お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:雑学 > 天体


    9月12日は「宇宙の日」。宇宙開発の国際協力と地球環境問題の認知普及を目的に国連により制定された国際宇宙年の1992年、日本でも独自の「宇宙の日」の制定の機運が上がり、1993年に正式に制定されました。9月12日になったのは、まさに1992年のその年に、毛利衛氏が日本人宇宙飛行士として初めて宇宙空間へ飛び立った日だったため(日本人初の宇宙飛行経験者は、旧ソ連ソユーズTM-11による1990年TBS記者の秋山豊寛氏)。毛利氏が搭乗したスペースシャトルはそのミッションを終えていますが、宇宙に関する研究は日々刻々と進化し、新たな事実が次々と解明されています。けれどもまだまだ謎が多く、わからないことだらけです。

    ※イメージ

    イメージ


    古くて新しい「宇宙」という概念

    「宇宙」という言葉(熟語)は、遅くとも春秋時代(BC8世紀~BC3世紀)には中国で使われるようになりました。道教の祖・荘子(BC369~BC286年頃)は天空も含めた世界全体を指す言葉として宇宙を使用しているばかりか、平行宇宙、つまりフィクションでたびたび登場するパラレルワールドの概念らしきものすら叙述しています。
    そして「淮南子(えなんじ BC179年頃~BC122)」の「巻十一/斉俗訓」では、道(タオ)のありかについて説明する箇所で、
    往古來今謂之宙、四方上下謂之宇。
    と記し、四方上下、つまりこの世界の空間全てを「宇」、往古來今、つまり過去と未来と今、時間全てを「宙」であるとし、「宇宙」とは時空間の意味であるとしています。
    東洋では紀元前すでに、アインシュタインが扉を開いた現代物理学の原理、相対性理論での時空原理「ミンコフスキー時空」と通じる概念を作り上げていたことは驚くべきことです。
    日本では漢籍由来の「宇宙」という言葉は、「天下国家」つまり「邦域」を、少しかっこつけて叙述するときに使われていました。そしてむしろ、サンスクリット語由来の仏教用語としての「世界」が、「実在が生起し輪廻するこの世」という、どちらかというと今で言う宇宙に近い、大きな意味で使われていました(後に世界は「世間」「業界」「界隈」的な意味へと徐々に変わってゆきます。)。仏教の説法などで一般庶民にもよく使われてきた「世界」という言葉に対し、難しい漢籍を読み下せる者でなければ知らない「宇宙」は、あまり使用されることのない言葉でした。
    明治維新を迎え、西洋の科学文明が広く取り入れられるようになると、当時の英中辞典で「universe」の訳語に「宇宙」があてられたことを受けて、日本でも現代の意味での「宇宙」が普及するようになりました。同じく宇宙を意味するギリシャ語のκόσμος由来の「cosmos」も宇宙の意味として英和辞典に載るようになります。
    でも、ユニバースというと今ではたとえばミス・ユニバースとかユニバーシアード、総合大学の意味universityなど大学関連の言葉と言う印象のほうが強いのではないでしょうか。コスモスも、秋の花の名前や「コスモポリタン(世界市民)」のような言葉の印象が強く、あまり宇宙を表す英語としては今では使われない傾向があります。
    それに代わって現代ではspaceもしくはouter spaceのほうが「宇宙」の意味での使用例が多いでしょう。「空間」を意味するスペースが宇宙という意味として盛んに使われるようになったのは、第二次大戦以降のこと。人類が地上での紛争に飽き足らず、上空、つまり何もない空間=spaceロケットを発射し、「宇宙空間」の覇権を競いだしたことが理由です。
    JAXA宇宙航空研究開発機構)では、厳密な規定はないものの、universeとは広大な宇宙全体を指す用語、対してspaceは地球から人類が関与できる成層圏外の宇宙空間、月や太陽系などの近距離宇宙(といってもとてつもなく広大ですが)のこと、という便宜上の使い分けをしているようです。

    ※イメージ

    イメージ


    SFのように火星や木星に宇宙旅行できないのはなぜ?

    20世紀に盛んになった文学ジャンルにSF(science fiction)がありますが、それらのSF小説で描かれる21世紀初頭―つまり今現在の時代についての想像では、たとえば1968年に公開された「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)」で、人類は月に移住し、木星への有人飛行にも着手出発しています。しかし現実では、今年2019年の時点でも、人類は木星はおろかアポロ計画終了以降、月にすら行ってはいません。近年しばしば火星への有人飛行の可能性が噂されますが、実現はまだまだ先のようです。「どうして?月にも行けるんだから火星にも行けるんじゃない?」と思ってしまいがちですが、月と火星では地球からの距離が桁違いなのです。もっとも地球に近い天体である月と地球の距離は約38万kmですが、地球の隣の惑星、地球から三番目に近い天体の火星の距離は、もっとも接近したときでも7000万km、離れているときには2億km以上あります。月の何百倍も距離があるため、現在の人類の宇宙探査機の飛行機能では、片道2年もかかる長旅になってしまいます。燃料や食料、搭乗者の心身の健康など、さまざまな問題がクリアされなければなりません。アメリカトランプ大統領は、NASAが目指す2024年の再びの月への有人探査を中止してでも、なるべく近いうちに火星を目指すべきだと主張していますが、果してどうなることでしょうか。

    ※イメージ

    イメージ


    「宇宙の果てはどうなってる?」この問いのもどかしさの理由とは

    小学生に宇宙についての質問を募ると、
    宇宙人はいる?」
    ブラックホールの中に入るとどうなるの?」
    「宇宙の果てってどうなってるの?」
    の三つが飛びぬけて頻出するんだとか。
    私たち大人もぶっちゃければ同じでしょう。特に「宇宙の果てはどうなってるの?宇宙の外側ってあるの?外側はどうなってるの?」という問いは、あまりに壮大で想像もつかず、悩ましいものです。子供の頃、寝床で「宇宙の果て」について考えていて、奈落に落ちていくような恐ろしさに襲われ、急に心細くなったなんて想い出が、きっと誰にもあるかと思います。
    「銀河」(星雲)という星の集団が、銀河系の外にも無数にあることを発見したエドウィン・P・ハッブル(1889~1953)が1929年、星の光のスペクトルの赤方偏移を観測、宇宙が膨張していること、地球から距離がある銀河ほど遠ざかる速度が速いことを見出しました。そうすると、この宇宙では光よりも速い物質は存在しない、ということになっていますから、遠方宇宙の遠ざかる速度が光の速度(近似値秒速30万km/秒)と等しくなったとき、地球の観測者からはその地点から遠方はもはや見えなくなります(観測の限界曲面)。光が届く(こちらに向かってくる)のと遠ざかる速度が等しければ、永遠にその光は観測者まで届かないからです。これが宇宙の地平線で、地球から見たときの「宇宙の果て」といえます。けれども、もしこの地球から見た宇宙の地平の場所にある星に知的生命がいて、その宇宙人が外宇宙を観測しているとすると、その観測者にとっての宇宙の地平線はまたその彼方にあることになり、永遠の逃げ水のように地平線は次々と現れます。ですから結局のところ「果てはない」「無限である」としか言い得ないのです。まさに「答えのない答え」そのものですよね。
    実在とは、内と外、自と他が分かたれることによりはじめて現出するものですから、必然的に実在は有限なものです。実在する存在である人間の想像力が有限性に縛られてしまうのもまたそれゆえに必然であり、「無限」なるものを人間が把握してイメージするのは不可能だといえます。もしかしたら宇宙の地平線の向こうとは、精神と物質、自己と他者、生と死、全ての分かたれたもの=有限なものが合一し、無限へと帰る場なのかもしれません。
    日本宇宙フォーラム 「宇宙の日」記念行事

    ※イメージ

    イメージ

    9月12日は「宇宙の日」。宇宙の果てについて考えたことはありますか?

    今日はお月さまもとてもきれい、たまには外を見て星々の事を考えてみよう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 kazubuzz.com)


    空を眺めるとお月さんが奇麗だ。さてこの広大な宇宙、そして果てはあるのだろうか?

    <このニュースへのネットの反応>

    【「9月12日」今日は宇宙の日!果てしない宇宙。そして果てはあるのだろうか?】の続きを読む


    Credit:NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute

    Point

    2017年に土星探査機カッシーニは土星への突入して20年に及ぶ調査を終了した

    ■この最終送信データから、土星の内部を渦巻くジェット気流が、約8500kmの深さで停止していることをが明らかとなった

    ■土星を包むガスは、深部ではその圧力から液体となっており、それは磁場の影響で蜂蜜のような粘性を持っていると考えられる

    土星探査機カッシーニはその調査活動の最後に、土星への突入を実行し、土星内部の詳細な重力測定データを送信してその人生を終えました。

    そしてそのデータは、今まで謎に包まれていた厚い土星の雲の下が、どのようになっているかを垣間見せてくれたのです。

    このデータの解析結果によると、土星深部では高い圧力によりガスが液化しており、磁場の影響で蜂蜜のような粘性の流体になっているというのです。

    この研究は、オーストラリア国立大学と米ローレンス・リバモア国立研究所の研究者による国際研究チームにより発表され、アメリカ物理学会が発行する「Physical Review Fluids」に8月27日付で掲載されています。

    謎の多い巨大ガス惑星の内部

    土星や木星は、巨大ガス惑星に分類され、コアは溶けた岩石に包まれた重元素で、主な惑星の構成要素は流動的に渦巻く水素とヘリウムとなっており、地球などとは異なって固体表面は持っていません

    コアの重元素は非常に高温高圧の状況下にあるため、どの様な状態になっているかは現状ほとんどわかっていません。

    そのため、巨大ガス惑星の内部は、ずっと謎に包まれているのです。

    土星探査機カッシーニは1997年打ち上げ後、7年掛けて土星へたどり着き、実に13年もの間、土星調査を続けてきました。そして燃料も使い果たし、その役目を終えるとき、土星への突入を敢行し、謎に包まれた土星内部の情報を地球へ送信したのです。

    このデータを解析した結果、土星の内部では8500キロメートルの深部まで激しいジェット気流が渦巻いていましたが、それよりさらなる深部では唐突に風が停止していました

    これまで、その理由がなぜなのか、誰にも分からなかったのですが、今回発表された研究では、その答えが提供できる土星モデルを構築しています。

    土星深部では非常に圧力の高い場所があり、そこでは惑星を包むガスが液化してます。この液化ガスは、高い電導性を持っているため、惑星の磁場の影響を強く受け高い粘性を持つ状態になっているというのです。

    それは、まるで蜂蜜のような状態だといいます。

    この粘性が、取り巻くガスによるジェット気流を、これ以上深い場所へ到達させない原因であると考えられるのです。

    ガスが磁場により蜂蜜のような状態とは、これまた想像を絶する状況です。

    こうした、土星内部の様子は現状予測の段階であり、より精密な理論テストをするために、研究者たちは研究を進めていくと話しています。

    こうした、謎の多い巨大ガス惑星の構造が、少しずつ明らかになっていくことで、まだまだわからないことの多い太陽系の惑星たちの調査についても、より理解が進むだろうと、期待されています。

    何億光年も離れた天体も研究対象となる現在、割と身近な太陽系の惑星については、大体判明しているんだろうと勝手に想像してしまいますが、案外近くの惑星のことがまったくわかっていなかったりするのです。

    なにせ、月に有人探査を行うことさえ多くの困難がつきまとう状況なのです。

    宇宙の本格的な調査はまだまだ始まったばかりなのでしょう。

    土星の環があと1億年足らずで消失することが判明! 原因は「環の雨」


    reference:sciencealert,ANU/ written by KAIN
    謎に包まれた土星の内部、実は蜂蜜みたいだった!?

    これから技術が進み、土星の内部がどうなっているのか分かる日が来るの
    もそう遠くはない


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 weblio.hs.llnwd.net)


    外惑星で「土星」が一番好きです。奇麗だし。

    <このニュースへのネットの反応>

    【とてもきれいな外惑星「土星」実はその内部は意外なものだった。土星の環も消滅する?】の続きを読む


    Credit:depositphotos

    Point

    ■地球から12光年先にある「GJ 1061」という恒星の周囲に、地球サイズ系外惑星が3つ発見される

    ■そのうち一つは、水が液体状で存在可能な範囲(ハビタブルゾーン)に属していることが判明

    ■その惑星の公転距離は地球-太陽間よりも近いが、中心星であるGJ 1061の温度が低いため、水が蒸発することなく存在可能だという

    地球サイズ系外惑星が新たに3つ発見されました。

    3つの惑星は、地球から12光年離れた場所にある「GJ 1061」という恒星を中心に公転しています。

    観測を行なったドイツのゲオルク・アウグスト大学によると、そのうちの一つは水が液体状で存在することのできる領域内(ハビタブルゾーン)に位置しているとのことです。

    ちょっと遠いですが、人類の移住先としては火星より優れているかもしれません。

    研究の詳細は、8月13日付けで「arXiv」に掲載されています。

    Red Dots: A temperate 1.5 Earth-mass planet in a compact multi-terrestrial planet system around GJ1061
    https://arxiv.org/abs/1908.04717

    移住先として合格?

    GJ 1061は、太陽系から20番目に近い恒星として発見され、分類では「赤色矮星」に属しています。質量は太陽のわずか12%、半径も16%ほどしかありません。

    サイズ・質量・恒星分類としては、太陽系に一番近い場所にある「プロキシマ・ケンタウリ」にほど近いですが、フレア活動はケンタウリほど活発ではないといいます。

    今回発見された3つの系外惑星は、チリのラ・シーヤ天文台にある高性能分光器「HARPS」が使用されました。

    3つの惑星は、中心星のGJ 1061から近い順に「GJ 1061 b」「GJ 1061 c」「GJ 1061 d」と名付けられています。公転周期は、bが3.204日、cが6.689日、dが13.03日で、質量はそれぞれ地球の1.4倍、1.8倍、1.7倍であることが分かりました。

    Credit:astronomy

    このうち惑星dのみがハビタブルゾーンに収まっていることが判明しています。

    dの公転軌道は、地球-太陽間と比べて中心星に近い場所を公転しているのですが、中心星の光度がそこまで強くないため、結果的に水が液体状で存在できる適度な放射エネルギーを受け取ることができます。

    また研究チームによると、およそ6.7日の公転周期を持つ惑星cもかろうじてハビタブルゾーンに含まれている可能性があるとして、調査を継続中とのことです。

    もしも地球の温暖化が抑えられなくなれば、人類は新たな惑星に移住するより他に方法はありません。12光年先にある惑星dに引っ越すには、きわめて高性能の移動船が必要になりますが、移住先の候補としては合格ラインに十分達しているのではないでしょうか。

    木星のコアは破壊されていた!? かつて地球の10倍もある惑星が衝突


    reference: astronomyexop / written by くらのすけ
    地球サイズの太陽系外惑星を3つ発見! 1つは水が存在するハビタブル

    今後宇宙開発が進んで私たち「人類」がこのような星に行くことはできるのだろうか?
    ロマンが凄くあります。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i.ytimg.com)


    発見は出来たけど、人類がたどり着くには不可能だろう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(天文)またもや地球サイズの外惑星3つ発見!水が液体状で存在することのできる「ハビダブルゾーン」に位置していることが判明!】の続きを読む


    Credit:depositphotos

    Point

    ■地球から600光年離れた場所で、生まれたばかりなのに木星の2〜3倍のサイズを誇る惑星が発見される

    ■惑星は「HD97048」と呼ばれる恒星の周囲を回る円盤の中で誕生していた

    ■円盤の中を流れるガスやチリの乱れを観察していると、乱れの原因が誕生したばかりの惑星であったことが判明した

    ベビースターですが食べ物ではないようです。

    オーストラリアモナーシュ大学の天文学研究チームにより、地球から600光年の場所に生まれたてのベビー惑星が発見されました。

    ところがその大きさは、太陽系最大である木星の2〜3倍に及んでいるとか。今後の成長が気になるニュースターの誕生となったようです。

    観測には、チリ北部にある標高5000メートルのアタカマ砂漠に設置された「アルマ望遠鏡」が使われています。研究の詳細は、8月12日付けで「Nature Astronomy」上に掲載されました。

    巨大円盤の中で産まれる

    巨大ベビー惑星は、「HD97048」と呼ばれる若い恒星が持つ円盤の中に発見されました。HD97048は地球から600光年先のカメレオン座に位置しており、この星自体もまだ主系列星には達していません。

    この若い星の周囲を回転する円盤は「原始惑星系円盤」と呼ばれています。

    原始惑星系円盤とは、新しく生まれた恒星の周り取り巻くガスが回転している巨大な円盤のことです。中心星に向かってガスやチリが落ち込んでもいるので、一種の降着円盤と言うこともできます。

    Credit: ESO/ALMA

    そして研究チームは、円盤の中を流れるガスやチリの動きをマップ付けすることで惑星の発見に成功しています。ガスの流入について観察していると、ガスの流れが乱されている領域が見つかったのです。

    研究主任のクリストフ・ピント教授は「ガスとチリの間に隙間のようなものが出来ており、まるで川の下に潜む岩のように水の流れを変化させていた」と説明しています。

    これが円盤の中で生まれたばかりのベビー惑星だったのです。

    さらにガスの流れの内に生じる「乱れの形状」を詳しく分析することで、ベビー惑星のサイズを特定することにも成功しました。

    現時点で木星の2〜3倍あるのですから、大人になったら太陽サイズまで成長するのでしょうか。今後の経過報告が楽しみですね。

    太陽の400億倍!? 超巨大ブラックホールが発見される


    生まれたてなのに木星の3倍のサイズの「ベビースター」を発見


    木星の3倍ってすごく大きい!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.astroarts.co.jp)


    600光年?どれくらいの距離なんだろう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(宇宙)地球から600光年の彼方。誕生したばかりなのに、木星の2~3倍の星が発見される!】の続きを読む


    老化星のイメージ。画像はHD 140283のもの。/Credit:NASA, ESA, and A. Feild and F. Summers

    Point

    ■これまでの観測記録を破る最高齢の星が天の川銀河から発見された

    ■星の年齢は鉄の含有量によって計測されるが、これまで最高齢とされた星は2018年11月に報告されたもので、鉄含有量は太陽の11750分の1だった

    ■今回発見された星は鉄含有量が太陽の150万分の1で、桁違いに低く、宇宙とほぼ同年齢と言えるほどに古い星だという

    これまでの観測史上で最高齢となる星が、天の川銀河の中から発見されました

    天の川銀河では、半年ほど前にも史上最高齢と言われる星が発見されていたのですが、僅かな期間でこのご長寿ランキングは大幅に塗り替えられることになりました。

    星の年齢測定で決め手となるのは鉄の含有量です。鉄は星の核融合からしか作り出すことができないため、鉄が少なければ少ないほどその星は古いという判断が下せます。(金属量と星の年齢について詳しく知りたい人は、こちらの記事を参照してください)

    地球から約35000光年離れた位置に発見された赤色巨星『SMSS J 160540.18–144323.1』は、鉄の含有量が太陽の150万分の1しかありません。これまでの最高記録は半年前に発見された『2MASS J18082002−5104378B』で、こちらは鉄の含有量が太陽の11750分の1でした。

    これだけでもどれほどの記録更新かは明らかでしょう。150万分の1というと、オリンピックで使われるプールに対して、ほんの一滴に当たるほどの僅かな量です。

    この星は、おそらく宇宙とほぼ同年齢と考えてよいほど古いと推定されています。

    この研究は、オーストラリア国立大学天文学チームにより発表され、『英国王立天文学会月報』に7月17日付けで掲載されています。

    The lowest detected stellar Fe abundance: the halo star SMSS J160540.18−144323.1

    星の種族

    多くの人にとって、あまり馴染みのないものかもしれませんが、星には金属の含有量を基準とした種族Ⅰ〜Ⅲの分類があります。

    種族Ⅰとは、金属(ヘリウムよりも重い元素。一般的に金属ではないが、天文学ではまとめて金属と呼ばれる)を多く含む星のことで、一般的な恒星。私達の太陽もここに含まれます。

    種族Ⅱとは、金属が極端に欠乏している星で、今回発見された星も種族IIです。

    種族Ⅲとは、金属を一切含まない、水素とヘリウムのみで構成された星。理論上の存在で、観測されたことはありません。これが宇宙最初の天体に分類されるもので、第1世代の星です。

    つまり、種族Ⅰが新しく種族Ⅲがとても古い星ということになります。番号が増える方が古くなるというのは、直感的に分かりづらいですが、これはこの分類法が誕生した当時は、まだ金属の含有量が星によって異なる理由がよくわかっていなかったためです。

    宇宙年表/Credit:JAXA

    今回発見されたSMSS J 160540.18–144323.1』は、ビッグバン後のおよそ数億年以内に誕生した可能性が高いと考えられる第2世代の星になります。

    古いと言いながら第1世代じゃないのかよ? と思う人もいるかも知れませんが、第1世代(種族Ⅲ)の星はビッグバン直後の高密度な宇宙で生まれたので、大質量で非常に速いペース核融合を行っていたため、数百万年から数千年程度で超新星爆発を起こしていたと考えられています。

    このように種族Ⅲの星は、とても短命だったため現存はしていないと言うのが、現在の天文学の考え方です。

    なので、私達が観測可能な宇宙最古の星は、第2世代(種族Ⅱ)の星からということになります。

    なお、金属量から計算すると私達の太陽はビッグバンから大体10万世代に当たる星だと考えられています。

    ご長寿の星

    Credit:pixabay

    鉄が極端に少ない星は、宇宙で一回目の超新星爆発で飛び散った元素しか含んでいないためと考えられます。

    このときには、宇宙はある程度膨張していて、物質の密度は下がっていたため、太陽よりも軽い恒星というものも生まれていたと考えられます。

    太陽より50%近く質量が少ない星は、赤色矮星という非常に核融合の遅い星になります。星は核融合で燃え続ける限りは生き続けることができるので、こうした星は非常に長命です。赤色矮星は理論上寿命が数兆年続くと考えられています。

    このため、宇宙初期の星であっても、未だに生き残っている星がいるのです。

    ただ、今回の星は赤色巨星の段階に入っていると言われています。赤色巨星は中心核で水素を使った核融合が完了し、外周部が膨張している寿命間近な星のことです。

    SMSS J 160540.18–144323.1』は数兆年生きるほど軽い星ではなかったようで、そろそろ人生の最終局面を迎えようとしています。

    とは言っても、私達人類にとっては、彼が死ぬのはまだまだ先の話でしょう。

    この星を詳しく調べることで、今はもう存在しない第1世代の星の秘密についても、迫ることができるのではないかと期待されています。

    この宇宙の長老から、初期宇宙の様子を聞き出すことは骨の折れる作業となるでしょうが、天文学者たちは根気強くこの長老の昔話に耳を傾けることになりそうです。

    まるで鼓動。5分で脈動する新型変光星が発見される


    ほぼ宇宙と同年齢!? 観測史上、最高齢の星が発見される

    これからもいろんな星が発見されていくのだろう。楽しみ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    銀河系(ぎんがけい、the Galaxy)または天の川銀河(あまのがわぎんが、Milky Way Galaxy)は太陽系を含む銀河の名称である。地球から見えるその帯状の姿は天の川と呼ばれる。 1000億の恒星が含まれる棒渦巻銀河とされ、局部銀河群に属している。 通常の銀河と同様、銀河
    22キロバイト (2,981 語) - 2019年8月1日 (木) 06:18



    (出典 teraoichiro.com)


    宇宙はロマンがありますね。
    たまに外に出ると一日の疲れが取れてしまう程。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ついに!宇宙と同年齢の最古の「星」が発見される。さらに我々の天の川銀河から、】の続きを読む

    このページのトップヘ