お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: 娯楽


     携帯ゲーム機の元祖、ゲームボーイ。若者たちは知らないかもしれないが、30代以上であれば懐かしく思うだろう。そんなゲームボーイを彷彿させる携帯ゲーム機が今、世界で続々と開発されようとしているらしい。いったい、なぜなのか?

    ゲームボーイ世代が大人になり…

     30代の筆者は、まさにゲームボーイ世代の子である。あの四角く分厚い箱の中には、無限大の夢が詰まっていた。外にいながらゲームができる。これほど胸ときめく事象はない。もっとも、ゲームボーイ以前からゲームウォッチのような携帯ゲーム機は存在したが、これは予め本体ROMに内蔵された1本のゲームしかプレイできない。しかし、ゲームボーイは友達が持っているカセットを挿して遊ぶことができた。

     当時、周囲の大人たちは「最近の子供はメンコやベーゴマで遊ばなくなった」と嘆いていたが、そんなことはどうでもよかった。楽しかったのだから、それでいい――。

     1989年に発売されて以来、全世界で1億台以上も売り上げたゲームボーイ

     世界中に輸出されていた製品だから、少年時代の筆者と同じ味わいを覚えていた者は各国に存在する。現在、その少年たちが30代になった。30代と言えば、想像力も行動力も絶頂の時である。かつて憧れていたゲームボーイリメイクしよう、と試みるプロダクトデザイナーがここ最近目立つようになってきた。

     BehanceというSNSがある。これはクリエイターに特化したプラットフォームで、正直一般人にはあまり縁のないものではある。が、このBehanceにこんなプロダクトが登場した。ゲームボーイベースにした携帯ゲーム機『Flex』だ。

     デザイナーのYJ Yoon氏は、子供の頃にクリスマスプレゼントゲームボーイをもらったとのこと。それ以来のゲームボーイファンだが、同時にゲームボーイの要改良点も熟知しているそうだ。

     まず、Flexには本体からの突起部分がない。ボタンですら、本体に埋め込む形の設計だ。そしてゲームボーイプレイヤーの右手にスピーカーが隠れてしまうという構造的欠点があったが、Flexではそれを本体上部に設けることで解決している。

     オリジナルゲームボーイと比べると、かなりスリム化されたデザインであることがよく分かる。このFlexは現状販売されている製品というわけではなく、あくまでもBehanceで公開されている構想に過ぎない。だが世界中のユーザーから製品化を希望する声が相次いでいる

    ゲームボーイスーファミソフトプレイ!?

     ゲームボーイの外見そのままに、中身を進化させていろいろなソフトプレイしてしまおうという試みも存在する。最も有名なものは『ゲームボーイゼロ』である。これはゲームボーイ発のソフトはおろか、スーパーファミコンソフトプレイ可能という代物だ。

     ただしこのゲームボーイゼロ、端的に言えばマニア向けの製品である。部品や基盤等の組立キットを自分で工作しなければならない。これを家内制手工業でできる世帯は、そう多くはないだろう。

     ところが調べてみると、このゲームボーイゼロを完成品の状態で販売し、なおかつ日本への配送に対応している海外の業者があるという。それがショッピングサイトEtsyに製品を出展しているCastFXである。ボタン個数や本体カラー等のカスタマイズも請け負っていて、製品を購入したユーザーからの評価も高い。

    ◆最大5人でプレイ可能!

     これに負けじと、他の業者も「ゲームボーイ改」を市場投入している。クラウドファンディングKickstarterに『RetroStone』という製品が公開されたことがある。これもまた見慣れたデザインの携帯ゲーム機だが、何とUSB差込口が4つも搭載されている。これにコントローラーを接続し、最大5人でプレイができるという仕組みだ。

     今でこそ5人プレイの何がすごいんだと思われるかもしれないが、かつてのゲームボーイでは無理だったのだ。

     また、RetroStoneにはHDMI端子も内蔵されている。テレビと接続し、大画面でゲームを楽むことも可能。というより、多人数プレイではテレビが欠かせない。

     ここまで挙げた製品は、いずれも数年内に発表され、世界中で話題になったものである。気になるのはゲームボーイに関する任天堂のパテント(※特許)の問題だが、今のところは訴訟等は起こっていないようだ。もっとも、このあたりは今後も注視する必要がある。

     ゲームボーイと共に育った世代、具体的に言えば1990年代小学生だった人々がモノづくりの世界に影響を及ぼし始めている。<文/澤田真一>

    【澤田真一】
    ノンフィクション作家、Webライター1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジーガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログたまには澤田もエンターテイナー

    画像は、『ゲームボーイパーフェクトカタログ』(ジーウォーク)の表紙

    ゲームボーイは我が青春だ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゲームボーイ(Game Boy)は、1989年4月21日に任天堂が発売した携帯型ゲーム機。日本国内での発売当時のメーカー希望小売価格は1万2500円(税込)→8000円。略称はGB。また製品コードはDMGで、「Dot Matrix Game」が由来。また、携帯型ゲーム機としては初めて累計販売台数が1億台を突破した。
    39キロバイト (5,218 語) - 2019年7月28日 (日) 20:43



    (出典 iwiz-kainavi.c.yimg.jp)


    ゲームボーイ懐かしい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【世界で「ゲームボーイ」が人気。なぜ今更なのだろうか?「全世界で1億台も売れた」】の続きを読む


    お相撲さん達の中のひまわりなのか、ひまわりの中のお相撲さん達なのか、まあどちらでもいいのですが、お相撲さん×ひまわりの画像ツイートが、日本のみならず海外でも大きな話題となっています。


    https://twitter.com/yoshiaki9500/status/1158730169256779777
    昨日ガジェット通信でお伝えしたのが、芝田山部屋の翔傑さんによるこちらのツイート。半裸の大男たちがひまわりバックに記念撮影といった感じの絵面です。お相撲さん×ひまわりというコンビネーション予想外です。

    ひまわり畑でたわむれる真夏の妖精たち!? 芝田山部屋・翔傑さんのツイートが話題に
    https://getnews.jp/archives/2189735[リンク]


    https://twitter.com/lori_bluma/status/1159233652124839937
    海外では「全裸の大男達の取っ組み合いはちょっと……」と敬遠されることも多い相撲ですが、「彼は喜びを与えてくれるわ」と待ち受けにしてしまった女性もいます。


    https://twitter.com/sol59906389/status/1159210834247278593
    「彼が一番ね」と推しを明らかにする女性もいます。


    https://twitter.com/Rauhlezx/status/1159196800462598146
    「一番キュート」と表現するこちらの女性の推しは、こちらの彼。

    ・相撲の力士はひまわりと一緒に成長するのか?
    ・相撲のことは知らないけどいい写真よね
    ・この写真見たら笑顔にならない人なんていないんじゃないかしら
    日本語わからないけどフォローしちゃった
    ・「フィールド・オブ・ドリームス」の続編?
    ・この写真を見ながら「Somewhere over the Rainbow(虹の彼方に)」を聴いていたいわ
    ・力士が満開になる季節だからね
    ・天国の写真がこれ
    ・この笑顔はずっと見てられるわ

    海外の女性を中心に大ウケの、お相撲さん×ひまわりという異種格闘技戦のようなコラボ。「スマイルシンデレラ」の渋野日向子選手じゃありませんが、笑顔は世界共通の言語ですね。

    ※画像:Twitterより引用
    https://twitter.com/yoshiaki9500/status/1158730169256779777

    ―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
    (執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

    ―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
    お相撲さん×ひまわりが海外でもめっちゃ話題に


    お相撲さんとヒマワリのコラボ。なんだか新鮮。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 shop.sakataseed.co.jp)


    面白い風景ですね。お相撲さんが強そう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(面白い風景)なんと!日本の力士とあの夏の「ヒマワリが」伝説のコラボ。】の続きを読む


        あの人気アニメ「アンパンマン」しかし保護者からはクレームの声。
                                   「暴力で解決している」

    昔普通委に見ていたけど、そんなに乱暴ではないと思う。

    NO.7687348 2019/08/11 14:36
    アンパンチで暴力的に? 心配する親 暴力シーン乳幼児にどう影響?
    アンパンチで暴力的に? 心配する親 暴力シーン乳幼児にどう影響?
    大人気アニメ「アンパンマン」は、主人公のアンパンマンが、悪さをするバイキンマンを「アンパンチ」でやっつけますが、この場面を見た乳幼児が「暴力的になる」と心配する親の声がネット上で見られます。

    アンパンチでバイキンマンをやっつけ、「めでたしめでたし」とする話の流れが、「暴力で物事を解決すること」をよしとする考えを植え付けないかという意見です。

    逆に「全く影響ない」とする声もあります。

    アンパンチがバイキンマンをやっつける描写など、子ども向け番組の「暴力シーン」は、乳幼児に何らかの悪影響を与えるのでしょうか。

    メディアの暴力描写が子どもに与える影響に詳しい、創価大学文学部の渋谷明子教授に聞きました。

    好きであるほど同一視しやすい

    Q.そもそも、乳幼児がテレビ描写から受ける影響は大きいのでしょうか。具体的にどのような影響がありますか。

    渋谷さん「乳幼児はテレビに限らず、見たものを模倣し学習していきます。お父さんやお母さんの言葉・行動、周囲の人の言動、テレビのキャラクターの言葉・行動なども含まれます。例えば、ダンスやトレーニングの映像を乳幼児が見て、その映像をまねている動画を見る..



    【日時】2019年08月11日 06:10
    【ソース】オトナンサー


    【あの人気アニメ「アンパンマン」しかし保護者からはクレームの声。「暴力で解決している」】の続きを読む




    夏の定番と言えば、花火ではないでしょうか。特に子どもの頃は、花火セットを買って家族や、友達と楽しむ機会が多かったでしょう。そんな慣れ親しんだ花火ですが、皆さんは手持ち花火の先に付いているヒラヒラとした紙の部分を導火線に使っていないでしょうか。実は導火線ではなく、本来の使い方があると話題になっています。

    ヒラヒラの用途は

    手持ち花火のヒラヒラの紙(花びら紙)は、保護のために付いているものでした。紙をちぎってから直接点火するのが本来のやり方です。


    知らなかった


    ほとんどの人は、導火線だと思っていたようです。これだけ勘違いしている人がいると、導火線の方が正しいんじゃないかと思ってしまいますね。

    言われてみれば


    紙だけが先に燃え尽きてしまって導火線が不発に終わってしまう声もありました。言われてみれば、導火線用に作られたものではないので、不発に終わってしまっても不思議ではありません。まだまだ花火を楽しめる時期なので、これから手持ち花火をする際には紙をちぎって、より点火のしやすい花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    また、捨てがちな新聞紙の意外過ぎる使用方法も話題になっています。

    画像掲載元:写真AC



    画像が見られない場合はこちら
    恐らく80%が勘違いしている「手持ち花火」の衝撃的真実が話題に!


    次回遊ぶ時にはひらひらを外して遊んでみたい。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    全然知らなかった。今度試してみよう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【夏だ~海だ~花火だ~「手持ち花火」80%の人が本当の使い方を知らない。先端のビラビラは導火線ではなかった。!】の続きを読む


            「ドラゴンクエスト ユア・ストーリ」ドラクエファンからは低評価!
                     中には「思い出に泥を塗られた」というファンも。

    確かにドラクエは思い出深い。
    だって青春だもん。

    NO.7678985 2019/08/08 15:00
    『ドラクエ』劇場版が「原作をぶち壊し」とファン激怒、訴訟沙汰?
    『ドラクエ』劇場版が「原作をぶち壊し」とファン激怒、訴訟沙汰?
    スクウェア・エニックスが手掛ける国民的RPGゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』を3DCGアニメ化した映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が8月2日に公開され、週末の映画ランキング(興行通信社調べ)で4位を記録。

    ファン向けの超大作として期待されていたものの、初登場での首位を逃した上、「ファン層から猛バッシングが飛び交う事態になっている」(映画誌ライター)という。

    「1992年にシリーズ5作目として発売され、今なお最も人気が高いとされる『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を原案とし、オリジナルゲームの生みの親・堀井雄二氏や、シリーズのほとんどの音楽を手掛ける作曲家・すぎやまこういち氏も参加した『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。

    総監督は『アルキメデスの大戦』が公開されたばかりの山崎貴氏、登場人物の声優も佐藤健に有村架純、波瑠や坂口健太郎、山田孝之、吉田鋼太郎といった豪華キャストが勢揃いしています」(同)

    物語は、主人公のリュカ(佐藤)が父の遺志を継ぎ、魔物に連れ去られた母を取り戻す旅に出る内容で、ドラクエファンは公開前から期待で胸を膨らませていたという。

    「しかし、実際に映画を鑑賞したネットユーザーからは『映像は本当に美しいけど、内容が最悪。原作をぶち壊しにきてる』『もっと原作ファンのことを考えてくれていると思った。今は、この映画を見てしまったことへの後悔しかない』『思い出に泥を塗られた気分』といった酷評が噴出しています。特に“オチ”が予想を裏切る内容となっているそうで、『これはドラクエではない』とする全否定まであるほどです」(同)

    この惨状に、まだ映画を見ていないドラクエファンも「ファンが楽しめないってどういうこと?」「見ておきたかったけど、やめた方がいいのか?」と、不安を訴えている。

    「さらに映画が公開された当日、『小説ドラゴンクエストV』(エニックス/現スクウェア・エニックス)の作者・久美沙織氏がTwitterで『2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会さまを提訴しました』と、発表。実は、映画の主人公に付けられた“リュカ”の名前は、ファンの間では“久美氏の小説の主人公名”として知られていました。しかし、映画で“リュカ”の名前が無断使用され、その正式名称に至っては“改変”されてしまったというのです」(マスコミ関係者)

    久美氏は使用料などを求めているわけではなく、単純に「事前連絡がなかった」こと、また説明を求めたのに「たらい回しにされた揚げ句、明確な回答がなかった」ことに憤っている様子が見て取れ、ファンも「これは久美氏が怒るのも当然」と、製作委員会側に批判的なスタンスだ。

    「映画は全国313スクリーンと、邦画では最大規模での公開となったにもかかわらず、訴訟問題の発覚、ネガティブなレビューが続出しているとあって、すでに“ドラクエ史の黒歴史”になることは決定的なのでは」(同)

    ネット上には「あまりにも評判が悪いから、逆に見てみたい」という声もあり、もはやファンを取り込めないのであれば、“冷やかし目的”の層にでも来てもらうしかないのだろうか。
    【日時】2019年08月08日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン
    【関連掲示板】


    【「ドラゴンクエスト ユア・ストーリ」ドラクエファンからは低評価!中には「思い出に泥を塗られた」というファンも。】の続きを読む

    このページのトップヘ