お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > お金


     お店のレジでの支払いの際、キャッシュレス決済なら現金支払いより16秒速い──こんな実証実験の結果をJCBが発表しました。消費者がキャッシュレスに移行すれば、消費者の時間のムダも減らせる上、店舗スタッフの労働時間も減少する可能性があるとしています。

    【その他の画像】

     実験は7月に実施。参加者100人を25人ずつ現金と、クレジットカード、非接触型(QUICPay)、QRコードの4方法に分け、「レジ担当者の金額口頭提示」から「商品・レシートのお渡し」までを1会計として、かかった時間を計測しました。

     その結果、(1)現金は平均28秒、(2)クレジットカードは平均12秒、(3)非接触型は平均8秒、(4)QRコードは平均17秒──だったとのことです。

     キャッシュレスの3方法の平均は12秒で、現金と比べ16秒速い結果になりました。最も速い非接触型では現金と20秒の差を付けています。

     この結果をもとに、買い物をキャッシュレス決済に完全に移行した場合に節約できる時間は年間で約3時間と試算しています。

    計算は以下の通り。

    現金とキャッシュレス決済速度の差(16秒)×日本人の1当たりの平均買物回数(1.7回)×365日=9928秒=2.8時間≒3時間

     また、コンビニエンスストアのレジ担当者の労働量について試算したところ、お客の半数がキャッシュレスで支払いをすればレジ担当者1人当たりの労働時間は約2時間減少し、お客全員がキャッシュレスで支払えば約4時間減少するとしています。

    計算は以下の通り。

    1日当たりのコンビニエンスストア来店数(848人)×現金とキャッシュレスの決済速度の差(16秒)=1万3568秒→3.8 時間≒4時間

     キャッシュレス決済への移行が進めば社会の効率化が進みそうですが、別の調査ではキャッシュレス決済を使わない理由として「使い過ぎてしまいそう」「仕組みをよく知らない」といった声が上がっています。「7pay」で不正利用が相次いだ騒動も記憶に新しいところで、普及には消費者が安心して利用できる環境作りも重要になりそうです。

    キャッシュレス決済は現金払いよりスピーディー?(イメージ)

    今までは現金頼みだったところもあったけど、キャッシュレスの方法もしっかり知っておきたいですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    の日本を例に挙げれば日本銀行券(紙幣)と政府発行の貨幣(硬貨)がそれに当たる。 現金通貨は俗に(お)金、キャッシュとも呼ばれる。反対に、現金(キャッシュ)を用いない価値交換媒体は、キャッシュレスという。 世の中の貨幣を大別すると、主に、印刷された紙幣など利用者の手元に存在する貨幣(現金通貨)、およ
    9キロバイト (1,323 語) - 2019年5月28日 (火) 10:47



    (出典 www.asahicom.jp)


    これから現金が無くなりつつある時代なので、カードの方がお得になるかもしれません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【お金を払う時は現金で払うよりも「キャッシュレス」の方がお得?なんと年間3時間節約できるとの事。】の続きを読む


    ―[低所得でも1000万円貯金術]―

     老後資金2000万円と言われても、貯金ゼロという人は多いはず。だが、なかには低所得なのに1000万円近い貯金をしている人もいる。そんな涙ぐましいドケチ節約術を紹介。これを読めば、老後資金の貯め方が見えてくる!?

    ◆年収300万円の人でも、17年で貯金1000万円に

     低所得でも貯金1000万円という夢の大台は可能なのか。自身も毎月3万円貯金から始め、1000万円貯金も見えているFPの水野綾香氏は「貯蓄はダイエットと同じ」と話す。

    「貯金は給与の20%が基本です。仮に年収300万円の人の手取りなら、月4万円。ただ、いきなり無理なゴール設定をしても苦しいのはダイエットと同じ。途中で挫折してリバウンド(=浪費)してしまいます。大切なのが成功体験。まずは月2万円を1年間続け、貯金の楽しさを知ることから始めてください」

     そこで、水野氏に年収300万円の貯金シミュレーションを試算してもらった。

    ◆“貯金=趣味”にマインドを変える

    「1年目は月2万円を積み立て、貯金の成功体験を得ます。そして2年目に月3万円、3年目に月4万円と増やし、常に半額を資産運用に回していきます。6年目には貯蓄額が126万円に到達しますが、万が一に備えて現金で持っておくべき資産は月収半年分が目安。そこからは月4万円を全額資産運用へ注ぎ込みます。ダイエット同様に、ご褒美も必要です。100万円、200万円など節目となる金額まで資産形成がうまくいったら、旅行を自分にプレゼントするなども長続きさせる秘訣です」

     運用方法はつみたてNISAなどを活用。これを年利5%で複利で増やしていくと、16年7か月で貯金1000万円に到達する。

     たしかに計算上は実現可能だ。しかし、月4万円を16年以上積み立てるのは相応の努力が必要に思えるが……。水野氏が成功させた貯金テクニックは何かあるのか。

    「半ば強制的に給与から別口座に移す“先取り貯蓄”をやっていますよ。こうすれば、天引きされた給与で生活することを考えられます。もちろん固定費の見直しなども大切ですが、何よりも重要なのは貯金を楽しむ=趣味にすることです。貯金マインドを形成し、自信をつければ、気づいたときには1000万円貯まっています」

     貯金1000万円が実現でき、少しでもお金に関する不安を払拭できるなら、本気で考えたほうがいいかもしれない。

    ファイナンシャルプランナー・水野綾香氏】
    金融総合代理店を経て、現在はクラウドポートで広報務めながらFPとして講演や雑誌・インターネットメディアへの寄稿などで活躍中

    ―[低所得でも1000万円貯金術]―




    1000万円貯金したいけどなかなか難しい・・・そもそも手取りが少なすぎる。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    早速始めていきたい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【年収300万の人でも1000万円の貯金がは可能!(低所得でも1000万円貯金術)】の続きを読む


    親として子どもに何をすべきなのか?は、永遠のテーマだと思っています。でも、どんな時代でも人の生活とお金との関係は切ることはできませんし、それは生涯続く関係でもあります。ということは、親として子どもに伝えることの1つは「お金」のことなのではないでしょうか。

    そこでこの記事では、高校生中学生、2人の子を持つ親として私がやってきたことを紹介してみます。

    親としての役目

    私には高校生の息子と中学生の娘がいます。家族は4人で、夫は会社員、私は自宅で執筆などの仕事をしています。

    今でこそ普通の家庭ですが、実は15年前、夫が突然会社を辞めて24時間体制の子育てをしていた時期がありました。

    「会社、辞めてきたから」という事後報告から始まった子育て生活。私たちの人生設計や子どもの教育のこと、お金のことを真剣に考えながら、ネットオークションや株式投資をして生活費をまかなっていました。
    一方、そんな綱渡りの生活をしていたからこそ、「子どもとお金のことはちゃんとしないといけないな」と親として思っていたのも事実です。

    まず親として子どもの教育費は作らないといけない、これは真っ先に考えていたことです。この先幼稚園や小中学校、高校、大学と進む中で、最低でも1,000万円はかかるだろうと。

    子どもが2人になれば単純に2,000万円は必要になるだろうから、毎月積み立てることにしたのです。といっても、ただ単に積み立ててもお金は増えないので積み立て投資を始めました。(今はジュニアNISAに移行しています)

    「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

    お金は目的ではなく手段

    親としてお金を貯めるのは当然として、もう1つ子どもためにすべきことが「お金の教育」です。

    お金は一生付き合っていく相棒。一方で、適切な使い方をしないと自分の身を滅ぼすことにもなります。私自身は、とくに親からお金について教わった記憶はないですが、子どもながらに「お金はあった方が絶対いい」とわかっていたので、お小遣いを貯金に回していました。一方、「それを何に使うのか?」ということはあまり考えていなかったと思います。

    つまりお金を貯めることが目的になってしまい、ゴールが見えていなくて「まだまだ足りない」と思ってしまっていたのです。

    大人になってわかったことですが、お金は目的ではなくて手段です。欲しい物ややりたいことを叶えるためのツールなのだから、貯めることに一生懸命になるのは違うなと思っています。

    買い物は子どものお金教育に最適

    子どもへのお金の教育を考えたとき、まずは目的ではなく手段であることを教えようと思いました。
    その方法として、私が使っていたのは普段のお買い物です。

    まずは、できるだけ一緒に買い物に行って、お金がどういう物なのかを自分で経験させました。たとえば駄菓子を買うときに自分でレジで支払いをさせることで、「お金は欲しい物を手に入れるために必要なもの」と理解を促したり。

    もちろん、そのお金は私の財布から出ているわけですが、さっきまで握りしめていた100円がなくなり、代わりに食べたい駄菓子があるという「感覚的なこと」は、意外に大切だなと当時の私は感じていました。

    お金に触れるという物理的な経験は、お金の重さや質感を子どもに伝えることができます。実際、子ども100円を握りしめながら「どうしてお金ってあるの?」と聞いてきたことがありました。そういう自発的な疑問は、子ども自身がお金について考えるきっかけになるのだと思います。

    お金の使い道をしっかり考える年齢

    冒頭で高校生の息子と中学生の娘がいると書きましたが、2人を見ているとお金の使い方にすごく違いがあることがわかります。性別の違いなのか、それとも兄と妹という違いなのかわかりません。

    もちろん、すべての兄妹で言えることではないと思うのですが、兄は比較的無計画、妹は計画的に使うように見てとれます。先ほども書いたようにお金は手段なので、それを使うことに関してはとくに何もいいません。

    ただし、もう自分で考えられる年齢なのだから、「何に使うかの見極め、線引きをしないといけない」とは伝えています。

    我が家はごく一般的な家庭なので、お金をいくらでも使っていいわけではありません。子ども達も欲しい物が全部手に入るわけではないのです。

    ちなみに現在兄の方は月5,000円のお小遣い制です。この中には文房具や本、部活の用具など学校関係のお金は含まれません。あくまで息子がプライベートで使うお金です。

    娘は年俸制で今年の1月1日に3万6,000円を渡しました。それを現金で持っていてもいいのですが、結局私が一旦預かり、必要なときに渡す形をとっています。

    実は兄の方もしばらく年俸制にしていたのですが、高校生になって何かと必要な場面が多くなり、だったら月初めに一括で渡した方がいいかなということでお小遣い制に変更しました。

    とはいえ、高校生からすれば5,000円は少ない金額だと思っています。でも、その中でやりくりするために、使い道の選別をきちんと行わせたいというのが私の考えです。

    投資・消費・浪費を教えたい

    子ども達は今、買うか買わないかの見極めポイントを自分なりに作っている段階だと思います。そのポイントは今後変わっていくのでしょうけれど、大切なのは「常に見極めポイントを持つこと」だと思います。なんでもいいから欲しいと思ったものを買うのではなくて、ちゃんと考えることが必要です。

    そして、将来的には「投資・消費・浪費」の違いについても教えていきたいと考えています。私自身、この3つの考えを知ったのは結婚をしてからで、もっと早く知りたかったなという後悔があるのは事実。子どもたちには生きて行くために必要な知識として、実践的に伝えていこうと思っています。



    生きていく中で一番必要な「お金」!この「お金」の勉強をしっかりして次の世代に伝えていきたいですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    投資が必要となるのは、経済または経営主体が、自己資本に加えて、追加的な他人資本を調達することで、より大きな投資機会に投資が可能となるからである。低い投資収益の投資機会を削減してより高い投資収益率に集中することで経済全体の投資
    12キロバイト (1,745 語) - 2019年8月8日 (木) 05:14



    (出典 www.caa.go.jp)


    人生で大事なもの「お金」日本はお金に関しての教育が少ない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「お金」の事を子供に教えるためには?「投資」「浪費」「出費」をきちんと教えていこう。】の続きを読む


                          エアコンの使い方で電気代が変わる?
                     なんと28℃で付けっぱなしした方が断然お得。

    この夏にはもってこいの情報ですね。

    NO.7676971 2019/08/07 20:26
    エアコン、28度で付けっぱなしにした結果…「電気代」に驚き
    エアコン、28度で付けっぱなしにした結果…「電気代」に驚き
    連日厳しい猛暑が続き、屋内ではエアコンを適切に使用して熱中症対策に務めるよう呼びかけられている。しかし、そこで気になってくるのが電気代だ。

    そんな中、「死神バンド」ことTHE SOUND BEE HDのベース・YOUが、エアコンの使い方を変えた結果、1万円ほど電気代の節約に成功したことをブログで明かし、注目が集まっている。

    ■「付けっぱなし」で約1万円節約
    話題となっているのは、今月6日に更新されたブログ記事。この日、「エアコンは夏の間はずーっと付けっぱなしです」と夏場のエアコンの使い方について共有したYOU。

    付けたり消したりするよりも電気代が節約になったそうで、「以前はタイマーで消したりしてたけど、夏や冬は電気代が23,000円くらいだった。2〜3年前からつけっぱなしにしたら、13,000円くらいになったよ」と明かした。

    ■設定温度は28度に
    また、結果的に電気代が節約できた理由について、「温度を急激に上げたり下げたりするときに、エアコンもパワーを使うみたいだね」と改めて実感したのだそう。
    なお、設定温度は28度にしているそうで、付けっぱなしにしていると夜は肌寒いくらいになるという。

    ■エアコン、どう使って..



    【日時】2019年08月07日 06:31
    【ソース】しらべぇ
    【関連掲示板】


    【エアコンの使い方で電気代が変わる?なんと28℃で付けっぱなしした方が断然お得。】の続きを読む


    お金の引き出しや振り込みに便利なATM。最近では、銀行のみならず、コンビニなど身近な場所に設置されているも多くなり、私たちの生活に欠かせない存在となりました。さて、普段何気なく使っているATMですが、その仕組みはあまり詳しく知らないものです。そこで本稿では、ATMではどのような操作ができるのか、また、気になるATM手数料についてまとめてみました。

    ATMとはどんな機械?

    ATMとは、「Automatic Teller Machine」の頭文字を取ったもので、日本語では「現金自動預け払い機」と言います。ATMでは、通帳やカードを使って様々な操作が可能。たとえば、現金の預け入れや引き出し、他の口座や他行への振り込みを行う機会は多いのではないでしょうか。そのほかにも、口座に残っている金額を確認する「残高照会」や、口座の取引履歴を預金通帳に印字する「記帳」、また、「振替」などの操作もATMで可能です。振替とは、同一銀行の同一支店内の口座間で資金を移動させることで、本人名義の別口座への送金、たとえば、普通預金口座から貯蓄預金口座へお金を移す場合などを言います。

    さらには、キャッシュカードの暗証番号の変更や、定期預金の預け入れ、一日の引き出し・振り込み限度額の変更なども行うことができます。ATMでは、意外にも様々な操作が可能なのです。また、ATMの中には、クレジットカードATMから現金を借りる「キャッシングサービスが利用できるものもあります。こうしたATMでは、クレジットカードのショッピング枠の支払いや、キャッシングで借りたお金の返済も行うことができるのです。

    なお、現金の引き出しのみ可能な機械は、「キャッシュディスペンサー(CD:Cash Dispenser)」と言います。CDが進化したものがATMですが、これらを総称してATMと呼ぶこともあります。ATMは、銀行の支店や出張所などに設置されていますが、近ごろは、コンビニやショッピングモールなどの商業施設、また、駅の中などでも多く見かけるようになりました。お金の振り込みを忘れていた、急な出費で現金が必要になったという時にも、様々なところでATMが使えるようになり、便利になったと感じている人は多いのではないでしょうか。
    ○知っておきたいATM手数料について

    ATMを利用する上で最も気になるのは、「手数料」ですよね。できることなら無料、もしくは安い手数料で入出金や振り込みがしたいものです。では、ATM手数料がかかる理由や、手数料がお得になるATMの使い方について解説しましょう。
    ○<ATM手数料はなぜ発生する?>

    ATMを利用する時にかかる手数料。銀行にお金を預けても利息がほとんどつかない今の時代、振り込みはともかく、自分の口座からお金を引き出すだけで費用がかかるのはもったいないと感じてしまうものです。では、なぜATM手数料はかかるのでしょうか。

    ATM手数料がかかる主な理由としては、ATMを設置し維持していくためのコストの一部を利用者が負担しているためです。ATMを利用するためには、ATM本体の費用や設置費用に加え、設置している店舗の賃料、電気代、お金を補充する人件費やセキュリティにかかる費用など様々なコストがかかります。特にコンビニATMは、時間の制約がなく、普段立ち寄る店舗で利用できる利便性がありますが、そうした便利さと引き換えに、利用者がサービスの対価として手数料を支払っているのです。

    ATMは、機械がお金の処理をしているのに、手数料がかかるなんて変だ」「ATM手数料で利益を出しているのでは」と考えてしまいますが、ATM手数料は、私たちが便利さを享受するための必要経費なのです。ただ、それでもお金をかけずにATMを使えれば、それに越したことはありません。ATM手数料をお得にするには、どう使えばいいのでしょうか。
    ○<ATM手数料がお得になる使い方>

    ネット銀行の活用がおすすめ
    店舗型の銀行と比べ、ATM手数料や振込手数料が格安に設定されているネット銀行。ネット銀行をうまく活用すれば、手数料をかなり節約することができますので、おすすめです。

    たとえば「SBJ銀行」は、セブン-イレブン(セブン銀行)とミニストップ(イオン銀行)では月何回でも、ファミリーマート(E-net)では月10回まで、ゆうちょ銀行みずほ銀行は月3回まで、ATMから手数料無料で現金の引き出しができます。また、「東京スター銀行」では、メガバンクゆうちょ銀行などの提携金融機関ATMコンビニATMからの出金手数料が月8回まで無料となります(ATMの利用時には手数料がかかるが、翌月キャッシュバックされる)。

    「住信SBIネット銀行」や「ソニー銀行」は、取引実績のランクによって、コンビニATMからの出金手数料無料の回数が決まる仕組みです。住信SBIネット銀行は、月2回~最大15回まで、ソニー銀行は、月4回~無制限で手数料無料で引き出しが行えます。さらに、ソニー銀行は、ゆうちょ銀行ATM,コンビニATM(セブン銀行イオン銀行、ローソン銀行、E-net)のほか、三菱UFJ銀行三井住友銀行から手数料無料で入金が可能です。三菱UFJ銀行三井住友銀行に振り込まれた給与を無料でソニー銀行の口座へ移すこともできますね。

    このように、手数料無料の回数に上限があったり、提携先ATMや取引ランクなどの制限があったりするものの、工夫をすれば、お金をかけずに現金を引き出せるのです。

    ●メガバンクでも手数料がお得に
    ネット銀行と比較すると、手数料では魅力を感じにくいメガバンク。しかし、メガバンクが提供するサービスに申し込むことで、手数料がお得になるケースがあります。

    たとえば、みずほ銀行の「みずほマイレージクラブ」に入会すると、取引状況に応じてATM手数料が無料になる特典を受けることができます。各種預金の月末最終残高が30万円以上あれば、みずほ銀行ATMイオン銀行ATMでは利用手数料や時間外手数料が無料に、コンビニATM(セブン銀行ローソン、E-net)では、利用手数料や時間外手数料が月4回まで無料で利用できます。
    ATMを賢く使いこなそう

    ATMについて詳しく知ってみると、今まで以上に便利な存在に思えてきますね。手数料については、少しでも抑えられるよう意識するだけで、長い目で見るとかなりの節約になります。ATMを賢く使いこなし、お得になるようしっかりお金の管理をしましょう。
    (武藤貴子)

    しっかりと学んで、節約をしていきたいところですね。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 shop.r10s.jp)


    そもそも銀行にはお金を貸しているのに、なぜこちらが手数料を取られるのか分かりません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【これからの節約方法!「ATⅯ」という機械の手数料によって貧乏にされる事も、お金の仕組みをしっかり理解しておこう。】の続きを読む

    このページのトップヘ