お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:ニュース > 心温まるお話


    「ママ、僕、来たよ!元気だった?」台湾・宜蘭県の8歳の男の子が、4年前に病気で亡くなった母親との約束を果たすために、生前の母親の写真を持ち、標高3,952mの台湾最高峰・玉山の頂上に立った。それはひとえに「天国のママにもっと近づくため」。この物語は多くのネットユーザーの涙を誘った。

    ママの物語 幼子の約束

    (鄒品為提供)

    台湾・宜蘭県の8歳の男の子、鄒澤綱は幼い頃から母親が大好きだったが、4年前、母親の張嵐綺は不幸にも重病にかかってしまった。病床の母親が語ってくれた玉山の物語は、この「台湾最高峰」への澤綱の憧れをかきたてた。彼は一緒に玉山に登ろうと熱心に言ったが、もうその時には母親はすっかりやせ細り、衰弱してしまっていた。

    母親は幼い息子をがっかりさせたくなくて、こんなお願いをした。「ママはもう足が弱って登れないから、澤綱が代わりにママの物を持って登ってちょうだい!」息子は無邪気に、また真面目に母親の言葉にうなずいた。「ママ、僕きっとやるよ!」

    (鄒品為提供)


    2017年の初め、母親はこの世を去った。幼くして母を失った澤綱の心は張り裂けんばかりだった。夢の中で優しいママにまた会いたいと心から願ったが、亡くなった翌日に一度出てきただけ。澤綱はとても悲しい思いをしていた。

    しかし、澤綱の心の中には母親との確かな約束がしまい込まれていた。「あそこがきっと、天国のママに一番近い所だ!」と彼は考えた。

    澤綱は心の中の約束を父親である鄒品為に打ち明け、一生懸命に訴えた。「ママは天国に行ったんだ!玉山はあんなに高いから、頂上まで登ったらママにもっと近づける!」子供の純真な言葉に、父親は心が砕ける思いだった。

    こうして、鄒品為は息子に約束を果たさせるために、彼を連れて妻の最後の願いであった玉山の頂上を目指すことを決めた。二人は生前の張嵐綺の最も美しく撮れている写真を携えて出発した。

    母親の願いをかなえる 父子の玉山登山

    (鄒品為提供)

    親子は2日の時間をかけて21.8kmを歩いた。その途中、澤綱は高山病にともなう体力の消耗や身体の不調を克服し・・・そしてついに、母親の遺影を背負って玉山の頂上に立ったのだった!この時、澤綱は手に遺影を捧げ持ち、愛情を込めて母親に呼びかけた。「ママ、僕、来たよ!元気だった?」これを聞いた父親は必死に涙をこらえた。

    山を下りる時になると、澤綱は歩きながら何度も振り向き、高くそびえる頂を見やった。母親が雲の中から自分を見ているのではないかと思ったのだが、一面の霧が漂っているのが見えるだけだった。彼はがっかりして言った。「ママと話したいことがまだたくさんあったのに、霧で何も見えないや・・・」だが、子供の母を思う心が天を動かしたのだろうか。この言葉が終わると霧が次第に晴れて、遠くの峰が姿を現した。澤綱は「きっと僕の声がママに聞こえたんだ!」と喜んだ。

    父親の鄒品為は、その時の感動を思い起こして語っている。この日は愛妻が世を去って591日目だった。息子に母親との約束を果たさせたことは、子供にとっては「一つの壮挙」であり、母親の愛を失った息子に「母親を近くに感じさせ、母親の愛情を取り戻したと感じさせる」ことは、一人の父親として「とても大切なことだった」と。

    大紀元日本ウェブ編集部)

    (鄒品為提供)

    よっぽどママが好きだったんだ・・・ 


    (出典 news.nicovideo.jp)

    玉山 ユーシャン、ぎょくざん、ぎょくさん 玉山 (台湾) - 台湾の山。旧称新高山 玉山県 - 中国江西省上饒市の県。 玉山県 (曖昧さ回避) - 中国各地にあった県。 玉山鎮 - 中国各地にある鎮。 玉山銀行 - 台湾の銀行。 たまやま 玉山 (宮城県) - 宮城県登米市にある山 岩手県の地名 玉山村
    894バイト (113 語) - 2017年6月24日 (土) 14:59



    (出典 upload.wikimedia.org)


    泣けてきます。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(感動)天国のママに近づくために・・・ 8歳男児が台湾の玉山に登山!】の続きを読む


    【動画はこちら】

    2019年9月8日、9日に東日本を襲った台風15号自衛隊の入浴支援の最終日。3歳の少年と自衛隊員の対応が話題になっています。

    自衛隊員に敬礼するのは3歳の少年。すると、自衛隊員も敬礼で返してくれました。

    動画には「小さな子どもにも自衛隊員の方々の頑張りが伝わったんでしょうね」「心暖まる」「泣ける」などのコメントが寄せられています。

    【動画はこちら】

    【台風15号】自衛隊の入浴支援の最終日。3歳の少年と自衛隊員の対応が「心暖まる」「泣ける」と話題に!「小さな子供にも隊員の方々の頑張りが伝わったんでしょう」」


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.sejp.net)


    みんなの頑張りが伝わってきますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【台風15号被災地(千葉)!人と人をつなぐ温かい対応、「自衛隊」に感謝。】の続きを読む


    「素晴らしい心遣い」千葉のソープラント。
    被災者にお風呂の無料提供!

    災害時に、助け合えるのは本当に心温まります。

    NO.7787587 2019/09/13 17:27
    千葉のソープ 台風被災者に風呂無料開放 利用者「さっぱりした」
    千葉のソープ 台風被災者に風呂無料開放 利用者「さっぱりした」
    台風15号による被害で、千葉県内ではなお20万軒近くが停電し、断水も続いている。そんななか、千葉市・栄町のあるソープランドが、被災者へのお風呂の無料提供を始めた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

    「素晴らしい心遣い」

    《台風被災の方に限り無料でお風呂を開放します 営業時間内に限りますが、お風呂無料開放致します。お風呂&電気ご自由にお使い下さい。どなた様でもお気軽にご利用下さい。少しでもお力になれたらと思いますm(__)m》

    ソープ店は9月11日夕方、「#がんばろう千葉」などのハッシュタグをつけてTwitterにこう投稿した。

    ツイートは4500回以上リツイートされ、「一度も行ったことないけど、すっごく素敵だと思います」「素晴らしい心遣い」「一般の利用者との鉢合わせとか大丈夫かな?」など、多数のリプライが寄せられている。



    【日時】2019年09月13日 11:46
    【ソース】buzzfeed  
    【関連掲示板】


    【「素晴らしい心遣い」千葉のソープラント。被災者にお風呂の無料提供!】の続きを読む


    デザイナーイラストレーターとして活躍する、しばたま(shibatamaa)さんが、フォロワーから寄せられた体験談をInstagramで紹介。

    回転寿司店での『ほっこりする話』に、多くの人が心揺さぶられています。

    1人で回転寿司店に来たおじいさん

    カップルが久々に回転寿司店に行った時のこと。

    隣の席には、タッチパネルで注文するタイプ回転寿司店が初めてで、戸惑っているおじいさんが座っていました。

    気付いたカップルが声をかけると…。

    おじいさんは、「また一緒にお寿司を食べよう」という約束を果たすため、亡き妻の指輪を持って回転寿司店に来ていました。

    始めはさびしさを感じていたおじいさんですが、心優しい隣のカップルに助けられ、妻との思い出がよみがえたようです。

    温かな出会いに感謝しつつ、おじいさんは去っていったのでした。

    漫画には、「素敵な話で泣いた。いいご夫婦だったのでしょうね」「おじいさんがさびしくないよう、このカップルと引き合わせてあげたのかな」などのコメントが寄せられています。

    きっと、おばあさんは愛情深いおじいさんのことを、いつまでも見守っていることでしょう。

    素敵な夫婦の姿に、胸がキュンとなりますね!

    しばたまさんの作品はこちらから

    しばたまさんInstagramには、ほかにもフォロワーから寄せられた『感動する話』や『ほっこりする話』などが公開されています。

    ぜひ、そちらもご覧ください。

    Instagramshibatamaa


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    shibatamaa

    本当に心が温まり、泣けてくるお話です。今後もお年寄りには親切にしていきたいです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.j-cast.com)


    なるほど心温まりますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(漫画)「ううむ・・・これは分からん!」おじいさんにお寿司屋さんの「タッチパネル」の仕方を教えてたら?】の続きを読む


    スーパーボランティア「尾畠春夫」さん、
    いち早く現場に駆け付け活動開始。

    こういった人がたくさん出てくるといいのに。

    NO.7740483 2019/08/29 15:56
    豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」
    豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」
    大雨に見舞われた佐賀県武雄市には、昨年山口県で行方不明の男児を発見し「スーパーボランティア」と注目を集めた尾畠春夫さん(79)も駆けつけた。

    29日午前は、家具の片付けや泥の吐き出しなどのボランティア活動に取り組んだ。

     尾畠さんは28日夕、九州北部が豪雨に見舞われていることをニュースで知り、「なんとかせにゃならん」と大分県日出町の自宅から車で駆けつけた。

    6日分の食料と水を持ってきており、しばらくは武雄市内でボランティア活動をするという。

     尾畠さんは「こういう(被災した)所では、みんなが下を向いちゃうから明るくいかないとね」と話した。



    【日時】2019年08月29日 13:00
    【ソース】朝日新聞
    【関連掲示板】


    【スーパーボランティア「尾畠春夫」さん、いち早く現場に駆け付け活動開始。】の続きを読む

    このページのトップヘ