お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:雑学 > 健康


    「呼吸」や「大気汚染」が!?意外と知らない身近な薄毛原因について!
    「呼吸」や「大気汚染」が!?意外と知らない身近な薄毛原因について!

    呼吸と薄毛の関係

    呼吸が浅くなることによって身体が感じるストレスと、それによって酸素が充分取り込まれない事が薄毛の原因となります。

    呼吸が浅いと自律神経が乱れストレスがたまるのです。

    そしてそのストレスは血管を収縮させてしまい、髪の毛が成長するのに必要な栄養分が頭皮に届かなくなってしまうのです。

    また、血管が収縮していると当然のことながら、血流の流れも悪くなります。

    つまり新陳代謝が悪くなることにより、古い細胞が頭皮に残り新しい細胞が生まれるのを阻害してしまいます。

    呼吸が浅いということは、自分では意識がなくてもストレスをため血流を悪くさせることに繋がり、頭皮環境の悪化へ繋がることで、薄毛を引き起こしてしまうのです。

    呼吸が浅いとは?

    呼吸が浅いとその分酸素を充分に吸い込む事が出来ない為、血液内の酸素濃度が薄まってしまい血流が悪化します。

    では、呼吸が浅いかどうかのチェックの仕方をご紹介します。

    健康診断などで行う息を吐く検査を用いるとある程度判断できます。

    ただここでは息を吐く量ではなく、どれだけ長く息を吐き続けられるかということで判断します。

    そこで、まずは思いっきり息を吸い込み、その後ゆっくりと吐いていきます。
    20秒に満たなければ呼吸が浅いと判断されます。

    呼吸が浅い方の改善方法

    呼吸が浅い人は薄毛になる可能性が高い!?

    呼吸が浅い方にお勧めの改善方法をいくつかご紹介しましょう。

    肺の中の空気を出し切る

    息を吸ってはいるけれど、それを吐き出しきっていないことで新しい空気が取り込めないという事が多々あります。

    そこで、息を吸うことを強く意識する前に、まずは息をゆっくりと最後まで吐ききるようにしましょう。

    姿勢を正して腹式呼吸

    2つ目は、腹式呼吸をすることです。
    最初はやりにくく感じるでしょうが、慣れてしまえば楽に出来るようになります。

    まずは、息を鼻から全て吐ききります。

    そして今度は鼻から息を吸い込み、一旦息を止めます。

    そしてその後に、ゆっくりと鼻から全て吐き出していくのです。

    背中が丸まっていると、横隔膜などに負荷がかかり充分に吸い込めませんので姿勢を正して行いましょう。

    事実、薄毛の人は口呼吸を行っている人が多いというデータもありますので、意識して腹式呼吸を行い、薄毛を予防しましょう。

    大気汚染と髪との関係

    大気汚染がもたらす髪、頭皮への影響

    今、日本の大気の状況はかなり悪化していますが、この大気汚染の影響は身体だけでなく、髪や頭皮にも及ぶのです。

    PM2.5などの数値をチェックして、値が高い場合には「マスク」をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    確かにマスクを着用することで、外気から肺に汚染物質が入ることを避けることができます。

    しかし、髪の毛や頭皮に付いた大気汚染物質に関してはどうでしょう。

    髪の毛や頭皮に大気汚染物質が付着している場合、キレイに洗い流さないと、頭皮に沈着し、毛穴付近で炎症をおこす可能性があるのです。

    中でも脂漏性脱毛症の方は、元々頭皮の皮脂分が多いため、その皮脂に大気汚染物質が付着し、炎症を起こす可能性が高く、脱毛が悪化してしまいます。

    薄毛や抜け毛がなかなか改善されないという方は、もしかすると「大気汚染」が原因かもしれません。

    大気汚染への対策

    もちろん一番良いのは「外に出ない」ということです。

    しかしほとんどの人にとってそれは不可能ですし、あまり健康的なことではありません。

    外出する時の対策として、できるだけ帽子をかぶるようにしましょう。

    ロングヘアの方も、髪の毛をまとめて全て帽子の中にしまってください。

    これでかなり大気の影響を避けることができます。

    また日頃の「洗髪」の習慣も大事になります。

    汚染物質は髪というよりも頭皮にくっついていますので、マッサージをする感覚で髪を洗うことが大切です。

    最近では病院で自分の髪や頭皮の状態をチェックすることができますので、一度検査してみても良いかもしれません。

    以上の様な事を心がけて、汚染物質から髪や頭皮を守りましょう!

    薄毛に悩まない方法が見つかった

    近い将来、抜け毛や薄毛のない世界へ
    ところで突然ですが、近い将来、抜け毛や薄毛のない世界が実現しそうなんです!

    理化学研究所と創薬ベンチャーなどが共同で【毛根を含む皮膚の再生】をiPS細胞を使って実現したと発表しました(2016年4月)。

    つまり、本格的な髪の再生医療がいよいよ来る!ということですね。

    山中教授のiPS細胞が社会をどんどん変えています。

    この実現で男性女性の薄毛から、深刻な脱毛症まで髪の悩みがいっきに解決しそうです。

    実用化まであともう少し

    iPS細胞で一つの皮膚細胞を再生するだけでなく、複数の細胞のあつまり「器官」、さらに複雑な3D構造の「器官系」まで作れた事が画期的です。

    毛包だけでなく、皮脂腺など体表面全体をおおう「皮膚器官系」の再生の成功です。

    これ、本当にインパクトが大きいですね。

    今はマウスでの実験であり、今後はヒトへの臨床応用が期待できるようです。

    やっぱり生活習慣が大切

    とはいえ、最初は値段が高いでしょうし難病治療が中心になると思います。

    まだまだ再生医療の恩恵にあずかれない私たちですが、生活習慣を変えるのは今からでもできそうです。

    それは、
    【体に良い食事】
    【適度な運動】
    【血行に良いヘッドスパ】
    を活用することです。

    「体に良い食事」・・・緑黄食野菜中心の食事。緑黄色野菜は髪の元となるたんぱく質を合成させるビタミンAがたくさん含まれています。

    「適度な運動」・・・週に一度の運動でも血行を良くし体の老廃物を押し出します。しかし過度な運動は抗酸化作用があるので注意が必要です。

    「血行に良いヘッドスパ」・・・髪や頭皮に直接働きかけるヘッドスパは血行を良くします。手軽であることも重要です。

    再生医療が広く普及するまでは生活習慣を変えて、美髪と健康な体を手に入れましょう!

    生え際からハゲていく人の特徴とは?

    呼吸の仕方によって人生が変わる事は良くあります。
    再度自分の呼吸の仕方を見直し、チエックしていきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 image.tabi-labo.com)


    やはり生活習慣が大事ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【呼吸が浅いと薄毛になりやすい?呼吸の改善方法と、大気と髪の関係!】の続きを読む



    30代の3割以上がインフルエンザが完治する前に出勤していた

    養命酒製造は10月31日「インフルエンザ」に関する調査結果を発表した。調査は10月中旬にネット上で実施し、20~59歳の会社員1000人から回答を得た。

    昨冬に風邪やインフルを予防するために行ったことを聞くと、最多は「手を洗う」(71.9%)。次いで、「うがいをする」(59.8%)、「マスクをする」(52.2%)と答えた人が多かった。さらに、「十分な睡眠や休息をとる」(33.7%)、「のど飴をなめる」(21.6%)、「体を冷やさない」(20.3%)などと2割以上が回答した一方、「特になし」(14.4%)と答えた人もいた。


    「インフルでも休まず出勤」――女性でやや高い割合に


    昨冬にインフルエンザにかかった回数を聞くと、大多数が「0回」(87.8%)と答えたのに対し、「1回」(11.5%)、「2回」(0.7%)を合わせて約8人に1人がインフルエンザにかかっていた。年代、性別にみると、最多が「20代女性」(19.2%)で、後に「20代男性」「30代男性」(14.4%)が続いた。

    また、インフルエンザにかかった人を対象に、職場に復帰したタイミングを聞いたところ、「完全に治ってから出勤した」(77.9%)と回答した人が多かった一方、「完全に治る前に出勤した」(18.9%)、「休まず出勤した」(3.3%)と2割以上が完治前に、仕事をしていたことが分かった。完治前の出勤は30代では32.3%にものぼった。

    男女別では「休まず出勤した」(男性1.6%、女性5.1%)と答えた割合を比べると、女性が男性の約3倍とやや高い結果になった。


    「休ませてもらえなかった」「インフルと認めてもらえなかった」

    インフルエンザにかかったことにより同僚から嫌味を言われる「インフルエンザハラスメント」については、「職場で受けたことがある」と答えた人が3.7%だった。主な内容としては、「休ませてもらえなかった」(20代女性)や「インフルエンザと認めてもらえなかった」(50代男性)といったもののほか、

    「仮病じゃないの?」(40代男性)
    「自覚はないのか、みんなが迷惑しているんだけど」(30代男性)
    「なんだったらこのままずっと休むか?」(40代男性)

    などと実際に直接嫌味を言われた人もいた。本人に精神的負担を負わせないのはもちろん、社内でインフルエンザを流行させないようにするためにも、インフルエンザにかかった時には休みやすい環境を整えることが必要だ。




    もう少し日本では「職場環境」を整えてほしい所。海外では普通に休めるのに!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    インフルエンザ(イタリア語: influenzaラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患を呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。 季節性インフルエンザ
    74キロバイト (10,339 語) - 2019年9月12日 (木) 10:37



    (出典 nire-family.jp)


    ここまで職場環境が悪いとは・・・
    これでは若い人は長続きしませんね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【人手不足の影響か?「インフルエンザ」でも休ませてもらえない企業が多数。】の続きを読む


    雨が降りそうになると関節が痛くなる、季節の変わり目になるとめまいを感じるなど、天気の変化で不調を訴える患者さんは多くいます。
    季節の変化と健康の間には深い関係があります。一般に、人の体には季節や天気の変化に合わせて調整する機能が備わっていますが、この調整機能が十分に働かなくなる場合に心身に不調が現れるのです。

    特定の季節に発症する病気を「季節病」といます。花粉症熱中症インフルエンザなどがこれにあたります。

    他方、日々の気象の変化により発症したり、症状が悪化する病気を「気象病」といいます。
    引きがねになるのは、気圧、気温、湿度の変化。特に影響が大きいのは気圧です。「梅雨や台風の時期に自律神経の働きが乱れやすい」というのは気象病の一つ。主な症状としては、頭痛、めまい、耳鳴り、関節痛、不安、うつ、むくみ、肌のかゆみ、眠気など千差万別です。

    天気や気圧、気温の変化は自分ではコントロールできないもの。しかし、普段からストレスをためず、睡眠をしっかりとることで自律神経の乱れを抑えることは可能です。
    また、外気との気温差を少なくして生活すれば、自律神経の働きがスムーズになり、温度変化に対応できるようになるでしょう。

    天気や気圧の変化を事前に把握するのも一案。安心感が出て、気象病の症状が和らぐことがあります。
    気象病の症状はさまざまですが、大切なのは「リラックスして自律神経の働きを正常に保つ」ということです。雨の日は頑張りすぎず、やり過ごすのも立派な対策の一つなのです。

    台風が近づくと関節が痛い、頭痛がする…「気象病」ってご存知ですか。

    台風が来てもそれに負けないくらいの体を作っておこう。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    気象病(きしょうびょう、英: meteoropathy)は、近年認知されつつある病名で、気象の変化によって症状が出現する、あるいは悪化する疾患の総称。症状は「天気が悪いと古傷がうずく」といった天気痛のほか、メニエール、喘息、めまい症、うつ病、頭痛、腰痛、肩こり、神経痛、関節炎、リウマチ、蕁麻疹、
    4キロバイト (494 語) - 2019年6月9日 (日) 14:52



    (出典 pds.exblog.jp)


    そうならないためにも「自律神経」を整える訓練をしておきたい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【雨の降る前などに起こりうる、頭痛や関節の痛み!それは「気象病」かも。】の続きを読む


    ■治療が必要な依存症と認定

    2019年5月下旬、世界保健機関WHO)が「ゲーム障害」を病気として正式に認定した。スマートフォンゲーム専用機、PCなどを通じたゲームに没頭し、日常生活に差し障りが生じている状態を、アルコールや薬物といったケースと同様の依存症と位置づけたのだ。つまり、治療が必要だとみなしたことになる。

    ゲーム障害」に陥る人には、①プレーする頻度や時間などを自己制御できない、②日常生活よりも優先する、③悪影響が出ていても没頭し続ける――という3つの傾向がうかがえる。これらが少なくとも12カ月間続くと、依存症に陥っていると判断されるのだ。ネットゲームの世界から抜け出せなくて生活が荒んだ人を「ネトゲ廃人」と揶揄するように、「ゲーム障害」への社会の見方は批判的だった。だが、医学博士で立命館大学教授の美馬達哉氏は指摘する。

    「病気として認知されれば罪悪感のハードルが下がり、周囲の人たちや専門家に相談しやすくなるでしょう」

    ただし、こうした依存症は医師に診てもらえば治るというものでもない。不安を抑える薬が処方されても、あくまでそれは対症療法。肝心なのは、患者自身が心理的な依存を断つことだ。専門家の指導以上に、「アルコール依存症の断酒会のような同じ経験をした人たちのサポートのほうが有効」(美馬氏)という。

    ----------

    大西 洋平(おおにし・ようへい
    金融ジャーナリスト
    出版社勤務等を経て1995年に独立し、金融経済の分野を専門に執筆活動を続ける。著書に『「株式新聞」のスゴイ読み方』(廣済堂出版)。

    ----------

    日常生活に支障をきたすゲームのやりすぎが、依存症と認定された(写真はイメージ)。 - AFLO=写真

    「オンラインゲーム」が出てきてから、このような人たちが増えてきている感じがします。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゲーム依存症 (廃人からのリダイレクト)
    中国情報局『オンラインゲーム依存症防止システムがまもなく開始』2006年7月27日 芦崎治 『ネトゲ廃人』 リーダーズノート株式会社 2009年5月1日初版 ISBN 4903722163 西村本気 『僕の見たネトゲ廃神』 リーダーズノート株式会社 2010年1月29日初版 ISBN 4903722171
    22キロバイト (2,988 語) - 2019年8月4日 (日) 16:08



    (出典 img.sirabee.com)


    今の時代「インターネット」が発達して、ネット依存になる方が増えてきた。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(病気)ネトゲ廃人!治療が必要な依存症と認定。】の続きを読む


    [記事提供:女性医療クリニックLUNA(http://www.luna-clinic.jp/)]

     芸能人が癌で亡くなるととたんに、一時的にマスメディアがその癌に注目し報道が増える傾向にある。


    かしこの20年くらい闘病して死亡するというパターンは、乳癌患者では決して珍しいものではない。最近の乳癌患者は、発症してから10年以上生きるのが当たり前である。いや最近の癌は、どの癌でも、簡単に死ぬことはあまりない。ある癌にかかり、再発すると、人間はかなりの確率でその癌で死亡するのだが、延命治療は確実に進歩しており、以前は何ヶ月後だった死亡時期が、何年後や場合によっては何十年後になったりする。例えば75歳以上の男性が前立腺癌になった場合、病型にもよるが、手術しないで、薬で治療する場合が多い。

    人間は、120歳前後までに確実に1度は死ぬので、変な言い方だが前立腺癌細胞を抑えてこんでいるうちに、心筋梗塞とか肺炎など病気で患者が死亡するのを待つのである。乳癌の場合、前立腺癌にくらべ圧倒的に発症年齢が若いので、癌細胞を抑えこめる時間より、人間の寿命のほうが長い場合が多く、残念ながら癌死してしまう。

    将来的には、医学が進歩して、50年以上癌を確実に抑える薬ができれば、癌の手術はなくなり、高血圧糖尿病と同じく癌は薬でコントロールする時代がくるそうだ。

    ・合わせて読みたい→
    みんなで知っておきたい「乳がん」(https://cocokara-next.com/lifestyle/knowing-about-breast-cancer/)



    ところでたとえ癌を患っても、その癌が早期癌だった人は、本当に運がいい人である。

    世の中では、口をすっぱくして検診の重要性が叫ばれているが、健康に自信のある人は、なかなか検診を受けるモチュベーションが沸かないものである。一方一度でも癌になった人は、検診の重要性が、よく理解できる。1度癌になったということは、癌遺伝子をもっているということだから、また別の癌になる可能性もある。しかし1年1回少しの手間とお金をかけて検診していれば、もし別の癌になっても、また早期発見ができ、その癌で死ななくていいのだ。そういうことが身にしみてはじめて、検診を受けるという行動が取れるようになる人も多い。

    よく自分は癌家系ではないという人がいるが、知りうる限りの先祖に癌がいない場合、その人の家系には、高血圧遺伝子や、糖尿病遺伝子があり、先祖は、癌になる前に血管の病気(脳梗塞心筋梗塞)や、感染症(肺炎など)で死んでいた可能性が高い。これらの疾患がかなり克服されている現在、人間はだれでも年を重ねるごとに癌になる可能性が高くなってきた。日本女性の人生は長い。だれでも90歳まで生きることが可能な時代となった。癌で早死にしないためには、20歳を越えたら子宮癌検診、30歳を超えたらさらに乳癌検診、40歳を超えたら他の癌検診も追加して毎年受けるという習慣が大切である。

    女性医療クリニックLUNAグループ
    理事長 関口 由紀

    [記事提供:女性医療クリニックLUNA(http://www.luna-clinic.jp/)]

    ※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

    がんで若死にしないようにしよう


    「自分は大丈夫」と思わず、しっかりと検査はしていきたいですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    悪性腫瘍 (からのリダイレクト)
    大腸、直腸、肛門およびその付随組織 肝癌 肝細胞 - 肝臓 胆嚢 胆管 膵臓がん(膵がん) 副腎 消化管間質腫瘍(GIST) 中皮腫 - 胸膜、腹膜、心膜など 頭頚部 喉頭 口腔 口腔底 歯肉 舌癌 頬粘膜 唾液腺 副鼻腔 上顎洞 前頭洞 篩骨洞 蝶型骨洞 甲状腺 腎臓がん 肺癌 骨肉腫
    84キロバイト (11,835 語) - 2019年9月9日 (月) 03:20



    (出典 www.bioskin.jp)


    やはり早期発見、早期治療に限りますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(健康)癌で早死にしないためにも、しっかり検診を受けるようにしていこう。】の続きを読む

    このページのトップヘ