お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 歴史


     日本人の起源に関する見解の1つとして、日本人は古代中国人から枝分かれした民族であるという考え方がある。はるか昔に大陸から渡ってきたという見方は決して非現実的なものではないと言えるだろう。しかし、中国メディアの今日頭条は22日、日本人には「日本人特有のDNA」があるという研究結果を紹介する記事を掲載した。
     
     記事は、東京大学の研究者たちが日本人男性345人のY染色体を韓国や他の東アジア国家の男性Y染色体と比較分析したところ、日本人だけが有するDNA系統を1組発見したという研究結果を紹介、このDNA系統は縄文人から遺伝したものである可能性が高く、これは日本人独特のDNAであると説明した。

     また、東京大学の研究者たちはこの日本人独特のDNA、つまり縄文人由来と考えられるY染色体を対象に遺伝子系図解析という手法を用いて縄文時代から弥生時代に移行する時期を含む人口変化を推測したが、この分析データと考古学から導き出された人口変化は一致していると紹介、このたびの研究結果は信憑性が高いという見方を示した。

     しかし、たとえ今回の研究結果が正しく、日本人に本当に特有のDNAが存在したとしても、現代社会は様々な人種による混血が進んでいるため、現代の日本人にとって特有のDNAはすでに過去のものであると結論した。
     
     記事が伝えた「他の東アジア国家の男性Y染色体」には中国の漢族・ダイ族・南漢族も含まれている。東京大学によれば、日本人に35%の頻度で観察されたこの1組のDNA系統は、中国人韓国人ベトナム人の集団にはほとんど観察されていないという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    日本人は古代中国人から枝分かれした民族? 「固有のDNAを持っていた」=中国メディア

    遺伝子は実に不思議ですね。もしかして日本人独特の遺伝子があったりして。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    遺伝子(いでんし)は、ほとんどの生物においてDNAを担体とし、その塩基配列にコードされる遺伝情報である。ただし、RNAウイルスではRNA配列にコードされている。 分子生物学における最狭義の遺伝子はタンパク質の一次構造に対応する転写産物 (mRNA) の情報を含む核酸分子上の特定の領域=構造遺伝子
    28キロバイト (4,300 語) - 2019年6月24日 (月) 12:45



    (出典 www.nyugan.jp)


    日本人は中国系ではなくユダヤ系と言う説もあります。
    でも何か特別な感じがありますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本人。縄文遺伝子の謎!元は中国系か?】の続きを読む


    頭部しか残らなかった理由は何だろう?

    シベリアの永久凍土から、更新期のオオカミの頭部が採取されました。状態がよく脳も残っているため、オオカミの進化の歴史飼い犬の起源に関する重要な遺伝情報を得られるだろうと期待されています。

    この頭部を最初に発見したのは、シベリアのヤクーシア北部にあるアビスキー地域の地元住民で、シベリアタイムス紙によると、2018年夏に永久凍土の融解中に発見したのだそうです。

    「この発見は驚くべきものです」と脊椎動物古生物学者でデモイン大学准教授のJulie Meachen氏は、米ギズモードに興奮気味のメールを送りました。

    シベリアに行って氷河期の標本を探したくなりました。まるで昨日死んだみたいですよ! 氷河期オオカミの肉というものを見たことがなかったですし、巨大ですしね。」

    採取されたオオカミは、死亡時に2〜4歳だったようです。サハ科学アカデミーの研究者であるAlbert Protopopov氏によって撮影されたオオカミの画像には、厚い毛の塊無傷の鼻鋭い牙が写っています。頭部は巨大で長さは15.7インチ約40センチ)。ちなみに、現代のオオカミの頭部の長さが9.1インチから11インチ(約23〜28センチ)です。

    古代オオカミの進化と地理的拡大を専門とするMeachen氏は、今回見つかった脳の研究がひときわ興味深いと話しています。というのも、通常、皮膚や筋肉といった軟組織は保存されないので、これらの生物に対する新たな洞察をもたらす可能性があるそうです。Meachen氏は、鼻腔内部の組織から「(においの)感覚と体温調節の目的観点」から興味深い研究ができるかもしれないとのこと。

    ちなみに、氷河期にはダイアウルフという絶滅したオオカミがいますが、Meachen氏曰くその可能性は疑わしいだろうとのこと。

    「現在、我々の持つ知識では、ダイアウルフは北緯55度を超えた場所では現れていません。北緯55度以上になると、今いるハイイロオオカミの近縁種であるベリンギアンオオカミになります。ただ、確実に知るにはDNAの塩基配列を調べるのが1番です。もし、ダイアウルフであれば、これまでで最北の地で見つかった例になるだけでなく、保存されている唯一の軟組織となりますね。」

    シベリアン・タイムス紙によると、スウェーデン自然史博物館がこの標本からDNAを抽出しようとしているとのこと。きっと遺伝子情報を元に古代オオカミの進化系統樹をさらに純化することができるでしょう。

    イタリアのInsubria大学の生態学者であるAstrid Vik Stronen氏は、この新たな調査に関わっていませんが、「これは非常に刺激的な発見です。遺体の保存状態がいいので、高品質のDNAを入手してゲノムを調べられるでしょう。ゲノムプロフィールと解剖学的構造の両方を、シベリアやそれ以降のオオカミのもとと比較することができると期待しています。」と米ギズモードにメールしました。

    Meachen氏も同意見で、「化石記録から解析できるのは希」としながらもDNAの抽出の可能性にも言及しています。

    今回、オオカミの頭部と一緒に状態のいいホラアナライオン赤ちゃんも発見されました。東京慈恵医科大学の鈴木直樹氏がCTスキャンにかけ、筋肉や内臓、脳などのコンディションも良いとのこと。今いるオオカミライオンと比較して、生態や身体的特徴を調査したいと考えているようです。



    実に古そう。胴体が見つかったらまた大発見だ!



    (出典 news.nicovideo.jp)

    実に歴史を感じます。でもなんで頭部だけなんだろう?

    <このニュースへのネットの反応>

    【実に古い!シベリアで3万年前の犬の頭部が発見される!】の続きを読む


    TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)

    男女の出会いのひとつといえば「ナンパ」が思い浮かぶだろうか。男性が街などで話したこともない女性に声かけるというものである。もちろん女性から声をかける「逆ナン」もあるが、たいていは女性が声をかけられる側のことが多く、ナンパされるのを待つ「ナンパ待ち」も。

     

    ■江戸時代はお尻がサイン

    ナンパは、開放的な文化というイメージがあるため、欧米の文化が日本に入ってきたのかと思いきや、実は江戸時代から盛んだったようだ。

    しかも、驚きなのはその方法。なんと「男性が気に入った女性のお尻をつねる」のがサインだそうだ。しかもナンパスポットはお寺や神社だという。

    現代でいうと銀座のコリドー街だろうか。江戸時代ナンパ待ちの女性がたくさんいたのかも。昔も今も根本は変わっていないと思うとほほえましくすら思える。

     

    ■ヤマトナデシコ精神?

    そこで、しらべぇ編集部が、全国20~60代の女性775名を対象に調査したところ、「ナンパ待ちをしたことがある」人は、全体のわずか6.5%。

    ナンパ調査

    江戸時代もあった文化とはいえ、やはりヤマトナデシコの精神が根付いているのだろうか。実際にナンパ待ちをしたことのある人は少ないようだ。

     

    ■ナンパは恋活?

    さらに年齢別で見ると、30代が10.0%と一番高い割合。ナンパスポットは繁華街であることも多く、実際ナンパ待ちをするとなると、勇気もいるため20代だとハードルの高い人もいるのかも。

    30代は様々な経験をし、さらに結婚を求める人の多い時期でもあるため、様々な出会いを求めている人も多いのかもしれない。また仕事では責任も増えストレスのたまる年齢。後腐れのない楽しい出会いを期待する人もいるのだろうか。

    ナンパ調査

    ナンパで、大切な相手を見つけた人、素敵な思い出がある人もいるだろう。しかし、ときには危険もある可能性が。くれぐれも男女ともに節度を守って行いたいものだ。

    ・合わせて読みたい→声をかけられて嬉しいのは意外な人!ナンパ必勝データ3選

    (文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年10月19日2018年10月22日
    対象:全国20代~60代の男女775名 (有効回答数)

    ナンパは江戸時代のほうが過激だった? 現代では30代女性が寛容な傾向も

    一昔の方がナンパの需要はあったんですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 cdn-images-1.medium.com)


    今の30代女性が一番ナンパ待ちが多いのがびっくり!
    江戸時代でもナンパはあったんだぁ~

    <このニュースへのネットの反応>

    【江戸時代の「ナンパ」は女性のお尻をつねる事だった。】の続きを読む


    豊臣秀吉といえば、まず知らない人はいないですよね。手の指が6本あったとか、木下藤吉郎という名前は創作だったのではとか、出自にまつわる前半生が不明であり、色々謎の残る人物です。

    信長の草履を懐で温めて出世したなどさまざまな伝説がありますが、なかでも驚きのエピソードの一つに「刀で傷をつけて手相を変えた」というものがあります。

    どういうことかというと、手相を「吉相」に変えて、出世を手にしたというんですね。後世に残る手形に明らか不自然な線が入っているのでそのように推測されているようです。

    画像を見ると、本当に不自然な線が残ってますね・・・。この縦に手のひらを貫く線は運命線といい、これが中指の根元まで伸びていると「天下筋」と呼ばれるまさに強運の線に。

    豊臣秀吉 書状 手形 (戦国安土桃山時代)

    本来はこれは指先まで延びることはないので、明らか不自然です。


    この運命線は、短い線が細切れにつながっている人もいますし、まったく見当たらない人もいます。

    また、秀吉は手の平を左右に横切る斜めの一直線「ますかけ線」も現れており、それは運勢の浮き沈みが激しいけれど、掴んだ運は離さないといわれる縁起の良い相とのこと。

    かの徳川家康も、残る手形から同じ「ますかけ相」だったと診断されています。

    久能山東照宮にある、徳川家康の手形(Wikipediaより)

    秀吉の手形は右手を写したものですが、手相は両方の吉凶をみるそうです。左手は先天的なこと、右手には後天的なことが現れます。本来備わっている運命は左手、現在の状況を知りたいときは右手、ということです。

    秀吉がそこまで手相に精通していたかはわかりませんが、現在の運命を司る右手の相を変えたことは、非常に興味深いですね。

    かの武田信玄も手相で敵味方を見極めることもしていたそうなので、秀吉が手相についてある程度知識を持ち合わせていたとしても不思議ではありません。もしくはただの願掛け、決意の現れとも受け取れるでしょう。

    それとも、手形作成の時に入ってしまった皺でしょうか?

    あなたはどちらだと思いますか?

    関連画像

    一昔も手相占いみたいなものはあったんですね。ただ刀で切るとは痛そう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    豊臣 秀吉(とよとみ ひでよし / とよとみ の ひでよし、旧字体: 豐臣秀吉)、または羽柴 秀吉(はしば ひでよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。天下人、(初代)武家関白、太閤。三英傑の一人。 初め木下氏で、後に羽柴氏に改める。皇胤説があり、諸系図に源氏や平氏を称したように書
    157キロバイト (25,164 語) - 2019年6月22日 (土) 14:01



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    今の時代でも手相の話題はなくならないですね。
    それほど「手相が」人生にとって重要なのかも。



    【手相で人生が変わる?豊臣秀吉の策略。】の続きを読む

    このページのトップヘ