お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:雑学 > 恋愛


    何度も断っているのに、告白やデートの誘いをしてくる男性いますよね?

    もしかしたら、悩みの種となっている方もいるかもしれません。

    本当に嫌だったら、パシッと伝えるべき。それが相手に対する優しさでもあります。

    では、「何回も告白してくる男への上手な断り方」とは?

    一切返事をしない

    「友だちの紹介で会った男性がいて。連絡がしょっちゅう来るようになり、どうしようか悩んでいたんです。それを、友だちに相談したら、『無視していいよ』と言ってくれて。一切返事を返すのをやめたら、自然とおさまりました」(27歳/通信)

    友だちの紹介なんかだと、ないがしろにはしづらいところがあります。

    でも、なまじ優しく対応すると、相手も可能性を感じてしまいます。ここは一切無視。ときには厳しい対応も必要です。

    「好きな人がいるから」と

    「以前、すごくアプローチしてくれる男性がいました。悪い人ではないのですが、そのとき私には好きな人がいたのでそのことを正直に伝えることに。するとその人は『応援する』と身を引いてくれました」(30歳/アパレル)

    告白してくる男性が、とてもいい人の場合もあります。そういう人は、正直に気持ちを伝えれば理解してくれるはず。

    それどころかこのように、「応援する」とまで言ってくれる場合も。

    アプローチの仕方から、誠実なのかそうでない人なのか、判断しておきたいところです。

    友だちを通して伝えてもらう

    飲み会で知り合った男性に、よくお誘いを受けていました。でも、正直私はタイプじゃなかった。それとなく伝えるんだけど、諦めてくれなくて……。しかたないので、その飲み会の幹事の人に伝えてもらいました」(26歳/医療)

    誰かを好きになり、気分が盛り上がってしまうと、周りが見えなくなってしまうタイプの人もいます。

    そういう人に対して何か言うと、逆に火を点けてしまう場合も。

    いったん冷静になってもらうには、第3者に入ってもらう必要があるでしょう。

    SNSそれとなく公表

    「すごくしつこい男性がいました。いくら断ってもプレゼントとか贈られてきて、かなりウザかったんです。あるとき化粧品をもらったんだけど、SNSに『要らないので欲しい人います?』と載せたら連絡が来なくなりました」(26歳/美容)

    SNSは多くの人の目に触れるものです。そんなところに公表されれば、好意がないことは分かってもらえるでしょう。

    ただ、晒し者にされたような気分にさせてしまうかもしれません。恨みは買わないようにしたいですね。

    おわりに

    何度も告白してきたり、誘ってきたりするガッツは認めたいところですが、脈もないのにやり取りを続けるのは良くありません。

    ここは気持ち良くスパッと切って、次に送り出してあげてください。

    (大木アンヌ/ライター

    (愛カツ編集部)

    リサイクルイラスト642

    後々嫌な関係にならない為にも、嫌なら「嫌と」しっかり相手に伝えよう。

    このようにしっかりと対処する事は辛いかもしれませんが、相手にとっては傷つきにくいのかもしれません。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 prtimes.jp)


    時にはストレートに言う事も大事なのかもしれません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【断る勇気も大事!!相手の誘いを断る時に知っておきたい事をまとめました。】の続きを読む


    職場や学校において、またイベント飲み会など、男性を接している中で「この男ないわ~」「悪趣味だな~」と感じることってありますよね。
    このたびハウコレが女子の本音に迫ったアンケート「Q:この男、趣味悪いな~~と思うことある?」ではなんと、84%もの女子が「ある」と回答しました。
    こんな男とは関わらないよう気をつけるべく是非とも参考にしてくださいね


    ●悪口を言う男

    ・「努力してる人の悪口を言ってる時」(18歳/女性/大学生)・「人の失敗に爆笑する時」(22歳/女性/大学生)・「会社のお局様と仲良くして若い子の悪口言ってるのを見たとき。趣味悪いな~と思います」(26歳/女性/金属・鉄鋼)・「人の悪い噂を聞いて楽しそうにしている時。趣味悪!って思います」(16歳/女性/高校生
    よく女同士でやりがちなこととして「いない人の悪口を言う」が挙げられますが、今回「人の悪口をいう男たち」も多く存在するよう。
    人は“自分の側にいない人間”“自分と同じことをしない人間”に対し「あいつ変わってる」「あいつはおかしい」と批判します。自分とは違う人間、特に「自分がしないことをやっている人」をやっかむのです。
    人の悪口を言う男性というのは向上心がありません。努力するより言い訳することが好きなので自分ができないことをなんでも「◯◯のせい」と責任転嫁します。関わるとロクなことがありませんよ。


    ●「その自慢」は悪趣味~~

    ・「悪自慢をドヤ顔で当然のようにして来る男。そんなの自慢されても……"カッコイイ"とか微塵も思わない『やったことないの?』と言われてもw」(19歳/女性/フリーター)・「元カノコレクション的な事をしてた。プリとか残してて「俺の元カノ可愛くね?」ってどんな趣味だよ」(17歳/女性/高校生
    「昔オレ、相当のワルだったんだせ~」「札付きの不良で有名だったんだよ」などと飲み会の席でイキイキと自らの元ヤンエピソードを語り出されて困ったことのある女子は多いもの。
    やんちゃぶりや武勇伝を自慢したがるの男性は自分の強さを誇示したいから……。「弱い犬ほどよく吠える」とはよく言ったもので、あえて自らアピールするのは、本当は「たいしたことない」からこそ。
    「昔、オレ悪さしてたんだ」のヤンキー伝説は「過去の栄光にすがりたい男のプライド」と聞き流して上げましょう。
    それより、元カノ自慢はかなりの悪趣味……。そんな男の元カノコレクションに入ってしまわないように気をつけましょう。


    ●女の趣味が最悪

    ・「彼女の事逐一教えてくるのいいけどあんたが見てるの外見、猫かぶってるとこだけじゃんっ。中身見ろよちゃんと。ほんと趣味悪すぎ」(18歳/女性/医療・福祉)・「マナーがない彼女を連れているとき」(21歳/女性/大学生)・「何かあったらすぐ泣く女に無駄にデレるやつ。ただただめんどくさいだけだから笑(21歳/女性/ホテル・旅行)・「男性に対していくらオタクでも、変わった趣味でも受け入れられる方なのですが、本当にキツイのは女性の趣味。同性の自分から見て、性格が最悪だと感じる女性と交際している男性は、心底趣味が悪いと感じます。口に出したりはしません」(26歳/女性/主婦)
    女だからこそ分かってしまうのが「女選びの趣味の悪さ」
    女の腹黒さや本性をお見通しだからこそ、そこをつつきたくなるのです。
    カワイイ笑顔や猫っかぶりの仕草にコロッと騙されてしまう男性に「男って、ホントなにも分かってないよね」「浅はかだな」と幻滅してしまうのです。
    しかし、男はどうしても見た目重視。視覚がものをいいます!「男は目で恋をし、女は耳で恋をする」からです。男は“目で見た情報”の方を信じてしまうのです。
    男性はなかなか“性悪女を見抜くことはできないのです。


    【最後に……神崎桃子から愛のメッセージ

    誰かに対して「……この人って、悪趣味だな」と、感じてしまうことは日常生活のさまざまな場面で起こり得るでしょう。

    人はどうしても“自分のことは棚に上げて”しまい、他人には厳しく自分には甘くなってしまうことが常です。……だからこそ、そう感じた時こそ自分自身も振り返ってみましょう。
    自分が相手に対して不快感を抱いたり、誰かに失望した時には自問自答してみましょう。
    あれ?私もこんなふうに人の悪口言ってないかな?」「私ったら、こないだの仕事のミス、言い訳してたかも」「あ、私もうっかりモテ自慢しちゃってた?」「私も誰かをガッカリさせてないかな……」
    そう、人に対してイヤな感覚をうけた時こそ、“自分の襟を正すとき”なのです。(神崎桃子/ライター
    (ハウコレ編集部)

    気をつけよう!「なんかこの男、悪趣味だな~...」と女子がガッカリする瞬間


    男女脳のつくりに違いがあるとは思いますけど、やはり悪口を言う人とは関わりたくないものです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.photolibrary.jp)


    やはり人の悪口を言うのは男女とも避けられやすいですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【飲み会やイベントで「この男ありえんわー」と思われないように気をつけるべき事。】の続きを読む


    自粛ムードでデートもできない。うまく行きかけた恋愛も、自然消滅か……。

    そんなふうに、焦っている人もいるかもしれません。ただしこれは、誰もが経験したことのない事態です。

    「一時停止になった恋愛」のこと、気になるあの彼は、どう考えているの?

    今「会おう」って言う人はヤバい

    会いたいと思ってくれるのはうれしいけど、今会いたがる子はちょっと常識がないというか、ヤバいよね。『ちょっとだけなら良くない?』『外ならいいんじゃない?』とか、しつこく食い下がられるのはちょっと……。
    『嫌いだから会いたくない』って言ってるんじゃないんだし、自分のことしか考えないの?って感じだよね」(25歳・男性)

    人との接触を減らすことが大切なこの時期、会いたい人に会えないのは皆同じ。

    そんな時「自分たちだけは平気」「顔だけでも見たい」など、情に訴えるような態度は今はNGです。

    「外でなら」「短時間なら」「お互いの家なら」など、アイデアとして提案したつもりでも、彼には「自分のことしか考えられないヤバい子」と思われてしまうかも。

    普通に連絡すればいいのに

    「僕にも、何度かデートして仲良くなりかけだったのに、会えなくなっちゃった子がいます。でも、外出自粛だし、飲み会デートも無理だけど、それはみんなも努力していることだよね。その子とだけ疎遠にしてるわけじゃないんだし、たまにお互い連絡すればいいと思ってますよ」(23歳・男性)

    男性が自分の意志で「会わないようにしよう」と思っているわけではないのなら、今は会えないことを“音信不通”と捉える必要はないはず。

    外出自粛をまじめにとらえている男性なら、ほかの女子とはこっそりデートしてる……なんてこともありません。

    ゆるくつながって会える日を待ちましょう。会えないからアポ取りの必要もなくなり、必然的にLINEが減ることもありますが、オンラインの連絡まで控えると、本当に疎遠になってしまうかも?

    恋愛以外にもすることあるよね?

    「こういう時に、会えないことをギャーギャー言うような彼女はちょっと……。人に会えない間、勉強や仕事を頑張るみたいな気持ちのある人のほうが尊敬できる」(28歳・男性)

    気持ちの切り替えの早い男性は「会えないものは会えない」と、在宅モードに気分を切り替えているのかも。

    彼女とはいえ、女子が「なんで会えないの」「つまんない」などのネガティブ発言ばかりだと「言われてもどうにもできないのに」と、さめた目で相手を見ることもあるでしょう。

    会えない時期は「自分を磨く時間」と思って過ごすことで、次に会える時に見直されるかもしれません。

    ヒマだし連絡来たら嬉しいよ

    「そりゃ、デートはできないけど、忙しいわけじゃないし……。
    女子から連絡があったたらうれしいよ。いつもより返事が早くなるかも(笑)」(26歳・男性)

    ヒマで人恋しいのはみんな一緒。誰かから連絡がくると気分が上がる!という人は、男女問わずいるはず。

    気になる男性に連絡してみると、喜ばれるかもしれません。こういう時こそ女子に日記LINEの出番では?

    会えないものは会えない

    自分の気分でどうにかできることでもないのに、会えないことを過剰に寂しがられるとうんざりする。

    そんな男性が多い印象です。会えないものは会えないけど、「会いたくない」とは違います

    新しいコミュニケーションの取り方を考えてみてはいかがでしょうか。

    (中野亜希/ライター

    (愛カツ編集部)


    こういった時だからこそお互いに試される時だと思います。

    お互いに理解し、すぐにフラれないようにしていきたいですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    やはり男女問わず、常識がある子が良いですね。


    <このニュースへのネットの反応>

    【(恋愛)外出自粛で彼に会えない!!こういった時に避けるべき行動とは?】の続きを読む


    好きな人ができれば、「付き合いたい」と思うのは当然のことである。しかし手に入れたときよりも、その前のもどかしい関係がなによりも楽しいと考える人もいるようだ。

    画像をもっと見る

    ■「もどかしい関係が楽しい」2割程度

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「恋愛について」の調査を実施した。

    もどかしい関係が一番楽しいと思うグラフ

    「もどかしい関係が一番楽しいと思う」と答えた人は、全体で23.1%だった。

    関連記事:悪事を働いたことがある? 若い頃には女性関係が派手だった男性も

    ■手に入るとトキメキが

    性年代別で見ると、男女ともに年代が低くなるほど割合が高くなっている。

    もどかしい関係が一番楽しいと思う性年代別グラフ

    手に入ると、トキメキがなくなると考える人も。

    「付き合う前にデートに行ったり連絡したりしているような、微妙な関係が一番ドキドキするときだと思う。『自分のものになった』って安心感は、トキメキを薄める気がする」(20代・女性)

    付き合うまでの駆け引きが、楽しいと思っている男性もいる。

    「好きだから一緒にいたい気持ちでいろいろとがんばるのだけれど、その一方で駆け引きの過程を楽しんでいる自分もいる。付き合うと駆け引きは、あまり必要ないから」(20代・男性)


    ■もどかしいままフラれて

    もどかしい関係が続いていたのに、うまくいかなかった人もいるようだ。

    「二人でいろんなところに遊びに行ってくれたので、絶対にいけると思っていた相手にフラれたことがある。相手は友達として、ただ付き合ってくれていたみたいで…。

    あちらからすればもどかしい関係とも言いがたいのだろうけれど、あのときが一番楽しかったことはたしか。今は二人の間に、気まずい雰囲気が流れている」(20代・女性)

    ■パートナーは家族へ

    結婚すれば、パートナーも家族になる。

    「結婚して子供もできて、とても幸せな日々を送っている。ただ、もはや夫も家族なので、恋人時代のときめきがなくなってしまっているのも事実。

    そのために付き合う前が一番楽しいという考えは、すごく納得ができる。ただいつまでも続かない関係だからこそ、自分の中で美化されている気もする」(30代・女性)

    もどかしい仲から一緒になれた二人は、新しい関係を構築していくのだろう。

    ・合わせて読みたい→消極的な性格なので… 好きな人ができてもアプローチしない理由とは

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
    対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

    2割は「もどかしい関係が一番楽しい」 手に入るとトキメキなくなる人も

    「トキメキ」もとても刺激になっていいとは思いますけど、最後の「結婚」というゴールまで行ってもらいたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.machicom.jp)


    これだけで終わってしまってメインの結婚に行きつかない可能性もある。

    <このニュースへのネットの反応>

    【付き合い時の「トキメキ」を長引かせたい!「微妙な関係が楽しい」がなんと2割に。】の続きを読む


    ―[結婚につながる恋のはじめ方]―


     みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

     今回は婚活がスムーズに進まない男性が陥りがちな言動についてお伝えしていきます。

    「結婚したい」という欲求は本能だと私は感じています。「誰かに認められたい」「誰かと一緒にいたい」といった感情を結婚という契約をすることで満たすからです。

     時には大きな喧嘩をしようとも、不安なことがあった際には自分のことのように考えてくれるパートナーがいるという安心感を得ることができます。

     そして、自分の承認欲求が満たされるだけではなく、自己重要感や誰かの幸せに貢献しているという点においても、結婚は人生を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

    ◆「理解してもらえるか不安」で悩みを伝えらない

    「人の不幸感の9割以上は身近な人との不満足な人間関係からくる」とは、精神科医で選択理論心理学の専門家であるウィリアム・グラッサー博士の言葉です。グラッサー博士の考え方を私は恋愛コンサルのベースとしています。

     しかし、そんな人間関係の悩みが重要だからこそ、傷つかないように、嫌われないように、人は人と関わることを恐れたり、避けたりしてしまいます。

     結婚したいと思った際、「自分の過去を言ったら嫌われてしまうんじゃないか」と不安になる人は少なくありません。

     大なり小なり人は何かを抱え生きています。実は私も彼氏ができたとき、いつも付き合ってしばらくは言えなかったことがいくつかありました。たとえば、「会社員経験がない」ということ。「価値観が普通ではないと思われるんじゃないか」「常識知らずだと思われるんじゃないか」と不安になっていた時期もありました。

     実際、そのことを理由に振られたこともありました。「早織は常識がない」「普通の人が気づくことに気がつけない」「せっかちで疲れる」「金銭感覚が変」……そんなことを言われ続けるたび、「普通ってなんだろう」「自分では普通だと思っていたのにこれは普通じゃないのか」と悩んでいたのです。

     一年ほど前のこと、私のコンサルを受けにきてくれたケンイチさん(仮名・32歳)と初めてお会いした際、「とてもイケメンで素直な男性だな」と感じました。しかし、ケンイチさんとお話を進めていくにつれて、だんだんと「話が噛み合わない、言いたいことが伝わっていないな」という感覚を私自身が持ったのを覚えています。

     年間1000名近くの人の恋愛や結婚の相談を乗っているはずの自分が「まったく話が合わないなんてどういうことだろう?」と当時は悩みました。

    「私の伝え方が悪いのか?」「わかりにくい専門用語が多いのか?」……私もコミュニケーションを試行錯誤した結果、ケンイチさんのほうから「自分はADHDなんです」という告白をしてくれました。それを聞いたとき、伝えてくれた勇気に感謝するとともに、これまでのことが納得でき、私が感じていた不安がすっと消えました。4つの結婚相談所に登録し、とにかく結婚がしたいと願っていたケンイチさんへのコンサルはそこから本格的にスタートしていきました。

    ◆婚活がうまくいかない原因は…

     婚活や恋愛において、「恋愛均等法」という考え方があります。自分自身が背負っているものや結婚市場での自分の「市場価値」を検討し、その価値が同等の人だとご縁につながりやすいというものです。

     婚活は「自分が思っている『市場価値』」と「客観的に測られた本当の『市場価値』」がイコールに隔たりがない人ほど婚活は早く終わります。つまり速やかに結婚できるということです。

     いくら『市場価値』が高くても、その程度をきちんと自分で把握できていないとスムーズにいきません。つまり、ケンイチさんのように背負っているものがある方でも、そうじゃない方でも、実は婚活の困難さは同じであるとも言えるわけです。

     結婚までスムーズに至るには一つひとつの出会いをどう大切にし、質を上げていくかが重要になってきます。「数打てば当たるだろう」というスタンスは、実はとても効率が悪く、婚活にかける時間は長くなってしまいます。数も大事ですが、それ以上に大切なのは「自分の現在地」を知ることです。

     私はケンイチさんにまず思い描いている理想を聞きました。そして、その理想を踏まえて、今はどのような場所で出会い、どっちから好きになり、告白はどのようにして、恋愛はどんなふうに進んで、結果的に別れるのかなどを細かくヒアリングしました。

    ◆人はいつも自分を棚に上げてしまいがち

     人は習慣の生き物です。習慣化された行動や思考は恋愛でもでてきます。そして、その習慣こそ、今の現実を作っているわけです。

     ケンイチさんはとても紳士的ではありましたが、同時に恋多き男性でした。あの人もこの人もっとたくさんの人に好意を持ってしまう。だからこそ気持ちが伝わらなかったり、現在の自分のよりも「市場価値」がはるかに高い女性に求めてしまっていたりしました。

    「美人がいい」「料理上手がいい」「笑顔が素敵な人がいい」「仕事は続けてほしい」「自分のことを理解してほしい」「夜ご飯は一緒に食べたい」……といった理想を持っていました。

     しかし、相手に求めるだけで自分は何ひとつ変わらないのでは進展はしません。「恋愛均等法」から考えると当然バランスが取れなくなり、相手はケンイチさんを魅力的だと思うはずがないのです。

     そこからじっくりと時間をかけてケンイチさんの習慣を変化していくお手伝いしました。そうして、自分と向き合い続けた結果、ケンイチさんは現在、彼女と結婚に向けて準備を進めています。

     人は自分の背負っているものに対してネガティブに考えたり、直視しないようにしたりしているにもかかわらず、相手に対しては多くを望んでしまいます。「自分を棚に上げて……」とよく言いますが、まさしくそのような状態になってしまう方はとても多いのです。

     なかには「市場価値」に大きな差がある男女が結婚まで至るケースも稀にあります。ただし、そうして結婚まではこぎつけたとしても、それを継続していくのはさらに困難であり、結果的に数年も持たずに離婚にしてしまうことも珍しくありません。

     早期に結婚したい方はぜひ「恋愛均等法」を意識して、本当に自分自身が結婚をしていくうえで安らげる家庭をつくっていきましょう。

    【山本早織】
    1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。メルマガ「結婚につながる恋のコンサルタント山本早織があなたの恋のお悩み解決し、最高の結婚生活の作り方も教えます」が配信中。公式ホームページ結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織

    ―[結婚につながる恋のはじめ方]―


    ※写真はイメージです

    せっかくの新婚生活とても残念ですね。今すぐ「コロナ離婚」にならないように中分に注意しておきたい所ですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 myfavoritepart.net)


    新婚さんならなおさら辛いと思いますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【せっかくの新婚生活がコロナでメチャクチャ!!さらにハワイの挙式も延期へ。】の続きを読む

    このページのトップヘ