お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:

    • カテゴリ:

     中華料理は世界3大料理に数えられているだけあって様々な美食が存在している。日本人にとっても中華料理は身近であり、街中には安くてボリュームのある店から、本場の味を再現した高級店まで、多種多様な中華料理店が存在する。

     一方、日本には本場の中国にはない「中華料理」も存在している。中国メディアの今日頭条は25日、日本には中国人ですら見たことのない「オリジナル中華料理」があることを紹介する記事を掲載した。

     記事はまず、日本では中華料理は多くの人に好まれていて、中華料理店だけでなく、コンビニでも中華料理の弁当が販売されているほど、日本人にとって身近な存在だと紹介。だが、日本の中華料理は一般的に中国人が期待する味ではなく、日本人の好みに調整されていて、中国人が食べても「物足りなさを感じる」と指摘したほか、中国では見かけることのない中華料理までもが存在すると論じた。

     続けて、日本独特の中華料理の例として「天津飯」、「冷やし中華」、「中華丼」を紹介し、これらは中国には存在しない中華料理であり、「日本で生み出された料理である」と伝えた。また、日本人の好みに味がアレンジされている中華料理として「麻婆豆腐」を紹介し、山椒の痺れる辛さと唐辛子のホットな辛さを意味する「麻辛」(マーラー)が日本の麻婆豆腐にはないと伝え、「中国人が食べたら物足りない味だ」と論じた。

     本場の中国料理は地域によって味付けの濃さは異なっているものの、基本的に香辛料をふんだんに使用した料理が好まれる。中でもニンニクは欠かすことの出来ない薬味で、多くの料理に使用されている。他にも「五香粉(ウーシャンフェン)」と呼ばれる万能調味料も多くの料理で利用されている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    中国人も見たことがない! 日本に存在する「日本オリジナルの中華料理」=中国

    日本人は様々なものにアレンジするのが得意だと思います。
    おかげで本場の中華料理よりも、今の独特の中国料理の方がとても美味しい気がします。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 marche.otoriyose.net)


    日本で本場中国の料理を食べると、お腹壊すし、客が離れていく。

    その国に応じた食べやすい料理を提供するのはとても良いと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人が開発した独特の中華料理!「中国人が食べたら物足りない味だ!!」】の続きを読む

    • カテゴリ:

     中国メディア・東方網は24日、日本人があまり清潔ではなさそう、食べると体調を崩しそうだと思う中国の食べ物を4種類紹介する記事を掲載した。

     1つめに紹介したのは、屋台や夜の食堂で必ずと言っていいほど見かける串焼きだ。記事は、夏になると長い鉄の串に肉を刺した串焼きを頬張りビールで流し込む機会が増え、串焼きは夏のパーティーには欠かせない食べ物であると紹介。一方で、食べ物が傷みやすい夏によく供される串焼きは必ずしも衛生面で安心できるわけではなく、特に、清潔さを重視する日本人は中国の串焼きを見ると「あまりきれいではない」と感じると伝えた。

     2つめは、真っ黒な見た目に独特のにおいを放つ厚揚げ風の食べ物、臭豆腐である。においが気にならない人にとっては非常においしく病みつきになる食べ物である反面、そのにおいを全く受け付けない人は、見た目とにおいからなんとなく「汚らしい」というイメージを抱いてしまうのだとしている。

     3つめは、中国風揚げパンとして知られ、特に中国北部では朝に豆乳に浸して食べるのが一般的な油条だ。揚げパンは日本人も大好きであり、味覚的には何のクセもない食べやすいものだが、記事は揚げ油を何度も繰り返し使用するケースが多く、黒く変色したような油で揚がった油条を見た日本人はお腹を壊すのではないか、あるいはがんになりやすいのではないかと心配するのだと紹介している。

     そして最後に挙げたのは、激辛のマーラータン。記事は「マーラータンは食べた後にお腹を下す人が結構いる。下痢止め薬を加えて問題になった店もあるほどだ」としたうえで、日本人の間でも「腹を壊す料理」として知られていると伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    日本人が「体に悪そう」と思う中国の料理=中国メディア

    特にこの4品は苦い思い出のある方もおられると思います。お腹を壊さないようにしっかり対応していきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 t-china.info)


    臭豆腐は匂いがきつく。初めは日本人には合わないのかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(食)とても特殊な中国料理!日本人が苦手と思う食べ物を4つ挙げてみた。】の続きを読む

    • カテゴリ:


    (出典 www.ochanosato.jp)


    こんな外に自動販売機があるのも日本位。

    しかし「お茶」も相当種類が増えてきた。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/05/16(土) 13:01:21.40

    https://news.yahoo.co.jp/articles/303c1bd33d5cd390ee0625b747e821a0228f020e

    自動販売機やコンビニの定番商品として、多くのラインアップがあるお茶飲料。
    緑茶やウーロン茶、紅茶、麦茶、健康茶など、今では数多くの商品が店頭に並んでいます。

    しかしそうした商品が出始めた当初、

    「お茶を買って飲むなんて……」
    「自分で沸かせばいいのに」

    と、ためらっていた人も多いのではないでしょうか。

    お茶や水を自動販売機で買う――その始まりは、ウーロン茶からでした。
    日本でウーロン茶の専門店が見られるようになったのは大正時代で、長らくの間、粋人独特の茶器を使って楽しむものでした。
    やがて1970年代になり、アイドルデュオ「ピンク・レディー」が飲んでいるとして、ウーロン茶は美容や健康に効果があるお茶として話題になります。

    これを受けて、各飲料メーカーは缶入りウーロン茶の開発を始めます。1981(昭和56)年2月に、伊藤園(渋谷区本町)が
    世界初の缶入りウーロン茶を発売。続いて12月に、サントリー(現・サントリー食品インターナショナル。中央区京橋)も参入します。

    世間の逆風を勝機とした飲料メーカー

    しかし、すぐに売れたわけではありませんでした。
    実はウーロン茶より早く、缶入り紅茶が1974(昭和49)年から発売されていたのですが、人気を得ることはできませんでした。
    冒頭に述べたように、「お茶は自分で入れて飲むもの」という意識が根強かったからです。

    会社では給湯室に巨大なヤカンが置かれていて、会議のときにそれでお茶を注ぐというのが定番の風景でした。
    ところが飲料メーカー各社はお茶に勝機を感じ、次々と商品を開発していきます。

    1983年にはポッカコーポレーション(現・ポッカサッポロフード&ビバレッジ。名古屋市)が、缶入りの玉露とほうじ茶を市場に投入しています。

    缶入りウーロン茶が人気を得た理由

    こうして市場で存在感を増していった缶入りのお茶飲料が急成長したのは、1986(昭和61)年頃からです。

    缶入りウーロン茶(当時は250cc)は、1982年に出荷数40万ケース(1ケース30本入り)だったものが、1985年には1450万ケース、
    1986年には2300万ケース、1987年にはついに3000万ケースに達します。
    1988年の時点で、ウーロン茶は約200社が参入する市場にまで成長していました(『朝日新聞』1988年8月18日付朝刊)。
    1988年の夏は天候不順で清涼飲料の売り上げは伸び悩んでいましたが、お茶飲料の売り上げだけは前年度比20~30%増でした。

    家庭でも手軽に入れられるはずなのに、缶入りウーロン茶が人気を得た理由――それは、イメージの変化と技術開発によるものでした。
    各メーカーは、自宅で入れるウーロン茶と遜色のない味を追求。結果として、ウーロン茶は無糖で健康にも最適という情報が広く知られるようになりました。
    またウーロンハイのような、新たなお酒の楽しみ方が普及したことも人気上昇の要素と言えます。

    ウーロン茶に続いた紅茶

    ウーロン茶に続いて市場を席巻するようになったのが、紅茶です。
    こちらは、各社が若者層を意識したイメージ戦略で普及を加速させました。具体的には、商品名を一度聞いたら忘れられないインパクトのあるものにしたのです。
    「ジャワティー・ストレート(大塚製薬)」「午後の紅茶(キリンビール)」などは、その成功例です。
    さらに各社はストレート・レモン・ミルクの3種類を基本の味とし、差別化を図るために、茶葉の質にこだわったことも見逃せません。
    ウーロン茶も紅茶も、家で自分で入れて飲むものとは「ひと味違う」ということを知らしめ、定番として定着させたというわけです。

    最後に人気となった緑茶

    ここでちょっと後れを取っていたのが、緑茶です。

    1980年代半ば以降、缶からペットボトルに容器が変わっていく中で、緑茶も販売されていましたが、メジャーではありませんでした。
    緑茶は日本人にとってもっとも定番な飲み物です。そのため、味に厳しかったのです。
    「宵越しの茶は飲むな」という言い伝えがあります。これは、一晩置いたお茶が身体に悪いから飲んではいけないという意味です。

    実際に一晩置いたお茶は渋みの成分であるタンニンが酸化するため、とてもまずくなります。
    そのため、自動販売機やコンビニで売られているお茶がおいしいはずはないと思っている人が多かったのです。
    しかし、酸化を防ぐための窒素充填(じゅうてん)などの技術開発で、味は瞬く間に向上していきます。
    使う茶葉も、香りや味が深いものが選ばれました。

    日本人と「お茶」の歴史は古く、今でも好んで飲まれている事に驚きです。

    今後も新しいお茶が開発され、美味しく飲まれていくのに期待したいです。


    【(歴史)「お茶は家で沸かして飲むものだろ!」いつから人は買うようになった?】の続きを読む

    • カテゴリ:

     和食は、2013年ユネスコ無形文化遺産に登録されており、他にも食の無形文化遺産としては、フランス料理メキシコ料理なども登録されている。長い歴史を誇る中華料理が無形文化遺産に登録されていないのは不思議なことだが、中国メディアの今日頭条はこのほど「なぜ海外での中華料理の地位は和食に及ばないのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

     記事はまず、コロナウイルス感染拡大で世界中の中華料理店の経営が厳しくなっていると紹介。これは、主な顧客が地元の中華系コミュニティと中国からの旅行客だったからだと指摘し、裏を返すと「それだけ地元住民に受け入れられていないことを示している」と主張した。この点、和食は海外でもしっかりと地元に根ざしてきたとして、欧米で日本料理の地位が高く中華料理が低い理由について分析した。

     その1つは「中華料理の味と料理法が独特過ぎる」ことにあるという。中華料理には辛いものが多く、調理方法も複雑で、味付けにも作り方にもシンプルな分かりやすさを好む西洋人には自然と和食の方が好まれるとした。

     2つ目は、「提供方法が西洋人の好みに合っていない」こと。中華料理の良さは、みんなでにぎやかに食卓を囲み、大皿で提供して取り分けることにある。しかしこの方式は西洋人の習慣にマッチしていないという。また、欧米では中華料理は「テイクアウト」として販売されることが多く、自然と価格帯も地位も下がってしまうのだと分析。この点、シンプルで軽く食べられるランチにも、ディナーに使える高級さも兼ね備えている和食は西洋人受けすると分析した。

     そして3つ目は「手軽なファストフードとして海外で広まってしまった」こと。1980年代の健康ブームの中で油っこい中華料理ジャンクフードに認定されてしまい、華僑が欧米で次々と中華料理店を開いた90年代には、価格競争を激化させコックのレベルを下げて自滅してしまったと指摘。逆に和食はレベルの高い料理人が海外に進出し、高級なイメージの構築に成功したと比較している。

     西洋で広まった中華料理の主な問題点は、中華料理そのものというよりも、文化の輸出にあるのかもしれない。和食が食の無形文化遺産に登録されたのも、食材や食事そのものではなく和食という食文化にあったようだ。現在は新型コロナの影響で世界中の飲食業が厳しい状況だが、各国で地元の人々に愛され成長してきた和食店には生き残ってほしいものである。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    なぜだ! 欧米ではなぜ「日本料理の地位が高く、中華料理の地位は低いのか」=中国

    日本食は歴史もあり栄養価も高い!きっと欧米人の口に合うのだろう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 rimage.gnst.jp)


    日本料理の方が健康的だし、小麦文化の欧米にはその方が合うのだろう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【なぜ日本料理ばっかり!!「悔しすぎる」何故か中華料理は欧米人に受けいれて貰えない!!】の続きを読む

    • カテゴリ:


    コロナによる外出自粛で巣ごもりライフを少しの工夫でより楽しく快適に!今回は第一弾として、自炊の機会が多い今こそ取り入れたい、毎日の食卓準備に役立つアイデアをご紹介しよう。意外と簡単にレパートリーが広がるかも?

    ①火を使わない調理で子供たちも楽しめる!レンチン混ぜうどん

    食事の支度があるけれど、子供たちも放っておけない!そんなときは一緒に調理ができればお子さんもハッピーだろう。素材をカットして、混ぜて、レンジでチン!の簡単調理なら、子供たちも楽しみながら参加できる。

    調味料は「めんつゆ」を使えば失敗なし!だしの力で素材のうま味を引き出し、簡単に味付けできる。普段は料理をしないパートナーも、これならチャレンジできるのでは?



    食物繊維も豊富なウワサの「代替肉」に挑戦!
    自炊が増えるとメニューワンパターンになりがちなあなた。栄養バランスの偏りも気になるだろう。

    調理次第で牛肉風にも豚肉風にもアレンジが可能な「大豆のお肉」を選択肢に加えてみては?本物のお肉に比べて低カロリー・低コレストロール・低脂質。さらにタンパク質食物繊維が豊富など良いことづくめ!保存期間が12ヶ月と長いので備蓄食にもよい。



    ③時短ワザ「下味冷凍」が優秀すぎ!
    忙しい共働き家庭を中心に時短と節約になると話題の「下味冷凍」はもう取り入れているだろうか。肉や魚を「Ziploc®」などのフリーザーバッグに入れて、調味料で下味を付けてから冷凍保存するだけ。味付け済みだからフライパンで焼くだけで美味しく食べられる。一つのタネで色々なメニューを作れるので献立を考える負担も減るかもしれない。クックパッド「食トレンド大賞2019」でも「下味冷凍の肉おかず」が大賞を受賞している。





    ヤマキ「だし活プロジェクト」
    マルコメ
    旭化成ホームプロダクツ

    ITライフハック
    ITライフハック Twitter
    ITライフハック Facebook

    カルチャーに関連した記事を読む
    志村けんさん追悼企画でCS放送ファミリー劇場が『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントを5月2日(土)に約8時間一挙放送!
    長期化する「コロナ自粛」で温泉気分に浸りたいアナタに! バーチャル温泉動画の日替わり配信はいかが?
    マスク転売ヤー撲滅!アイリスオーヤマが政府からの要請に対応して国産マスクの生産能力を1億5千万枚/月に増強
    おやつカンパニーが生まれた時の体重と同じ重さのベビースターラーメンが当たる!“ドデカイ”感謝プレゼントキャンペーンを実施
    展示会場はオンライン空間!チップワンストップが「チップワンストップ オンライン展示会2020春」を開催



    こういった時だからこそ、美味しく簡単に食事をしていきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 dol.ismcdn.jp)


    食事は1日3食!!どうせなら簡単で美味しく楽しみたい所ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【巣ごもり生活でも食事をリッチに!!簡単なレンチン料理をいくつか紹介。】の続きを読む

    このページのトップヘ