お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 仕事



    人手不足の解消法1位は「賃金引き上げ」

    帝国データバンク9月12日「人手不足の解消に向けた企業の意識調査」の結果を発表した。調査は今年8月に実施し、全国1万7社から回答を得た。

    現在、正社員または非正社員のいずれかが不足していると回答した企業は54.6%。どのような部門・役割で不足しているかを聞くと、最も多かったのは「生産現場に携わる従業員」(57.2%)。企業別に見ると「製造」「運輸・倉庫」「建設」で高く、

    「工事現場の現場代理人が足りていない」(コンクリート製品製造、新潟県
    「慢性的にドライバーが不足している」(一般貨物自動車運送、福岡県

    といった声が寄せられた。

    大企業ほど「時間外労働の増加」「休暇取得数の減少」など労働環境に影響

    不足部門役割は次いで、「営業部門の従業員」(47.7%)、「高度な技術を持つ従業員」(37%)、「経理・総務・人事部門の従業員」(20%)、「経営・企画開発部門の従業員」(13.4%)、「研究・開発部門の従業員」(11.8%)、「海外との橋渡し役の従業員」(4.8%)と続く。

    人手不足によりどのような影響があるかを聞くと、1位は「需要増加への対応が困難」(50.5%)となった。特に五輪関連で需要が続く「建設」、荷動きが活発な「運輸・倉庫」などで高水準となった。

    2位以降、「時間外労働の増加」(36.6%)、「新事業・新分野への展開が困難」(31.7%)と続く。また、営業活動に関する「需要増加への対応が困難」「納期の遅延」「現状の事業規模の維持が困難」といった影響は企業規模が小さいほど数値が高い傾向がみられた。

    一方、「時間外労働の増加」「休暇取得数の減少」など従業員の労働環境への影響は規模が大きい企業保ほど強く出ていた。企業からは、

    「人手不足により、工事の受注増大に影響がある」(建築工事、埼玉県
    「人手不足により社員一人にかかる負担が大きくなり、健康への影響がある」(一般土木建築工事、島根県

    といった声が寄せられた。

    活用したい人材「シニア」「女性」が各3割

    15~64歳にあたる生産年齢人口は、今後も減少することが予想される。今後、どのような人材を最も積極的に活用したいかを聞くと、最も多かったのが「シニア」(29.2%)。次いで「女性」(27.9%)、「外国人」(13.7%)、「障害者」(1.1%)となった。「わからない」も28.1%いた。企業からは

    「シニアで働く意欲があり健康上の問題がない場合は、雇用を延長し、長く働けるような環境作りに努めている」(広告代理、大阪府
    「女性の活用を積極的に進め、労働力の不足をカバーしたい」(配線器具・配線付属品製造、静岡県

    といった声があがった。一方、外国人材については、「外国人研修生の受け入れも、受け入れるための準備に資金が必要なうえに、何をしていいのかわからない」(各種機械・同部分品製造修理、兵庫県)といった課題をあげる企業も多くみられた。

    人手不足の解消に向けてどのようなことに取り組んでいるのかを聞いた。最も多かったのは「賃金水準の引き上げ」(38.1%)。以降、「職場内コミュニケーションの活性化」(36.7%)、「残業等の時間外労働の削減」(35.0%)、「業務プロセスの改善や工夫」(31.3%)と続く。

    具体的には「職人の賃金を引き上げ、特に若者に魅力を感じられる業界にしたい」(一般管工事、東京都)といった声があがる一方で、「賃金の見直しを年末に向けて対応しているが、賃金高騰に対応しきれるか」(一般貨物自動車運送、茨城県)といった懸念も多く寄せられた。




                   これからの時代は特に難しくなりそう。
               日本も少子化だから「外国人」が増えていくのだろう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    、消費者も労働者への過度な要望をやめることが大事だと指摘されている。インフレーションや失業率の低下による長時間労働や待遇に見合わない給与の企業の人手不足倒産・消費者側の労働者に対する意識改革で過労死も減少するとされている。 重労働、職業性ストレスの原因について、国際労働機関は以下を挙げている。 深夜、徹夜、休日労働
    87キロバイト (14,043 語) - 2019年9月12日 (木) 23:05



    (出典 www.hamafriend.jp)


    日本が人人手不足である以上、外国人や高齢者を雇うしかない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【現代の「人手不足」一体どうしたら解消できる?やはり「賃金」を上げるしかない。】の続きを読む


    フリーランスに対するセクハラ。
    「何もしなかららホテルに行こう」女性声優が語る。

    最近はフリーランスの方も増えてきていて、セクハラなども増えてきている感じがします。

    NO.7775884 2019/09/11 10:56
    「何もしないからホテル行こう」 女性声優が語るセクハラ
    「何もしないからホテル行こう」 女性声優が語るセクハラ
    パワハラ、セクハラ防止などを目指す法制度からも抜け落ち、なかなか明るみに出てこない「フリーランス」に対するハラスメント。

    特に、多くの俳優や声優が個人事業主として事務所に所属する形で活動している芸能界は「ハラスメントの温床になりつつある」と、指摘されている。

    日本俳優連合やフリーランス協会などが7〜8月にかけて、国内で働くフリーランスや芸能関係者を対象に実施した調査では、回答者約1200人のうち約6割がパワーハラスメントを、3割以上がセクシュアルハラスメントを受けたことがあると答えた。

    実際にどのような被害が起きているのか。BuzzFeed Newsは芸能の世界で働く、声優の女性に話を聞いた。



    【日時】2019年09月10日 09:29
    【ソース】buzzfeed
    【関連掲示板】


    【フリーランスに対するセクハラ。「何もしなかららホテルに行こう」女性声優が語る。】の続きを読む



    台風直撃でも「みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはず」

    9月9日の深夜から未明にかけて、過去最強クラスともいわれる台風15号首都圏を直撃した。9日は月曜日ということもあり、各地で「会社に出社すべきか否か」「行こうと思っても電車が動かない」といった混乱が生じていた。

    ヤフー知恵袋には同日未明の0時過ぎに、関東在住の会社員から、こんな相談があった。台風直撃を受けて上司から、社員全員に向けて

    タクシーなどの手段も考えて出勤してください、みんなの思いが職場にあれば必ず出勤できるはずです」

    と連絡メールがきたというのだ。相談者宅は電車で1時間半ほどかかる距離で、タクシーも捕まるか分からない。そのため、「また状況を見ながら連絡します」と返信したものの、「なにがあっても出勤しますと応えるべきだったでしょうか?」と質問している。(文:okei

    「台風を理由に遅刻する社員はそこまでの社員」という会社も

    どんな大事な仕事が職場にあるのか不明だが、精神論で職場にたどり着けとは一体どういうことなのか。回答欄では

    「今どきこんなおバカさんな上司いるんですね。思いがあったって物理的に無理なときは無理です。明日なんてタクシーつかまりませんよ」
    「思いって何でしょ?普通に考えておかしいですよね。台風が落ち着いて公共機関が動いてれば行けばいい」

    といった上司に対する厳しいツッコミが相次いだ。こんな日は、タクシーは捕まらないし、乗れたとしても渋滞を覚悟しなければならない。電車で行くよりも時間がかかるし、タクシー代の負担はどうするのか?と冷静に説く人もいたがまったくその通りだ。

    10日放送の『とくダネ!』(フジテレビ)では、中小・大企業を含む20社に対して「通勤に関して社員に何らかの指示を出しましたか?」とアンケート調査をしていた。「指示した」は16社で、「しなかった」のは4社という結果だった。

    「しなかった」と答えた企業のうち、大手外資系企業は「日頃から社員自身に出社か在宅勤務か判断を委ねているので」とのことだったが、ある中小IT企業は、

    「台風を理由に遅刻する社員はそこまでの社員だと思うから」

    と冷たい回答をしていた。考え方は会社や上司によって変わるものだが、日本はこんなときにも愛社精神をアピールしなくてはならないのか、と考えさせられる。

    事情はそれぞれだが「台風直撃なんかに負けるな」は考え直すべき

    ヤフー知恵袋には同日、他にも「台風直撃の日は、会社を休みにすべきだと思いませんか?」という質問が寄せられていた。「思う」「怪我のリスクとか考えたら休みにするべきだよね」などと、多数の「休み賛成」派が声を上げる一方、

    「最初から駄目と決め付けず、とにかく歩いてでも行く努力をする、台風直撃なんかに負けるな」

    という声もあった。ツイッターには「医療関係者は、こんな時だからこそ頑張って行かなくてはならない」というツイートもあったので、一概に社畜などと言えない。しかし、自然の脅威に逆らってまで「出社を強要」は、もう少し冷静に考え直す必要があるだろう。




    もし、出勤中に事故があったら、会社は責任を取ってくれるのだろうか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    外国では台風が来ると、ほとんどの会社が休みになるらしい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【自然の驚異に逆らってまで「出勤」はやめろう。無理な時は「無理」とはっきり言おう。】の続きを読む


    IT化と草食化が影響か?ここ15年で130万人の営業マンが消滅した!

    社会構造の変化によって、営業マンが必要とされなくなってきたからかも。

    NO.7773016 2019/09/10 10:07
    この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ
    この15年で130万人の営業マンが消滅したワケ
    国勢調査によれば、日本には2000年まで468万人の「営業職」がいた。ところが2015年までに336万人に減った。営業マンはどこへ消えたのか。統計データ分析家の本川裕氏は「ITによる流通の構造変化により、事務職に取って代わられたようだ」という——。

    本稿は、本川裕『なぜ、男性は突然、草食化したのか』(日本経済新聞出版社)の一部を再編集したものです。

    ■躍進する職業は時代を反映「工業化・ハイテク化で伸びた職種は?」
    ネット社会化は、通信費の負担増大ばかりでなく人々の雇用や職業の構造についても影響を及ぼしつつある。ここでは、まず、その実態に関わるナゾに迫ってみよう。

    図表1は、国勢調査の行われた5年おきに、就業者数の増加率がトップ、および2番目の中分類の職業を列挙したものである。

    高度成長期の1960年代後半までは、工業化が著しく進み、それとともに企業社会が大きく成長した時代であり、職業的には、機械工・修理工などが急増し、それとともにドライバーなどモータリゼーション職種や企業社会の進展に不可欠の管理職や技術者などの躍進が目立っていた。

    1969年にGDP(国内総生産)世界第2位となった日本は、その後..



    【日時】2019年09月09日 06:15
    【ソース】プレジデントオンライン
    【関連掲示板】


    【IT化と草食化が影響か?ここ15年で130万人の営業マンが消滅した!】の続きを読む



     日本は世界的に台風の発生が多いと言われている。台風や悪天候で交通機関が麻痺し、通勤に支障をきたすことが珍しくない。夜遅くまで働いて電車が動かず、帰宅難民になることも。今年は連日温度が35度以上を超える猛暑で熱中症の危険性が高まり、自治体や学校は外出の自粛を呼び掛けている。日本の企業もオフィスに通勤せず、自宅やカフェなどのインターネット環境を利用して仕事する「テレワーク」の導入を検討すべきではないだろうか。

     ソフトウエア開発などを行うインフォテリア東京都品川区)は「働き方改革」の一環としてテレワークを推奨している。気象庁が午前5時に発表する予想最高気温が35度以上の場合、当日の午前5時半に社員のスマートフォンにプッシュ通知で、テレワーク推奨日であることを通知。社員は届いたプッシュ通知をタップすることでテレワークの申請がワンタッチで完了し、自宅などで仕事が可能になる。

    ・合わせて読みたい→
    職場に嫌いな人がいてストレス…対処法は?(https://cocokara-next.com/stress/stress-in-the-workplace/)


    テレワークのメリットは労働者、企業の双方でメリットが大きい。



    (1)通勤時間の削減
     台風の場合は通勤時に電車が動かず、駅で何時間も待機するケースがある。また、猛暑の中で首都圏を中心に混雑した電車通勤で移動することは心身共にかかるストレスが大きい。テレワークは通勤時間も仕事の時間に割り当てられ、朝と夕方の満員電車に乗ることもなくなることからリフレッシュした状態で仕事に意欲的に取り組める。

    (2)労働人口が増えて仕事の生産性が上がる
     子育てや介護をしなければいけない環境の下では会社で働くことが困難だ。テレワークであれば、自宅で子供の面倒を見たり親の介護をしながら仕事をすることが可能になる。

    (3)1か所のオフィスで働くリスクを回避できる。
     1か所のオフィスに人が集中して活動すると、災害などが発生した場合に重要業務が中断する恐れがある。テレワーク導入すれば、交通網が麻痺しても様々な場所で仕事を継続することが可能になる。

     懸念材料もある。(1)IT端末を使って仕事をするため、会社以外で仕事をする場合はセキュリティ対策の問題、(2)会社内のコミュニケーション機会の減少、(3)労働実態が見えにくい。労働時間の管理が困難。(3)は在宅勤務でなく、会社で働く現状のスタイルに満足している社員もいるため、テレワークで働く社員と待遇をめぐり不満を持つかもしれない。これらの問題を解決する体制づくりやルール整備は必要になってくる。

     総務省の「通信利用動向調査」によると、15年に国内でテレワークを導入している企業の割合は16.2%。実際に効果があったかをアンケートしたところ、「非常に効果があった」が30.6%、「ある程度効果があった」が51.9%と効果を実感した割合が8割を超えた。テレワーク日本人に合った働き方かもしれない。

    ※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

    [文/構成:ココカラネクスト編集部]

    台風、連日の猛暑… 日本の企業はなぜ在宅勤務を導入しないのか


    ここまで無理して仕事する必要はあるのだろうか?外国みたいにのんびりいきたい。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    宅勤務により電車等の交通手段や勤務先オフィスの消費電力削減効果でのエコロジー面メリット等、様々な利点が見直され、現在、在宅ワーク(テレワーク)の導入はパナソニック、日立、日本IBMなどの大手企業においても「在宅勤務者」の雇用枠導入や、政府全体での推進として厚生労働省においても、在宅
    7キロバイト (1,057 語) - 2019年6月3日 (月) 12:29



    (出典 static.it-trend.jp)


    やはり「お客様に迷惑をかける」というのが大きのではないのでしょうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本の常識はおかしい?なぜ企業は「台風」時でも出勤させるのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ