お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: 社会


    「うるさい」除夜の鐘を巡るトラブル!!
    時間などを見直す寺院も。

    近所だったら夜うるさくて寝られないのかも知れませんね。
    でも何か残念な気持ちです。

    NO.8059330 2019/12/29 06:35
    苦情に高齢化…消える除夜の鐘「年越しの風物詩なのに」
    苦情に高齢化…消える除夜の鐘「年越しの風物詩なのに」
    年越しの風物詩「除夜の鐘」に対し、「うるさい」などとする苦情が寄せられ、中止したり時間を夕方や昼間に変更したりする寺院が後を絶たない。さらに、寺の檀家(だんか)の減少などで人手が足りず、深夜の鐘突きを見直す動きも。人間の百八の煩悩を払うという除夜の鐘が、世知辛い現代社会の寒風にさらされている。

     「毎年突いてきたのに、年末の風物詩が消えてしまうのは残念」。さいたま市の寺院「玉蔵院(ぎょくぞういん)」で毎年除夜の鐘を突いてきたという自営業の男性(52)は肩を落とす。

     JR浦和駅から徒歩5分の市中心部にある玉蔵院。約1200年前の平安時代に弘法大師が創建したとされ、除夜の鐘には毎年約200人が集っていたというが、今年は行われない。

     中止決定の契機は、ほかの寺院に鐘の音が「うるさい」と苦情が寄せられているのを、寺側が知ったことだという。かつて昔ながらの個人商店が立ち並んでいた寺の周辺も近年はマンションや飲食チェーン店などが進出して様変わりしているといい、木村晴雄住職(77)は「苦情を直接受けたわけではないが、取りやめるのも自然な流れではないか」と話す。

     除夜の鐘をめぐるトラブル..



    【日時】2019年12月28日 19:33
    【ソース】産経ニュース


    【「うるさい」除夜の鐘を巡るトラブル!!時間などを見直す寺院も。】の続きを読む


     学生時代は気の合う仲間との飲み会が多いわけですが、社会人になると話の合わない同僚や上司との飲み会が避けられないことも。

    飲み会
    ※画像はイメージです(以下同じ)
     都内の自動車メーカーで事務として働く、草野明梨さん(仮名・25歳)は普段は明るく、誰とでもコミュニケーションが取れますが、もともとは人見知りで大人数での飲み会が苦手でした。

    息苦しい忘年会に感情が爆発

    「その日は職場の納会も兼ねた忘年会ホテルの宴会場を貸し切って行われ、会社の偉い人や、普段関わらない部署の人もたくさんいる、まさしく私の苦手な空間。なんとも言えない息苦しさを感じましたね」

     明梨さんは先輩にお酌したり、苦手な愛想笑いを振り撒くなど努力しました。しかし、後半に差し掛かった頃から、記憶が曖昧になり、なぜか会場を抜け出してしまったようです。

    「ふと気が付くと、無意識のうちに知らないマンションに侵入しようとしていました……」

     休日は趣味のカメラに没頭するなど穏やかな日々を過ごしていた明梨さんですが、仕事では同じことの繰り返しで、やりがいのない毎日。気づかぬうちに心を蝕まれ、忘年会で感情が爆発してしまったそうです。

    マンションの屋上で考えたこと

    マンション 夜景

    「これから忘年会に戻るわけにはいかないし、こうなったら後先考えず自分の本能に従おうと腹をくくりました。意識が朦朧(もうろう)とする中、猛烈な勢いで階段を駆け上がり、軽やかに柵も飛び越え、屋上にあった広いスペースに。1人きりになれて安心できたことを覚えています」

     もちろん不法侵入はいけませんが、マンションの屋上から周囲を眺めると、新宿のドコモタワー渋谷ヒカリエ東京タワー東京スカイツリーが視界に。

    「今まで見たことがない綺麗な夜景を目の当たりにして、ずっと淀んでいた気持ちが心が晴れやかになった気がしました。ずっと真面目に生きてきた自分が初めて殻を破れた感慨もあって、思わずその場から動けなくなったんです」

    しとしとと降る雨の冷たさで目が覚める

    屋上で水浸し

    「そのまま屋上で1時間くらい座っていました。そして無心でビルの上層階で点滅するライトを数えていたら、そのうち寝てしまっていたようです」

     翌朝、しとしとと降る雨で起きたアカリさん。夢から現実に戻ると、その場は随分と冷え込んでいたといいます。

    「雨で全身がビショビショに濡れていて、ブルブルと震えていたのを覚えています。お酒が抜けたこともあってか、『わたし、何してるんだろう』と急に情けなくなり、小走りで自宅に帰りました」

     その後、職場ではどのような対応をしたのでしょうか。真面目な印象の同僚が急に忘年会を抜け出したとなれば、当然心配してしまいますよね。

    「上司には『気分が悪くなって中座してしまいました』と平謝りをして、なんとか事なきを得ました。もちろん同僚からも『大丈夫だった?』と言われて、迷惑をかけたことに反省しきりでした」

    写真を撮り続けるだけの生活を送リたい

    カメラ

     その後も同じ会社で働き続けていた明梨さん。趣味の写真をコツコツと続け、SNSアップしていると、徐々にファンもついていったそうです。

    SNSのフォロワーが5000人を超えた辺りから、周囲の反応が変わっていきました。企業から取材や、インタビューの話が舞い込むようになったんです。好きで続けてきたことが評価され、本当に嬉しかったです」

     今では自分の写真展を開催するまでになり、今後の生き方について語ってくれました。

    「やっぱり会社での仕事は向いてない気が……。人に気を使うのが非常に疲れるんですよね……。いつかもっと有名になったら会社を辞めるつもりです。好きな写真を撮り続けるだけの生活を送るのが夢です」

     生活のためとはいえ、苦手なことを我慢して続けるよりも、自分が好きなことをして生きる方が良い。彼女の話からはそんな印象を受けました。

    ― 特集・忘年会にまつわるエトセトラ ―

    TEXTminkle イラストパウロタスク(@paultaskart)>

    【minkle】

    1992年生。港区のIT企業でエンジニアをしながら、複業でライターをしてます。趣味は読書とラジオお笑い全般が大好き。編集・ライター養成講座40期生 Twitter:@minkle_ideas



    こんなに無理してまで「忘年会」に行く必要もないと思います。
    行きたくない時は勇気を持って断ってしまいましょう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 storage.tenki.jp)


    ここまで参加しなくても良いと思います。
    自分の中に毒を持ちたい所です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【職場の忘年会が辛い!!息苦しく冷たい雨で目が覚める25歳OL。】の続きを読む


    さあ、いよいよ連休!
    しかし「仕事納め」が出来ないサラリーマン続出。

    サービス業はいつも「ブラック」な感じがします。

    NO.8055776 2019/12/27 12:27
    年末なのにブラック過ぎて仕事納めができない人のツイートが悲惨すぎると話題に
    年末なのにブラック過ぎて仕事納めができない人のツイートが悲惨すぎると話題に
    2019年も残りわずかとなりました。

    27日は金曜日と言う事で、本日が仕事納めという人も多いのではないでしょうか。

    12月23日が祝日から平日に変わった年でしたが、最大9連休となる大型連休の人もいますね。

    その一方で仕事納めが出来ないという人もおり仕事納め格差が広がっているという風潮も。

    仕事納めがない人達の悲痛な叫びがネット上に拡散されているのでご紹介していきたいと思います。

    ■2019年も仕事納め!
    サラリーマンの方は12月27日が仕事納めという人も多いと思います。

    年内の仕事は本日中に仕上げて、スッキリとした状態で年を越すために本日やり残しがないように片付けておきたいですね。

    そして帰ったら今度は大掃除をして年越しそばの準備、おせち料理の支度などやることがまだまだたくさん残っていて、まさに「師走」というように忙しく年末を迎えるという人も。

    しかし業種によっては仕事納めが出来ないという人も多いようで、ネット上では仕事納めできる人に対して羨望の眼差しと嘆く声が入り乱れたコメントが寄せられていました。

    ■仕事納めできない!
    ツイッターを見てみると、仕事納めが出来ない人も多いことがわかり「年々年末感が薄れてくる」「インフルエンザ欠勤者続出で元気なワイ年末まで仕事」「仕事納めできないぐらいまだまだ仕事残ってる」「忙しすぎて今年仕事納めできない可能性わんちゃん」とコメントが寄せられています。

    医療は年末年始関係なく働く人も多いと思いますが、サービス業は年末年始こそかき入れ時だから働く!というパターンもあるので、27日が一概に仕事納めの日とは言えない状況です。

    ブラック企業と呼ばれるところは、年末年始関係なくサービス残業を強いられて辛いという声も。

    働くにはヤベー店とブラック企業ぶりが明らかにされてしまったこちらの飲食店は、年末年始は開店するのでしょうか。

    【日時】2019年12月27日 10:52
    【提供】秒刊SUNDAY
    【関連掲示板】


    【さあ、いよいよ連休!しかし「仕事納め」が出来ないサラリーマン続出。】の続きを読む


    家賃滞納!「令和」時代の新たな負け組。
    「もう這い上がれない」

    日本がこうだったら勉強して外国に行くしかない。

    NO.8056346 2019/12/27 16:52
    トランクルームに住む40代のその後。3か月間滞納、ホームレス状態に…
    トランクルームに住む40代のその後。3か月間滞納、ホームレス状態に…
    日本社会はどこに向かうのか―。

    経済危機が迫るなか、市民の「格差」はより拡大し、中流が新たに転落、下流はさらに困窮。

    一方、今まで放置されてきた人たちがさまざまな事件を起こし、令和時代の新たな「負け組」を生み出している。

    負け組すら多様化した日本の今に迫る!

    ■住まいを求める年収100万円貧困者の仮宿はより悲惨に!
    「失われた30年」から抜け出すために、政府や日銀は金融緩和を行っているが……増税で相殺され手遅れか。

    格差社会はますます広がりを見せはじめ、令和に新たな「負け組」が生まれている。

    その最たる被害者に挙げられるのが、就職氷河期を経験した30代後半〜40代中盤までの“ロスジェネ世代”と呼ばれる報われない者たちだ。

    ’20年度の厚生労働省の予算には、この世代の就労支援に603億円が組み込まれるなど対策が講じられることも決まったが、一方で当事者からは「もう這い上がれない」といった声が上がっているのもまた事実だ。



    【日時】2019年12月24日
    【ソース】日刊SPA!
    【関連掲示板】


    【家賃滞納!「令和」時代の新たな負け組。「もう這い上がれない」】の続きを読む


    (車)大きく変わる時代の変化!
    昔と今の車の違い。「ⅯTしかなかった」

    最終的には自動運転になり、運転しなくてもいいようになるかもしれませんね。

    NO.8050820 2019/12/25 07:26
    車の昔と今の違い!将来はどうなるのかな?
    車の昔と今の違い!将来はどうなるのかな?
    ■車は昔から大きく変化してきた!
    時代とともに様々なモノが変化していきます。オヤジが興味あるモノの中でも、車は大きく変化したモノの1つでしょう。昔と今では、車は色々と違う部分がたくさんあります。快適になった変化もあれば、「昔の方が良かった」と感じる変化もあるでしょう。今回は、そんな車の変化について振り返ってみましょう。そして、将来はどんな車が誕生する可能があるのかを紹介していきます。

    ■昔と今の車の違い!
    <MTしかなかった!>
    昔と今の車の違いと言えば、AT(オートマチック・トランスミッション)とMT(マニュアル・トランスミッション)ではないでしょうか。最近はATばかりであり、MTの車を探す方が難しいぐらいです。
    しかし、昔はMTしかありませんでした。そのため、オヤジ世代からすれば、たまにはMTの車を乗りたくなることもあるのではないでしょうか。もしかしたら、MTの車は無くなっていくのかもしれませんね。

    <とにかく自動じゃなかった!>
    昔と今の車の違いは、自動で行われる機能についてです。例えば、今の車ならパワーウィンドウのボタンを押せば、車の窓の開け閉めをすることができます。しかし、昔の車はそんな機能はありません。各ドアに付いているレギュレーションハンドルを回すことで、窓を開け閉めしていたのです。
    エンジンのかけ方も違います。今はスイッチ式が多く、ブレーキを踏みながらスイッチを押せばエンジンが自動にかかります。しかし、昔の車はカギを差し込んで回してエンジンをかけるのが一般的でした。
    さらに、車のドアも昔と今では違います。今はカギをポケットに入れていても、ドアノブを持てば自動的に開けることが可能です。昔は、カギを入れて回さないと開けることができませんでした。このように、今の車は自動にできる機能がたくさんあるのですが、昔はなかったのです。それだけに、車の機能はとても進歩したと言えますね。

    <パワーステアリングがなかった!>
    昔と今の車の違いは、パワーステアリング(パワステ)の有無が挙げられます。今の車は、パワーステアリングが搭載されているのが当たり前です。そのため、若い世代はパワーステアリング自体を知らないかもしれません。
    パワーステアリングは、ハンドルの回転を補助する機能のことです。昔の車はパワーステアリングが搭載されておらず、ハンドルを回すのは重くて力が必要だったのです。運転のしやすさという意味では、パワーステアリング搭載が標準となった今の車の方が上でしょうね。

    <昔懐かしい三角窓!>
    オヤジ世代は、車の三角窓が懐かしいのではないでしょうか。昔の車には、運転席や除籍に三角形の窓がついていたものです。三角窓は、他の窓のように上下に開け閉めすることができません。斜めに角度をつけて開く窓となっており、空けておくことで車内に外気を取り込むことができます。斜めに開くので、角度を調整することで風の流れる方向を変えることができたのです。
    しかし、今の車で三角窓がある車はありません。三角窓が消えた理由は、主に「エアコンの普及」「コスト」の2つが挙げられます。カーエアコンが一般的になり、窓を開けて風を入れる必要性がなくなっていきました。その結果、三角窓の存在意義も失ってしまい、なくなっていったのです。
    また、コスト面からも三角窓が消えた理由があります。存在意義を失った三角窓をそのままにして開発しても、無駄にコストがかかるだけです。需要がない三角窓にコストをかける必要はなく、三角窓は消えていったのです。

    <サイドブレーキも変化!>
    オヤジ世代からすれば、サイドブレーキは手動でレバーを引くイメージが強いことでしょう。今でも同じタイプの車がありますが、最近は電動パーキングブレーキが採用されている車が多いです。スイッチひとつで作動・解除することができ、より簡単にサイドブレーキをかけることができるようになっているのです。
    ちなみに、電動パーキングブレーキの位置は車によって違います。そのため、カーシェアリングなどで様々な車種を利用するオヤジは、戸惑ってしまうことがあるかもしれませんね。
    <車に搭載される装備品が違う!>
    車における今と昔の違いは、搭載される装備品です。例えば、昔の車にはETCが搭載されることはありませんでした。なぜなら、ETCの試験運用が始まったのは平成9年であり、本格的にサービスが始まったのは平成13年からだからです。有料道路を利用する際に便利なETCですが、昔は存在しなかったのです。
    他にも、カーナビやカーステレオ、ドライブレコーダーなども昔と今では違います。今はとても高性能であり、使い勝手が良いです。これから、ますます性能が高い装備品が登場していくことでしょう。

    ■車を取り巻く環境も違う!
    車を取り巻く環境も、昔と今では違いがあります。昔は、車がステータスだった時代がありました。しかし、今はそんなことはありません。若者の車離れが進んでおり、車がステータスという時代ではなくなったのです。
    とくに都会なら、公共交通機関が発達しているので車は生活必需品ではありません。むしろ、車は維持費がかかることなどから、若者の車離れが進んでいるのです。車好きのオヤジとしては、ちょっと寂しい限りですね。
    また、最近はカーシェアリングという車の利用方法が登場。短時間から利用でき、ネットで利用予約をすることができます。スタッフと顔を合わせる必要もないため、レンタカーよりも利用しやすいです。車を所有せずに、カーシェアリングを利用するという方法も今の時代はあるのです。

    ■将来はどんな車が誕生するの?
    <電気自動車が主流になる?>
    車の将来ですが、電気自動車(EV)が主流となる可能性が高いでしょう。モーターショーでも、各社が電気自動車を出展しています。電気自動車が主流になる背景には、環境問題による規制が挙げられます。環境規制にガソリン車やハイブリッド車が引っかかる可能性があり、将来は電気自動車が主流となる可能性が高いのです。

    また、技術開発が進むことによって、電気自動車の航続距離が伸びると予測されています。そして、電気が充電できる場所(インフラ)も整備されれば、きっと電気自動車が車の主流となることでしょう。

    <完全自動運転が搭載された車が販売される?>
    将来の車で期待されているのが、完全自動運転が搭載された車です。すでに完全自動運転となる車のコンセプト・カーは登場しており、将来的に販売される可能性はとても高いと言えます。
    ただ、完全自動運転の車が市場に投入されるのは、まだ先のことでしょう。なぜなら、まだまだ様々な課題があるからです。とくに、法律上の問題があり。完全自動運転を認めるためには法律の改正が必要となります。
    それでも、着実に完全自動運転の車が誕生する日は近づいていることでしょう。いずれ、車を運転しないでも目的地まで到着できるという夢のようなことが現実になるかもしれません。オヤジながら、ちょっとワクワクしますね。

    ■これからも車を楽しもう!
    今回は、車の昔と今の違いと未来の車について紹介してきました。オヤジ世代にとって、車は大きく変化したモノの1つです。今の車と昔の車を比較すると、懐かしい記憶を思い出すのではないでしょうか。快適になった今の車ですが、意外と昔の車も魅力的ですよね。

    車はまだまだ進化を続けています。車を趣味にしているオヤジとしては、これからの車の変化も楽しみの1つでしょう。これからどんな変化をし、新しい車が登場するのか楽しみですね。
    ここまで読んだオヤジにおすすめの記事2つ。
    【日時】2019年12月25日
    【提供】YAZIUP
    【関連掲示板】


    【(車)大きく変わる時代の変化!昔と今の車の違い。「ⅯTしかなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ