お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 教育



    先生からされて嫌だったエピソードが寄せられた

    いまだに思い出すだけでちょっと笑ってしまうことがある。中学生の頃、同級生のK君と仲が良かったんだけど、ある日K君が朝のホームルーム前に担任のおばあちゃん先生に話しかけたのだ。すると、そのおばあちゃん先生はしばし沈黙し、それから「あんた誰ね?」と返した。

    これは悪意によるものではなく、あくまでも先生が子どもたちの顔をポンポン忘れちゃってたことが原因である。当のK 君にしてみれば気の毒な話だけど、なんというか、クラス全体が温かい笑いに包まれてハッピーだったことは覚えている。

    しかし、こんな話ばかりが転がっているわけでもない。「子どもの頃、先生にされたアレが本当に嫌だったなぁ」という暗い思い出を背負って生きている人も多いようなのだ。(文:松本ミゾレ)


    「男性教師に生理をからかわれた」「終わりの会がチクリ大会に」


    先日もガールズちゃんねるを閲覧していたんだけど、その中に「学校の先生にされて嫌だったこと」というトピックを発見した。見れば、トピ主はこういう書き込みをしている。

    「学校の先生にも生徒を傷つけたり、生徒に舐められたりする人いますよね?私も学校の先生にひどいこと言われたりしました。学校の先生にひどいことされて嫌だったこと書きませんか?」

    なんとも後ろ向きなトピックではあるが、まあちょっと面白そうではないか。トピ主自身もかつて受けた屈辱をいくつか書き込んでいるが、「男子にシャーペン壊された時、『あなたのシャーペン1本で構ってられない』てキレられた」という思い出には同情してしまう。

    やっぱり男子よりも女子のほうが、癖のあるというか失礼な先生の攻撃に晒されやすいのかもしれない。特に女性の先生って、女子に対しては露骨に態度が悪いみたいなことってザラにありそうなものだし。

    具体的にこのトピックに寄せられている数々の実体験について引用の元紹介させていただきたい。

    「『君このクラスにいたっけ?』と言われた。傷ついたな」
    「順番に朗読したり答える時に毎回私だけ飛ばされてた」
    「喧嘩の仲裁で、双方の言い分すら聞かずに先に泣いた方の肩を持つこと。こういう事されたせいですぐに泣く奴が嫌いになった」
    「私にではないがクラスメイトに対して生理になった事を皆の前でからかった男性教師。その子が親に言わなかったのか、そのまま終わったが今すれば大問題に発展すると思う」
    「毎日の終わりの会がチクリ大会みたいになって、誰かの悪行を暴露するのが善だと刷り込まされた小学生時代。歪んだ性格になったよ」

    とまあ、どれもこれも地獄のような体験談ばかりである。クラス子どもの顔を覚えてないという事例も書かれている。冒頭でのおばあちゃん先生みたいな教師なら許されるんだけど、この書きぶりだとそういうわけでもないようだ。


    教師によって人生が変わってしまうこともあるのでは

    あと、終わりの会が悪行暴露大会になっちゃっているという話。これも目にした覚えがある分、気分が悪くなってしまうというものだ。この糾弾会、僕が見たのは小学5年か6年の時だったけど、いっつもO君というガチで「大丈夫か?」って心配になるレベルの子が槍玉に挙げられていて、それをクラスの担任も本気でやらせていて……

    「ああ、学校の先生って所詮お山の大将だなぁ」と思うきっかけになった事例である。もちろん、教師は聖職者と呼ばれるように、マジで素晴らしい人格者も少なくないんだけど。ちなみに、O君はその後シンナー中毒になってしまい、今ではホームレスみたいな生活をしていると風の噂で聞いた。

    僕自身は男で、しかも、ひねくれ者だったのもあって教師の陰湿な嫌がらせがトラウマになったりはしていない。だけど、もし僕が女の子だったら絶対嫌な気分になるか、登校拒否するだろうなぁというレベルの暴言は浴びたことがある。教師もピンキリ。生徒のメンタル強度もピンキリ。学校は怖い。

    学校は教育の中心となる所ですから、先生方にはきちんとした指導をしていただきたいですね。




    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.planear.co.jp)


    学校は義務教育で小中と9年過ごさないといけない。それが一番苦痛でした。

    <このニュースへのネットの反応>

    【楽しいはずの学校生活が・・・先生に言われて嫌だった事、傷ついた事。】の続きを読む


    しつけと体罰の明確な違いは?
    「無理なものは無理」30代女性の苦労!

    しつけとはいえど、叩くのはいけませんね。

    NO.8017328 2019/12/11 14:04
    「多少叩いても虐待扱いしないで!」 車道に飛び出す子どもに悩む母親 「1万回言っても無理なもんは無理」
    「多少叩いても虐待扱いしないで!」 車道に飛び出す子どもに悩む母親 「1万回言っても無理なもんは無理」
    しつけと称して、子どもに暴力をふるう「虐待事件」があとをたたない中、厚生労働省がこのほど、どのような行為が体罰にあたるのかを示した「ガイドライン案」をまとめた。

    このガイドライン案をめぐっては、インターネット上で賛否の声があがっている。

    これまで、しつけと体罰の違いは明確にされていなかった。

    ある30代女性(2児の母)は「無理なものは無理」と、体罰を必要悪ととらえたうえで、子育ての苦労を漏らしている。

    はたして、どんな背景があったのだろうか。

    ■「本当は私だって叩きたくない」
    子どものしつけをめぐっては、ことし10月に、道路に飛び出した子どもを「平手打ち」で叱ることの是非について、インターネット上で議論が起きていた。

    きっかけは、ツイッターに投稿されたドライブレコーダーの映像だ。

    どこにでもあるような生活道で突然、自転車(あるいは三輪車)に乗った2、3歳くらいの子どもが飛び出してくる。

    ブレーキが間に合って、事故は発生しないが、母親らしき女性が現れて、子どものもとに駆け寄り、その頭部に平手打ちする。

    このケースについて、弁護士ドットコムニュースでは、次のような法律解説の記事..



    【日時】2019年12月11日 10:25
    【ソース】弁護士ドットコム
    【関連掲示板】


    【しつけと体罰の明確な違いは?「無理なものは無理」30代女性の苦労!】の続きを読む


     中国では親や祖父母がの小学生登下校の送り迎えをするのが一般的だ。これは中国で子どもを狙った誘拐事件が多発していることが大きな要因だ。中国メディアの今日頭条は2日付で、日本の小学生は自分たちだけで登下校しているのに、「なぜ子どもたちを誘拐し、売り飛ばす事件がまったく起きないのか」と題する記事を掲載した。

     記事は、子どもたちを誘拐し売り飛ばす事件はどんな国においても極めて重大な問題であり、また決して許すことのできない犯罪であると説明。1人の人間の人生や家庭の幸福を破壊する誘拐事件は決して許される行為ではないのはごく当たり前だが、記事は「日本はこうした事件が世界で最も少ない国の1つ」であるとし、日本ではランドセルを背負った小さな子どもたちが互いに手をつないで登校する姿をよく見かけることができると紹介した。
     
     さらに日本の小学生たちの場合、歩いて15分から20分ほどの近距離に学校があることも「保護者が送り迎えをする必要がない」ことと関係していると主張する一方、大人が付き添わない以上は「誘拐に遭うリスクは依然として高いはずなのに、なぜ日本はこうした事件が起きないのか」と疑問を投げかけた。

     この問いに対して、主な理由は「日本は経済的に発達しているうえに地域間の経済的な格差が少ない」ことにあるのではないかと主張。中国の場合、経済発展がひどく遅れている地域があり、これが児童誘拐と人身売買が多発する原因の1つになっているという見方を示した。

     中国では親や祖父母が子ども登下校に付き添っているにも関わらず、中国における誘拐事件はますます多くなっているという報道もある。ある中国ネットユーザーからは、子どものいない中国人が自分の老後に何の保障もないことを心配して子どもを買うという状況が誘拐事件を誘発していると指摘するコメントが寄せられていたほか、人身売買を行う犯罪者に対する法的な処罰も軽すぎるのも問題と指摘する声も見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    子どもだけで登下校する日本「なぜ誘拐して売り飛ばす事件が起きないのか」=中国

    逆に世界では、登下校中に子供が襲われるなんて驚きです。
    「日本」と言う国がいかに平和なのか良く分かります。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.gadoman-nabi.com)



    日本で登下校中に誘拐されると、メディアなどで大きく報道されるからなのでしょう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国)やはり日本は凄い!なぜ、子供だけで登下校しても誘拐されないのか?】の続きを読む


    (教育)小中学IT教育化か?
    2024年までに1人1台のパソコン配置へ。

    先進国の中でも日本は特に遅れを取っている。

    NO.7983138 2019/11/27 17:58
    全小中学校に1人1台のPC配置へ
    全小中学校に1人1台のPC配置へ
    政府は、全国の小中学校でパソコンかタブレット型端末を児童・生徒が1台ずつ使えるよう、無償で配置する方針を固めました。

    IT教育の必要性が高まるなか、現在、公立の小中学校ではパソコンの普及率がおよそ5人あたり1台にとどまっています。

    これを受け、政府は全国の小中学生を対象に、パソコンやタブレット型端末を学校で1人1台使える環境を整備する方針を固めました。

    2024年度までの実現を目指します。

    来月取りまとめる経済対策に盛り込み、関連する予算は4000億円以上にのぼる見通しです。



    【日時】2019年11月27日 14:11
    【ソース】TBS News
    【関連掲示板】


    【(教育)小中学IT教育化か?2024年までに1人1台のパソコン配置へ。】の続きを読む


     アドビシステムズが2019年9月に調査を実施した、「子どもが受け取るプリントの管理に関する実態調査」によると、保育園幼稚園から小学校にあがると、受け取るプリント資料の枚数が増え、その対応に悩んでいるとわかった。

    画像付きの記事はこちら



     保育園幼稚園に通う子どもの保護者250名(男性125名、女性125名)と、小学校に通う子どもの保護者250名(男性125名、女性125名)の計500名に、子ども保育園幼稚園小学校から日々どれくらいのプリントを受け取っているかをたずねたところ、全体としては「週1~2枚」(33.6%)がもっとも多かった。

     保育園幼稚園では「週1~2枚」(41.2%)が最多だったが、小学校では「週3~5枚」(30.0%)がもっとも多く、さらに「週6枚以上」という回答が小学校では24.4%に達し、保育園幼稚園(3.2%)と比較すると7倍以上となっている。

     保育園幼稚園小学校から配布された重要なプリントを誤って捨ててしまったり、なくしてしまったりした経験の有無をたずねた質問では、「まったくない」という回答は23.6%にとどまり、76.4%が捨てたり紛失したりしたことがあると答えた。また、保育園幼稚園児の保護者では「頻繁にある」という回答した割合は5.6%だったのに対し、小学生の保護者では11.2%と、約2倍の開きがあった。

     子ども保育園幼稚園小学校から受け取るプリントの量について、「とても多いと感じる」(14.7%)と「やや多いと感じる」(28.4%)をあわせ、43.1%の保護者が「プリントの量が多い」と感じており、特に、小学生の保護者は、保育園幼稚園児の保護者よりも「量が多い」と感じている割合が高く、「とても多いと感じる」(20.9%)と「やや多いと感じる」(35.9%)の合計は56.8%と、半数以上にのぼった。

     学校などから受け取ったプリントをデジタル化して管理しているかをたずねた質問では、「現在デジタル化して管理している」と答えたのは22.0%で、65.5%が「デジタル管理はこれまでに一度もしたことがない」と回答した。

     現在プリントをデジタル化して管理している、または以前にデジタル化して管理したことがあると答えた人に、使用しているツールをたずねたところ、スマートフォンカメラアプリを使っているという人が57.7%でもっとも多く、アドビシステムズが提供しているスキャンアプリAdobe Scan」を使用している人は21.2%だった。

     今回の調査で、回答者の5人に1人が使用していた「Adobe Scan」は、無料のスキャンアプリカメラプリント文書や領収書などを撮影すると、最新のAI技術により、自動的に境界線の検出や影の除去を行い、文字を認識し、デジタルデータへ変換する。PDF形式のデータはPCでも利用でき、高い汎用性をもつ。アプリは、iPhone/iPad/iPod touchに対応するiOS版、Android版ともに提供している。

    保育園・幼稚園や小学校では日々多くのプリントを配布しているがデジタル化して管理している保護者はまだ少数

    早い所、日本の教育の行い方も、改善する時が来たのではないのでしょうか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.honda-cim.co.jp)


    今の時代「インターネット」が発達しているから、直接親のスマホなどにデーターを転送したら早いと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【子供が学校から持ってくる「プリント」管理が大変!デジタル化はまだ先なのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ