お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: 美容


    スカート(akiyoko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

    下着が見えそうで見えないミニスカ学生服の女の子たち。彼女らの太ももが見えなくなれば、徐々に性犯罪の件数も減るのだろうか。

    ■少女達のピチピチの太もも

    小児性愛者を含め、短いスカートから出た少女たちのピチピチ、すべすべとした太ももや脚に性的に強く惹かれてしまうという者が、残念ながら一定数いる。これを否定することは難しいだろう。

    こうしたことは未成年者性的虐待および性的暴行といった犯罪につながる危険性をひめており、どこの国でも行政、警察、児童・青少年保護当局などは、忌まわしい事件を1件でも減らそうと頭を悩ませている。

    関連記事:森川葵、超ミニスカで太ももチラリ 「パンツ見えそう」とファン忘我

    ■法改正により学生服は…

    そんな大人たちの心配をよそに、少女たちは「かわいいから」と言って制服のスカートを裾上げし、丈を短くしまう。ところが、タイではその行為が厳しく罰せられることになった。

    タイ政府は2005年に続き、またもや「2003年児童保護法(Child Protection Act 2003)」を大きく改正。先月30日から施行となった新しい保護法においては、なんとミニスカート丈の学生服と体のラインにぴったりフィットしたブラウスの着用が禁止だそうだ。

    違反すれば最高で3万タイバーツ(日本円にして10万円強)の罰金が保護者に科され、抵抗すれば投獄される可能性もあるという。

    ■超ミニスカと性犯罪発生件数

    タイ政府は、小・中・高校生らが惜しげもなく晒す太ももは男たちをムラムラさせる原因のひとつであり、「憂慮に堪えない」としている。だが、その一方で性犯罪の発生件数について「スカート丈とはあまり関係がない」と主張する研究者もいる。

    見えそうで見えないミニスカ学生服を着た女の子たちが姿を消すことになるタイ。この国で未成年者を対象とした性犯罪の件数が減るものか、世界からも注目が集まりそうだ。

    ■やはり太ももは気になる?

    無意識のうちにミニスカートの下をチラ見してしまうという男性はやはり多い。しらべえ編集部では以前、20〜60代男性750名を対象に「太ももが好きか」を調査していた。なんと6割超の男性が太ももが好きだということがわかる。

    太ももグラフ

    「男の人を太ももでそそりたい」という気持ちがないのであれば、やはり女の子たちは長めのスカートで脚を隠した方が健全、無難なのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→強制性交未遂男が驚きの供述 性犯罪を繰り返す「性嗜好障害」とは…

    (文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年1月20日2017年1月22日 
    対象:全国20~60代の男性750名(有効回答数)

    太ももで男をそそらないように法改正 学生服のミニスカートが禁止に


    果たして「日本」でもこのような法律が出来るのだろうか。?そうなったら少しは性犯罪が少なくなるのかもしれない。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    中国の大学図書館、ミニスカート禁止で物議⇒撤廃。男子学生から「勉強に集中できない」 - ハフィントンポスト
    50センチ以下のスカートを履いた女子学生の入館を禁止する」
    (出典:ハフィントンポスト)



    (出典 ic4-a.wowma.net)


    確かにミニスカートは男性をそそってしまう最強の服だ!

    <このニュースへのネットの反応>

    【性犯罪防止!学生服のミニスカートが禁止に。男性をそそらないように(タイ)】の続きを読む


    夏もそろそろ終わりに近づいており、日本の海水浴シーズンももうすぐ終わってしまいます。暑い日に海水浴といえば夏の王道レジャーですが、堅実女子の中には「水着が着るのが嫌」という理由で海を敬遠した人もいるのではないでしょうか?体型を気にする人にとって、公衆の面前で水着になるのは、けっこうハードルが高いものです。

    日本人と韓国人の6割はビーチで体型を気にする!

    しかし海外のビーチに行くと、妙齢でぽっちゃり体型でも大胆なビキニを着用している女性は珍しくありません。もしかすると、体型が気になってビーチで水着になるのを躊躇するのは、日本人だけなのでしょうか?

    そこで今回はエクスペディアが世界7カ国(イギリスフランスドイツイタリアスペイン、韓国、日本)を対象に行った、「ビーチ旅行」に関する意識の国際比較調査に着目。こちらで各国に「ビーチ休暇を取る際に、体形が気がかりである人の割合」のアンケートを行なったところ、以下のような結果となりました。

    • ビーチ休暇を取る際に、体形が気がかりである人の割合

    1位 日本……61%

    2位 韓国……59

    3位 イタリア……47%

    4位 スペイン……46%

    5位 イギリス……43%

    6位 ドイツ……38%

    7位 フランス……31%

    「体型が気がかり」と答えた割合が一番多いのはやはり日本!僅差で韓国が続いており、世界の中でも日韓がかなり気にしていることが分かります。さらに同調査では女性限定によるビキニ着用率を調査してみると、次の通りとなりました。

    同じヨーロッパ圏でもフランスイギリスビキニ率低め。一方日本のお隣韓国は20%と、日本人よりやや多くなっています。

    やはりビキニの着用率は日本が15%と最下位に!一方日本と同じくらい体形が気になる人が多い韓国は20%と、やや多い結果となりました。ヨーロッパエリアは軒並みビキニ率が高いですが、中でも一番多かったのはスペインイタリア。どちらも女性の半数以上がビキニ着用です。

    世界一トップレスになるのはスペイン人!一方ヌードになる国は……?

    しかし諸外国ではビキニなんて序の口!外国ではトップレスはもちろん、ヌーディストビーチ存在しており、女性でも上半身裸(もしくは全裸)でビーチを楽しむ人が珍しくないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

    そこで同調査では女性限定で「ビーチでトップレスになったことがある人」の割合を調査。結果は次の通りとなりました。

    同じ地中海系ですが、イタリアトップレスになる人は少なめ。むしろ厳格なイメージがあるドイツ人は、トップレス率が高かった!

    1位はスペインで43%!ビキニ率でも1位でしたが、トップレス率も圧倒的に高い割合となっています。一方でビキニ率はスペインと大差がなかったイタリアはこちらだと23%。日本はわずか2%とごくごく少数ですが、地味にお隣の韓国は9%です。韓国人は自分の体形に自信がある人が多いということでしょうか?

    そして同調査ではさらに進んだ「ビーチでヌードになったことがある人」についても調査したところ、こちらは1位がドイツで23%!そしてスペインが20%と僅差で続いています。そして韓国は11%で日本は3%と、どちらもなぜかトップレスより多い割合でした。

    「日本では水着になるのは嫌だけど、海外なら平気」という日本人女性はけっこういます。

    トップレスやヌードが当たり前の感覚を持つ外国人からすると、水着になることへの抵抗感がないのは当然のこと。しかし日本はそういった文化がなく、同じようにはいきません。とはいえ外国へ行って一度でも体験してみたら、違う自分に出会えるかもしれませんね。

    【調査概要】
    調査主体:エクスペディア・ジャパン
    調査期間:2019年5月2日6月14日
    調査対象:世界7カ国(イギリスフランスドイツイタリアスペイン、韓国、日本)の18歳以上の男女
    調査数:計8,000名

    関連画像

    海外の海水浴はどういった感じなんだろう?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 static-spur.hpplus.jp)


    最近は男性でも体格を気にする人が増えてきています。

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本では「水着」で体系が気になる?なんと!世界一トップレスになるのはあの国。】の続きを読む


    男性の天敵「薄毛」!さらに「薄毛」の進行を感じやすい都道府県は?
    最も感じていない県は「香川県」

    テストステロンを増やして「薄毛」を減らしていきたい。

    NO.7718561 2019/08/22 01:14
    薄毛の進行を感じる都道府県1位愛知 2位長崎 3位高知
    薄毛の進行を感じる都道府県1位愛知 2位長崎 3位高知
    毛髪クリニック リーブ21は8月20日、「全国薄毛リスク調査2019」の結果を発表した。

    調査は今年7〜8月にネット上で実施し、20代以上の男女各都道府県50人ずつ計2350人から回答を得た。

    抜け毛や薄毛などの「脱毛」が進んでいると思った人は44.2%。最も「薄毛が進んでいない」と感じている都道府県は「香川県」で、2位が「和歌山県」、3位が「長野県」となった。

    一方、「薄毛が進んでいる」と感じているのは、1位「愛知県」で、以降「長崎県」「高知県」と続く。

    ■SNSなどで爆発的に情報があふれることも「薄毛・脱毛の一因」?

    同社は、薄毛の悩みを持つ人が2015年の調査から増加傾向にあるとし、
    「現代の日本は、高齢化や女性の社会進出などの社会的背景に加え、スマホ、SNSなど、身の回りに爆発的に情報があふれてきていることも『薄毛・脱毛の一因』になっているのかもしれません」

    とコメントしている。

    将来薄毛になることを気にしている人は44.9%で、最も気にしているのは「滋賀県」、以降「岐阜県」「山形県」と続く。一方、最も気にしていないのは「石川県」で、次いで「神奈川県」「香川県」と続く。

    いまの髪の状態に満足して..



    【日時】2019年08月21日 13:03
    【ソース】キャリコネニュース
    【関連掲示板】


    【男性の天敵「薄毛」!さらに「薄毛」の進行を感じやすい都道府県は?最も感じていない県は「香川県」】の続きを読む




    仕事で疲れて家に帰り、服を脱ぎ風呂に入るというのが一般的な日課ではありますが、中にはそれすらも行えず、そのまま寝てしまうなんてこともあるのかもしれません。しかしそんな状態でいれば居るほど、体調が悪くなり、悪循環を招くことは誰もが想定できることではありますが、こちらの真実はそんな状況がリアル分かります

    45%が毎日下着を変えない

    米国の調査ではありますが、下着メーカーTOMMY JOHN)の調査によりますと、なんと45%の人が毎日下着を変えていないことが明らかになりました。その中で更に驚くことに、約13%のひとがズボンを毎日着用し、1週間にも及ぶということです。

    具体的に言えば、男性は女性よりも7日以上同じパンツを着用する確率が2.5倍高いことが明らかになっております。

    また38%が下着を長い間利用しており、そもそもそれをいつ購入したのかわからないということで、一度購入した下着がかなり長い間使われていることが明らかになっております。

    毎日洗わないというのは、かなり汚いイメージがありますが、そんな状態を半分近くの人が行っている真実があるということであれば、別に変えなくてもいいのかと思えてきてしまいます。

    定期的に下着が盗まれる事件も話題となりましたが

    いざというとき、とんでもない臭気に相手が悶絶する事態になるので注意は必要です。

    掲載元
    https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/nearly-half-people-dont-change-18957674

    画像掲載元:写真AC



    画像が見られない場合はこちら
    闇すぎる。約45%の人が毎日下着を交換していないことが判明!

    冬場は良いけど夏場も変えないのだろうか?汗が臭くなりそう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    夏場は汗をかいて毎日帰るけど、冬場は毎日変えているのか分からない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【あなたは毎日下着を買えますか?実は45%に人が毎日「下着」を変えていない事が判明!】の続きを読む


    ハゲにくい体質を手に入れてハゲを予防しよう!
    b4535f656056505381b96a4c6b90e907_s

    男性は女性よりも禿げるイメージが強いですよね。

    それは遺伝的に男性の7割程度の方が「禿げやすい」体質を受け継いでいるからなのです。

    あくまでも「禿げやすい体質」を遺伝するのであって、確実に禿げるという訳ではありませんのでご安心ください。

    ですが、禿げる事に対して何も対策・予防しなければ、禿げる確率はうんと高くなります。

    遺伝が関係する禿げやすい体質は変えることはできませんが、「禿げにくくする」方法はいくつも存在します。

    お金や時間がかかる方法もありますが、ちょっとした事に気をつけるだけで禿げる確率を下げる方法もあるので、諦めずに試してみる価値はありますよ。

    禿げやすい体質とは

    禿げやすい体質には、男性ホルモンが関係していると言われています。

    男性ホルモン自体は生きていく上で必要不可欠なものですが、この男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変える「5aラダクターゼ」と呼ばれる酵素が、禿げる原因を作ってしまうのです。

    男性ホルモンの1種である「テストステロン」が体内で分泌されると5aラダクターゼが働き、テストロゲンを次々とヒドロテストステロンに変えてしまうのです。

    ヒドロテストステロン(DHT)は髪の毛が成長するのを妨げるので、男性ホルモンが多い男性だと禿げやすくなってしまうんですね。

    また、禿げやすい体質は遺伝するだけではありません。

    食生活やストレスなどによっても禿げやすい体質になることがあります。

    自分の家系に禿げの人がいなくても生活習慣やストレスアルコールタバコの多量摂取によって十分に禿げる可能性があるのです。

    禿げにくくするには・・・

    禿げにくくする方法は色々ありますが、一番手っ取り早いのが「生活習慣の見直し」です。

    特に食事は髪の毛や毛根、頭皮に大きな影響を与えます。

    からあげ天ぷらフライドポテトなど脂っこいものばかり食べたり、偏った食事をしていると髪の毛に必要な栄養が十分に摂取できずに髪の毛を弱らせてしまいます。

    お酒やタバコの多量摂取も危険。

    髪や頭皮の栄養は血液の流れによって運ばれるので血管を収縮させてしまうタバコや、髪にタンパク質を供給する役割を担う肝臓に負担をかけるお酒の多量摂取は禿げる原因になってしまうのです。

    ストレス解消だから・・・という方もいますが、体にも良くありませんので適度に嗜むようにしましょう。

    他にも運動や早寝早起きなど禿げにくくする方法はたくさんあります。

    間違っても禿げる前から育毛剤を使用しないように!

    禿げる前からの育毛剤は効果が無いどころか、髪の自己再生力を下げてしまいます。

    まずは自分が禿げやすい体質なのか専門の病院でチェックしてみると良いでしょう。

    ここまでは、ハゲやすい体質について紹介しました。

    ハゲる前にハゲにくい体質をつくることで予防することができます。

    しかし、もうすでにハゲてしまったという場合は、進行を止めるための対処法が必要です。

    ここからは、ハゲてしまったときの対処法を紹介します。

    ハゲの種類について

    みなさん、ハゲには種類があるのを知っていましたか?

    実は、ハゲには、いわゆる「普通のハゲ」と「若ハゲ」「生え際ハゲ」があるんです。

    ハゲの種類によって対処法が違ってきます。
    ですので、自分がどちらに該当するのかを知っておくことが大切です。

    「最近、髪が薄くなってきたな…。これってハゲの予兆?」などと、鏡を見て肩を落としていても始まりません。

    まずは、自分のハゲの種類を知り、正しい対処法でハゲの進行を予防しましょう。

    普通の「ハゲ」について

    いわゆる普通のハゲは、30代後半から40代、50代頃から髪が薄くなるケースを言います。

    頭頂部や前頭部はハゲやすい箇所です。

    髪が薄くなる原因は1つではありませんが、遺伝的なものを含めた男性ホルモンの変化、ストレス、不摂生など、様々な要因が考えられています。

    父親がハゲの場合、子どもは似たような体質を引き継ぐため、往々にして息子も同じハゲ型(O字型、M字型、U字型など)になってしまいます。

    近年よく耳にする「AGA」とは、男性型脱毛症のことで、普通のハゲも若ハゲも含まれます。

    AGAを発症する原因は、男性ホルモンテストステロンが生み出す「DHT(ジヒドロテストステロン)」に、脱毛を促す働きがあるためです。

    「若ハゲ」について

    若ハゲは、通称「若年性脱毛症」と呼ばれており、ハゲ始める年齢が10代や20代、30代の前半からと、若い年代で発症するケースを言います。

    若ハゲを引き起こす原因は、ストレスや亜鉛不足、睡眠不足など生活スタイルの乱れも影響しますが、普通のハゲと同様に、DHTによる影響が大きいと考えられています。

    「生え際ハゲ」について

    「生え際」ハゲとは、額の生え際や前頭部から髪の毛が抜けてしまうことです。

    「生え際」ハゲには、左右から抜けていく「M字ハゲ」と中央部から抜けていく「U字ハゲ」の2種類があります。

    「生え際」ハゲの厄介な点は、ごまかしが効きにくいことです。

    前髪はボリュームがないことが目立ってしまうため、髪の毛セットだけではごまかすことができず、薄毛が目立ってしまいます。

    そのため、「生え際」ハゲに悩んでいる方は非常に多くいます。

    「生え際」ハゲは、AGA(男性型脱毛症)の典型的な例であると言われています。

    AGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクルの乱れから起こってしまうもので、若い人でも発症する可能性があります。

    AGA(男性型脱毛症)は、遺伝や男性ホルモン、生活習慣など様々な要因によって起こるとされています。
    AGA(男性型脱毛症)は、ほおっておくとすぐに進行してしまうため、しっかりとしたヘアケアを行い、進行をストップさせることが大切です。

    AGA(男性型脱毛症)ではなくても、偏った食生活、睡眠不足、生活サイクルの乱れによって、頭皮環境が悪くなってしまうと、「生え際」ハゲになってしまう可能性があります。

    普通のハゲと若ハゲ、生え際ハゲそれぞれの対処法について

    共通の対処法

    普通のハゲと若ハゲのどちらにも共通する対処法として、まずはご自身がAGAなのか、それとも別の要因(ストレスや病気など)でハゲているのかを、AGAの治療クリニックで診断してもらうことです。

    クリニックでは、ハゲを改善する「フィナステリド」や「ミノキシジル」配合の薬を処方してもらえます。

    また、生活習慣を見直し、血行を悪くする喫煙や栄養不足、運動不足睡眠不足など、ハゲやすくなる要因を取り除きましょう。

    普通のハゲの対処法

    AGAの治療を受けないままにすでにハゲが進行してしまった場合は、育毛シャンプーやミノキシジル配合の育毛剤を活用しましょう。

    また、後頭部の毛をハゲ部分に移植する自毛植毛という治療もあります。

    若ハゲの対処法

    AGAになりやすい体質は遺伝することから、父親がハゲている場合は10代のうちから生活スタイルの乱れには注意が必要です。

    AGAを放置しておいても、なかなかハゲの進行を止めるのは難しいため、「若ハゲかな?」と感じたら、まずは診察を受けることをおすすめします。

    その上で、育毛剤や育毛によいアミノ酸、亜鉛が補給できるサプリメントなどを活用し、若ハゲの進行を食い止めましょう。

    生え際ハゲの対処法

    生え際ハゲは、しっかりと対策を行ってあげることで、進行をストップさせることができます。

    まず行うべきことは、規則正しい生活を送っているか確認することです。

    バランスの良い食生活を送れているか、睡眠はしっかり取れているか、髪の毛を丁寧に洗っているかチェックしてみてください。
    もし、このいずれかに問題があるのならば、すぐに改善するようにしましょう。

    規則正しい生活を送っているけれど、「生え際」ハゲが進行してしまう場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。

    自分のタイプを知り、最も合った対処法でハゲの進行を防止しましょう。

    薄毛隠しスプレーとは!?

    ハゲは男性の天敵!テストステロンを増やして撃退していこう!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ジヒドロテストステロン恐るべし!

    <このニュースへのネットの反応>

    【しっかり体を整え「ハゲ」を予防しよう。まずは生活習慣を見直す「若ハゲ」にも注意。】の続きを読む

    このページのトップヘ