県に何度も訪問していますが、徳島県美馬市にある倭大國神社でメノラー(イスラエル国家の紋章として使われる七枝燭台)を発見し、日本人とユダヤ人は同じ先祖を持つと発言しています。

また古代ヘブライ人に見られるYAPと呼ばれる遺伝子は、アジアでは主に日本人に多いそうです。また、四国八十八カ所の霊場も、剣山に埋められたアークを守護するための結界の一種なのではないかといわれています。

やはり、古代の徳島にヘブライ人たちが渡来したのでしょうか。(湯本泰隆)

2020年5月16日 10時1分
https://news.livedoor.com/article/detail/18270772/

(出典 image.news.livedoor.com)


★1:2020/05/19(火) 23:36:32.79
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589918418/

イスラエルと日本ではいつくか共通点があります。こういった事を調べてみても面白いかもしれません。





10 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:05:32.59

>>1
もう一つ似ているというところは、皇室の男子継承と同じくユダヤ教の祭司も代々男子継承。

ここで紹介されているイスラエルの大使エリ・コーヘンさんてなかなか日本通で、経歴も面白い。
政治家、軍人(中佐)、聖職者、武道家(空手5段黒帯、剣術・居合道4段)、教育者(物理・数学専攻で現在はアリエル大学学長)
徳島に通っていたというのも面白いね。剣山のソロモンの秘宝伝説かぁ


まぁ日ユ同祖論みたいなユダヤの末裔的な話は世界中にあるんだけどな。


14 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:06:19.27

>>1
グーグルで「古代ヘブライ語」って入力しようとすると
すかさず

古代ヘブライ語と日本語の類似点って予測変換される

もう日ユ同祖論がこれほど浸透しているんだよな


19 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:07:44.53

>>1
>昭和の初めに酒井勝軍(さかいかつとき)という人物が唱えた「日ユ同祖論(にちゆどうそろん)」。

この人のwiki面白いなw
https://ja.wikipedia.org/wiki/酒井勝軍
お前らオカルトファンの先駆けやぞ

既にムー系トンデモと化していた酒井を
>1927年(昭和2年)安江と酒井はパレスチナやエジプトに、大日本帝国陸軍からユダヤ研究のために派遣された。
と国費留学させる当時の陸軍の太っ腹に声出してワロタw


60 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:15:41.66

>>1
状況証拠は十分にある


68 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:17:37.95

>>1
ということは、
アメリカが日本に原爆を落としたのは
ユダヤ人の大量虐殺ということ?


82 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:20:23.26

>>68
ソロモン神殿に閉じ込められ虐*れたユダヤ人のように
原爆でボアズとヤキンの二つの柱11を立て焼かれた


88 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:22:45.20

>>68
だからアインシュタインが
あーーやっちまった
だろ?


94 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:24:22.57

>>1
無能な日本人がユダヤの末裔なわけないだろ。

漢字を使ってるから日本人は漢の末裔か?
日本は今も昔も外国の文化をパクリ続けてるだけだろうが


2 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:02:00.54

おれたちユダヤ人


3 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:02:57.61

縄文文化みたいなものが何も無いところに突然現れるのはおかしい


20 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:07:58.83

>>16
中国経由したユダヤ人でいいんじゃね?


28 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:09:42.85

>>20
サンキュー


64 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:16:30.00

>>28
はた迷惑だったから名主が命名
はたw


98 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:24:51.90

>>64
それもあるかもな
傍ではた
畑、畠、機、も秦氏だろう
機織りで、田畑を作ったのも彼ら

主に製鉄をしていたから

山の川で土砂を洗い流し鉄を掬い出す
すると川下に大量の土砂が堆積し、それを田の土にした
彼らは春になると田を耕し稲を作り、秋になると山へ入り鋳(いな)を作った

河にいる間は河童であり山に入ると山童になった
河童山童は神だったから、田の神は春になると山から降りてくる
鬼の頭の作りに田があるのも同じ理由
神と鬼は同じだし神の右の申にも田が含まれてもいる


35 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:10:56.73

>>16
弓月君(ゆづきのきみ/ユツキ/ユンヅ、生没年不詳)は、『日本書紀』に記述された、秦氏の先祖とされる渡来人である。『新撰姓氏録』では融通王ともいい、百済貴族の後裔または秦の皇帝の後裔とされる

弓月君が失われたユダヤ10氏族のひとつという説もあるけど
こっちの説が今の定説になっているから

もしかしたら、百済=朝鮮人かも知れない


57 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:14:34.92

>>40
日本人の祖先がエベンキ


23 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:08:09.73

ヘブライ人というのは白人かね(´・ω・`)?
違うよな


45 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:12:55.26

>>23
コーカソイドではあったかな


70 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:17:56.73

>>23
ノアの三人の息子がそれぞれ白人、黒人、黄色人種の祖になった


24 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:08:17.92

東の最果てだからいろんな者がたどり着いたんだろうよ


43 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:12:45.13

>>24
色々な民族が辿り着いたが、文化風習を残せるまでには至らなかったな
日本人に痕跡として残ってるのは沖縄より南の南方系、中韓
ユダヤ含む中東だの欧州だのはほぼ痕跡なし


27 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:09:16.22

仮に数百、数千のユダヤ人の末裔が過去に渡来していたとしても
それと同祖論はまったく別だろう
日本に辿り着く前に混血が繰り返されていて
元のユダヤ人とは別と言ってもいいような人種だった可能性だってある


50 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:13:54.98

>>27
その数千人が文化に影響与える位置には居たんじゃないか?


58 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:14:45.85

ナオミの夢を聴いても分かる!


66 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:16:51.87

>>58
そこはシナまでは陸路だろうて


59 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:15:07.87

古代ユダヤ人が来日したとすると必ず船で来たわけだが、
いつ、どんな航路で、どんな船でやってきたのか?
古代の船旅は命がけだがそこまでした目的は何か?


63 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:16:23.90

>>59
イスラエルから直接航路で来たという説ではなくて
中東→中国大陸→朝鮮半島経由でやってきたって説


80 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:20:13.75

>>63
だから、
朝鮮半島の東、百数十kmの海の中に島がある情報
どの航路でいけばたどり着ける
何日くらいの水が必要


これがなければ無理


90 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:23:10.76

>>80
それを言うなら、まず弥生人が日本列島に渡ったきた説を
その言い分で否定しないと

でも今の学説で弥生人は大陸から日本列島に渡ることは不可能という学説はないよね?w


74 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:18:56.76

>>59
ユダヤが離散したのが2世紀からだけど、例えば3世記には邪馬台国が
日本から中国へ渡ってるわけで、当然それ以前にも多数の人々が日本
に移り住んでいたはずだよ。


61 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:15:56.53

これ何十年も前から言われてるネタだから
令和になってもまだやるのね


69 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:17:51.35

>>61
ネトウヨみたいなガイジ達の心の拠り所の一つだからなw


84 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:20:46.71

>>69
何を言ってるニダ!日本人はウリ達の弟ニダ!

朝鮮人は格上ニダ!


78 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:20:03.61

秦氏の「はた」は八幡の「はた」である!


100 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:25:16.98

>>78
日本は八を尊ぶ 八百万の神とか それはヤハウェからきてる


86 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:21:27.04

ユダヤ人って優秀な人ばかりだし、これって
日本スゴイ、日本ホルホルの一環だよね?
こういうの恥ずかしいからやめて
最近は韓国人の方が客観的な気がする


93 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:24:07.82

>>86
ウリもそう思うニダ!流石同胞ニダ!


99 不要不急の名無しさん :2020/05/20(水) 08:25:10.45

日本人は、ロシア・アルタイ地方に住んでいたデニソワ人とネアンデルタール人の遺伝子を持っているんだっけ?