お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:ニュース > 心温まるお話


     中国メディア・海外網は28日、日本人女性が突然中国から送られてきたマスク入りの小包を受け取り、驚くとともに感動する出来事があったと報じた。

     記事は、栃木県に住む70歳の女性が今月、突然中国から届けられた小包を受け取り、開封してみると中にはマスク100枚が、英語、日本語で書かれた「体は大丈夫ですか、心から健康をお祈りします」というメッセージや写真とともに入っていたと紹介。女性はその写真を見て、ようやく送り主の「正体」に気づいたと伝えた。

     そして、この送り主について、2017年11月に女性が友人とロンドンに赴き、日本の伝統文化を紹介するイベントに参加した際、道を尋ねるために声をかけた中国人女性だったと説明。女性の話として、中国人女性とは簡単な英語でやり取りし、一緒に目的地までついてきてくれたほか、翌日ホテルで再び出会い、名前と住所を交換したことを紹介した。

     記事は、わずか30分ほどのコミュニケーションしか取っていない相手から、2年半が経過した今突然送られてきた「プレゼント」に、女性が大いに驚くとともに感激を覚えたとし、知人を通じて相手に電話をかけて感謝の意を伝えると、相手は「受け取れたならよかった。安心しました」との応答があったと伝えている。

     女性からみれば、名前と住所を交換したとはいえ、言ってしまえば「ちょっとお世話になった、通りすがりの他人」という感覚だっただろう。一方で中国人女性側にしてみれば、わずか30分の接触でも「大切な外国の友人」とみなすのに十分だったようだ。日本人中国人の間に存在する、「友人」に対する認識や感覚の違いが垣間見えるエピソードだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    日本のおばちゃん、2年半前に道を尋ねた中国人から突然送られてきたマスクに驚き感動する=中国メディア


    こういった些細な事はとても感動します。こういった行動は見習いたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 memoco.jp)


    この中国人女性の気遣いは凄いですね。

    自分だったら忘れていたかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【自宅に謎の小包「体は大丈夫ですか」2年半の時を得て、自宅に中国製マスク届く!】の続きを読む


    日本レトロゲーム協会は23日、新型コロナウイルスで自宅待機を余儀なくされている子供たちに楽しんで欲しいと「スーパーファミコン」を100世帯に支給すると告知した。


    外出自粛で自宅で過ごす子どもちに対し、同協会は、現在の30代から40代がかつて夢中になった任天堂家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を届ける取り組みを行う。支給するのは、本体やコントローラーなどを一つにした「スーパーファミコンすぐ遊べるセット」。付属ソフトは「スーパードンキーコング」と「ファイナルファンタジーVI」で、同協会は「どちらも遊びやすく、初めての方でも楽しめる名作」だとしている。


    応募にあたっては、16歳未満の子どもが居る「スーパーファミコン」を持っていない世帯、送料着払いで受け取れるというのが条件。希望者は、4月26日23時59分までにメールアドレスinfo@jarga.or.jp)へ住所や氏名などの必要事項を記載して申し込む。当選者には、当選と発送を知らせるメールが27日から届くとしている。


    今回の支給品は、中古品を集った賛同者の手で動作チェックするなどして用意したもの。清掃や除菌は行っているが、日焼けや傷などがある。動作保証は到着から1週間としている。


    スーパーファミコンすぐ遊べるセット


    スーファミは、今のゲーム機に比べるとグラフィック面では劣っていると思いますが、内容とサウンドはファミコンの方がとても好きです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.j-cast.com)


    今はオンラインゲームが支流なので、たまにはレトロゲームをするもの楽しいかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【自粛中の子供たちに「スーファミ」を届けよう。ゲーム協会が100世帯に支給!】の続きを読む


     ボトルの中に手紙を入れて、海に放ち、誰かが見つけるというのは本や映画の中ではよくある話だが、現実でも起こったようだ。
     ドイツ・ボンで2013年、とあるドイツ人家族が同州に流れるライン川に手紙入りのボトルを放ったところ、約7年後の2020年ニュージーランドオークランドで手紙入りのボトルを受け取った人がいたと、海外ニュースサイト『The Times Now』と『Atlas Obscura』が3月4日までに報じた。

     報道によると、2013年、当時4歳と7歳の娘たちとその両親は、「これを見つけたら私たちに手紙を送ってください」というメッセージとそれぞれの名前、住所を書いた手紙をボトルに入れ、ライン川に投げ入れたという。約7年後の2020年2月、ドイツ人家族は、ニュージーランドオークランドから「親愛なる皆様へ。あなた方の投げたボトルは見つかりましたよ。この手紙はニュージーランドオークランドから返信されています。長い道のりです。どうぞ、体に気をつけて」という手紙を受け取った。ヨーロッパからオセアニアという、海を越え約1万8000キロメートル離れた地域で見つかったという。

     受け取った手紙には、差出人の住所が書かれていなかったため、父親が自身のFacebookに受け取った手紙の写真を添え、「私たちが約7年前にライン川に放った手紙がニュージーランドオークランドに行き着き、オークランドから返信の手紙が届きました。しかし、そこには差出人の情報がありません。私たちは、私たちの手紙を受け取った人を見つけたいと思っています。どうかこの写真をシェアして、私たちに力を貸してください」とコメントした。投稿は4月7日現在までに、1800件以上シェアされているが、ドイツ人家族が手紙を受け取った人とコンタクトが取れたという情報はない。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「ボトルが漂流するのは映画の中の世界だけだと思っていたから驚いた」「素晴らしい物語! ドイツの家族がボトルを受け取ったオークラドの人と出会えたら嬉しい」「7年で地球の反対側に届くなんて意外と短くてびっくり」「私も小さい頃に海に手紙を放ったけど、どこかに届いたのだろうか。考えるとワクワクする」などの声が挙がっていた。
    海外には他にも、海に放たれた手紙が他の国に届いた例がある。

     アメリカボストン2010年、当時10歳の少年がボトルに手紙を入れて海に放ち、その手紙が約9年後の2019年フランスのコンティス海岸で見つかったと、海外ニュースサイトNational Post』が2019年11月に報じた。同記事によると、当時、少年は手紙に「僕はリンゴと動物、車とビーチが大好きです。この手紙を受け取ったらお返事をください」と書き、自身の住所も書いたという。

     約9年後の2019年10月2010年当時10歳で、2019年には大学2年生になった男性は、フランスから手紙を受け取ったそうだ。手紙には「あなたの手紙はフランスのコンティス海岸で発見されましたよ。あなたが住んでいる場所から私が手紙を受け取った場所までは約6000キロメートルあります」と書かれていた。

     海が続いている限り、海や川に放たれた手紙入りのボトルがどこかの国に辿り着く可能性はあるようだ。

    記事内の引用について
    「'What a trip!': Message in bottle sent from Germany gets reply from New Zealand」(The Times Now)より
    https://www.timesnownews.com/the-buzz/article/what-a-trip-message-in-bottle-sent-from-germany-gets-reply-from-new-zealand/558920
    「Found: A Message in a Bottle That Went Clear Around the World and Back」(Atlas Obscura)より
    https://www.atlasobscura.com/articles/message-in-a-bottle-germany-new-zealand
    「U.S. student's message in a bottle found in Francenine years later」(National Post)より
    https://nationalpost.com/news/world/u-s-students-message-in-a-bottle-found-in-france-nine-years-later

    画像はイメージです

    実際に映画であるシーンですけれど、実際にあるとは驚きです。
    この地球海がつながっている限り、どこで見つかるのか分からないのがとても面白い所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 mnsatlas.com)


    途中瓶が割れず、沈まなかったのも凄い!

    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで映画のよう!瓶に詰めた手紙が7年の時を得て、オセアニアで見つかる。】の続きを読む


     以前に献血に通っていた人が、その思い出を描いた漫画『私と献血の思い出』が反響を呼んでいます。

    【画像】漫画を全部読む

     作者のエリマキさんは以前、献血に通っていました。非常に重い生理の苦しみを緩和するため低用量ピルを購入するのに、医師の診察と血液検査の結果が必要だったからです。血液検査は自費となってしまいますが、献血をすると無料でもらえる簡単な検査結果(参考:検査サービス)でも代用可能。このためエリマキさんはピルがなくなりそうになると献血に行っていました。献血ルームはお菓子を食べられたり、漫画を読めたりと天国のようだったと振り返ります。

     時は過ぎ、エリマキさんは結婚してピルの服用をやめ、妊娠、出産を迎えます。出産時に血が止まらなくなり、輸血をすることに。過去の自身の献血を思い出し、「完全に自己都合の献血だったけど、私の血も誰かの命を繋いでくれたりしたのだろうか」と思いをはせます。

     献血のありがたみを感じたエリマキさんですが、輸血を受けた人は献血できなくなります。「恩恵を感じた今だからこそもう一度献血に行きたかった」と残念に思うとともに、献血をしてくれた顔も名前も知らない人に「あなた方のおかげで私は今生きています」と感謝を伝えるのでした。

     献血ルームでは飲み物や食べ物が提供され、漫画やDVDが用意されているので、それを目当てにやってくる人もいるかもしれません。目的はどうであれ、献血された血液は誰かのために役立っているのですよね! 自分自身もいつ輸血のお世話になるか分からない。健康なときは献血したいと思わせてくれる漫画です。

     読者からは「献血って自分の血液の届く先が見えないからこういった漫画を読むと『本当に誰かの役に立ってるんだ...』って思える」「私も出産時の輸血により、献血ができなくなってしまいました。命を繋いでもらったことに感謝しつつ、もう献血ができないことを残念に思います」などのコメントが集まっています。

     エリマキさんはTwitterのほか、ブログInstagramで日常漫画やコミックエッセイを公開しています。

    画像提供:エリマキさん

    自分の献血も誰かの役に立っていたのだろうか


    人の命をつなぐ「献血」私たちの知らないところですごく役に立っていた。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 static.sanyonews.jp)


    今現在献血をする人が減って来ている感じはしますけど、
    これを読むと何故かしたくなってくる。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(漫画)輸血される側の本当のありがたみ、「自分の献血も誰かの役に立っていたのだろうか」】の続きを読む


    八ッ場ダム(画像引用:国土交通省 八ッ場ダム工事事務所

    台風19号による河川の氾濫が相次ぐ中、国が来春の運用開始を目指し、10月1日に貯水試験を始めたばかりの八ッ場(やんば)ダムに称賛の声があがっている。この話題はツイッターでも一時トレンド入りした。

    ■町を二分

    八ッ場ダムは、利根川の氾濫による洪水被害を防ぐとともに、首都圏の人たちの生活用水や工業用水を確保するため、1952年建設省(現在の国土交通省)が、群馬県長野原町と東吾妻町の町境に計画したダム。

    計画が発表された当初、「首都圏の人たちのために故郷が水没する」ことになるため、地元住民はダム建設に強く反対した。その後、賛成派と反対派に分かれ、町を二分するような深刻な問題となり、地元住民は大変つらい思いをすることに。

    1980年群馬県が生活再建案を、1990年には建設省群馬県が地域居住計画を提示することで、地元住民はダムの建設に向けた話し合いを始めることになった。

    関連記事:【人気急騰の3つの理由】矢木沢・奈良俣ダムの観光放流が今年も5/17に実施!

    ■構想から40年

    住民の苦渋の選択の末、1992年長野原町で、1995年には吾妻町(現東吾妻町)で「八ッ場ダム建設に係る基本協定書」が締結され、ダム建設事業が動き始めたが、このとき既にダム建設構想から、40年以上が経っていた。

    2009年9月17日、鳩山内閣の下、前原国土交通大臣は、突然八ッ場ダムの建設中止を明言。これは、地元住民の意見、関係市町村、共同事業者の1都5県の意見を聞くことなく、国が一方的に判断したものだった。

    国は、八ッ場ダムの建設中止を発表後、一切の予断を持たずに再検証を実施することを表明し、有識者の意見を十分に聞き、最終的には、その検証結果に沿って国土交通大臣が適切に判断することとした。


    ■継続決定の知らせ

    2011年12月22日、前田国土交通大臣は、国交省政務三役会議において「八ッ場ダムの建設継続」を決定したことを発表。2013年5月15日に「利根川江戸川河川整備計画」が策定され、「八ッ場ダム」が盛り込まれた。

    ダム本体建設工事については、2014年8月20日に国が清水・鉄建・IHI異工種建設工事共同企業体と請負契約を締結。

    2016年6月14日からコンクリート打設を開始し、2019年6月12日に打設完了式を開催。また、2019年10月1日には試験湛水(たんすい)が開始された。

    ■54メートル水位が上昇

    国土交通省関東地方整備局の速報によると、13日午前5時現在の水位は標高573.2メートルとなり、満水時の水位(標高583メートル)まで10メートルほどに迫った。台風によるダムの被害は確認されていない。

    周辺では11日未明から13日朝までに累計347ミリの雨が降り、山間部から流れ込んだ水でダム湖の水位は約54メートルも上昇した。水没予定地に残された鉄橋も11日時点では見えていたが、完全に水の底に沈んだ。

    ■八ッ場ダムがなかったら…

    八ッ場ダムがなかったら、群馬県が終わっていたという声もあがっている。

    「無駄な治水事業など無い」

    民主党政権のままだったら下流は今頃大洪水か」

    「これで助かった命はたくさんあるんだろうな。現場の方、大変お疲れ様でした」

    旧民主党政権が実施したパフォーマンス仕分けのようなものは、いらないものと言えるのかも知れない。

    ・合わせて読みたい→おぎやはぎ小木、カンニング竹山に不満  「なんでお前が言ってんの?」

    (文/しらべぇ編集部・おのっち

    台風19号で八ッ場ダムに称賛の嵐 「治水事業に無駄などない」との声も

    現場の作業員の方々、本当にお疲れさまでした。

    もしこのダムがなかったらヤバかったかもしれません。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    9月18日 ^ 八ッ場ダム建設中止をめぐる不思議と勘違い - 日経BP 2009年9月30日 ^ 八ッ場ダム建設事業の負担について (談話) 民主党 2009年7月16日 ^ 「場ダム 国交相、視察 長年の思い交錯」 asahi.com、2009年9月24日。 ^ 八ッ場住民側、国交相との対話をボイコット
    54キロバイト (8,881 語) - 2019年10月14日 (月) 06:44



    (出典 frank-ken.air-nifty.com)


    もしこのダムがなかったら大変な事になっていたのかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(最新)八ッ場ダム!「群馬県を守ってくれてありがとう」称賛の声。】の続きを読む

    このページのトップヘ