お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 技術


    (車)大きく変わる時代の変化!
    昔と今の車の違い。「ⅯTしかなかった」

    最終的には自動運転になり、運転しなくてもいいようになるかもしれませんね。

    NO.8050820 2019/12/25 07:26
    車の昔と今の違い!将来はどうなるのかな?
    車の昔と今の違い!将来はどうなるのかな?
    ■車は昔から大きく変化してきた!
    時代とともに様々なモノが変化していきます。オヤジが興味あるモノの中でも、車は大きく変化したモノの1つでしょう。昔と今では、車は色々と違う部分がたくさんあります。快適になった変化もあれば、「昔の方が良かった」と感じる変化もあるでしょう。今回は、そんな車の変化について振り返ってみましょう。そして、将来はどんな車が誕生する可能があるのかを紹介していきます。

    ■昔と今の車の違い!
    <MTしかなかった!>
    昔と今の車の違いと言えば、AT(オートマチック・トランスミッション)とMT(マニュアル・トランスミッション)ではないでしょうか。最近はATばかりであり、MTの車を探す方が難しいぐらいです。
    しかし、昔はMTしかありませんでした。そのため、オヤジ世代からすれば、たまにはMTの車を乗りたくなることもあるのではないでしょうか。もしかしたら、MTの車は無くなっていくのかもしれませんね。

    <とにかく自動じゃなかった!>
    昔と今の車の違いは、自動で行われる機能についてです。例えば、今の車ならパワーウィンドウのボタンを押せば、車の窓の開け閉めをすることができます。しかし、昔の車はそんな機能はありません。各ドアに付いているレギュレーションハンドルを回すことで、窓を開け閉めしていたのです。
    エンジンのかけ方も違います。今はスイッチ式が多く、ブレーキを踏みながらスイッチを押せばエンジンが自動にかかります。しかし、昔の車はカギを差し込んで回してエンジンをかけるのが一般的でした。
    さらに、車のドアも昔と今では違います。今はカギをポケットに入れていても、ドアノブを持てば自動的に開けることが可能です。昔は、カギを入れて回さないと開けることができませんでした。このように、今の車は自動にできる機能がたくさんあるのですが、昔はなかったのです。それだけに、車の機能はとても進歩したと言えますね。

    <パワーステアリングがなかった!>
    昔と今の車の違いは、パワーステアリング(パワステ)の有無が挙げられます。今の車は、パワーステアリングが搭載されているのが当たり前です。そのため、若い世代はパワーステアリング自体を知らないかもしれません。
    パワーステアリングは、ハンドルの回転を補助する機能のことです。昔の車はパワーステアリングが搭載されておらず、ハンドルを回すのは重くて力が必要だったのです。運転のしやすさという意味では、パワーステアリング搭載が標準となった今の車の方が上でしょうね。

    <昔懐かしい三角窓!>
    オヤジ世代は、車の三角窓が懐かしいのではないでしょうか。昔の車には、運転席や除籍に三角形の窓がついていたものです。三角窓は、他の窓のように上下に開け閉めすることができません。斜めに角度をつけて開く窓となっており、空けておくことで車内に外気を取り込むことができます。斜めに開くので、角度を調整することで風の流れる方向を変えることができたのです。
    しかし、今の車で三角窓がある車はありません。三角窓が消えた理由は、主に「エアコンの普及」「コスト」の2つが挙げられます。カーエアコンが一般的になり、窓を開けて風を入れる必要性がなくなっていきました。その結果、三角窓の存在意義も失ってしまい、なくなっていったのです。
    また、コスト面からも三角窓が消えた理由があります。存在意義を失った三角窓をそのままにして開発しても、無駄にコストがかかるだけです。需要がない三角窓にコストをかける必要はなく、三角窓は消えていったのです。

    <サイドブレーキも変化!>
    オヤジ世代からすれば、サイドブレーキは手動でレバーを引くイメージが強いことでしょう。今でも同じタイプの車がありますが、最近は電動パーキングブレーキが採用されている車が多いです。スイッチひとつで作動・解除することができ、より簡単にサイドブレーキをかけることができるようになっているのです。
    ちなみに、電動パーキングブレーキの位置は車によって違います。そのため、カーシェアリングなどで様々な車種を利用するオヤジは、戸惑ってしまうことがあるかもしれませんね。
    <車に搭載される装備品が違う!>
    車における今と昔の違いは、搭載される装備品です。例えば、昔の車にはETCが搭載されることはありませんでした。なぜなら、ETCの試験運用が始まったのは平成9年であり、本格的にサービスが始まったのは平成13年からだからです。有料道路を利用する際に便利なETCですが、昔は存在しなかったのです。
    他にも、カーナビやカーステレオ、ドライブレコーダーなども昔と今では違います。今はとても高性能であり、使い勝手が良いです。これから、ますます性能が高い装備品が登場していくことでしょう。

    ■車を取り巻く環境も違う!
    車を取り巻く環境も、昔と今では違いがあります。昔は、車がステータスだった時代がありました。しかし、今はそんなことはありません。若者の車離れが進んでおり、車がステータスという時代ではなくなったのです。
    とくに都会なら、公共交通機関が発達しているので車は生活必需品ではありません。むしろ、車は維持費がかかることなどから、若者の車離れが進んでいるのです。車好きのオヤジとしては、ちょっと寂しい限りですね。
    また、最近はカーシェアリングという車の利用方法が登場。短時間から利用でき、ネットで利用予約をすることができます。スタッフと顔を合わせる必要もないため、レンタカーよりも利用しやすいです。車を所有せずに、カーシェアリングを利用するという方法も今の時代はあるのです。

    ■将来はどんな車が誕生するの?
    <電気自動車が主流になる?>
    車の将来ですが、電気自動車(EV)が主流となる可能性が高いでしょう。モーターショーでも、各社が電気自動車を出展しています。電気自動車が主流になる背景には、環境問題による規制が挙げられます。環境規制にガソリン車やハイブリッド車が引っかかる可能性があり、将来は電気自動車が主流となる可能性が高いのです。

    また、技術開発が進むことによって、電気自動車の航続距離が伸びると予測されています。そして、電気が充電できる場所(インフラ)も整備されれば、きっと電気自動車が車の主流となることでしょう。

    <完全自動運転が搭載された車が販売される?>
    将来の車で期待されているのが、完全自動運転が搭載された車です。すでに完全自動運転となる車のコンセプト・カーは登場しており、将来的に販売される可能性はとても高いと言えます。
    ただ、完全自動運転の車が市場に投入されるのは、まだ先のことでしょう。なぜなら、まだまだ様々な課題があるからです。とくに、法律上の問題があり。完全自動運転を認めるためには法律の改正が必要となります。
    それでも、着実に完全自動運転の車が誕生する日は近づいていることでしょう。いずれ、車を運転しないでも目的地まで到着できるという夢のようなことが現実になるかもしれません。オヤジながら、ちょっとワクワクしますね。

    ■これからも車を楽しもう!
    今回は、車の昔と今の違いと未来の車について紹介してきました。オヤジ世代にとって、車は大きく変化したモノの1つです。今の車と昔の車を比較すると、懐かしい記憶を思い出すのではないでしょうか。快適になった今の車ですが、意外と昔の車も魅力的ですよね。

    車はまだまだ進化を続けています。車を趣味にしているオヤジとしては、これからの車の変化も楽しみの1つでしょう。これからどんな変化をし、新しい車が登場するのか楽しみですね。
    ここまで読んだオヤジにおすすめの記事2つ。
    【日時】2019年12月25日
    【提供】YAZIUP
    【関連掲示板】


    【(車)大きく変わる時代の変化!昔と今の車の違い。「ⅯTしかなかった」】の続きを読む


    planets-1497200_640_e

     中国で “人工太陽”に火が灯ろうとしている。太陽で起きている反応を再現する核融合装置が完成しようとしているのだ。

     2020年には核融合炉の運転が可能になるそうだ。

     その人工太陽のプラズマの温度は最高で2億度になると予想されている。太陽核の温度が約1500万度とすると、その約13倍だ。

     これが本当に成功すれば、ほぼ無限で、しかもクリーンな夢のエネルギーが実現するという。


    ―あわせて読みたい―

    有機プロセスと人口システムを組み合わせ、太陽光でエネルギーを作るより効率的な方法が発明される(英研究)
    人間も動物たちもがんばっている。科学・技術・生物・宇宙界から15の良いニュース
    2020年に「人工月」を打ち上げる計画を発表。本物の月の8倍の明るさで街灯の代わりに(中国)
    太陽光発電、ソーラーパネル効果の重要な欠陥が40年の研究を経て明らかに(英研究)
    植物の光合成をモデルにした「人工葉」 太陽の光で二酸化炭素を酸素に変える技術

    人工太陽が2020年に稼働予定

     その装置は「トカマク型HL-2M」といい、中国科学院のEAST(先端超電導トカマク実験装置)プロジェクトの一環として開発されている。

     今年3月、中国核工業グループから年末までにHL-2Mの建設を完成させると発表があった。11月になされた新華社の報道によれば、6月にはコイルが取り付けられ、それ以降作業は順調に進んでいるとのことだった。

     そしてさらに、2019年中国核融合エネルギーカンファレンスでは、2020年中にはHL-2Mの運転が可能になるだろうと、核工業西南物理研究院から発表があった。

    2

    核融合――太陽を地球上で人工的に再現する

     核融合はあの燃え盛る太陽で起きている反応だ。2個の軽い原子核が融合して、より重い1個の原子核が形成される現象で、このときに大きなエネルギーが放出される。

     太陽の場合、水素原子が融合してヘリウムとなり、それによってコアはおよそ1500万度に達する。

     これを人工的に再現するには、燃料(水素の1種)を1億度以上にまで加熱する。すると燃料は超高温のプラズマに変わるので、今度はこれを閉じ込めておかなければならない。

     そのための装置がトカマクというドーナツ状の真空容器だ。トカマク型磁気閉じ込め方式では、磁場によってプラズマを安定させて、核融合が継続的に発生するよう保つ。

     安定した核融合が実現できれば、そこから得られるエネルギーはこれまでの発電装置の比ではない。

    4

    太陽の13倍、2億度のプラズマを生み出す

     英国原子力公社の専門家によると、HL-2Mが優れているのは磁場の柔軟性なのだそうだ。

     HL-2Mは2億度という太陽の13倍もの超高温に達する。これほどの熱の他に、粒子までもが発生するために、プラズマが反応炉の内壁に触れると、そこを損傷させてしまうという問題があった。

     トカマク型などの磁気閉じ込め方式は、核融合による排熱と粒子を数センチから数ミリ程度しかない狭い層に封じ込めてしまうことで、内壁の損傷を防ぐ。

     そのおかげで反応炉を高エネルギーで作動させても、内部を壊してしまうことなく運転することができる。


    China’s “Artificial Sun”, How Nuclear Fusion will change our world.

    現在、来年の運転へ向けたテスト中

     専門家によると、HL-2Mの初期段階では、システムパーツの個別テストなどが行われるだろうという。それからシステム全体がテストされる。

     テストが完了した時点で、今度は低負荷でのプラズマ生成へと移行。最適なプラズマ生成を検証し、信頼性と操作性の改善を図りながら、徐々に高負荷での稼働へとステップアップしていく。

     この実験からは、核融合炉を実用化するにあたって最大の障害とされる、排熱と粒子の効果的な処理方法を編み出すヒントになる、貴重なデータが得られるだろうと期待されている。

    References:xinhuanet / futurismなど/ written by hiroching / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52285858.html
     

    こちらもオススメ!

    ―サイエンス&テクノロジーについての記事―

    3Dプリンターでちゃんと機能するミニ肝臓の作成に成功(ブラジル研究)
    巨大クリーチャー誕生の瞬間。史上最大の過酸化水素で泡実験、その結末は?
    赤外線カメラに映らない。量子特性でカモフラージュできる新素材が開発される(米研究)
    ショッピングモールでパトロール中のロボットをいじめる子供たちを観察
    合成DNAを埋め込み、自らのクローンを作成するうさぎのフィギュア(スイス研究)

    ―知るの紹介記事―

    パンやパスタ、デザートまで!ブラジルで青色の食べ物が大流行、その理由はある果物にあった。
    最初に見えたもので、あなたが今最も必要としているものがわかる錯視心理テスト(占い)
    トイレで時間つぶしは通じない。従業員の生産性を高めるため、座るのが不快になるよう設計されたトイレ(イギリス)
    シャチのおばあさんが閉経後も長生きする理由は孫のため(英研究)
    にゃんこハック?猫からクリスマスツリー守る簡単な方法
    中国で間もなく人工太陽に火が灯る。核融合エネルギー実現へ向けて

    ここまで技術が進歩すると、地球に氷河期が到来した時には非常に役に立つかもしれません。しかし取り扱いには注意してほしい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.taiyo-keizai.com)


    技術は凄いけれど、取り扱には注意してほしいです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国)ここまで技術が進んだ?「人工太陽」もうすぐ完成。温度2億度】の続きを読む


     英国の大学などからなる国際研究チームが、スピーカーを使って生きたサンゴ礁の音を流すことで、魚が再び集まり、死にかけたサンゴ礁が回復したという研究結果を発表しました。劣化したサンゴ礁に集まった魚は、総数が増えただけでなく、種類まで豊富になったことが確認されています。

    【その他の画像】

     研究は英ブリストル大学、英エクセター大学、豪ジェームズクック大学、オーストラリア海洋科学研究所(AIMS)が共同で行ったもの。研究結果の詳細は「Nature Communications」に掲載されています。

     オーストラリアに位置する世界最大のサンゴ礁地帯「グレート・バリア・リーフ」で行われたこの研究は、スピーカーで再生する"サンゴ礁の音"を利用して、荒廃したサンゴ礁の周りに魚を呼び戻そうというもの。魚の存在はサンゴ礁が健康に育つために欠かせません。ですが、荒廃したサンゴ礁の周りからは魚が去っていきます。

     この研究では、死んだサンゴ礁のそばにスピーカーを設置して、健康なサンゴ礁の音を再生した場合と何も音を再生しなかった場合を比較。その結果、音を再生したサンゴ礁の周りには2倍の量の魚が集まるだけでなく、魚の種類が50%増加したといいます。

     研究メンバースティーブ・シンプソン教授も「健康的なサンゴ礁はとてもさわがしい場所なのです」と語っており、「エビがパチパチと音を立てていたり、魚が泳ぎ回る音を立てていたり、華々しい生物学的環境音が鳴っている」とのこと。サンゴ礁が劣化すると、エビや魚が姿を消してとても静かになってしまいますが、スピーカーで健康なサンゴ礁の"環境音"を流すことで、若い魚が再び集まりだしたとされています。

     サンゴ礁の再成長を助ける効果が確認される一方で、生物学者としてこの研究に関わったマーク・ミーカン博士は「魚を呼び戻せたとしても、死んだサンゴ礁が自動的に生き返るわけではありません」と語るように、サンゴ礁を無条件に蘇生する魔法とはならないようです。

     筆頭著者のティムゴードン氏もまた「世界中のサンゴ礁のより良い未来には、地元地域の管理革新に始まり国際的な政治の取り組みまで、あらゆる段階での進展が必要です」と呼びかけています。

    スピーカーで生きたサンゴ礁の音を流す(画像はYouTubeより)


    こういった研究が進み、世界中のサンゴ礁が回復したら凄いですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.gzn.jp)


    こういった技術が進めば、世界の海の浄化も夢ではないと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(研究)音でサンゴ礁が復活?魚が集まり、種類も50%も増加した。】の続きを読む


    もうすぐ5Gの時代が到来!
    しかし健康への影響もあるとし、専門家が警告!

    通信速度は速くなるけれど、癌のリスクが上がるのはどうなんだろう?

    NO.7926653 2019/11/04 19:08
    5G 電磁波 5Gの電磁波が人体に与える影響について専門家が警告
    5G 電磁波 5Gの電磁波が人体に与える影響について専門家が警告
    「ワイヤレス技術の第5世代移動通信(5G)の電磁波が人体に悪影響を及ぼす研究が無視されている」と、携帯電話の電磁波が及ぼす影響を研究してきた科学者が警告しています。

    5Gでは、従来の2Gから4Gまでのマイクロ波に加え、ミリ波を使います。

    5Gでは100mから200mごとにアンテナを設置する必要があり、ミリ波を多くの人が浴びることになるといわれています。

    研究者によると、ミリ波は人間の皮膚の数mm以内および角膜の表面層でほとんど吸収されるとのこと。

    そして、このミリ波への短期曝露(ばくろ)は、末梢神経系、免疫系、および心血管系に有害な生理学的影響を与える可能性があると、研究者は主張しています。

    非電離電磁場(EMF)の生物学的および健康への影響に関する査読済みの研究を発表した240人以上の科学者は、より強い曝露制限を求める国際EMF科学者表明に署名しました。

    科学者たちは、「最近の多くの科学出版物は、EMFがほとんどの国際的および国家的ガイドラインをはるかに下回るレベルで生物に影響を与えることを示しています。影響には、がんリスクの増加、細胞レベルのストレス、遺伝的損傷、生殖系の構造的および機能的変化、学習および記..



    【日時】2019年11月04日 18:00
    【ソース】ギガジン
    【関連掲示板】


    【もうすぐ5Gの時代が到来!しかし健康への影響もあるとし、専門家が警告!】の続きを読む


     約14億人の人口を擁する中国。経済発展によって人びとの生活は豊かになったが、その背後ではごみ問題が深刻化している。近年では中国政府もごみ問題を意識するようになり、上海などの大都市ではごみの分別も始まった。

     しかし、他の多くの都市では、ごみ箱は燃えるごみとリサイクルごみに分かれてはいるが、回収時には一緒にされているなどの実態がある。中国メディアの今日頭条はこのほど、「ごみを宝にする」日本の太陽光パネル処理を紹介する記事を掲載した。

     記事は、環境に優しいとして日本で人気となった太陽光エネルギーだが、ソーラーパネルの寿命を考えると「2040年頃に80万トンがごみになる」と指摘。金属やプラスチックなどが含まれるため複雑な廃棄物だという。まだ20年ほど先の話とは言え、いずれやってくる大量の太陽光パネルごみは、日本にとって大きな問題だと伝えた。

     記事は、日本はこの問題を見据えて、「ごみを宝」に変える計画だと紹介。これまでも異物を取り除く「技術開発」を行うことで、すでに冷蔵庫洗濯機自動車からポリプロピレン樹脂を取り除く技術を手にしていると紹介した。問題の太陽光パネルについても、湿式比重選別ラインの設備や、加熱したカッターガラスEVAを分離する技術など、いくつかの方法をすでに獲得しており、「再利用できるものを取り出して何倍もの価値になり、環境も守れる」と、技術革新に希望を持てると伝えている。

     記事は結びに、ごみの再利用に関して日本はこれまで人材と物資を大量に投資してきたと感心し、循環型社会を目指す中国も、今後は日本を参考にするべきだと伝えている。家電などには希少金属が使用されており、廃棄された家電などに存在する資源は「都市鉱山」と形容される。

     都市鉱山から資源を回収することは非常に有意義であり、東京五輪メダルリサイクルした金属で作られることからもわかるとおり、日本はこの点において高い技術力を持っている。「ごみを宝に」する方法を日本から学べば、中国も大量の資源を手に入れられるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    ごみを「宝」に変えてしまうノウハウと技術、中国は「日本を参考にすべき」=中国メディア

    中国は経済が発展しているけど、大きなゴミ問題を解決できていない。日本を参考にして
    是非取り入れてほしい。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    分類 リサイクルは様々に分類可能である。 例えば内部リサイクル(internal recycling) / 外部リサイクル(external recycling)に分類する方法がある。またオープンリサイクル(open-loop recycling) / クローズドリサイクル(closed-loop
    30キロバイト (4,310 語) - 2019年8月18日 (日) 12:33



    (出典 www.sbbit.jp)


    リサイクルに関しては日本はトップクラスだと思います。
    人口の多い「中国」でさらにゴミが増え過ぎたらどうするのだろう?

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国)ゴミを「宝」に変える日本の技術!中国のゴミ問題。】の続きを読む

    このページのトップヘ