お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: 動物


    ホッキョクグマと並んでクマ科で最大の体長を誇る、ヒグマ。日本ではエゾヒグマ北海道のみに生息しており、国内で最大の陸上動物とされています。

    人間が襲われるケースもあるため、札幌市ウェブサイトヒグマの出撃情報を公開し、注意を呼びかけています。

    ※写真はイメージ

    2019年8月14日札幌市は以前から札幌市南区の住宅地に出現していた、体長1.5mにおよぶヒグマ1頭の駆除を発表。

    これまで南区では、ヒグマによって家庭菜園を荒らされる被害が出ていました。住民への加害を防ぐため、札幌市は地元のハンターに依頼し、猟銃で駆除を行ったといいます。

    ヒグマの駆除に対する『クレーム』に議論

    同月15日、南区のヒグマ駆除に対し、およそ300件のクレームが寄せられたことを北海道新聞が報じました。

    大半がヒグマを駆除したことへの抗議であり、クレームを受けた札幌市は「人命が最優先と判断し、クマの駆除はやむを得ない」と説明したといいます。

    ハンターは14日早朝、クマを射殺。市には同日に244件、15日午後4時までに50件の意見が寄せられた。ほとんどが首都圏や関西など道外からで、「麻酔で眠らせて森に帰して」「捕まえて動物園に移して」などの抗議だった。

    一方、クマ出没で危険にさらされた南区の住民からは「安心した」「もっと早く対応してほしかった」といった声があった。

    北海道新聞 どうしん電子版 ーより引用

    こういった非難の声はネット上でもたびたび上がっており、駆除が報じられるたびに「殺さなくてもいいのではないか」「クマがかわいそうだ」「人間による弱いものいじめだ」といった投稿を目にします。

    一方で、クレームに対する非難の声も多数上がっています。今回のクレームについても、疑問を覚える人は少なくないようです。

    ヒグマがどれだけ恐ろしいのかを知らないのか?文句をいうなら自分で保護してみてほしい。

    クレームをいう人は、自分が襲われた時にヒグマと対話をするつもりなんだろうか…。

    ・かの有名な『三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)』を調べてヒグマの恐ろしさを知ってほしい。

    エゾヒグマは体長が2mほどあり、体重は100㎏を超えます。人間が襲われたら、ひとたまりもないでしょう。

    「かわいそう」と思う気持ちも分かりますが、人間と動物が共存するため、互いの生活圏を荒らす存在は見逃せないのではないでしょうか。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    産経ニュース北海道新聞 どうしん電子版
    ※写真はイメージ


    熊と人間が共存できたらいいのに、残念。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。 学名はUrsus arctos(ウルスス・アルクトス)。Ursusはラテン語でクマ、arctosは
    25キロバイト (3,281 語) - 2019年8月3日 (土) 03:43


    共存できたらいいけど、できないから射殺する。
    人命が優先だ、仕方がない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【北海道のクマ出没!「熊を射殺するのではなく、麻酔銃で森に返せ」と道外からクレーム。札幌市は「やむお得ない」と・・・】の続きを読む


    夏はあちこちで祭りが行われる時期。屋台で金魚すくいを楽しむ人もいることでしょう。

    魚が大好きなフリーアナウンサー・川田一輝(kawayanfishing)さんは、Instagramで『金魚すくいで取ってきた金魚を長生きさせるコツ』を公開。

    「知らなかった」「何も考えずに水槽に移し替えていた」という声が続出しています。

    祭りから連れ帰った金魚を大切に!

    川田さんは「金魚を弱らせないために、さまざまな工夫をする必要がある」と投稿。

    金魚を持ち帰る時から、できる工夫があるそうです。

    金魚を袋に入れる前に

    お店の人が金魚を袋に入れる前に、水の入った袋をパシャパシャと振ってください。

    酸素が水に溶け込んで、金魚の息が長持ちに!

    ※水をこぼさないように注意。

    金魚を水槽に入れる前に

    水槽の水は、水道水のままではNG!
    塩(できればあら塩)1つまみと、カルキ抜きをまぜた水を用意してください。

    【塩を入れる場合】
    塩は1ℓに対して5g。
    『塩浴』という金魚が楽な状態になり、体力を回復しやすくなったり、病気になっていても治りが早くなったりします。

    【カルキ抜きがない場合】
    ビタミンC入りのノド飴を5秒くらい水の中で溶かせばOK。
    ビタミンCがカルキを取り除いてくれます。

    エサを入れてしまう前に

    エサはストップ。次の日以降に!

    金魚を連れて帰った日は、エサやりはがまんしましょう。

    しばらくはそっとしておいて、次の日に少しだけあげてください。

    投稿には、「勉強になりました」「今度試してみたいです」などのコメントが寄せられています。

    金魚を連れ帰ることがあったら、『大切な家族の一員』として育てていきたいですね。

    同内容の動画もあるので、ぜひご覧ください。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    kawayanfishing【金魚すくい♪】〇〇をするだけで金魚の生存率80%アップ!? 夏祭りの金魚が長生きする方法
    ※写真はイメージ

    塩分が少しあった方が良いのは驚き!金魚は実際はとても繊細なんだ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pet-info-room.com)


    持ち帰った金魚はすぐに弱るイメージ。
    きちんとした飼育が必要ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【夏の「お祭り」から持ち帰った「金魚」どのように管理し、育てれば良いのか?「当日は餌を与えてはいけない」】の続きを読む


     夏の夕刻の空を黒一色に染める大量の小さな飛来物。その正体はムクドリだ。体長は24センチと小柄だが、群れで行動する習性から今、場所によっては社会問題に発展している。夕方から夜にかけて行動が活発化し、街路樹に集まるムクドリ。その数は多い時で数千匹ともいわれている。

     ムクドリ研究の第一人者である都市鳥研究会の副代表を務める越川重治氏は「もともと畑があって民家があるとか、そういうところが好きな場所だった。夜になると1カ所に集まる『集団ねぐら』が見られる要因は、都市部には猛きん類、とくにタカやハヤブサなどが入りにくい場所なので安全な場所であることがわかって、都市部に移動してきたと考えられている」と話した。

     11日にAbemaTVで放送された『Abemaニュースショー』では、その騒音被害の実態を独自に調査すべくテレビ朝日の三谷紬アナウンサーがムクドリ大量飛来の現場へ。その騒音を専用の機器で計測すると、数値は96.5デシベルだった。

     この数値と比較すべく次に向かったのは、若者や多くの外国人観光客で賑わう渋谷ハチ公前交差点。大量の人が行き交う中で計測した騒音は80.1デシベルでムクドリの圧勝。三番目に向かったのは、羽田空港滑走路付近。海を挟み数百メートル離れた位置から計測した数値は85.6デシベルで、またしてもムクドリに軍配。最後に向かった先はサラリーマンの聖地・新橋駅ガード下。ここでの数値は92.3デシベルで、結果はムクドリの全勝だった。
     

     ムクドリの騒音に悩む場所では、ムクドリの天敵であるタカを使って駆除をする会社まで出現。ちなみに1回の駆除費用はセットプランで約30万円だという。

     なお人間とムクドリの共存について越川氏は「各自治体が自分のところだけでいいと対応するのではなく、“ここだったら”という場所をいくつか決めて、ねぐらを一番被害の少ないところに固定していくことが大事だ」と話した。

    (C)AbemaTV
     
    独自の騒音調査で判明、「ムクドリの騒音」が“最強”説 羽田空港や新橋駅の高架下よりもムクドリだった

    ここまでひどいとは思わなかった。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ムクドリ(椋鳥、学名Sturnus cineraceus)はスズメ目ムクドリ科の鳥類の1種。英名は White-cheeked Starling または Grey Starling。 全長24cm ほどで、およそスズメとハトの中間ぐらいの大きさである。尾羽を加えるとヒヨドリ
    12キロバイト (1,516 語) - 2019年5月16日 (木) 06:34



    (出典 www.forest-akita.jp)


    こんな小さな鳥だけど大群になると凄い騒音になる。

    <このニュースへのネットの反応>

    【あの「ムクドリ」が社会問題に、羽田空港滑走路付近でもムクドリの騒音最強説!】の続きを読む


    ニュージーランドで新たなオウムの化石発見!
    そのサイズなんと0.9メートル。

    0.9メートル。大きいですね~。☆

    NO.7687690 2019/08/11 16:49
    大昔は身長約0.9mのオウムがいたらしい。ニュージーランドで化石発見
    大昔は身長約0.9mのオウムがいたらしい。ニュージーランドで化石発見
    巨大オウムにおしゃべりさせたら、どんな声だろう?

    科学者たちが巨大なオウムの存在を示す証拠が見つけました。

    場所はニュージーランドですが、あそこなら確かに有り得そうです。

    もしこれが今存在したならば、欲しがるのはクラッカーではなく食パン丸ごと一斤でしょうね。
    体重7kgで身長90cm

    ニュージーランドでの鳥の進化に関していえば、地上に人類がやって来る前は島全部が鳥の楽園であり、巨大で、また時として飛ばない種類も生まれていました。

    そして新たな調査によると、そこにはかつて体重7kgほどで、身長90cmもあるオウムが生息していた可能性が示唆されたのです。

    それはどんな鳥だったのでしょうか? オーストラリアのフリンダース大学にいる、トレヴァー・ワーズィー准教授から米Gizmodoに宛てた返信では、こう書かれていました。

    現代に生きている親戚を比較して推測するしかありませんが、オウムは賢くて問題解決能力があります。

    ほとんどの種類は草食動物ですが、そのうちの1種に限っては、主として生息していた森に豊富に実っていた果実や種を食べていたと思われます。

    デカいけど、どう見てもオウムだった

    科学者たちは..



    【日時】2019年08月11日 15:00
    【ソース】ギズモード・ジャパン
    【関連掲示板】


    【ニュージーランドで新たなオウムの化石発見!そのサイズなんと0.9メートル。】の続きを読む


     白いトラが女性の膝の上に寝転がり一緒に戯れています。

    【画像:トラの表情】

     Instagramに投稿されたのは、米サウスカロライナ州のマートルビーサファリで撮影された映像。草原の中に座る女性スタッフの膝の上には、大きい白いトラさんが女性に身を任せて寝転がっています。その姿、まさにネコ。大きさは随分違いますが、イエネコあるあるな光景です。更に膝の上でゆったりしているだけではなく、耳をパタパタされてなんだか気持ち良さそうにしています。

     とろけるようなお顔を見ているとやはり大きいネコちゃんにしか見えず、ゴロゴロという喉の音も聞こえてくるようです。普段の凛々しく格好良い姿もすてきですが、こんなかわいらしい姿も良いですね。

     このサファリでは、ゾウやトラ、サルなどたくさんの動物が暮らしています。スタッフと動物たちはとても仲が良く、厚い信頼関係で結ばれているようです。同サファリの女性スタッフ、aaliyah_ofthejungleさんのInstagramでは多くのかわいい動物たちと触れ合っている姿がたくさん見られます。

    完全くつろぎモード


    ゆっくりまったりとゴロゴロ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    確かトラはネコ科でとても近いみたい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【大きい白いトラさんが、女性スタッフと戯れている。その姿はトラではなく猫。】の続きを読む

    このページのトップヘ