お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 仕事


      週明け解禁される企業の新卒採用面接。将来は課長や部長など、いわゆる管理職を目指すのかと思いきや、近年は若手の出世に対する意欲の低さがクローズアップされるようになっている。

    ・【映像】管理職は負け組?出世しなくない若者たちのホンネ

     背景の一つにあるのが、ワークライフバランスだ。共働きの家庭が当たり前になっている今、家族の時間など、プライベートを優先に考える人も少なくない。また、勤務先の仕事だけにとどまらず、副業など、活躍の場を広げたいと考えている人も現れている。

     また、組織開発コンサルタントで高橋克徳・株式会社ジェイフィール代表は「成長経済の終焉:見返りを期待できない」「ネット社会の進展:フラットに繋がりたい」「教育の変化:ありのままでいい」という3点を挙げる。「会社での出世、つまり大きな仕事ができてお金がもらえて、ということが働く目的や自尊心につながっていたと思う。そこが多様になってきているのではないか」。

     テレビ朝日の平石直之アナウンサーは「甲子園であれば強いかどうかではっきりわかるが、出世は人間関係や巡り合わせにもよるし、どこまでいっても達成されない部分がある。その意味では、自分の中での基準を設け、会社との関係をシビアに見ないといけないと思っている。一方で、評価されているかどうかはすごく大事だと思う。やはり評価されていなければ、上の人や会社が変わるのを待つのか、あるいは自分から所属する会社を変えるのか、という選択肢になるし、そのためにも、他の世界でどれくらい通用するかで見ていかないといけないと思う。私場合は専門職なので、そこに特化してやっていけばいいことにはなるが、様々な部署を異動する、いわゆるジェネラリストの場合、社外でどれだけ通用するかという難しさがあるという気もする」と指摘。

     慶応大特任准教授でプロデューサー若新雄純氏は「そもそも、社内でランクが上がっていくことだけが出世ではないと思う。甲子園を目指すとか、強豪校でなくても楽しめるというものが仕事にもなければいけないし、会社が人生の全てではないという世の中になってきたのに、会社の昇給にこだわらない人=やる気のない人と見なすのは古い考え方ではないか」と指摘する。「例えば平石さんなら、キャリアアップよりも、視野や領域を広げられているかで評価する、キャリアストレッチという流れの方がしっくりくるのではないか。ベテランアナウンサーインターネットテレビに来るというのは、古い考え方で言えばキャリアアップではないのかもしれないが、アナウンサーという仕事の可能性を広げる意味では、キャリアストレッチになる」。

     また、達成感の得られる現場が好きで、離れたくないから、という人もいる。お笑いコンビEXITの兼近大樹は「営業職で入ったのなら、営業職のプロになった方がいいに決まっているのに、なぜいきなり営業ができなくなって、管理職になることが出世なのか」と疑問を呈する。

     東洋経済編集長の山田俊浩氏は「日本の場合、基本的に終身雇用で、現場で上手くやれたりリーダーシップを発揮していたりする人が係長、課長、部長…と上がっていく。責任を負わされ、残業も増えるが、その割に給料がそれほど多くもらえるわけではない。誇り、やりがい、あるいは愛社精神で乗り越えろというところがある。そうであれば、社内の競争に名乗りを上げず、変に出世しないことによってポジションを守ったほうが良い、という考え方も当然出てくるはずだ。加えて、“トヨタに勤めている”“テレビ朝日に勤めている”という具合に、就職ではなく“就社”という感覚が強いので、やはりその中であえて辛い思いをする管理職にならなくても、“この会社に勤めている”というブランドさえあればいいという感覚がある。最近の若い人たちはものすごく保守的で、こうしたブランドに対する依存度が高く、メガバンクや商社など、オールドな企業の人気も高くなっている」と話す。

     「本来であれば、“こういう500人のチームで率いている”ということが尊敬されるポイントなはずで、アメリカの場合も、“このジョブポストに就けばこれだけのお金を払うぞ”ということになっている。だからプロの管理職が存在し、それに見合うだけの高い収入も得られる。その代わり、うまく成績を挙げられなければ首を切られることになる」。

     神戸大学教授の尾崎弘之氏は「バブルが崩壊するまでは、組織内で出世できなかったら、セカンドチャンスはない時代だった。しかし転職が当たり前になり、学生でもベンチャーを立ち上げるような時代、出世という言葉の持つ意味が古臭いものになり、キャリアアップという言葉に置き換わってきていると思う。実際、出世はしたくなくてもキャリアアップに興味があるという若者は多いのではないか。また、三菱商事に入った人が“やりがいがない。歯車になりたくない。すぐ責任ある仕事をやりたい”と、2、3年でベンチャーに転職することもあるので、若者の感覚は二極化していると思う」と話す。

     その上で「私は1980年代に会社に入り、それから6回転職しているが、当時は珍しかったししかし今は戦っている場所にチャンスがなくても、他に行けばチャンスがある。これはすごく大きいと思う。そのために、移っても通用できる人間になるための研鑽を積むということが必要になってくる。それは社内の評価というよりも、営業に強い人、マーケティングに強い人、財務に強い人、という市場で評価されるものを見に付けていかなければならない。また、自分の守備範囲を広げ、裁量を増やそうと思ったら、社内にいても、社外に出ても評価され、出世して管理職になるしかない。それはどんな組織でも一緒だ」とした。
     

    ▶映像:管理職は負け組?出世しなくない若者たちのホンネ

    “出世したくない症候群”の若者が増加? 働く目的が多様化する時代のキャリア形成は

    一昔と比べると働き方が凄く多様化してきている気がします。しかし一度の人生ですので悔いのないように生きたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.mynavi.jp)


    今の時代、出世しても人手不足で苦しむし何よりたった一度の人生。

    会社に縛られて生きるのは嫌だ!

    <このニュースへのネットの反応>

    【出世欲が年々低下!?職の多様化と若者の仕事に対する価値観の変化。】の続きを読む


    「月15万円では少なすぎる!」
    客足が遠のき売り上げも減少する美容師達。

    この業界はコロナの影響をもろに受けると思います。

    これからサービル業は厳しくなるのかもしれない。

    NO.8524623 2020/05/29 22:24
    「美容室の倒産ラッシュがくる」苦しむ美容師たちの、生き残る戦いとは
    「美容室の倒産ラッシュがくる」苦しむ美容師たちの、生き残る戦いとは
    新型コロナウイルスの影響で自粛生活が続く中、緊急事態宣言が解除されても「美容院に行きたいけど、行っていいのか迷う」という方は多いはず。

    理美容室は客とスタッフが近距離で接するにもかかわらず、政府からの休業要請の対象とはならず、自主的に休業しても「感染拡大防止協力金」の対象からは外れています。

    (※ただし一部自治体・一部期間では特別対応も)このような背景から、多くの美容院は「補償が全くない(または十分でない)状態で休業する」か「経営のため身を危険に晒しながら営業する」という究極の選択を迫られることとなりました。

    今回、コロナ禍の中で営業を続けてきた3人の美容師に話を聞きました。

    ◆15万円の給付金は、1日の平均売り上げの半分にも満たない
    都内の美容院で店長を務める男性の足立さん(仮名・27歳)は、「この状態が続けば潰れる美容院はたくさん出てくる」と予測しています。

    足立さんのお店は、緊急事態宣言が出されたあと、一週間は臨時休業にしたものの、そのあと営業を再開しました。

    「『理美容室は生活をする上で必要な事業』という国からの話を踏まえて、スタッフと話し合って営業を続けています。ご来店のお客様へマスクを配布して、スタッフ含めマスクをした状態での施術、換気、アルコール消毒を徹底していることをSNS等で発信していますが、それでも約7割の予約が減りました。売り上げは、美容室をオープンしてから過去最低。予約を空けているのも不安です」営業に踏み切ったものの、客足は遠のき売上も減少。

    しかし、美容院は休業要請の対象外となっているため「感染拡大防止協力金」の受給もできません。

    東京都は、GW中に自主休業した理美容室に対して15万円(2店舗以上有する事業者は30万円)を支給すると発表しましたが、その対応も十分とは言えません。

    「私のお店では、15万円という金額は1日の平均売り上げの半分より若干少ない額です。もちろん頂けるのは本当にありがたいですが、固定費などを考えても少なすぎるというのが本音。政府や自治体は、補償金額のアップや融資、その他さまざまな対応を、スピード感を持って行ってほしいです。補償金額が少なければ、自主休業には踏み切れません」

    実は、美容室の倒産ラッシュはコロナ前から始まっていました。



    【日時】2020年05月29日 08:05
    【ソース】女子SPA!


    【「月15万円では少なすぎる!」客足が遠のき売り上げも減少する美容師達。】の続きを読む


     新型コロナウイルスは着実に我々の懐と心を蝕んでいる。株価の暴落で新興富裕層の中には資産の大半を失う者、地べたを這いずり回っていた者の中には富を掴んだ者も。この災厄で新しい階層と価値観は生まれるのか? パラダイムシフトはもう始まっている……

    ◆配達員のハシゴで月40万円以上。給付金の額を嘆くなら漕げ!

     外出自粛が呼びかけられるなか需要が高まるフードデリバリーサービス。配達員たちにとっては追い風のはずだが、状況は逆らしい。昨夏から本業のシェアキッチンでの勤務の傍ら、副業でUber Eatsの配達員をする山下裕哉さん(仮名・22歳)は「4月7日緊急事態宣言が出た直後は普段よりも稼げたのですが」と苦笑する。

    「宣言から1週間もたつと新規の配達員が増え、僕のような職歴の長い人たちには不利な状況になってしまったんです。新しい配達員には優先的に飲食店からの配達依頼が入る傾向があって、ベテラン勢は割を食った形。休業要請が出て店舗営業が難しくなり、出前を始めようと考える飲食店は多かったですが、Uber Eatsを利用するには加盟店登録をする必要があります。この登録手続きが2週間ほどかかるので、配達員の人数の割に依頼数が少ないという状況にもなっていました」

     Uber Eatsで月に20万円近くを稼いでいた山下さんだが、コロナが流行し始めた2月末以降、収入は普段の7割程度まで落ち込んでいるという。

     だが、GWの終わり頃から状況は好転してきた。

    「多くの飲食店が加盟店登録の手続きを終え、注文数が一気に増えました。しかし、このラッシュも一時的なものだと思います。GW明けから店舗営業を再開した店が増えたので、お客さんは店舗へ行き、出前を頼まなくなりました。すると、5月末から6月初旬にかけて、少ない依頼を多くの配達員で取り合う状況が再び訪れるのでは、と予想しています」

     それでも山下さんは、配達員の仕事を辞める気はないという。

    コロナの影響でフードデリバリーサービスは増えてきていますから、そっちで働けばいいだけです。今だと『menu』や『Chompy』あたりがアツいですね。新しいサービスはまだ配達員が少ないので稼げます。家で『給付金少ないな……』と嘆く時間があるなら、とにかく走ったほうがいい。10万円なんて1週間もあれば稼げますよ」

     路上にはカネが落ちていると、コロナバブルで稼ぐ人もいるようだ。

    <取材・文/週刊SPA!編集部>
    ※週刊SPA!5月26日発売号の特集「[コロナ格差]下剋上」より

    もとはアパレル業界で働いていたという山下さん。時間拘束の長さと、副業禁止だったので、配達員とシェアキッチンでの労働に転換

    今はデリバリーは熱いかもしれない。もし機会があったら副業するのもアリ!!
     


    (出典 news.nicovideo.jp)

    Uber Eats (UberEatsからのリダイレクト)
    Uber Eats (ウーバーイーツ、かつてはUberEATSと表記)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くウーバー・テクノロジーが2014年より展開しているオンラインフードデリバリーサービス。2016年には、日本でもサービスが開始された。
    15キロバイト (1,845 語) - 2020年5月25日 (月) 20:31



    (出典 shirohaya.com)


    長期的な目で見ていくとどうなんだろう?

    これからはデリバリーが主流になっていくと思われますが・・・

    <このニュースへのネットの反応>

    【「コロナバブル」で稼ぐ人もいる!!「嘆く時間があったら走った方が良い。」】の続きを読む


    ワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。 テレコミューティングは、1970年代に、電気通信および関連する情報技術を移動の代わりに使用する業務関連の代替を意味する言葉として脚光を浴びるようになった。21世紀のテレワー
    121キロバイト (16,904 語) - 2020年5月24日 (日) 08:54



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    日本型の働き方が変化しようとしています。
    無駄な出勤も無くなりますし、パワハラも減ってくると思います。

    1 蚤の市 ★ :2020/05/25(月) 08:53:24.44

    5月中旬調査

    新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が25日に全面解除される方向の中、感染防止のため在宅勤務などテレワークで働いた人の6割超が、収束後もテレワークを続けたいと考えていることが、日本生産性本部の調査で分かった。在宅勤務に満足しているという回答も6割弱を占めた。新型コロナ感染拡大をきっかけに、「平日は毎日出勤」を基本としていた日本の働き方が大きく変わる可能性が出てきた。(平尾孝)

     生産性本部が5月中旬、働く人の意識がどう変わったかを、20歳以上の雇用者約1100人を対象にインターネットで調査した。

     まず、テレワークで勤務した346人の直近1週間の出勤頻度は、「1~2日」が37・3%と最も多く、「0日」が32・1%、「3~4日」が21・1%と続いた。逆に、「5日以上」は9・5%にとどまり、多くの人は週の半分以上をテレワークで働いていた。

     コロナ禍収束後もテレワークを続けたいかを聞いたところ、「そう思う」が24・3%。「どちらかといえばそう思う」(38・4%)も含め前向きな意向が6割を超えた。

     また、在宅勤務した319人に満足しているか尋ねた結果、「満足」18・8%、「どちらかといえば満足」38・2%と、程度の差はあれ、6割弱は満足と感じているようだ。生産性本部は「通勤ラッシュから解放されたことや、感染リスクが軽減されたメリットを実感している可能性がある」と指摘する。

     一方、在宅勤務で仕事の効率が上がったかは、「上がった」「やや上がった」を合わせて33・8%。逆に、「やや下がった」「下がった」は計66・2%と期待通りの成果を挙げられていない。

    2020.5.24 18:53
    https://www.sankei.com/economy/news/200524/ecn2005240002-n1.html

    (出典 www.sankei.com)


    ★1 2020/05/24(日) 19:28:48.84
    前スレ 首都圏の虎 ★
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590338074/


    (出典 dol.ismcdn.jp)

    今後流行って来る「テレワーク」ネット環境があれば、どこにいても仕事が出来る事が良いですね。


    【今後は「テレワーク」の時代!?6割の人が続けたい、果たして生産性は?】の続きを読む


    ワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスとも呼ばれる。また、テレワークで働く人をテレワーカーと呼ぶ。 テレコミューティングは、1970年代に、電気通信および関連する情報技術を移動の代わりに使用する業務関連の代替を意味する言葉として脚光を浴びるようになった。21世紀のテレワー
    121キロバイト (16,904 語) - 2020年5月24日 (日) 08:54



    (出典 business-airport.net)


    今後はこういった動きが一気に進んできそうな感じがします。

    1 トモハアリ ★ :2020/05/25(月) 11:07:56.82

    コロナ対応で進むテレワーク化。終息後も思い切って「オフィスを無くす」企業が続々と登場。本当に職場は不要か、意外なメリットにも迫る。
     新型コロナウイルス対策のため、都心部を中心に急激に浸透した在宅勤務。中にはIT企業やベンチャーを中心に、「コロナ後」もテレワークの継続に舵を切った結果、本社オフィスを“消滅”させる動きが進んでいる。「職場」は本当に要らないのか。意外なメリットとは?
     サービス業の店舗向けに情報共有などが可能な動画サービスを提供するClipLine(東京都港区)は、4月末に本社オフィスの賃貸契約について解約通知を出した。

    都心の快適オフィスより「自宅の方がいい」

     同社では東京都など7都府県の緊急事態宣言(4月7日)の直前に、約50人いる社員のほぼ全員がテレワーク体制に移行し、コロナ終息後も続ける方針だ。今後、臨時の面会などに使う小さいスペースを借りるかは検討中だが、少なくとも社員の固定席があるオフィスは持たない。
     実は、割とオフィス環境には気を遣ってきたという同社。JR田町駅近くの築3年ほどのビルのワンフロア全体(約600平方メートル)を、月額約500万円で1年半前から借りていた。天井も高く、50~60人は入れる会見やセミナー用のホールを完備。「部署間のコミュニケーションを改善するため、2フロアに分かれていた前のオフィスから引っ越した経緯があった。きれいでセキュリティ面も良く、前より業務も進めやすくなっていた」(高橋勇人社長)
     ただ、高橋社長がテレワーク中の社員に面談で感想を聞いたところ、「仕事が楽になった」という声が多数を占めた。通勤に加えて身支度の時間が無くなるメリットがよく挙げられたという。さらには「自宅なら好きな時間に飲食できるし、社員のリラックス度合いも違っていた」(高橋社長)。
     「駅に近く快適なこのオフィスを出ることになるとは、夢にも思っていなかった。でも今回、(テレワークを機に)『自宅の方がオフィスより快適です』と社員にはっきり言われたようなもの。引き続き働く場は分散していきたい」(高橋社長)。外出自粛が解けた後も勤務場所は自宅にも限定せず、例えば親の介護で実家に行ったり、観光地で旅行しながらの勤務など、働き方の自由度を高めていく方針という。

    今後はこういった働き方が主流になって来るかもしれませんね。

    そうなってくると「パワハラ」や「セクハラ」なども減ってきそうな感じはしますが・・・
     
    ※続きはソース元へ
    05月25日 08時00分 ITmedia
    https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2005/25/news034.html

    ※前スレ
    http://itest.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590366445/


    (出典 www.office-com.jp)


    【(企業)オフィスが消滅、テレワークの時代到来か?仕事が楽になった人続出。】の続きを読む

    このページのトップヘ