お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 文化


    12月も終盤に入り、一年がもうすぐ終わろうとしています。
    冬至12月22日(日)には、都内の多くの銭湯でゆず湯が実施されます。ゆず湯に入ると風邪をひかないとはよく聞きますが、ゆず湯はもともと邪気を払う禊として行われていたと言われています。一年の終わりにゆっくり疲れをとりながら、来年の無病息災を願ってみるのもいいかもしれませんね。今回は、ゆず湯の歴史と、ゆず湯イベントについてご紹介します。


    ゆず湯で無病息災?

    菖蒲、みかん、松など、日本にはその季節の植物をお風呂に入れてつかる「季節湯」という文化があります。その中のひとつである「ゆず湯」は、12月の冬至の日に入る季節湯です。奈良時代に中国からやってきたとされるゆずは、古くは薬用として使われていました。そんな歴史もあってか、「ゆず湯に入ると一年風邪をひかない」と言われています。風邪をひきやすいこの時期にぜひ入りたいお風呂ですよね。
    それでは、いつ頃からゆず湯が定着したのでしょうか。
    もともとお湯につかる習慣は、仏教が始まりとされています。それが後に一般の人々に広まり、江戸時代には銭湯が誕生しました。冬至にゆず湯に入るという習慣は、銭湯が誕生した江戸時代に始まったとされています。「冬至」と「湯治」、「ゆず」と「融通」がかけられて、「ゆず湯に入って融通が利くように(病気にならないように)」という願いがこめられているんだとか…。
    今でも、冬至の季節になるとゆず湯が行われる銭湯や温泉がたくさんあります。次の日曜日は、ゆず湯で一年の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。
    <参考・参照>
    毛呂山町
    東京銭湯(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)
    高知県立大学:https://www.u-kochi.ac.jp/~health/hitikotomemo/story_yuzu.html

    ※画像はイメージです

    ※画像はイメージです


    ゆずを譲って!キャンペーン(極楽湯・RAKU SPA)

    日本全国各地に店舗をかまえる「極楽湯」「RAKU SPA」では、12月22日の冬至にゆず湯が行われます。ゆず湯の実施とともに開催されるのが、「ゆずを譲って!キャンペーン」。対象の店舗にゆずを持っていくと、入館無料券などがプレゼントされます。また、一部の店舗ではサンリオキャラクターぐでたま」とゆず湯がコラボしたお風呂や、柚子を使った餡かけうどんの販売など、その日・期間にしか楽しめないイベントも。
    家族や友人とワイワイ楽しむもよし、一人でゆっくりと温泉につかるもよし! 今週末、足を運んでみてはいかがでしょうか。
    極楽湯・RAKU SPA:イベント内容
    ※対象店舗を公式サイトでご確認の上、参加条件とプレゼント内容については各店舗にお問い合わせください。
    ぐでたまとのコラボイベントの期間は、店舗によって異なります。

    ※画像はイメージです

    ※画像はイメージです


    都内各地の銭湯でゆず湯開催!

    都内各地の銭湯では、冬至の日になるとゆず湯が行われます。また、地域によってはゆず湯の実施と同時期に、スタンプラリーイベントも開催されています。銭湯をあまり利用しない方も、この機会に銭湯に足を運び、各地の銭湯それぞれのゆず湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。
    他にも、料金の割引やプレゼントなどのキャンペーンを行っている地域もあるので、お近くの銭湯を調べてみるのもいいかもしれませんね。
    ■東京銭湯(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)
    ゆず湯
    スタンプラリー

    <注意事項>
    ■写真はイメージです
    ■各イベントの営業日時・料金・内容は、お出かけ前に公式サイトなどで最新の情報を必ずご確認ください

    ※画像はイメージです

    ※画像はイメージです

    ゆず湯で一年の疲れをとりませんか?ゆず湯の歴史とゆず湯イベント

    今日は「ゆず風呂」にでも入って日々の疲れを癒しておこう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    柚子湯 (ゆずからのリダイレクト)
    柚子湯(ゆずゆ)とは、柑橘類の果実である柚子を砂糖で煮て、その香りのついた砂糖湯を熱湯で薄めた飲み物である(柚子茶)。 柚子湯(ゆずゆ)とは、柚子を浮かべた風呂である。本項では、これについて述べる。 日本では、江戸時代に冬至の日、銭湯に柚子を輪切りにして入れて沸かす柚子湯があった。ひび・あかぎれ・感
    4キロバイト (518 語) - 2019年12月7日 (土) 16:30



    (出典 thumbnail.image.shashinkan.rakuten.co.jp)


    ゆずにはそのような力があったとは驚きです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【今日は冬至!?あったか~い、ゆず風呂で日々の疲れを吹き飛ばそう。】の続きを読む


    2019年度の日本の出生数は90万人を割る見込み――。衝撃的な数字がニュースになった。少子化の加速が止まらない中、女性への出産プレッシャーも高まる。なぜ、いまだに少子化を女性の問題と考える向きが後を絶たず、女性がこうも責められるのか。

    ■2年早く出生数90万人割れ

    昨年度、日本の出生数が過去最低数を更新したとのニュースも記憶に新しい中、2019年度は厚生労働省の予想よりも2年早く出生数の90万人割れが見込まれ、1899年の調査開始以来、いよいよ過去最少となることがわかった。日本社会があらかじめ覚悟していたよりも、少子化は加速しているのだ。

    そもそも、出産適齢期の女性の数が減り始めた。頼みの綱だった、人口ボリュームの大きい団塊ジュニア(1971〜74年生まれ)はもはや「高齢化」し、いま45歳から48歳となって出産適齢期を過ぎてしまった。20代、30代は団塊ジュニアの60〜75%ほどしかいない。子どもを産めるのは彼女たちであり、彼女たちが産まなければ子どもは増えない。

    ■「産まないで自由に生きよう」のパラドクス

    ネットで検索をしてみると、産まない当事者である女性が書いた、実に多くの記事や本がヒットする。その名もずばり「産まない理由」とか、「産みたい、産まなきゃなんて思って生きてきたけれど、産まないと決めたら楽になった」とか。子どものいない女性の生き方を呼ぶ語彙として「チャイルド・フリー」や「ノンママ」なんて新しいカタカナ表現に混じって、「子なし」なんて残酷で自虐的な表現も見受けられる。

    子どもや家族にとらわれない女性の、新しくて自由な生き方を提唱。だがそれらの本はまるで自分たちに言い聞かせるみたいに、「自由に生きようよ、子どもは必要ないよ、産まなくたっていいよ、そういう人生もアリだよ」と切々と説いているようで、それがかえっていかに彼女たちがこれまで「産まない女の人生」に不安と不自由を抱え、ひそかに傷つき苦しんできたかを際立たせ、読者に強く印象づけてもいるのだ。

    平和を求める市民のシュプレヒコールは平和ではない環境ゆえであるように、「産まない人生」をことさらに話題にするということは、そのぶん「産む人生」を強烈に意識していることの裏返しである。産む・産まないの選択が本当に自由な文化では、「産まなくていい、自由になろう」という本は出ない。

    ■日本で「産まないこと」が意味すること

    子ども? いないよ」の簡単な一言では済まない。いちいち理由を述べたり言い訳をしたりしなければ、周りに納得してもらえず解放してもらえない居心地の悪さ。自意識。自責の念。

    「国家の発展、みんなの発展のためにはとにかく人口が増えなけりゃいけない、だから若い女の人は産む“べき”」

    戦中の「産めよ育てよ」「富国強兵」思想からあまり成長が見られないが、そんな発想に疑問が持たれず、いまだに大手を振って歩くのが日本だ。そんな日本で「産まない」とは、どこの誰ともわからない誰か「世間」がムラ社会の隣組感覚で「“義務”を果たさないあなたはわがまま」と暗に責める視線を引き受けるということでもある。

    ■女を責めたって産むようにはならない

    「いまどきの若い女性は、どうして子どもを産まないんでしょうねぇ」と、老いた男性政治家が地方講演で高齢者相手に無邪気に話題にする。「若い女性に産んでもらわないとわれわれは困るんですよ」なんて、産まない性が他人事(ひとごと)として他人(ひと)を責める。

    「女性が高学歴化して仕事を持ち、“自我”を持って、結婚したり子どもを産まなくなったりするのは先進国病」なのだそうだ。「やまい」「ビョーキ」なのだそうだ。それはぜいたくだ、怠惰だ、無責任だ、ずるい、自己愛が強い、健康でない、治療すべき、くらいの言われようだ。

    そうなんですかぁ。でもそんなふうに責められても、それで若い女性がこぞって「そうだよね、反省したわ! じゃあ今すぐ子どもを産まなきゃ!」なんて思わないだろう。

    ■男性社会で出産・子育てなんて、無理ゲー

    だいたい「若い女性に産んでもらわないと」なんてフレーズを口にする人たちは典型的に、自分たちが産んだわけでもない、まして育てたわけでもない、おじさんおじいちゃんたちなのだ。

    「若い女性は〜」なんて自分を棚上げして言っていないで、自分の胸に手を当てて聞いてみればいいのだ。「仮にあなたが若い女性だとして」、

    「この、若年層の収入が増えず、AI化で人間の仕事に刻々と大きな変化が起こり、結婚しても女性側も働き続けないと十分な家計が成立しない現代の日本で、10カ月の妊娠期間を満員電車で通勤し、保育園に入れるタイミングを逃さないように育休を数カ月で切り上げ、泣き叫ぶ乳幼児を保育園へ預け入れた足で職場に向かい、“ちゃんと”キャリア女性らしく働いて稼いで、子どもを抱えて帰宅すれば山盛りの家事をヘトヘトになってこなす。そんな苦行まみれの生活をわざわざ“愛”とか“国の発展のため”みたいな自分を助けてくれるわけでもないお題目のために、『あなた』はしますか?」

    愛とか国家のためとか、一度は親になったほうが人間的な成長になる、とかいうのなら、そんな一方的な不利や負担を強いられる「無理ゲー」じゃなくたって、もっと他に手段はある。そういう結論に至るのは、十分理解できることではないだろうか。

    ■少子化問題が女性の問題にされるおかしさ

    産まない当事者の女性たちが、実家の親や親戚から散々聞かされているだろう「どうして産まないの」というもの言いは、産むのが当然という「過去の常識」からきている。その過去の常識という観点からすると、少子化社会は「女性が産まないから、結婚しないから」と、完全に女性の問題にされている。

    「ようやく子どもを産みたいと思った時には、手遅れだった」——。一生涯働き続けることが前提とされる40代以下の世代では、一生涯働けるキャリアを積むために20、30代の体力のある時期を仕事につぎ込み、気づいたら子どもを産めない体になっていた女性も少なくない。そうやって「産まないんじゃなくて産めないのだ」と悲しむ人たちだっている。

    妊娠・出産は、女性にしかない機能だ。しかも時間限定的で、いつでも漫然と可能なものではない。そんな、女性の身体にしかない特別なはたらき、特徴、特権であるにもかかわらず、現代の私たちは「出産は女の特権」だなんて、とてもそうポジティブには思えていない。

    ■出産と子育てが女性にとって不利になる悲しい社会

    それは、出産と子育てが自分の人生にどちらかというと不利をもたらすよね、という本能的な判断を、現代の多くの女性がしているからではないか。どうこう言ったって日本は依然男性主導的な社会、男性のほうが生き残るのに有利な社会なのだ。そんなところに女性が組み込まれ、「参加させていただいている」限り、女性の耳に出産がポジティブに響くことはない。

    男は結婚しようとしまいと、配偶者が出産しようとしまいと、なんだかんだ「逃げられる」。だけど女は「逃げられない」。そんなふうに社会全体が本心の部分では感じているのに蓋(ふた)をして、出産可能年齢の若い女性たちに向かって「なぜ産まないの」と意地悪く聞き、「産まないのはわがままだよね」と退路を断とうとしているというのが、女の側からなら見える。

    だから女性政治家には、「いまどきの若い女性は、どうして子どもを産まないんでしょうねぇ」「若い女性に産んでもらわないとわれわれは困るんですよ」なんて他人事感満載で言い放つ人はいないのだ。当事者だからだ。産む・産まないが、自分の「女の体」と直結した問題だからで、それを語るなら自分はどうなのかと振り返らざるを得ないからだ。

    男性社会の中に女性が「組み込んでいただいている」価値観や仕組みにおいて、「どうして産まないの。社会が困るんだけど」と聞かれるような出産は義務であり、負荷でしかない。それに静かに抵抗する女性が多いことを、正常なバランス感覚を持つ人間なら、なぜ責められようか。

    ----------

    河崎 環かわさき・たまき)
    コラムニスト
    1973年京都生まれ神奈川育ち。慶應義塾大学総合政策学部卒。子育て、政治経済、時事、カルチャーなど多岐に渡る分野で記事・コラム連載執筆を続ける。欧州2カ国(スイス、英国)での暮らしを経て帰国後、Webメディア、新聞雑誌、企業オウンドメディア政府広報誌など多数寄稿。2019年より立教大学社会学部兼任講師。社会人女子と中学生男子の母。著書に『女子の生き様は顔に出る』、『オタク中年女子のすすめ #40女よ大志を抱け』(いずれもプレジデント社)。

    ----------

    ※写真はイメージです(写真=iStock.com/monzenmachi)

    まずは、若い人たちに子供を産める環境を提供してほしい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 clip.8122.jp)


    産めるような環境がないと無理!

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本の出生数過去最低!なぜ社会は「少子化」を女性の問題にするのだろうか?】の続きを読む


     近年、旅行や留学、仕事などで日本を訪れる中国人が増加しているが、日本と中国では日常の様々な場面で大きな違いが存在するため、多くの中国人は日本滞在中に驚くことが多々あるようだ。中国メディアの今日頭条は28日、中国人留学生の手記を掲載し、「日本人が高齢者に席を譲らない理由が解った」と伝えた。

     記事はまず、中国人留学生の多くは「日本人の礼儀正しさ」に感銘を受けると伝え、たとえお店で買い物をしなかったとしても爽やかな笑顔で見送ってくれると紹介した。しかし、公共交通機関の車内では日本人の若者が高齢者に席を譲らない光景をよく見かけると伝え、「なぜ礼儀正しいはずの日本人は高齢者を敬わないのか」と疑問を提起した。

     その理由について、日本人は他人に迷惑をかけることを嫌うためではないかと伝えたほか、日本人は他人からどのように見られているかも気にするため、席を譲られるということは他人から「高齢で助けが必要」と見られていることの表れであるため、日本では高齢者が目の前で立っていたとしても席を譲らないのではないかと分析した。

     続けて記事は、日本で高齢者に席を譲ろうと思う場合には、「次の駅で降りるからどうぞ」と言うか、もしくは何も言わずに隣の車両に移動するといった配慮が求められると伝え、こうすることで高齢者の気持ちを傷つけることなく席を譲ることができると伝えた。

     中国では公共交通機関の席は椅子取りゲームをしているかのように争奪戦になることが多い。しかし、高齢者が乗車してきた場合には、若者は席を譲ることが一般的で、高齢者も譲られた座席には遠慮なく座るため、日本の感覚とは少々異なっていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    礼儀正しいはずの日本人、なぜ高齢者に「座席」を譲らないのか=中国


    中国では「われ先に」と言う感じですけど、日本は少し特殊ですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 akebono-kotu.jp)


    日本人は空気を読むことが出来る素晴らしい民族!

    <このニュースへのネットの反応>

    【(中国)世界一礼儀正しい「日本人」しかし高齢者に席を譲らないのはなぜ?】の続きを読む


     近年は日中ともに互いの文化に触れる機会が増えているが、中国人にとって日本には奇妙に感じられる文化や習慣が複数あるという。中国メディアの快資迅は23日、「中国人から見た日本社会の奇妙な点」について伝える記事を掲載した。

     記事は、中国人の眼に映る日本には、「非常に奇妙なものがたくさんある」と主張。例えば、交通機関の混雑はどこでも見られる光景だが、「日本では台風などの災害や事故によって突発的に交通機関に遅れが生じても、皆が落ち着いて寡黙に復旧や運転再開を待つ姿」は非常に奇妙に感じられるという。そして、中国人とは全く異なる反応の仕方について「日本人は日常的に忍耐することに慣れており、上司の指示に同意できない時でも従う習慣が身に付いているから、寡黙に待ち続けることができるのではないか」と論じた。

     他にも、日本で見られる「試供品」や「お試し期間」など無料で提供されるサービスについて、「新聞やインターネットなどの定期契約から、化粧品や食べ物に至るまで、様々なものを購入する前に試すことができる」ことに驚きを示した。中国では1つ買えばもう1つ無料でもらえるという「買一送一」というセールス方法をよく見かける。とてもお得感があるが、もし品物に満足できなくても安いから仕方がないとして納得せざるを得ない。日本で見られる「購入前のお試しサービス」は、慎重な日本人の性格を表していると言えるかもしれない。

     また、手紙を送る習慣について、「日本人は新年のあいさつ、引っ越し、結婚、出産など人生の節目を手紙によって気持ちを伝える習慣がある」とし、大切なことでも直接会って伝えるのではなく、かと言って電子メールで済ませるわけでもないのは中国人からすると奇妙に感じられるようだ。

     こうして見ると日本人にとっては普通であっても、中国人にとっては不思議な習慣は多く存在していることが分かるが、今後さらに文化の理解が深まれば、日中の交流も更に意義深いものとなっていくことだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    奇妙な習慣や文化がたくさん・・・中国人から見た日本社会の奇妙な点=中国

    お隣の国なのにここまで文化が違っているとは驚きです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 image.searchina.net)


    日本ではこんなに当たり前だったのに、海外に足を延ばすと全然違う文化が待っている。

    <このニュースへのネットの反応>

    【中国人にとって日本は奇妙な文化や習慣が沢山!「お試し期間」など。】の続きを読む


     欧米人のなかには、サムライや忍者、日本刀などにあこがれる人が少なくないが、中国メディアの今日頭条は22日、「なぜ日本刀は世界的に中国の剣よりも有名なのか」と題する記事を掲載した。

     記事はまず、ほとんどの欧米人は、日本刀というとすぐにイメージが浮かぶと紹介。日本のドラマや映画、ゲームなどで大名や武士が帯刀しているシーンがよく出るので、日本刀は海外で広く知られているそうだ。その点、中国にも剣はあったが外国人にはイメージしにくいという。実際には中国にも剣はあり、「干将・莫邪(かんしょう・ばくや)」の名剣をはじめ、伝説の剣は「掃いて捨てるほど」あるのに、と実に残念そうである。

     では、なぜ外国人日本刀イメージは強いのだろうか。その理由について記事は、刀は武士が必ず持っていたもので、長い柄に湾曲した刃は記憶に残りやすいと分析。そのうえ、日本経済の急速な発展と共に世界中へ文化輸出したことも大きな印象を与える要因となったと論じた。

     さらには、「中国の武器は種類が多すぎる」こともマイナス要因だと分析。中国には針のような小さなものから太刀のように大型のものまで武器の種類が多すぎて、海外に広まりにくかったという。また、木や草でも武器になる、技術だけで剣など必要ないというツワモノもいたと紹介している。

     日本刀は武器であるということ以外に、信仰の対象や権威の象徴ともなってきた歴史がある。また武士の魂と言われるように、日本刀を見て武士道の精神を感じる人も少なくなく、こうした要素も日本人のみならず外国人にとっても魅力となっているのではないだろうか。中国の剣にはこうしたブランド力が欠けているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    なぜだ! どうして「日本刀」は中国の剣より有名で人気なのか=中国メディア

    武士の魂「日本刀」世界的にはとても人気で有名なんですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 shop.r10s.jp)


    日本刀は我が国の文化を象徴するものでもありますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【侍の武器、切れ味抜群の「日本刀」なぜ海外でも人気で有名なのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ