お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: 芸能


    【この記事の動画を見る】

    インド北部の小さな村で5月下旬、赤ちゃんが乾いた泥の中に生き埋めにされているのが発見された。赤ちゃんが救出される様子は動画に捉えられ、『Times of India』『Hindustan Times』などが伝えて拡散している。

    インドのウッタル・プラデーシュ州シッダールト・ナガル県のソノーラ(Sonoura)という村で5月25日の朝、住宅の建設工事をしていた作業員が赤ちゃんの泣く声を聞き、近くの住民らと一緒に声の出所を探し当てて赤ちゃんを救出した。

    その様子を捉えた動画では、乾いた泥の中から小さな脚が1本だけ突き出しているのが見て取れる。すぐそばで男性が注意深く泥をかき分けており、赤ちゃんの両手を探し出すと一気に引っ張り出した。身体中が泥まみれだったものの、赤ちゃんは手足をわずかに動かしており、男性が息を吹きかけて顔の泥を払っている。

    赤ちゃん男の子で、すぐにコニュニティー・ヘルスセンターに運ばれて手当てを受け、地域の病院に転送された。診察した医師によると、赤ちゃんはかなりの量の泥を吸い込んでいるものの容態は安定しているという。1週間ほど入院すれば退院できる見込みで、ラクシュミという村人が「赤ちゃんを養子にしたい」と申し出ているそうだ。

    なお地元警察は「赤ちゃんは生後1日で、へその緒がきちんと切断されていなかった。埋められたのは発見される数時間前だろう」と明かしており、地元では「赤ちゃんは非嫡出子だったため、生き埋めにされたのでは」という噂でもちきりだという。

    ちなみにこのニュースには「よくこんなことができるものだ。赤ちゃんが助かって良かった」「赤ちゃんが声をあげなかったらと思うとゾッとするね」「よく見つけてくれた」「赤ちゃんには幸せになってもらいたい」「残酷すぎる」「赤ちゃんを掘り出した後、なぜすぐ抱っこしてやらなかったのか?」「こんな悲しいニュースがなくなることを祈っている」といったコメントがあがっている。

    赤ちゃんを遺棄するニュースは後を絶たず、2018年にはグアテマラで、生後20日の女児が汚物まみれのトイレに捨てられていたところを救出されている。またブラジルでは、誕生後すぐに生き埋めにされた赤ちゃんが8時間後に救出されていた

    画像は『National Chronicle 2020年5月29日付「Newborn boy survives after being found buried alive」』『Mirror 2020年5月29日付「Newborn baby buried alive in mud survives after miraculous rescue by villagers」(Image: Newslions / SWNS.COM)』のスクリーンショット
    (TechinsightJapan編集部 A.C.)

    海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


    とにかく赤ちゃんが助かって良かったです。しかし遺棄した人は誰なんだろう?親の顔が見てみたい。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn.pixabay.com)


    男の子には幸せになってほしい。




    <このニュースへのネットの反応>

    【(衝撃)あまりにも残酷過ぎる。泥の中に男の子生き埋め!ある村人が養子に。】の続きを読む


    日中の気温40度以上。
    生きる為に父を自転車に乗せ1000キロ走破!!

    さどかし暑かっただろう。

    しかしこの忍耐力は凄すぎます。

    NO.8525755 2020/05/30 06:39
    歩けぬ父を自転車に乗せ…インド少女、故郷まで1千キロ
    歩けぬ父を自転車に乗せ…インド少女、故郷まで1千キロ
    道中では、日中の気温が40度を超えた。

    夜はガソリンスタンドで過ごし、トラックの運転手が荷台に載せてくれたこともあった。

    食料は見知らぬ人が分けてくれた。

    村に着いた後は極度の疲労で寝込んだという。

    ■歩けぬ父を自転車に乗せ…インド少女、故郷まで1千キロ
    新型コロナウイルスの感染拡大が続くインドで、歩けない父親を後部座席にのせ、自転車を10日間こいで故郷の村に連れ帰った少女が話題になっている。

    地元メディアによると、自転車で約1千キロを走破したのはジョティ・パスワンさん(15)。

    オートリクシャー(三輪タクシー)の運転手として約20年間、首都ニューデリー郊外で働いてきた父のモハンさんは今年1月、交通事故で歩けなくなった。

    東部ビハール州の村から父を助けるために出てきて一緒に住んでいたが、3月25日以降、ロックダウン(封鎖)で外出は制限された。

    「家賃は支払えず、大家からは出て行けと言われた。食べ物もなく、このままでは飢え死にすると思った」。

    ジョティさんは地元メディアに語った。

    外出や移動の制限が緩和されてきたことから、ジョティさんはモハンさんの制止を振り切り、1千ルピー(約1400円)を借金して中古の自転車を購入。

    父を後部座席に乗せて今月8日に出発した。

    道中では、日中の気温が40度を超えた。

    夜はガソリンスタンドで過ごし、トラックの運転手が荷台に載せてくれたこともあった。

    食料は見知らぬ人が分けてくれた。

    村に着いた後は極度の疲労で寝込んだという。

     ジョティさんを知ったインド自転車連盟は「ものすごい忍耐力だ。ナショナルチームの適性検査を受けてほしい」とオファー。トランプ米大統領の長女イバンカ氏も「この忍耐と愛情による美しい偉業はインド国民の心をつかんだ」とツイートした。

     しかし、ジョティさんは「お金がなくて学校を退学せざるをえなかった。自転車はやむを得ず苦しさからやったこと。本当は勉強がしたい」と話した。ジョティさんが再び学校に通えるよう、支援を名乗り出た人もいるという。



    【日時】2020年05月29日 15:25
    【ソース】HUFFPOST
    【関連掲示板】


    【日中の気温40度以上。生きる為に父を自転車に乗せ1000キロ走破!!】の続きを読む


    (米)25歳女性とアプリで知り合った男性!!
    その後の行動が悲惨過ぎる。

    今の時代簡単に出会えるけれど、こういったリスクが付き物。

    NO.8514260 2020/05/26 16:06
    出会い系で知り合った女性と肉体関係になった男 その数時間後に相手を惨殺 米
    出会い系で知り合った女性と肉体関係になった男 その数時間後に相手を惨殺 米
    出会い系アプリで知り合った女性と実際にデートし、男女の関係になったというある男。

    しかしその直後に男は女性を惨殺。

    急行した警官に対し「俺を射殺して」などと懇願していたことを海外メディアが大きく伝えている。

    25歳の女性と出会い系アプリで知り合い、さっそくデートする約束をし喜んだ米国・ユタ州出身のイーサン・ロバート・ハンセーカー容疑者(24)。

    男はある日の午後9時に女性と会い、女性を伴い地元のバーに向かった。

    そこで酒を飲んだふたりは、そのまま容疑者の自宅へ。

    ふたりはすぐに寝室に入り、そのまま男女の仲になったという。

    お楽しみを経たふたりはそのまま眠ったというが、ハンセーカー容疑者はほどなくして目を覚まし、女性の首に手をかけた。

    1分間にわたり力いっぱい女性の首を絞め続けたが、驚いて目覚めた女性は必死に抵抗。

    その際に容疑者の腕や肩にアザができたという。

    「なかなか死なない。」そう考えた容疑者はポケットナイフを取り出し、女性の胸元をめった刺しに。

    大量に出血する様子を10分ほど眺め、その後みずから通報して「僕が女を殺したんです」「でも苗字は知りません、デートアプリで出会っただけだから」などと語ったという。

    警官隊がその後に男の自宅に到着したが、女性は亡くなっていたとのこと。

    男は「さあ、どうぞ僕を撃ってください」と要求する異常ぶりで警官らを驚かせた。

    「僕、精神的な病気を患っているんです。」「毎日ひとを殺したい、自殺したいという思いが頭から離れなくて…。」「一応(精神的に安定するよう)処方薬はのんでいますよ。」男は警官らにそう話したという。

    出会い系アプリで好みの男性と知り合い、念願のデートを楽しんだ被害者。

    しかし男は理想的な恋愛相手などではなく、人を殺したいという強い欲求を抱えた異常者だった。

    改めて「出会い系はあぶない」という声があがる中、「新型コロナウイルス騒動で外出を控える人が増え、アプリなどを利用しての恋人探しが盛んになっている」という報道もある。

    だがもしたまたまアプリで知り合った相手が血に飢えていたとしたら…。

    考えただけでも恐ろしい話だ。

    【日時】2020年05月26日
    【提供】エトセトラ・ジャパン


    【(米)25歳女性とアプリで知り合った男性!!その後の行動が悲惨過ぎる。】の続きを読む


    中々報道されないコロナ疲れ!!
    海外に延泊し40万も払う羽目に。

    こういった事と重なるのは最悪ですね。
    楽しい旅行のはずがとても台無しです。

    NO.8510450 2020/05/25 12:52
    コロナで海外に取り残された日本人たち。旅行を強行したら帰国できない…
    コロナで海外に取り残された日本人たち。旅行を強行したら帰国できない…
    まだまだ油断できない新型コロナウイルス。

    その影響は“感染”せずとも一般家庭の人々にしっかりと及び始めている。

    妻との軋轢や育児に疲れ果てる者、帰宅難民と化す者、子供を奪われそうになる者……。

    今、多くの人の“コロナ疲れ”が臨界点に達しようとしている。

    テレビでは報じられない、名もなき被害者たちに迫る!

    ◆渡米を強行するも国境封鎖が発動。帰国後も疲労困憊
    国の国境封鎖措置や会社の指示によって海外から戻れず、現地に足止めされた人がいる。

    3月末にアメリカ・フィラデルフィアへの海外旅行を強行した伊藤瞳さん(仮名・31歳)もその一人だ。

    「ホテルのキャンセルも面倒だったし、出国も可能だったので、大丈夫だろうと思い決行しました」

    しかし、国家非常事態宣言が発令されている現地に着くと、その深刻さは予想以上だった。

    「街は外出制限がかかり、ほとんどのお店は開いていません。また、アジア人だというのがわかるとエレベーターに一緒に乗るのを拒否されたり、歩道でもあからさまに避けられて舌打ちをされたこともあった。トラブルも怖いし、ホテルにこもるしかない状況でした」

    帰国を早めようと航空会社に連絡を入れても欠航が相次ぎ、メドも立たないまま10日間が過ぎた。

    「日本のニュースはスマホで調べていたので、空港に私みたいな帰国難民が溢れていて、そこでコロナに感染するケースもあった。いつ帰れるのかわからない怖さと、帰国できても、また自主隔離をしないといけないのが憂鬱でしたね」

    結局、帰国便の予約が取れたのは、さらに2週間後だったという。

    「飛行機代の追加はかからなくてよかったのですが、延泊し続けたホテルや飲食代は何の補償もないので自腹です。計算したら約40万円も余計にかかりました」

    こうした、いわゆる“帰国難民”は4月下旬の時点で600人以上存在したとされている。

    彼らの心理的ストレスや経済的な負担は計り知れない。



    【日時】2020年05月25日 06:52
    【ソース】日刊SPA!


    【中々報道されないコロナ疲れ!!海外に延泊し40万も払う羽目に。】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    聖書に出て来るイナゴの群れみたい。

    1 キングコングラリアット(長野県) [DK] :2020/05/22(金) 07:48:58.74


    新型コロナウイルスの感染拡大が続くパキスタンで、バッタが大量に繁殖し食糧被害が懸念されている。
    国連は群れが今後、インド国境周辺に移動し、6月には東アフリカから別の群れが到達する恐れがあると予測。
    約3分の1の地区が既に影響を受けており、政府関係者は「食糧だけでなく経済に大打撃になる」と危機感を募らせる。

     今年3月ごろ例年より多くの雨が降り、バッタが繁殖しやすい環境になった。
    4州50以上の地区で影響が確認され、国連食糧農業機関(FAO)は
    穀物などの被害額は8170億パキスタンルピー(約5470億円)に達する恐れがあると予測している。

    バッタの大量繁殖で食糧危機も 感染広がるパキスタン
    https://www.sakigake.jp/news/article/20200520CO0112/


    (出典 sustainablejapan.jp)

    移動するバッタの脅威!!大量に発生すると世界的な飢餓が起こるかもしれない。


    【バッタが国境超えて移動!?「食料危機」だけではなく経済にも打撃。】の続きを読む

    このページのトップヘ