お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:娯楽 > ゲーム


    東京ゲームショウ2019で15日に開催された「ストリートファイター5」の大会「CAPCOM ProTour 2019アジアプレミア」で、プロゲーマーのももち選手が優勝した。この大会の優勝賞金は500万円だったが、ももち選手が手にするのは6万円余りだとわかり、議論を呼んでいる。


    日本eスポーツ連合(JeSU)公認大会の「CAPCOM ProTour 2019アジアプレミア」では、賞金の付与について、「入賞者がJeSUが発行する『ジャパンeスポーツ・プロライセンス』を保有している場合、規定の金額が支払われます」「入賞者がプロライセンスを保有していない場合、規定の金額にかかわらず賞金の最高額は10万円とします」と定められていた。このため、JeSUのプロライセンス制度に疑問を呈し、距離を置いているももち選手の獲得賞金は10万円となった。


    その後、ももち選手は大会での獲得賞金について、自身のゲーム実況チャンネルで言及。賞金はライセンス未所持者の最高額10万円ではなく、6万200円だと明かした。ももち選手によると、副賞でもらったモニター代3万9800円と合わせて10万円との連絡があったという。これには「僕もびっくり」としつつも、今後については話し合う機会をもらったとしている。


    ももち選手の獲得賞金はTwitterで拡散。上位者の中で優勝者が最も低い賞金になることや、副賞代を賞金から差し引くことへの疑問や、プロライセンスを発行するJeSUへの批判など様々な声が寄せられている。その中で、JeSUの地方支部・東京都eスポーツ連合の関係者は、「判断下しているのはカプコンなんだからJeSUがどうこうなのはちょっと違うと思うよ」「そもそも団体できるといきなり『出た利権団体w俺らの敵!w』とか言われるから出づれえよマジで」などとツイート。その後、投稿を削除し、伝え方が悪かったとして謝罪した。


    なお、JeSUがプロライセンスを推進する理由の1つである賞金については、JeSU自身が東京ゲームショウ2019でライセンスの有無に関わらず提供可能と示している。eスポーツ普及にあたってライセンス制度が必要なのか、今後も議論を呼びそうだ。

    画像は「CAPCOM Pro Tour 2019 アジアプレミア」公式サイトスクリーンショット


    優勝賞金が500万から10万になるとさすがにへこみますね。(泣)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ストリートファイターV』(ストリートファイターファイブ、STREET FIGHTER V)は、カプコンおよびディンプス開発による対戦型格闘ゲーム。略称は『ストV』(『スト5』とも表記)。 2014年12月7日にアメリカ向けカプコン公式サイトにて発表された。 媒体はPlayStation 4とMicrosoft
    119キロバイト (17,944 語) - 2019年9月18日 (水) 21:51



    (出典 app.famitsu.com)


    こんなに頑張って10万は安すぎる。

    <このニュースへのネットの反応>

    【国内「ストリートファイターⅤ」大会。優勝賞金が500万から6万に!なんで?】の続きを読む


     2012年6月に任天堂から発売されたゲームポケットモンスターブラック2・ホワイト2』に登場する女主人公「メイ」。最近では、2019年8月からサービス開始が開始したゲームポケモンマスターズ』にも登場しており、人気の高いキャラクターの一人です。

     本記事では、イラストコメント付きで楽しめるサイトニコニコ静画」に投稿された「メイ」の画像をお届けします。

    画像一覧はコチラから


    ひとやすメイ

    (画像は栢山さん投稿のニコニコ静画より)

    メイちゃん

    (画像はな!さん投稿のニコニコ静画より)

    元気メイっぱい

    (画像はいがやんさん投稿のニコニコ静画より)

    BW2

    (画像は朱シオさん投稿のニコニコ静画より)

    チュッ

    (画像はおかだアンミツ@夏コミ新刊委託中さん投稿のニコニコ静画より)

    ポケモンBW2の主人公ちゃん!

    (画像はるくっちさん投稿のニコニコ静画より)

    メイちゃん添い寝セット

    (画像はセネトさん投稿のニコニコ静画より)

    メイちゃんのポケモンになりたい

    (画像はいがやんさん投稿のニコニコ静画より)

    元気!メイっぱい!

    (画像は栢山さん投稿のニコニコ静画より)

    くろたいつ

    (画像はぐらしおんさん投稿のニコニコ静画より)

    メイさん

    (画像はえぬえいちさん投稿のニコニコ静画より)

    それいけ!ベーグルウーマン!

    (画像はダイソン@ギガドレインさん投稿のニコニコ静画より)

    画像一覧

    ▼「メイ」の画像を見たい方はコチラ▼

    イラストコメント付きで楽しめるサイトニコニコ静画

    ―あわせて読みたい―

    進化させるのがもったいない! 『ポケモン』イーブイを擬人化したイラストまとめ13枚【#イーブイの日】

    赤→青→黄と塗り重ねるだけ! 『ポケモン』の色鮮やかなイラストが“たった3色”の色鉛筆で完成!

    『ポケモン』進化キャンセルに失敗したコイキングがあまりにも切なすぎる! 「これが赤いギャラドスですか」「ロケット団もほしがらないやつ」との声



    こういった画像を見たら、また「ポケモン」をやりたくなってきた。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    『ニンテンドーDS ポケモンブラック2・ホワイト2 スーパーミュージックコンプリート』は、ニンテンドーDSゲーム『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』のサウンドトラック。2012年7月25日にポケモンから発売された。 ニンテンドーDSゲーム『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』のサウンドトラック
    24キロバイト (111 語) - 2018年4月13日 (金) 16:35



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    前回よりもイラストが良いですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【人気ゲーム「ポケットモンスター」メイの可愛い画像を集めてみた。】の続きを読む


     コナミデジタルエンタテインメント9月12日、「桃太郎電鉄シリーズ最新作「桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!」のキャラクターデザインについて、新たにイラストレーターの竹浪秀行さんが担当することを発表しました。見慣れた桃太郎貧乏神たちのイラストも刷新され、一部のファンからは戸惑いの声もあがっています。

    【「コレジャナイ!」など、ファンの反応あれこれ】

     今回イラストを担当する竹浪さんは、過去「サクラ大戦シリーズや「ぷよぷよフィーバー」などの設定・キャラクターデザインを手掛けてきたイラストレーター。「桃鉄」シリーズといえば、土居孝幸さんが生み出した味のあるキャラクターたちが大きな特徴の1つでしたが、今回は全体的にかなりポップでかわいらしいデザインとなっており、これまでとはまた違った魅力のあるキャラクターに生まれ変わっています。

     しかし、かなり大胆な刷新になったこともあり、シリーズファンからは新イラストに対し「誰だお前」「こんなん桃鉄じゃない!」などさまざまな反応が。「かわいくなった」「夜叉姫かわいい」と肯定的な声もみられた一方で、やはり「貧乏神ひでぇ 」「桃鉄終わった」「原形ないやん!」など否定的な声が目立つ形となりました。ちなみに実は前作「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」でも、桃太郎貧乏神を除いたイラスト刷新は行われていたのですが、今回はついに桃太郎貧乏神デザインも変更されたため、ファンにはよりショッキングに映ったのかもしれません。

     また、イラストの刷新と併せて、一部の音楽をヒャダイン氏が手掛けることも明らかに。さらに、同日行われた「東京ゲームショウ2019」のステージイベントでは、これまでファンからの要望が多かった「オンライン対戦」への対応も予定していることが明かされています。

     シリーズ最新作「桃太郎電鉄 昭和、平成、令和も定番!」は、Nintendo Switch2020年に発売が予定されています。

    (C)さくまあきら (C)Konami Digital Entertainment




    今回はどのような「システム」が採用されるのだろう、私もファンなので楽しみ。
                       発売日が待ち遠しい!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    桃太郎電鉄シリーズ > 桃太郎電鉄桃太郎電鉄』(ももたろうでんてつ)は、1988年12月2日にハドソンから発売された、ファミリーコンピュータ用ボードゲームソフト。「桃太郎電鉄シリーズ」の第1作目。 タイトルは、1987年に発売され本作と主要スタッフが共通しているRPG『桃太郎伝説』のセルフパロディ。
    15キロバイト (1,638 語) - 2019年7月28日 (日) 14:50



    (出典 ga-m.com)


    このゲームのいい所は、少なからずとも、株やお金の勉強が出来る事です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(予告動画あり)桃太郎電鉄2020!来年販売へ、「イラスト」など大幅刷新。】の続きを読む


     アプリモンスターストライク」とテレビアニメ「銀魂」のコラボ第2弾の開催が決定しました。コラボアニメ「銀魂~モンスターストライク編~」の制作も発表され、早速トレンド上位に「コラボアニメ」「銀魂コラボ」といった単語がランクイン。ネットでは「マジか~しれっと発表したな~待ちきれない!」「コラボアニメに期待!」など期待の声が上がっています。

    【画像】第1弾では土下座していた銀さんたち

     コラボアニメは、テレビアニメ「銀魂」の制作チームが手掛ける本格的な完全オリジナルストーリーで、坂田銀時率いる万事屋メンバーをはじめとした「銀魂」キャラクターが活躍するだけでなく、モンストキャラクターが多数登場し、物語の中で共演を果たすとのこと。また、新キャラ真選組近藤勲お見合い相手のバブルス王女」(獣神化前)のビジュアルも先行公開されています。近藤さんが全ての感情を失った顔してる。

     コラボに向けて銀魂の商品情報公式Twitterアカウントでは、「前回のCMの様な“行き過ぎた行為は控え”」「もう二度と静止画に差し替えとならないように!」といった宣誓文も。2018年に実施されたコラボ第1弾では、銀魂キャラクターたちが「違う玉をひっぱりハンティング」するなどして大暴れした結果、白装束に身を包んだ銀さん、新八、神楽が土下座で謝罪する自体に発展していました。静止画のCMは斬新だった。

     コラボの詳細は、8月29日16時からモンスト公式YouTubeチャンネルで配信されるモンストニュース内で明かされるとのことです。さすがに今回はやらかしたりしませんよね?

    (C)空知英秋集英社テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

    本気のアニメ化じゃないですか

    銀さんサイコーー!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 imgc.appbank.net)


    いよいよ第2弾が来ましたね。今回も強キャラに期待!

    <このニュースへのネットの反応>

    【「モンスターストライク」銀魂とのコラボ2弾発表!「もう待ちきれない~」とのコメントも。】の続きを読む


     RPGゲームゼルダの伝説 神々のトライフォース」に登場するマップ画面を、アイロンビーズで表現した人がTwitterで話題を呼んでいます。総制作期間半年の超大作……!

    【画像でよく見る:アイロンビーズのゼルダマップ】

     カラフルビーズアイロンの熱でつなぎ合わせる「アイロンビーズ」アートで注目を集めているのは、Twitterユーザーのナナキ(@nananazaki)さん。「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の全体マップを5万7344個以上のビーズを使って表現しました。

     濃い緑と薄い緑で木々を、白とグレーと水色のグラデーションで雲を表現するなどゲーム内の世界観を緻密に再現。作品自体のクオリティーがすばらしいことはもちろんのこと、作品を収めた額縁と題名のプレートもハンドメイドするなど愛情がこもっています。

     またナナキさんによると、アイロンビーズを収めた額縁の台紙の裏にはトタン板が挟んであり、アイコンをくっつけられるというギミックも仕込まれているとのこと。この作品には「愛だ、愛しかない…!!しかもシャドーボックス風に段差をつけてますよね…立体物もあって、かっけーっす!!」「あの伝説の神ゲームのマップをここまで原作に忠実かつ再現できるだなんて!貴方が神か……」「またプレイしたくなって来た」というコメントのほか、9000件もの“いいね”が寄せられています。

     なお「裏世界も作ってほしい」という意見も寄せられていますが、ナナキさんは「絶対言う人いると思いました!笑 今の所は気が乗らないですねー」としばらくは制作しないことを明かしています。

     ナナキさんはこのほかにも「ゼルダシリーズや「がんばれゴエモン」「星のカービィ」などさまざまなキャラクターアイロンビーズアートを制作中。興味のある人はナナキさんのTwitterを見てみるとよさそうです。

    画像提供:ナナキ(@nananazaki)さん

    アイロンビーズで作った「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」の全体マップ

    凄いですね!さすがに、とてつもない時間がかかった事がひしひしと伝わります。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダの伝説ゼルダの伝説』(ゼルダのでんせつ、The Legend of Zelda)は、任天堂から発売されたゲームソフト。ゼルダの伝説シリーズ一作目にあたる。表記はパッケージやタイトル画面では『THE HYRULE FANTASY ゼルダの伝説
    62キロバイト (7,710 語) - 2019年8月8日 (木) 07:22


    凄いですね!まさしく再現できています。

    <このニュースへのネットの反応>

    【RPGゲーム「ゼルダの伝説」アイロンビースで全体マップ作製。 なんと!5万7344個のビーズで制作期間約半年!】の続きを読む

    このページのトップヘ