お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:雑学 > 心理学


    夏休み明けは、「若者の自殺者が増える」といわれています。

    ノエル@noelys_25)さんは、夏休みが明けた2019年9月4日に、『生きるのがしんどい人に見てほしい漫画』をTwitterに公開。

    若者に限らず、「死にたい」と思っている多くの人に向けてメッセージを発信しました。

    「今日だけ生きよう」が案外生きやすい話

    「死にたかったら明日でも死ねる

    1日ずつ死ぬのを先延ばしにして、毎日を『最後の1日』と思いながら好きなことをして生きる…そうすることで日々の苦しみから少し解放されるのです。

    ノエルさんの考えかたに、ハッとする人が続出。漫画には、「感動した」「元気が出たので明日も生きていきます」などのメッセージが寄せられました。

    「すべての人に当てはまるとは思ってない。当てはまるはずがない。でも、まあ、1人だけでも、死ななかったらいいなって思う」ともノエルさんはコメントしています。

    もしノエルさんの考えかたがピッタリと当てはまったら、どうか自分に優しくして、楽しい毎日を送るようにしてください。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @noelys_25


    何ごとも「気楽」に無理のない生き方をしよう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    何事も気楽です。「今日だけ」と思いながら、深呼吸してみよう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(漫画)「死にたい」と思っている人に、メッセージ。】の続きを読む


    高校時代のノートをひと目見れば、私があまりにもひどい芸術家だったことがおわかりいただけるかと思います。

    とはいえ、挑戦を怠ったことはありません。

    私は教科を問わず、授業中によく落書きをしていました。

    今でも、職場のデスクの上には、花や犬や木の素人くさい絵が落書きされたToDoリストが散らばっています。

    おそらく、こうした落書きをすることで、結果的に生産性が高まっているのだと思います。

    実証された落書きの効果

    研究により、落書き、つまり、芸術作品を作ろうとするのではなく、気の向くまま適当に絵を描くことが、記憶力や認知力、創造性を高めたり、リラックスするのを助ける効果があることがわかった、とFast Companyが伝えています。

    また、研究により、落書きをしているあいだは、注意力が高まり、提示された情報を記憶しやすくなることがわかっています。

    これは、とくに高齢者にとって役立つ情報かもしれません。

    もちろん、その効果は環境や状況にかなり依存すると思われますが、朗報であることには変わりません。

    研究者らは、落書きは、手書きノートをとる(タイプ入力ではなく)のと同じような効果があると言っています。

    複数の感覚が活性化され、全体的な気づきが高まります。

    落書きの内容は何でもかまいません。

    単語の周りに図形を描くだけでも記憶の定着がよくなります。

    また、ノートに1〜2分の間、曲線をぐるぐると描くだけでもリラックス効果があります。

    仕事のプレッシャーに潰されそうになったり、困難な仕事で行き詰まっているときは、落書きをしてみるといいかもしれません。

    あわせて読みたい

    医師が説く、脳科学に裏付けられたアウトプット術。スタートは「感想を話す」ことから

    紙とペンを捨てさり、デジタルメモをはじめる方法

    Image: Pexels

    Source: Fast Company

    Emily Price - Lifehacker US[原文:Try Doodling When You're Stuck on a Big Project or Need to Relax



    時には羽目を外して「落書き」をするものアリ。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.city.atsugi.kanagawa.jp)


    時にはリラックスして「落書き」するのもいいかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【落書きはリラックス効果?実証された結果によると、「落書き」で生産性が上がる。!】の続きを読む


    声かけmiya227/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    「小さな親切、大きなお世話」や「ありがた迷惑」といった言葉があるように、善意から生まれた行為が必ずしも相手に感謝されるとは限らない。女性向け掲示板ガールズちゃんねる』では、「親切心でどこまで声かけができるか」というトピックが注目を集めている。

    ■親切とおせっかいの境界線

    「落し物に気づかなかった相手に伝えてあげる」など、親切のチャンスは意外と多く転がっているもの。

    しかしデリケートな問題に触れる場合はなかなか相手に伝えづらく、話題のトピックでは「スカートがめくれている相手に注意するべきか」という論争が盛り上がりを見せている。

    多数の人が遭遇したことのあるシチュエーションのようで、「指摘された瞬間の相手の恥ずかしさを考えると躊躇してしまう」「こっそり教えられる状況なら良いけど、人前だと余計に恥ずかしい思いさせそう」など声をかけることに消極的な意見が目立った。

    関連記事:大きなお世話だから! 親切心が暴走してしまうのはこんな人たち

    ■実際に声をかけた人の体験談

    中には声をかけづらいことを承知で、相手にスカートのめくれを注意した勇気ある女性もいるよう。しかし必ずしも相手から感謝されるわけではなく…

    「この前、『スカートめくれてますよ』と教えていた女性に対して、『何なんですか? そんなところ見て歩いてるんですか?』とキレ始める人を見ました。

    すると教えた女性も腹が立ったようで、『だったら直すなよ。絶対直すなよ!』と言い返していてさらにビックリしました。でも確かに、教えてもらってそんなに文句を言うなら『直すなよ!』と言いたくなる気持ちも分かります

    といった目撃談も寄せられていた。

    ■たとえ「おせっかい」でも…

    親切心からの声かけは、一種の博打なのかもしれない。相手から感謝されればお互い良い気持ちになるが、相手の意にそぐわないと両者に不満のみが残ってしまう。

    しらべぇ編集部では全国20〜60代の男女1,664名を対象とし、「親切心」に関する調査を実施。調査の結果、「知らない人に親切心から声をかけた経験がある」と回答した人は全体の45.7%と判明している。

    生年代別の回答結果を見ると、男女ともに50代が親切心のピークとなる模様。

    親切心

    100%善意からの行為でも、人によっては受けいられないもの。世知辛い話ではあるが他人に親切にするときは、ある程度のリスクを覚悟するべきかもしれない。

    ・合わせて読みたい→「悪い意味で元カレを忘れられない」 強烈なキャラの元カレとの交際告白相次ぐ

    (文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
    対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

    「スカートめくれてますよ!」 親切心からの声かけが招いた悲劇とは

    下手に声をかけると捕まる可能性があるから、「無視」をするのが一番いいのだろうか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.sirabee.com)


    世の中にはいろんな人がいて、自分は「親切」と思っているけど、周りからは「おせっかい」と思われている人。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「スカートめくれそうだけど大丈夫?」 いまいち良く分からない。「おせっかいと」、「親切」境界線はどこ?】の続きを読む


    ビジネス、今日のひとネタ

    各地で異様な「あおり運転」を繰り返し、特に茨城県常磐自動車道では20代の男性会社員の車を一方的にあおった上で暴力行為に及び、先ごろようやく逮捕された宮崎文夫容疑者の事件。この一件は、あまりの理不尽さ、不可解さから世間に衝撃を与えましたが、同容疑者の知人や仕事関係者などの証言が数多く集まってくるにつれて、どうやら彼が普段から「ヤバい」一面を持ち合わせていたようだとわかってきました。

    もしかしたら、みなさんの周りにも、そういった性格を隠し持っている人物がいるかもしれません。この記事では、そうした「突然、暴力的な行動に走る可能性が高い人」の特徴を紹介していきます。

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

    知人が暴露した宮崎容疑者の「ヤバい」一面

    宮崎容疑者の知り合いや元同僚がメディアに口々に話したコメントからは、彼は普段から少し危うい性格の持ち主であったことがうかがえます。

    「名前を見て彼だと分かった時、ああ、やりそうだな、と思いました」(文春オンライン
    ハンドルを握ると人格が変わるという話がありますが、宮崎容疑者はまさにそんな感じでした」(AERA dot.)
    「新人研修中に黒いパンクロックのド派手なTシャツを着てきたり、金のネックレスをつけてきたりして、人事担当者から“ビジネスマナーがなってない”とさっそく怒られた」(週刊女性PRIME

    普段からこうした一面をのぞかせていた宮崎容疑者。ハンドルを握ったとたんに、いら立ちを抑えることができず、暴力的な言動・行動をしてしまう姿や、彼のプライドの高さとそのプライドが傷つけられたときの暴力的な反応が、周りの人たちには多少なりとも想像できていたようです。

    宮崎容疑者のインスタグラムアカウントも特定されているようです。彼の投稿には、BMWポルシェなど高級車の写真や、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの写真、窓際でサングラスをかけてポーズをとっている自身の写真などが含まれていました。元同僚は「普段から車と女の話ばかりしていた」と話していたそうですが、プライドや虚栄心、自己顕示欲の強い人物であったことがわかります

    また、元同僚によると、彼は怒られてもまったくこたえないような人物だったようで、「怒られた理由を理解していないのではないか」と思ってしまうほどだったといいます。

    年をとるほど性格はなかなか変わらない!?

    心理学的な見地から人間の性格を捉えた場合、性格は大きく分けて「遺伝的要因」と「環境的要因」の二つから成り立っているとされます。「遺伝的要因」とは、生まれつき備わった感情の傾向であり、先天的なものです。これに対して「環境的要因」とは、現在まで触れてきたさまざまな出来事や経験によって形づくられたものです。

    環境的要因を変えれば、性格の変化を期待することはできますが、特に社会人になり、壮年から中年と歳を重ねるにつれて、周りで注意してくれる人も自然に減り、環境的要因の変化は青年期や少年期と比べてどうしても少なくなってきます。そのため、普段から特に「変えよう!」と意識していない限りは、性格はそう簡単に変わらないといわれます。

    実感としても、「ヤバい人」のまま壮年期に入った人は、性格を変える何か大きな出来事がなければ、「ヤバい人」のまま中年期に入っていくことが多いのではないでしょうか。

    では、そうした「ヤバい人たち」は、どんな特徴を持っているのでしょうか? そもそもあおり運転や暴力行為が、どんな心理状態から発生するのかから考えてみましょう。

    「心理的な負荷」への耐性がない人ほど暴力的になりやすい

    心理学の世界には、何らかのフラストレーション(欲求不満)が攻撃衝動を生み出すという「フラストレーション-攻撃仮説」と呼ばれる考え方があります。これは1930年代末に、米イェール大学の人間関係研究所にいた心理学ジョン・ダラードとニール・E・ミラーによって唱えられたものです。

    この説によれば、自分が望んでいる状況や行動を阻止されることによって生まれる「フラストレーション」が、今回の事件であればあおり運転や暴力的な行動などにつながる「攻撃衝動」を生み出しているとされます。

    こうしたフラストレーションによる不快な気分は、攻撃的な行動をすることによって心理的な緊張をほぐす「カタルシス効果」を得ることで解消できます。つまり、他人の行動などによって自分の欲求が制限されると、そのストレスを「暴力的な行動をすること」によって解消しようとするのです。

    たとえば、自分の思うように運転をすることができなかったり、物事が進まなかったりという「心理的な負荷(ストレス)」への耐性がない人ほど、攻撃行動を起こしやすく、あおり運転や暴力的な行動をしやすいということです。

    キレやすい人の特徴

    ストレスへの耐性が弱い人というのは、普段からキレやすかったり、常にイライラしたりしています。自らに与えられたストレスを周りにぶつけることによって解消しようとするからです。

    こうした人の特徴として、たとえば次のようなことが挙げられます。

    プライドが高く、常に体面を保とうとし、周りの評価が気になる」
    「自分の考え方や主張はいつも正しいと思っている」
    「目上の人間と目下の人間とで接する態度がまったく違う」
    「自分のことが大好きで、常に話題の中心になりたい」

    このような特徴を持っている人は、ストレスへの耐性が低く、キレやすい人であることが多いようです。たとえば自分に関することだとちょっとした冗談も笑って流せない人、取引先と会食などをした際に取引先と話すときは丁寧なのに店員にはやたら偉そうな人などは要注意です。また、「ストレス耐性」とはちょっと違った観点では、食生活が乱れている人、特に甘い物をよく食べて血糖値が乱高下している人も、血糖値が低くなった場面でアドレナリンなどの興奮物質が分泌されることで攻撃性が高くなり、キレやすくなるといわれます。

    宮崎容疑者の事件は、ちょっと常軌を逸していますが、あおり運転や暴力行為に至ってしまうようなキレやすい人の特徴は、思ったより身近なものではないでしょうか。「自分にも当てはまる……」という人は、ストレスに対処する自分なりの方法を探しておくべきでしょう。また、もし周りに当てはまる人がいたときには、少し距離をとったほうがいいかもしれませんね。



    こういった人たちが増えていかないように、私たちも注意していきたい。
    今のうちから体を整えておきたい。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ここまで「あおり運転」がはやっていると加害者の心理を知りたい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「あおり運転」が多発している現代で、特に「キレやすい人」の特徴をまとめてみた。実は体内の栄養バランスだったり・・・!】の続きを読む


     あなたは、自分のことを一人称で何と呼んでいますか? ごく親しい知人に対しては「うち」、「自分の名前」という方もいるかもしれませんが、ほとんどが「私(わたし)」一択ではないでしょうか。



    写真はイメージです(以下同)



     まずもってその選択肢が少ない女性に比べ、男性の一人称はなんと多いことか。ざっと思いついただけで「俺(オレ)」、「僕(ボク)」、「私(わたし)」etc……色々ありますよね。


     そこで、今回女子SPA!では、「男性が自分のことを何と呼ぶのが好感度が高いのか」について全国の30代の女性100名に聞きました。すると結果は以下のように……


    ========
    男性が自分のことを何と呼ぶのが好感度が高いですか?(一つ選ぶ)


    1位 俺 50%
    2位 僕 30%
    3位 私 12%
    4位 自分 3%
    5位 うち 2%
    6位 おいら 1%
    6位 わい 1%
    ========


    ◆「俺」が苦手な女性もいるみたい
     やはりというか「俺」が断トツの一位となりました。理由としては「男らしいから好き」、「そう呼ぶのが自然だと思っているから」、「逆に他に考え付かない」など、男性の一人称としての市民権を最も得ているようです。


     しかしながら「俺」が少し乱暴に聞こえて苦手という女性が一定数いるのも事実。その層の受け皿となっているのが2位の「僕」だと思われます。



     ただ、同じ「僕」でも発音の違いでの好き嫌いがハッキリとわかれており、「ぼ」から「く」にかけて上がる言い方が好きな女性は「インテリな感じがするから良い」、「メガネ男子のイメージが浮かぶ」など、優等生タイプの男性がお好みの模様。


     対して「ぼ」から「く」にかけて下がる言い方が好きという女性は、「年下男子が好きなので」、「子犬系っぽくてキュンとくる」、「弟キャラに甘えられてる感じがして嬉しい」など、自分より若い男性に萌えを感じている様子でした。


    ◆「おいら」派の意見は?
     意外なところが3位の「私」。「大人なんだなぁ~って思うから」、「自分より年上の男性だとこれ以外だとちょっと引いちゃう」などの理由が挙がっており、大人の男に惹かれる女性がこちらをチョイスしたのではないかと推測されます。


     余談ですが、筆者が高校時代の部活の後輩の一人称が「私(わたくし)」で大層驚いた記憶があります。16歳の少年が使うには早すぎる一人称ですよね。


     4位以下は完全な少数派。どれも実生活で使っていたら、初対面だとビックリしてしまいそうです。「わい」、「うち」あたりは方言とも考えられますね。また、「昔から尾崎豊の『COOKIE』という歌が好きだったので」という理由で「おいら」を選んだ方も……。そういえばHey おいらの愛しい人よ おいらのためにクッキーを焼いてくれ」という歌詞でしたね。


    メールLINEなど文面の場合、好感度が高いのは?
     さらに同じ方たちに追加で「メールLINEの場合、男性が自分のことを何と書くのが好感度が高い?」という質問もしてみました。結果としてはトップ2は、1位が「俺」61%、2位が「僕」20%と揺るがず。ただ、3位が「私」と「自分」が9%で同率となっており、文書と口頭では受ける印象が少々変わっていることがわかります


     その他の少数派は文書パターンでは消滅したのですが、「おいら」だけは1%でしぶとく残りました。尾崎ファンの想いの強さが伺えます……。


     今回は男性の一人称について調査してみましたが、皆さんは、どの呼び方がお好みでしたか?この呼び方ひとつで恋愛フラグが立ったり消えたりが無きにしもあらず……改めて考えてみると面白いですよね。


    ※【調査概要】
    調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラスモニター(30代女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    調査期間:2019年6月21日
    有効回答者数:30才から39才 女性100


    <文/もちづき千代子>


    もちづき千代子】フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディターメーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント



    写真はイメージです(以下同)


    男性でも「私」だったら常識があり、賢くみられそう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    やっぱり「俺」といった方が男らしい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【男性の自分の呼び方ランキング!「私」「俺」「うち」最も高感度が高いのはどれ?】の続きを読む

    このページのトップヘ