お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 生活


    コンビニ。レジ前のおでんが減る?
    「今後はレンジアップおでん」が発売される。

    コンビニのおでんがなくなるのは少し寂しいですね。

    NO.7690371 2019/08/12 17:12
    レジ前のコンビニおでんが消える!?
    レジ前のコンビニおでんが消える!?
    レンジアップおでんの登場で、おでん鍋が姿を消すコンビニが増えるかも!? ファミリーマートは9日、だしの染み込みにこだわった2019年度の「ファミマのおでん」を今月20日から全国約1万6400店舗で発売することを明らかにした。

     まだまだ暑さが厳しい中で熱々のおでんとは気が早い気もするが、セブン-イレブンとローソンは今月6日から2019年版おでんの販売を既にスタートさせており、これで大手3社の自信作が出揃った格好だ。

     コンビニのおでんは気温が下がり始めると売れる傾向があり、最もよく売れるのは10月。にもかかわらず8月から販売を始めるのは、客に周知を徹底したいという事情がある。

     ところが、食品ロスの解決が声高に叫ばれる現在、コンビニのおでんにも大きな変化が起きそうだ。ファミリーマートではこれまで、8月下旬〜翌年4月までを本部が加盟店におでん販売の推奨期間としていたが、今年は同期間を11月末までとし、以降は加盟店の判断に任せる。

     さらに来年1月には、利用客の注文に応じて店員が電子レンジで温めて提供する「レンジアップおでん」が発売される。

    「おでんは閑散期に廃棄が増えるという課..



    【日時】2019年08月10日 16:00
    【ソース】東スポWeb
    【関連掲示板】


    【コンビニ。レジ前のおでんが減る?「今後はレンジアップおでん」が発売される。】の続きを読む


     チューリッヒ生命が今年4月4日・5日に全国の20~59歳のビジネスパーソン1000人を対象に実施した調査結果によると、10連休などの大型連休に対し、全体で6割が「嬉しい」と回答する一方、ストレスと感じている人も約4割に達した。

    画像付きの記事はこちら



     この調査は、ビジネスパーソンが日々抱えているストレスの実情を明らかにするために、昨年、一昨年に引き続き実施したもの。「ストレスを感じている」との回答は、過去3年間の調査で最高値となる76.1%にのぼった。原因は「仕事内容」が1位となる一方、「仕事の量が多い」「同僚・上司との人間関係」の順位が下がるなど、ストレスの原因が変化しつつも、日々、ストレスと向き合うビジネスパーソンの姿が見えてくる結果となった。

     今年は、5月1日が国民の休日となったため、GWとして4月27日5月6日の10連休となった。こうした大型連休に対してどう思うかを尋ねると、「ストレスである」「とてもストレスである」を合わせ、30代、40代、50代はいずれも4割以上が「ストレスを感じる」と回答しているが、20代だけは4割を切っており、世代によって、大型連休のとらえ方が異なると分かった。20代は、「とても嬉しい」と回答した割合も34.4%と高かった。逆に、40代は20.8%にとどまった。

     「嬉しい」または「ストレス」と思う理由として、「どこに行っても混んでいる」「休みが長く仕事に支障が出る」が上位に入り、そもそも「仕事が休めない」と約3割が答えるなど、ゆっくり仕事を忘れて休むわけにいかない人が多い実態が浮き彫りになった。1位の「どこに行っても混んでいる」原因は、8月15日前後、年末年始、GWなどの全社一斉休業にあり、「働き方改革」と合わせて「休み方改革」も求められる。

    あまりうれしくない人も4割近くいらっしゃるのには驚き。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.rodo.co.jp)


    特にサービス業で仕事が忙しい人にはストレスになりますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【このお盆の9連休、皆が嬉しいわけではない。なんと4割の人が「ストレスを感じる」と回答。】の続きを読む


    女(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    30代に差し掛かり、子供ができると、話題にのぼりやすくなるのが「家をどうするか」について。思い切って家を購入するか、それとも賃貸暮らしを選ぶかには住む場所やライフスタイル価値観に影響されるが、なかには他者の価値観を疑問視する人も。

    女性向け掲示板ガールズちゃんねる」のトピックが注目を集めている。

    ■持ち家を希望しない理由

    結婚4年目の投稿者は「将来的にも賃貸暮らしでいい」との考えから、家を購入しないままでいるという。

    そこには2つの理由がある。それは、夫の親が退職金で築15年程度の中古マンションを一括購入していること、そして、投稿者の実家も築10年程度の一戸建てで、それぞれ現在の住居から近い場所にあることだ。

    そのため、投稿者夫婦まで家を購入してしまうと、親が亡くなった後、近くに2つも物件が残ってしまう……という事情のようだ。

    関連記事:更新時期に「来月から家賃上がります」との通知が… 匿名相談に具体的な対策も

    ■生活苦のように扱われ…

    しかし、そんな事情をいちいち説明するワケにもいかないので「いいな~新築! 憧れる~」と合わせていると、それを知らない一戸建て購入済みの友人が、表面的には謙遜しつつも、明らかに「投稿者夫妻が生活苦を理由に賃貸暮らししかできない」という雰囲気を出してきたという。

    この出来事を受け、投稿者は他のネットユーザーに「賃貸暮らし=生活に余裕がないからってやっぱり思いますか?」と尋ねたのだった。


    ■「賃貸は普通」「田舎の人は…」

    この投稿に対し、他のネットユーザーから同じように賃貸をバカにされたとの体験談のほか、「都心か地方かによる」などの声が寄せられることに。

    「都心部では別に賃貸普通ですけども」

    「田舎もんは本気で馬鹿にしてくるよね。賃貸なんだーーーハッって鼻で笑われたことある」

    「なんだそれ。事情があって賃貸の人なんてたくさんいるでしょうに。市営団地とかならまだしも、賃貸ってそんな安いか??」

    「新築が良いと思っていることを押し付けてきているような。普段からそんな会話をされると気に障りますね」

    「羨ましいっていうから悪い。羨ましいって言われたらローンで大変だよーって普通に返すと思うけど」

    しかし、一方では「投稿者が羨ましいと言うのがダメだと思う」との声も。たしかに、投稿者の接し方が相手の言動に影響を与えている可能性もありそうだ。

    ■一軒家派が7割

    一軒家を購入するか賃貸マンションに住むかは、それぞれのライフスタイルにも大きな影響を受けるもの。

    ちなみに、しらべぇ編集部では以前、全国の20~60代男女1,365名を対象に「マンションと一軒家、自分のライフスタイルに合っている」かを調査。その結果、一軒家派が70.9%だった。

    一軒家

    そのなかでマンション派の分布を性年代別に見ていくと、40代女性が4割強でもっとも高い数値に。ローンの支払いに苦しむ人が多い年代だけに、「やっぱり賃貸で良かったな……」という数値が反映されているのかも。

    持ち家も賃貸も、どちらもメリットデメリットが存在する。それを理解したうえで、自分にとって最適な選択肢を探していくべきだろう。

    ・合わせて読みたい→NGT48・早川劇場支配人がツイッター開始も炎上の連続 ファン「納得しようにも不可能」

    (文/しらべぇ編集部・倉本薫子

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年10月21日2016年10月24日
    対象:全国20代~60代の男女1387名(有効回答数)

    賃貸派だと告げたら持ち家派の友人が… まさかの反応が物議を醸す


    これからの時代最低限お金の知識は持っておきたいですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 d2n8cmc9tw9p0v.cloudfront.net)


    私は賃貸の方がお得に感じます。

    <このニュースへのネットの反応>

    【賃貸、持ち家論争!(賃貸)では「生活苦のように扱われそう」なんと7割が持ち家派。】の続きを読む


     ひきこもりという言葉を聞くとどのようなイメージを持つだろうか。学校や仕事、遊びなど社会的な交わりを断ち、対人関係を持たない生活をしている。このような意味と捉えている方も多いことだろう。

     他方、ひきこもりの定義自体は曖昧で、人それぞれに置かれた立場や生活スタイル、育った環境によるところも大きく関連性がある。ひきこもりを掘り下げて考察していくと、世の中の動きや人間模様が伺える。

     「7040問題」や「8050問題」と呼ばれる、高齢化した親が子供の面倒を見る家庭の実情。バブル崩壊後の景気に左右され、安定した職業に就けなかった「ロスジェネ問題」。ひきこもりマクロな視点から見ると、日本社会の複雑な構図が浮かび上がってくる。

     内閣府の最新の調査では、40~64歳の中高年のひきこもりの数が61万人とされている。近年、関心が高まる「大人のひきこもり」がなぜ起きているのか。どのような背景があり、ひきこもることを選択しているのか。

     これらを徹底討論するイベントが、7月25日朝日新聞メディアラボ渋谷分室にて開催された。

     ノンフィクションライター『超孤独死社会 特殊清掃の現場をたどる』(毎日新聞出版)著書の菅野久美子氏や、千葉商科大学専任講師の常見陽平氏、ロスジェネの当事者でありフリーライターの赤木智弘氏らが登壇し、大人のひきこもりリアルについて議論が交わされた。

    ◆年越し派遣村から10年。あれから産業構造はどう変わったのか

    菅野久美子さん(中央)

     まず、ひきこもりについてそれぞれの立場から思うことを述べた。

     孤独死の取材を通して、ひきこもりの現場を知る菅野氏は、「孤独死というと高齢者のイメージだが、実際には働き盛りの30代、40代にも起こっている。日本には約1000万人が孤立状態にありその中で毎年3万人が孤独死していると言われるが、肌感としてこの2倍に上っているのでは」とリアルな事情を吐露した。孤独死を迎える人の多くがひきこもり状態にあり、発見が遅れることで特殊清掃を要する必要性が生じる。年々孤独死が増えるにつれ、特殊清掃業者も増えていっているという。

     この状況について、「ひきこもりは人間社会の生きづらさが露呈していると言える」と常見氏は指摘した。続けて、「年越し派遣村から10年を迎えたが、仕事とは言えない業務やブラック企業の過酷な労働により、ひきこもらざるを得ない状況にあったのではないか。また、2000年代以降にコミュニケーション能力を求められる求人だらけになってしまい、コミュニケーションを苦手とする人の働き口が少なくなった」と論じた。

    赤木智弘さん(中央)

     時代の流れの中で起こる産業構造や就業構造の変化が、結果としてひきこもりを生んでいる。このように考察を深める常見氏に対し、就職氷河期を経験して自らも当事者だった赤木氏は次のように語った。

    「就職氷河期に、仕事に就けなかった人は仕事に対して良いイメージを持っていない。この思い込みを払拭しないと、いくら就職氷河期世代向けのセミナーを開いても来ないのが現状」

     月15万を稼ぐために、非正規の仕事で辛さや苦しさを経験している人がいたとする。その人に月30万の求人を提案しても、今の仕事の2倍大変になると思い込み警戒してしまうという。

     就職氷河期の時代にうまく職に就けなかった人は、正社員としてステップアップしてきた人との仕事観のギャップが生じていると赤木氏は述べた。

    ◆残されたゴミからその人の生きづらさや生き様が現れる
     孤独死の現場では、ゴミを捨てられずゴミ屋敷状態になっている場合も多い。なぜ、ゴミを出せなくなってしまうのか。単に面倒だからという捉え方ではなく、ここにも人間社会の生きづらさが垣間見えるという。

    「ゴミを捨てること自体、収集日が決められていたり、地域によって分別の仕方が異なっていたりと面倒なことが多い。社会的なルールが生きづらさを生み、ゴミを溜めてしまうのでは」と常見氏。

     また菅野氏によると、孤独死の現場では、尿の入ったペットボトルが部屋中に置かれているケースもよく見るという。

    「男性に多いのが尿入りペットボトルトイレに行くのも面倒になり、用を足すときはペットボトルに入れるなど動くこと自体に苦痛を感じている」

     このような状況に陥ってしまうのは、仕事がうまくいかないことによる精神的な問題。長時間労働や病などによる肉体的な問題。このようなことが影響し、生活を崩してしまう。さらに、動くのが面倒になれば、外とのつながりを持てなくなり、ますますひきこもり状態が深刻化していく悪循環に陥ってしまう。

    ロスジェネひきこもりの相関性

    常見陽平さん(右)

     ロスジェネは日本経済の最盛期から一変、バブル経済が崩壊し就職難に苛まれた世代のことを指す言葉だ。大人のひきこもりやパラサイトシングルなど、ロスジェネを取り巻く背景は、日本の社会構造の変化によるところが大きいという。

    バブル崩壊後の景気低迷期と言われたロスジェネ問題だが、実際には雇用の構造変化が起きたことに注目すべき。1995年に日経連が発表した『新時代の日本的経営』の影響で、正社員像を見直す機運が高まったことが、結果的に非正規雇用を生み出し、自己責任的な働き方を是とするようになった」と常見氏は説明。

     赤木氏は、「就職氷河期は一時的で、いずれ回復すると思っていた。だが、実際には景気回復に至らなかったため、正規雇用にありつけず、その場しのぎの非正規雇用の仕事しかできなくなった。ロスジェネ世代向けに無理やり職を生み出しても、ロールモデルがはっきりしなければ意味がない。」とロスジェネの当事者として語った。

     ロスジェネ世代で非正規で働く人は、仕事を掛け持ちしていることも多く就職向けのイベントをやっても時間が合わずに参加できない。

     さらに、介護の仕事や地方での観光の仕事などを提案されても、非正規で働いている人にはハードルが高い。残るは、ブラック企業や過酷な仕事しかない。

     このような状況では、決して就職しようと思えないのではなかろうか。

    ◆大人のひきこもりに対して社会がどう向き合うか
     ではひきこもりに対して、どう向き合っていけば良いのか。

    「ひきこもる生活になったのは自分のせいと、対人関係や仕事がうまくいかないことに対して自責の念を抱いてしまって、全てを自分が抱え込もうとする。そしてセルフ・ネグレクト(自己放任)状態になり、孤独死してしまうことが多い」と内面的な問題によって社会から身を引き、声を挙げられないのが現状であると菅野氏は説いた。

     常見氏は、「本人の尊厳が大事で、押しつけがましくなるような対応はせず、細やかな配慮をする必要がある。困っている人に対してどう手を差し伸べるかというリテラシーを持つべき」と述べ、社会的な孤立や生きづらさを感じる場面で、声をかけていく姿勢が大切と語った。

     一方で、「国主導の弱者救済の仕組みや就労支援を待つよりも、当事者自身が周囲に声をあげること。困っていることを可視化することで、仕事を紹介したりすることもできる」と、孤独に悩んでいる人も相談することが大事であるとも話す。

     ロスジェネや大人のひきこもり。決して当事者だけの原因で起こっている問題でないことを知り、安心感を与えること。人の生き方は千差万別なので、尊厳を傷つけず手を差し伸べる勇気を持つこと。これらが私たち一人一人ができることなのではないだろうか。



    日本のGDPも下がる原因の1つですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    生きづらい社会がひきこもりを生んでいる? 日本社会の構造変化がもたらした孤独死問題 (2019年8月11日) - エキサイトニュース
    ひきこもりという言葉を聞くとどのようなイメージを持つだろうか。学校や仕事、遊びなど社会的な交わりを断ち、対人関係を持たない生活をしている。このような意味と捉えて ...
    (出典:エキサイトニュース)


    日本社会という生きづらさが生んだ結果なんでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本の引きこもり増加!約1000万人が孤立状態にあり、なぜ大人のひきこもりが起こっているのだろうか?】の続きを読む



    (出典 aranciato.com)


    とうとうジーパンまで来たかぁ~

    1 すらいむ ★ :2019/08/08(木) 17:13:46.87

    「ジーンズ」不振 大手ジーンズ量販店、店舗数が減少傾向

     ジーンズ量販店の店舗数が減少している。若者のジーンズ離れや過去の拡大路線の反動などが背景にある。
     大手ジーンズ量販店は、既存店の閉鎖や商品構成を見直し業績回復を狙う。

     「Mac-House」を展開する(株)マックハウス(TSR企業コード:292077629、JASDAQ)は、ピークの2009年2月期には567店を展開していた。
     だが、その後は不採算店の閉鎖を進め、2019年2月期は398店まで減少した。
     売上高も2009年2月期の566億5,000万円から、2019年2月期は280億900万円まで半減した。

     マックハウスの担当者は「従来のようなナショナルブランドのジーンズより、低価格帯を好む層も増えた。他社も低価格のプライベートブランドのジーンズに力を入れている」と業界動向を説明する。
     今後は「これまでのロードサイド大型店の出店を見直し、ショッピングセンターを中心に展開する。客層の裾野を拡大するため、ファミリー層も意識していく」とジーンズ以外の衣料品の底上げを示唆する。

     「Right-on」を展開する(株)ライトオン(TSR企業コード:280213751、東証1部)は、2015年8月期の516店をピークに2019年8月期第2四半期時点で492店へ減少した。
     2009年8月期に1,006億600万円だった売上高は、2018年8月期は767億9,800万円へ約23%落ち込んだ。
     ライトオンの担当者は、「ジーンズが売れず、他の衣料品も苦戦を強いられ不採算店を閉鎖してきた」と説明。
     拡大路線から舵を切り、「(当面は)新規出店を控え、ショッピングセンターをメインとした既存店の収益確保に努める」と話す。

     「JEANS MATE」を展開する(株)ジーンズメイト(TSR企業コード:710101767、東証1部)も、2012年2月期の117店から2019年3月期には76店へ減った。
     売上高は2012年2月期の115億3,300万円から2019年3月期には85億7,900万円まで減少した。
     ジーンズの売場面積の縮小や、ジーンズからライセンスブランド商品へラインナップを切り替えている。
     こうした矢継ぎ早の改革で利益は復調している。ジーンズメイトの担当者は、「地域によってはジーンズ以外の商品で売場を構成せざるを得ない」と漏らす。

    ■ジーンズ以外の商品に商機
     有名人が広告塔に起用されたジーンズは、かつては憧れの対象だった。
     しかし、昨今はジーンズ量販店ですら、主力商品の座から追われている。
     商品にはライフサイクルがあり、消費者に飽きられないよう常に「新鮮さ」と改善が求められる。
     普遍の存在と思われてきたジーンズも栄枯盛衰からは逃れられない。もはや例外や定番など存在しない。

    (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2019年8月9日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

    東京商工リサーチ 2019年8月8日 15時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/16899396/


    【若者のお金離れ!その中でも特に進んでいるのが「ジーパン」離れ。大手ジーンズ店舗が減少。 】の続きを読む

    このページのトップヘ