お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > サッカー


    デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム, OBE(David Robert Joseph Beckham, OBE, 1975年5月2日 - )は、イギリス、イングランド出身の元サッカー選手、モデル。ポジションはミッドフィールダー(RSH, CH)。元イングランド代表。2013年に現役引退。
    103キロバイト (11,836 語) - 2020年5月13日 (水) 18:10



    (出典 www.soccer-king.jp)


    以前ベッカムヘアーが流行った事を思い出した。

    1 キャプチュード(青森県) [SV] :2020/05/13(水) 11:01:34.33



    (出典 i.dailymail.co.uk)
     
    以前は「ベッカムヘアー」が流行った時もありました。髪が薄くなられてもベッカムはベッカムです。
    https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-8310509/David-Be*ham-sports-drastically-thinning-lo*s-shopping-trip-Cotswolds.html


    【(衝撃)これがベッカム!!ヘディングしすぎて頭皮大丈夫?カッコいいけれど・・・】の続きを読む


    ドリアーノ 写真提供: Gettyimages

    プロのサッカー選手となるには欠かせないのが努力する才能。そして、それ以上に大事だと言われるのが強い精神力だ。アルコールギャンブルタバコなどと付き合いながらこの世界で戦い抜くのは難しい。

    しかし、厳しいプロの世界に入ってから豊かな生活に自惚れて依存性を抱えたり、精神的なプレッシャーから逃れるために誤った方法を選んでしまう選手は少なくない。今回は依存症などにより多くを失った5選手をご紹介する。

    ポール・ガスコイン 写真提供: Gettyimages

    ガスコイン

    問題:アルコール依存

    ニューカッスル・ユナイテッドトッテナム・ホットスパーラツィオといった複数の名クラブプレーしたポール・ガスコイン。彼はアルコールによって財産など全てを失った。選手時代に多くのパーティーを開き、二日酔いによる練習欠席は度々話題となった。。

    引退後、サッカープレーする唯一の喜びを失ったガスコインアルコール依存症問題は深刻さを増した。妻に暴力を振るい、酔っ払って道端で朝を迎え、外見もお酒によってひどくなった。

    妻と離婚し、この数年で彼のそばに寄り添っていたのは新しい婚約者のウエンディ・リーチだった。しかし、ガスコインは数日前に彼女も失ったという。ガスコイン新型コロナウイルスに対する自宅待機を無視し、友達のパブへビールを飲みに出かけたことが理由だと言われている。

    ドリアーノ 写真提供: Gettyimages

    アドリアーノ

    問題:アルコール依存

    ガスコインのように病気となるほどではないが、アドリアーノもアルコールによってキャリアを台無しにした。元インテルローマストライカーバロンドールを狙えるレベルの選手であったが、父の死によってお酒を飲み始めたという。

    インテルにいた頃(2008-2009年)にアルコール依存の症状がではじめたアドリアーノ。ネラッズーリ(インテルの愛称)はメディアに発表せず、様々な方法で彼を救おうとしたが成果は出なかった。

    結局、アドリアーノはリオデジャネイロにあった巨大な豪邸まで手放すこととなり、全ての財産を失った。そして2016年からファベーラ(ブラジルにおいてスラムや貧民街を指す言葉)に住むこととなり、安全に暮らせるように暴力組織に賄賂を払っているという。

    アダムジョンソン 写真提供: Gettyimages

    ジョンソン

    問題:未成年淫行

    ミドルズブラのユースで育てられ、ウィングバックとしてプレミアリーグを席巻したアダムジョンソン2010年マンチェスター・シティに移籍し、輝かしいキャリアを期待されていた。

    しかし、彼はエティハド・スタジアム(マンチェスター・シティホームスタジアム)で力を発揮できず、2年後地元クラブサンダーランドに移籍。その後も立派なキャリアを続けていたが、ある事件が彼のキャリアを終焉へといざなった。

    2015年3月3日イギリスの複数メディアジョンソンが当時15歳であった少女と複数回にわたり性的関係を持ったことによって警察に逮捕されたと報道。6年の実刑判決が下された彼はサンダーランドを退団し、現在も罪を償っている。

    ディビッド・ジェームス 写真提供: Gettyimages

    ジェームス

    問題:投資に失敗

    リバプールマンチェスター・シティーでプレーした元イングランド代表GKディビッド・ジェームスはキャリアの中で稼ぎ出した金を投資などで増やそうとたが、ビジネスセンスがなく借金を抱えてしまった。

    借金ですべてを失った彼は、まともな生活に戻るため選手時代に戦った相手選手のサイン入りユニフォームオークションで売り始めた。で最も高く売れたのは元イングランド代表MFウェイン・ルーニーユニフォームだったという。

    ユニフォーム以外にも、オペル車、自転車チェーンソーなどもオークションに出したジェームス2018年には多額の報酬でインドスーパーリーグのケーララ・ブラスターズの監督に就任したが、借金を返しきるにはまだまだ時間がかかるようだ。

    ジョージベスト 写真提供: Gettyimages

    ベスト

    問題:浪費癖

    1963年ジョージベスト17歳の若さですでにマンチェスター・ユナイテッドの7番を背負い、素晴らしいドリブルを武器にサッカー界を驚かせていた。マラドーナがプロになるまでは、ペレの後継者に最も近い選手だっただろう。

    しかし、アイルランドプレーしはじめた頃から彼の生活は変わっていったという。彼はサッカーに力を注ぐことをやめ、全ての財産をアルコール、車、セックスなどに浪費したのだ。

    レイジーな生活を長い間繰り返したことによって2005年に59歳の若い歳で死亡したベスト。最後に「”Don’t die like me”、私と同じ死に方しないで」と若者に向けて忠告する言葉を残している。




    有名な選手達ばっかりです。現役時代は良くても人生どう転ぶか分かりませんね。

    私たちもストレスに負けないような強い精神力を磨いていきたい所ですね。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 previews.123rf.com)


    こういった人たちは現役時代は良かったと思いますけど、落ちた時はとことん落ちてしまうところが怖いですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「現役時代は良かったが・・・」精神的プレッシャーなどから人生多くを失ったサッカー選手達!?】の続きを読む


    中国のサッカープレイ、
    まるで「カンフー」のよう。「危険すぎる。」

    マナーをもって試合を行ってほしいです。

    NO.8018013 2019/12/11 18:47
    中国代表のカンフーサッカーに世界がブーイング!「11年前から進歩なし」
    中国代表のカンフーサッカーに世界がブーイング!「11年前から進歩なし」
    12月10日、EAFF E-1サッカー選手権の日本対中国の試合が行われた。

    試合は2-1で日本が勝利を収めたが、試合中に中国の選手が悪質なラフプレーを仕掛け、後味の悪さばかりが目立った。

     問題のプレーは前半31分、ハイボールの競り合いで起きた。

    中国のDFジャン・ジーポンがボールを奪おうと左足を高く上げると、日本の橋岡大樹の頭部を直撃した。

    橋岡は大きなケガを追うことはなく、続けてプレーしたが、あわや大怪我という危険なプレーだった。

    ジャン・ジーポンにはイエローカードが出されている。

     このプレーに対してネットでは「危険すぎるだろ。殺人キックだ」「中国またかよ。国際大会に出てくるなら、それなりのマナーを身に着けてこい」と厳しい意見が上がり、世界のサッカーファンからも「スポーツに対する侮辱」「レッドカードにしか見えない」という旨のブーイングが起こっている。

    中国のメディアも批判的な書き方でラフプレーを報じた。

    「中国のサッカーはかねてからラフプレーが多く、『カンフーサッカー』と揶揄されています。

    特に08年の東アジアサッカー選手権(現在のEAFF E-1サッカー選手権)での中国はひどいものでした」
    ..



    【日時】2019年12月11日 17:05
    【ソース】徳間書店
    【関連掲示板】


    【中国のサッカープレイ、まるで「カンフー」のよう。「危険すぎる。」】の続きを読む


    (動画あり)『日本 対 イングランド』果たして結果は



    今回は負けてしまったけど次回は頑張ってほしいです。

    【(動画あり)『日本 対 イングランド』果たして結果は】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/14(金) 14:55:19.51 ID:vzzrRJQP9.net

    日本代表MF久保建英(18)が、スペイン1部の名門レアル・マドリードに移籍することが14日、分かった。

    久保は6月にFC東京を退団。4日で18歳となり海外移籍の制限がなくなったことから、強豪クラブによる争奪戦となっていた。
    下部組織時代を過ごしたバルセロナは最後まで獲得を諦めなかったが、最終的には好条件を提示したフランス1部パリサンジェルマンとRマドリードによる一騎打ちの様相となっていた。

    Rマドリードでも、バルセロナと同様に1シーズンは主にBチーム(3部相当)でプレーすることになる。

    世界最強クラブの1つであるRマドリード。将来的にトップチームでプレーすることになれば、日本人としては史上初の快挙となる。
    下部組織にはMF中井卓大(15)が所属しており、日本人2人が同時にピッチに立つという夢も広がった。
    「白い巨人」の愛称で知られる同クラブのホワイトのユニホームに袖を通す瞬間が近づいている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-06140190-nksports-socc
    6/14(金) 8:52配信


    【【画像あり】なんと久保建英がレアル移籍!!】の続きを読む

    このページのトップヘ