お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 教育


    ひとまず感染拡大の勢いは弱まった新型コロナウイルスだが、そのもたらした影響はなおも大きい。特に、「教育」の分野でその爪痕は深刻だ。

    2020年度の開始以来、全国の大学ではオンライン授業、キャンパスへの立ち入り禁止などの措置が取られ、学生の環境は激変した。そして、なおも多くの大学で、こうした状況が続いている。

    そんなコロナ禍の中で、「学費返還」を求めて声を上げる学生たち。彼らは社会に何を求めているのかを聞いた。

    国からの10万円給付で5月は生計

    取材に応じたのは、まず東京学芸大学の「東京学芸大学に授業料の返還と文部科学省に支援を求める会」のメンバー、原太郎さん・奥田木の実さん・佐藤雄哉さんの3人。現在署名サイトChange.org」で署名を募り、約500人が賛同、大学側に署名を提出した。

    学芸大は現在、6月一杯までキャンパスを閉鎖し不要不急の入構を禁止し、春学期の授業は全てオンラインで行うことも決定している。4月中は緊急事態宣言を受けて授業も始まっていなかった。

    この状況で原さんらは、「予定していた回数分の授業ができない可能性がある」という話を大学事務から聞き、授業料の返還を呼び掛けた。大学当局と交渉し、減額幅を決めたいと考えている。

    とはいえ、コロナ禍が直接のきっかけというより、「高等教育無償化」を推進していながら、そもそも学費が高いのではないか、という認識が原さんにはあった。「無償化の流れに逆行し、授業料を値上げしている大学もあります。教育をサービスの一環としてとらえているのではなく、学費の高さを問題と考えています」とのことだ。

    大学からの補償は、無利子奨学金の10万円までの貸与にとどまっている。卒業学年の学部4年生・修士2年生にとっては図書館が使えないこと、また理科系芸術系の実技授業やフィールドワークが使えないという不利益をこうむっている。

    学生の場合、学業のみならず金銭面も苦しい。バイト先の休業に加え、本人だけでなく家族の収入も減った学生もいる。自身も授業料免除・奨学金の申請中という佐藤さんの場合、2つのバイト先が緊急事態宣言発令後ともになくなり収入はゼロになり、国からの10万円給付で5月は生計を立てているという。

    奥田さんによれば例外的に授業などでキャンパスに立ち入る場合でも教員の承認が必要とのことで、資料代なども捻出できない状況で、「学習権が侵害されていると思います」という。授業によっては課題図書を指定し、課題を提出させるだけの「授業放棄ととられかねないような」(奥田さん)内容のものもあり、オンライン化された授業の質の違いも学生側は認識している。

    「昨年までと同じ学費を払っているのに」

    中央大学でも学費減額を訴える学生が取材に応じた。人文系の学部に所属するAさん(4年生)だ。中央大学でも5月一杯までキャンパスは閉鎖され、オンライン授業が始まっている。Aさんオンライン授業そのものにはさほど不都合を感じていないものの、学ぶ権利が著しく損なわれていると憤り、学費の半額減額を主張し、オンラインで署名をつのる。

    「昨年までと同じ学費を払っているのに、学ぶ機会の損失を余儀なくされています。同じ学費を払わなければいけないのでしょうか」と話す。学生は授業だけでなく、学内の図書館・研究室・サークル施設を利用するためのコストも学費として払っている。それらが利用できないのだから減額を求める、という主張だ。「(図書館での)オンラインでの資料閲覧にも限りがありますし、研究室での学問談義や友人との雑談も大学でしかできない営みです」と話した。

    中央大学では学生に一律5万円を支給する特別措置を4月28日に決定したが、「5万円でオンライン授業に対応できるパソコンが調達できるかもわからないし、お詫び金のようなものは求めていません」という。Aさん自身はリモートでできるアルバイトを続けており生活に困っているほどではないが、収入が減って家賃くらいしか稼げない学生もいると聞く。

    「大学側もキャンパス維持費がかかっており大変だと主張していますが、こちらも一方的に学ぶ権利を制限されています。交渉だけでもさせてほしいです」と、学生側が被る不利益を認めてほしいとAさんは訴えている。

    会の要求には「基本的に応じられない」

    これらの学生の訴えに対し、大学側はどう答えたか。東京学芸大学5月22日に、「東京学芸大学に授業料の返還と文部科学省に支援を求める会」に回答した。その要旨は、会の要求には基本的に応じられないというもので、理由は授業コマ数については春学期終了時期の延期で確保できること、学生の授業料は授業以外の諸経費にも活用されており、遠隔授業の対応のために大学側も厳しい経営を強いられていること、などである。

    J-CASTニュースからも東京学芸大学に改めて取材を行ったが、29日現在でも回答は得られていない。

    中央大学へも同様に、大学側としてこれらの署名にどう対応するか取材を試みたが、大学側からの回答はなかった。

    突然のコロナ禍は、大学生活にどう影響している?

    コロナ禍の影響もありアルバイト収入が激減する学生達!
    一律10万円以外にも何か国からの手厚い保証があったらいいですけど・・・



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 35career.com)


    大学は広いし、固定費が相当かかりそうです。

    学生としても収入源が絶たれた以上、抗議するしかなさそう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【バイトが減り学費に苦しむ学生達。オンライン授業化に伴い大学に半額減額を主張!】の続きを読む



    (出典 www.shimotsuke.co.jp)


    ずっとパソコンを見ていると自然と姿勢が悪くなる。

    目にも良くなさそう。

    1 シャイニングウィザード(長野県) [DK] :2020/05/29(金) 07:34:30.59


    群馬大の伊藤賢一教授らの共同研究グループが全国の小学生の保護者を対象に行ったウェブ調査で、
    新型コロナウイルスによる休校期間中にパソコンなどのネット機器を学習で利用した児童の疲労度が、
    娯楽で利用した児童よりも高い可能性があることが明らかになった。
    オンライン教育の環境整備が急がれる中、伊藤氏は「子どもの健康や身体への影響を配慮した上で推進すべきだ」と注意を促している。

    調査は5月上旬に実施。全国の保護者1300人が4月20~25日の間の児童の様子を回答した。

     疲労度については、保護者の回答を「高」「中」「低」「なし」に集計。
    その結果、オンライン学習1~3時間以上の児童の保護者「A群」とオンライン娯楽のみ1~3時間以上の児童の保護者「B群」で比較すると、
    疲労度中・高はB群で12~23%に対し、A群は20~33%だった。疲労度高のみでみると、B群6~7%に対し、A群11~20%だった。

     オンライン授業で使用したネット機器ごとの疲労度については「スマートフォン(スマホ)」「パソコン」「タブレット」の3種で比較。
    スマホの疲労度「なし」が42%で最少。疲労度中は19%、高は12%でともに最多だった。
    このことからスマホでの学習の疲労度が高い可能性があると分析している。

    オンライン学習、子どもの疲労度高く 機器別ではスマホが最大 群馬大ウェブ調査
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200528-00000057-mai-soci

    「オンライン授業は」便利な反面、課題も多くある。子供達が体調を崩さない為にも最低限の配慮は必要かもしれない。


    【(教育)進むオンライン学習!便利な反面、健康的に悪影響を及ぼす可能性も!!】の続きを読む



    (出典 eikaiwa.dmm.com)


    コロナの中で人の温もりを求める人はとても多いと思います。

    1 Toy Soldiers ★ :2020/05/28(木) 10:06:12.94

     他の先進国と比べると、さまざまな面で遅れている日本の性教育。後をたたない10代の望まない妊娠、中絶、性病感染……。今後始まる新型コロナ時代に、若者は性について何を知ればいいのだろうか。
     『Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~』(ABEMA)では、2時間スペシャル番組として『コロナ時代の性教育』を配信。突然の“コロナ休校”に見舞われ、生活が一変した若者たち。若者世代・母親世代・LGBTの方々をゲストとして招き、討論した。

    【動画】カラオケのファミリールームで飲酒&*…思春期男子から実際に寄せられた悩み(6分ごろ)

     開業助産師として働きながら、小~大学生・保護者向けの性教育をテーマとした講演活動を行っている櫻井裕子さんは「思春期男子からの電話相談がとても多い」と語る。思春期男子から性の相談を受けた話を自身のAmebaブログ『性教育とぽんずともろみ』に投稿したところ、それを見た男子たちからの相談が多数届くようになった。

     もちろん、性に関する公的な相談窓口も存在するが、当番でいろいろな人が答えるシステムであることが多く「『そんなことばっかり考えてないで勉強しなさいよ』と叱られるだけのケースもある」と櫻井さんは述べる。いろいろ探して辿り着いた先が、櫻井さんの医院の電話番号だった男子もいたという。

     高校生の男子からは“友人”の悩みとして「カラオケボックスで*をしてしまった」という相談が届いた(※番組では、櫻井さんが思春期男子から受けた相談のうち、本人より公開の許可を得たものを紹介)。その友人はカラオケを楽しむつもりで、友達10人程度とカラオケボックスに入ったが、持ち込んだアルコールを飲むなどしているうちに場の雰囲気が徐々に変わっていき、やがて性行為が始まってしまったという。

     しかし、相談者の“友人”の悩みは「カラオケで*をしてしまったこと」ではなく、「その場で*しなかった。ED(*障害)なのではないか?」と思ったことなのだという。新型コロナウイルスにより、休校などが相次いだタイミングで、問題の本質はそこではないはずなのに、「ちょっとズレてる」と振り返る櫻井さん。

    続きソース
    https://news.livedoor.com/article/detail/18327297/


    (出典 epark.jp)

    学校ではなかなか教えてくれない性教育!そして他の国に後れを取っている日本!


    【遅れてる日本の性教育!!女子だけではなく思春期男子からも電話相談多数。】の続きを読む


    TOEICは英語によるコミュニケーション能力を評価する世界共通のテストとして開発された。テストの種類として以下の5種類が実施されている。 TOEIC Listening & Reading Test (TOEIC L&R) TOEIC Speaking & Writing Tests (TOEIC
    36キロバイト (4,667 語) - 2020年2月22日 (土) 09:42



    (出典 eigonotomo.com)


    日本は他の国と比較して「文法」に重点を置くからなかなか会話が上達しない。

    1 Buzzy Mozzie ★ :2020/05/17(日) 07:35:35.76

    ■900点超えでも英語で電話予約すらできません
     英語能力を測る指標といえば、日本では「TOEIC Listening & Reading Test(以下、TOEIC)」が最もポピュラーだろう。TOEICで900点以上取れるなら、英語をペラペラ話せる……などと思ってはいないだろうか。

     「そうした思い込みは捨てていただきたい。TOEICで何点取っても、英会話力とは直結していませんから! 」

     こう断言するのは、東大卒で有名マスコミに勤めるRさん。TOEICで900点前後をマークしている。エリート街道を歩んできたが、英語にコンプレックスを抱いているという。

     「TOEIC900点というと、『おまえ英語できるよな』という前提で英語を使う仕事を振られたりするのですが、話せませんから!  メールなら受験英語のリーディング、ライティングでなんとかいけるのですが、電話を含めトークは無理です。そもそも相手が何を言っているのかわからないんです」

     「TOEICでもリスニングがあるのだから、聞き取れるはずでは? 」と思う人もいるだろう。Rさんいわく「TOEICのリスニングは実際の会話に比べると相当遅い」という。

     そんなRさんとは対照的に、「英語は日常的に仕事で使います」と語るのは電気設備メーカーに勤めるAさん。

     海外企業と取引を行うため、メール、電話などで英語を使ってやりとりしているという。海外出張に行って現地で通訳を介さずに取引をしたり、クライアントが来日した際に接待したりすることもある。特筆すべきは、そんなAさんのTOEICの点数が直近でも420点程度だったということだ。

     「全く何の対策も勉強もせずに受けたら、そういう点数でしたね。逆にTOEIC用の勉強をしたら上がったりもします。それでも500点程度ですが(笑)」(Aさん)

     TOEICの点数を上げることに全く関心がないAさんは、学生時代も英語は得意ではなかったと話す。

     「出身は琉球大学ですが、入試ではそこまで力を入れて英語を勉強しませんでした。ただ、大学のゼミで英語の論文を読んだり、書かされたりしたので、そのときはさすがに勉強しましたね」

     そこで英文の読解や英作文の練習はしたものの「話すほうはからっきしだった」というAさん。しかし、卒業後に就職した会社では現在の勤め先と同様に海外企業との取引があったため、英語を使う場面が多かったという。

     「英語の資料を読んだり、英語で見積もりを作成したり。お客さんも外国人だったりして、必然的に英語を話さざるをえない環境でした。1カ月程度ですが、イギリスに語学留学させてもらったりもしました」

     先のRさんは、留学経験などはなかった。やはり英会話ができるかできないかは「体験が物を言う」ということになるのだろうか? 

    ■受験英語は決して無駄ではない
     「そもそも『TOEIC Listening & Reading Test』では、スピーキング力は測られていません。文法や単語などの知識を生かし、英語で会話するためにはアウトプット型のトレーニングが必要です」

     こう語るのは、NHKのテレビ番組「おとなの基礎英語」の講師などでおなじみの松本茂・立教大学グローバル教育センター長だ。

     「勘違いしてほしくないのは、文法などの知識が不要なわけでは決してないということ。スピーキングは、文法、単語、口語表現の知識をもとに実践的なトレーニングを経て身に付く、英語の統合的なスキルなのです」

     英語が話せるAさんも仕事で実践を繰り返す前に、基本的なリーディング、ライティングは大学で勉強していた。何の基礎勉強もなく英語を話しているというわけではない。ただ、基礎勉強だけでは円滑なコミュニケーションを取れるようにはならないということだ。

    ■会話のキャッチボールにはならない
     例えば、英語で何かを話しかけられたとしよう。英語を聞き取れたとしても、その意味を日本語で理解して、返す言葉を日本語で考えて、それをまた英語に置き換えて話す……というような作業を脳内でいちいちやっていては、会話のキャッチボールにはならないのだ。「英語を英語のまま理解して、返事も英語で組み立てられるようになることが大事」と松本氏は解説する。

     冒頭のRさんも、「知っている英語と話せる英語は違う」と話す。

    5/16(土) 11:15配信 続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00034544-president-soci&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00034544-president-soci&p=2

    ※前スレ★12020/05/17(日) 05:10:23.77
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589659823/



    (出典 www.cube108.jp)

    やはり勉強しても実際に会話に結びつけないととても厳しい。手っ取り早く会話を取得するには、留学やホームステイなど、実際に現地に行って学ぶ方が良いのかもしれない。


    【(教育)文法中心の勉強では英語は上達しない!!toeic900点でも会話が・・・】の続きを読む


    勉強taka4332/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    学校では様々な科目であらゆることを学ぶ。大人になって「勉強してよかった」と思う一方で、「あまり役に立っていないな」と感じることもある。

    かつて学校で勉強した科目のうち、最も「大人になって役に立っていない」と感じた科目は何か。しらべぇ編集部は全国の18歳以上の男女1,847名を対象に、以下の主要9科目のうち「最も大人になって役に立っていない」と思うものを調査。上位5つをランキング形式で紹介する。

    英語/数学/理科/国語/社会/美術/音楽/技術・家庭/体育/その他

    ■第5位:英語(7.6%)

    5位は英語。「大人になってから最も勉強しておけばよかったと思う科目ランキング」では、2位に大差をつけて1位だったが、「役に立っていない」と感じている人もいる様子。

    グローバルな時代になり、日本でも英語を必要とする場面が増えているといわれるが、日本語だけで事が足りることのほうがまだまだ多い。その影響かも。

    関連記事:専門家、新型コロナ重篤化防止で禁煙・たばこ生産停止を要請

    ■第4位:音楽(8.4%)

    音楽が4位に。楽譜の読み方や楽器の扱い方など、音楽を生業としている人にとっては必須事項となるものばかり。しかし、一般的な職に就いている人、興味のない人にとっては無縁で、知識がなくとも生きていける。そんな理由から、「役に立っていない」と感じるのだろう。


    ■第3位:数学(12.3%)

    足し算引き算、掛け算割り算が理解できないままでは、資本主義社会を生き抜けない、必須科目のように思える数学が3位に入った。

    電卓や表計算ソフトなどの登場で、暗算をしなくてもすぐに計算ができてしまうのが要因かもしれない。

    ■第2位:理科(14.8%)

    理科が2位。知識を必要とする職種が限られ、日常生活で使う場面が少ないことが大きいのだろうか。人間や生物が地球上で生きるメカニズムを学ぶ科目だけに、知識が役立つことも多いと思われるが、評価は低かった。

    ■第1位:美術(20.7%)

    多くの科目を抑えての1位は美術。絵画や工作などを学ぶが、一般社会でその知識や技術を使うことはほとんどない。そのようなことが、1位になった理由かも。もちろん、覚えておけば役に立つ場面もあるのだが。

    大人になって役に立っていないと思う科目

    美術が1位となった「大人になって役に立っていないと思った科目ランキング」。ランク入りした科目は直接的には役立っていないかもしれないが、勉強しておけば後々自分の教養として生きてくるだろう。

    ・合わせて読みたい→「田中みな実写真集」女性編集者が石原さとみ“金銭トラブル”で解雇

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
    対象:全国18歳以上の男女1,847名 (有効回答数)

    大人になって「役に立っていない」と思う科目は? 1位は才能が必要となる…


    学校教育で、実際に大人になって使うのはほんの一部!それよりもこの期間、自分がやりたいことをしていった方がいいと思います。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 illustfree.jp)


    確かに実用性で言えばこの5科目はあまり使わないかもしれません。

    特に数学の「因数分解」などは特定の所でしか使わない気がする。

    <このニュースへのネットの反応>

    【学校教育。実際に大人になってあまり使わない科目ランキング!?子供の時に学んだけれど・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ