中華料理は世界3大料理に数えられているだけあって様々な美食が存在している。日本人にとっても中華料理は身近であり、街中には安くてボリュームのある店から、本場の味を再現した高級店まで、多種多様な中華料理店が存在する。

 一方、日本には本場の中国にはない「中華料理」も存在している。中国メディアの今日頭条は25日、日本には中国人ですら見たことのない「オリジナル中華料理」があることを紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、日本では中華料理は多くの人に好まれていて、中華料理店だけでなく、コンビニでも中華料理の弁当が販売されているほど、日本人にとって身近な存在だと紹介。だが、日本の中華料理は一般的に中国人が期待する味ではなく、日本人の好みに調整されていて、中国人が食べても「物足りなさを感じる」と指摘したほか、中国では見かけることのない中華料理までもが存在すると論じた。

 続けて、日本独特の中華料理の例として「天津飯」、「冷やし中華」、「中華丼」を紹介し、これらは中国には存在しない中華料理であり、「日本で生み出された料理である」と伝えた。また、日本人の好みに味がアレンジされている中華料理として「麻婆豆腐」を紹介し、山椒の痺れる辛さと唐辛子のホットな辛さを意味する「麻辛」(マーラー)が日本の麻婆豆腐にはないと伝え、「中国人が食べたら物足りない味だ」と論じた。

 本場の中国料理は地域によって味付けの濃さは異なっているものの、基本的に香辛料をふんだんに使用した料理が好まれる。中でもニンニクは欠かすことの出来ない薬味で、多くの料理に使用されている。他にも「五香粉(ウーシャンフェン)」と呼ばれる万能調味料も多くの料理で利用されている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

中国人も見たことがない! 日本に存在する「日本オリジナルの中華料理」=中国

日本人は様々なものにアレンジするのが得意だと思います。
おかげで本場の中華料理よりも、今の独特の中国料理の方がとても美味しい気がします。



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 marche.otoriyose.net)


日本で本場中国の料理を食べると、お腹壊すし、客が離れていく。

その国に応じた食べやすい料理を提供するのはとても良いと思います。

<このニュースへのネットの反応>

マジで中国人は五香紛と香菜(パクチー)ぶっかけるの大好きでちw


冷やし中華の原型なら元は満州にあったと聞いてる。というか、向こうの麺の食べ方はそのまま茹で汁と一緒に食べるか、湯切りしてタレや餡をかけて食べるのが基本だから、水に晒して常備菜を載せ黒酢ベースのタレをかける食べ方は十分考えられる。どうせ原型はまた大躍進&文革の毛沢東コンボで散逸したんだろよ。あと中国本土でも上海の麻婆豆腐はそんなに辛くないんじゃなかったか。


昔ならラーメンも入ってただろうなコレ


薬食同源から毒食同源の国になっちゃってて


東坡肉や紅焼鮑魚のように調味料の生産法・菜譜が散逸してなくて日本でも材料・調味料が揃い、なおかつ舌に合うものは無改造のものが日本の中華料理店でも食べられるよ。逆に回鍋肉のように調味料の作り方が散逸して中国でさえオリジナルが作れなくなった料理も存在していたり。>ALTAIR氏


冷やし中華はこれぞ日本!と言えるオリジナル中華料理だよな。夏に最低でも1回食べないと秋を迎えられないくらい好き


冷やし中華は食感を好む中国人には受けが良さそうだけどな。


冷やし中華とラーメンサラダの違いが今でも判らん


>博多の塩 「こんなものは邪道だ!」と怒りながらモリモリ食べるらしい。


冷やし中華ではない冷やしラーメンの事も思い出してあげてください…


その道はすでにカレー様が通った道だッ!肉じゃがさんでもいいッ!!ナポリたん?私は一向にかまわんッ!!!あ、アボガド巻きとかサラダ軍艦もじゃんじゃんやっちゃってください。料理に国境なんてなくていいと思います。


日本の"本格麻婆豆腐の素"で作ったものでも四川の人からすれば子供向けの味らしい