お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > よくある悩み



    (出典 www.denwa-kanyuken.com)


    こういった時だからこそ、突然「寂しい」と思う時がある。

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/05/15(金) 15:01:40.55

    思いがけない妊娠や出産に悩む女性から二十四時間、相談を受け付けている神戸市の一般社団法人「小さないのちのドア」。
    普段は新規の十代の対応件数は月十件ほどというが、休校措置が取られた三~四月の二カ月間では、計約百件と急増した。

    「妊娠したかもしれない」 「アルバイト収入が減って援助交際を始めたけど、避妊できているか心配」との声が続々と届き、
    施設長の西尾和子(よりこ)さん(37)は「北海道から沖縄まで全国から相談が寄せられている」と話す。

    西尾さんによると、相談してくる女性たちの様子から、「コロナ禍で社会に広がっている不安」を感じるという。

    援助交際に収入を求めるなど深刻なケースもあるが、「全体的にストレスがたまっている。衝動に走る男の子や満たされたいと思う女の子が、
    心のぬくもりを求め合っているのではないか」と話す。

    青少年の性教育など啓発活動に取り組むNPO法人「ピルコン」(東京都)にも、
    十代からの相談が月平均五十件だったのに対し、三~四月は計約二百件と倍増している。

    ピルコン理事長の染矢明日香さん(34)は、このままでは十代の妊娠が増えていくとの見方を示し、
    「十代というと、本人を責める意見もあるが、虐待などで居場所をなくし、逃げ場を性行為に見つけている子もいる。大人や社会の支えが必要」と指摘する。

    西尾さんも「危機的状況だ」と強調。日本の性教育を問題視し、「本質的な性教育がなされず、避妊方法を間違っているケースもある。
    生きていくための教育と捉え、家庭でも子どもたちと『赤ちゃんができたら』 『人生にとって何が大事か』を話し合ってほしい」と話した。

    ピルコンでは、初診でも電話・オンライン・遠隔診療が可能な婦人科の一覧をホームページで公開している。
    性交から七十二時間以内に服用が必要な「緊急避妊薬」の処方については、各医療機関に問い合わせが必要。
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051502000260.html

    中高生の妊娠相談過去最多 新型コロナによる休校影響か 熊本・慈恵病院 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589215136/

    相次ぐ10代少女の妊娠相談 アルバイトの減収で買春被害も★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589341484/-100

    【神戸】「妊娠したかもしれない…」10代少女からの相談急増 新型コロナウイルスで長引く休校などの影響懸念 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587995555/

    【話題】 休校・外出自粛長期化で10代の妊娠相談相次ぐ・・・家に居づらく 「彼氏の家に」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587197397/


    外出自粛で「ストレスがたまり」この時期性的な関係を持つ人が増えてきています。

    今後、自粛が続けばさらに相談は増えてくると思われます。


    【10代で「妊娠」に関する相談最多!ストレス社会、心の温もりを求めて・・・】の続きを読む


    人々の多くは、「痩せたい」という気持ちを抱えながら生きている。それでは逆に、「太りたい」と思っている人はいるのだろうか。

    画像をもっと見る

    ■「もう少し太りたい」1割程度

    しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,789名を対象に、「体型について」の調査を実施した。

    もう少し太りたいと思うグラフ

    「もう少し太りたいと思う」と答えた人は、全体で12.1%だった。

    関連記事:浅野ゆう子、59歳とは思えぬスタイルに衝撃走る 「腰の位置が…」

    ■細いと甘く見られる

    性年代別では、10代から20代の男性が高い割合になっている。

    もう少し太りたいと思う性年代別グラフ

    あまりに細いと、甘く見られることもあるようだ。

    「僕はどんなに食べても太らなくて、かなりガリガリな体型をしている。女の子から、『どうすれば痩せられるの?』と聞かれるけれど、僕はなにもしていないから答えようがない。

    あまりに細すぎると頼りなく思われるようで、甘く見てくる人がいるのがくやしいところ。せめて標準体重になり、それなりの存在感を出したい」(20代・男性)


    ■女性は痩せたい

    女性は標準体型であっても、痩せたいと思う人が多い。

    「彼女はもう十分痩せているのに、それでも『こんな体型はありえない』と言ってダイエットしようとしている。僕にすればどこが不満なのか、まったくわからない」(20代・男性)

    男性が好きな体型と、女性の理想は違うのだ。

    「男性からすると、ある程度は脂肪があったほうが女性らしい体で魅力的に見える。しかし女性は、余計な脂肪がまったくないスレンダーな体型に憧れるのだろうな」(30代・男性)

    ■あんなに細かったのに

    若い頃には細身だったのに、年を取って肥満体型になった人も。

    「若い頃はたくさん食べても、体型はほとんど変わらなかった。そのために、もう少し太りたいと思っていた。しかし30代を超えてから、だんだんと代謝が悪くなってきたのが自分でもわかる。

    今ではすっかりと肥満体型になってしまって、若い頃の『太りたい』と思っていた願いは叶った。しかしここまで太るのは想定外で、今はむしろ『痩せたい』と思っている」(40代・男性)

    どちらにせよ、健康に悪影響を与えるようなことだけはしてほしくないものだ。

    ・合わせて読みたい→香椎かてぃ、減量後の体重に賛否の声 「ストイック!」「痩せすぎでは?」

    (取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
    対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

    太りたいと願う人は1割程度 体重増加を目指す少数派の主張とは


    太りたくても太れない!!そういった悩みがある人もいます。


    半分は体質から来ているとは思いますが、食事で改善できそうです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 shogokoba.com)


    太りたくても太れない。そのような男性が増えてきていると思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【体型「細いと甘く見られる」もう少し太りたい男性,10代で約3割に!?】の続きを読む



    夫婦ともにテレワークなのに……

    フェミニスト」や「フェミニズム」という言葉をよく聞くようになった昨今だが、いまだ「日本は男尊女卑」という不満を持つ人は少なくない。

    ガールズちゃんねるに4月中旬、「まだまだ日本は男尊女卑だと思うことは?」というトピックが立った。トピ主の女性は、「私の会社は男性社員の方が賃金が高く、仕事ができて能力が高い女性社員も沢山いるのに、上司は男ばかりです」と不満を漏らす。トピック内の書き込みはこれに共感し、

    「同じ仕事なのに男の方が給料いい」
    「結局お茶汲みは女性の仕事。金融機関で働いています」
    「結婚したら夫側の苗字に入ることが当然みたいな風潮」

    など、不平不満を訴える声が次々に上がった。(文:okei


    「夫婦でお互いテレワークなのに、夫は子供の世話もせず仕事だけ」


    世界経済フォーラムによる「ジェンダー・ギャップ指数2020」では、日本は153か国中121位と過去最低を記録している。2018年に発覚した医学部の不正入試問題は、複数の大学が男子や現役生に一律加点し、女子を一律減点していたことなどが明るみになり物議を醸した。不平等を感じるのも当然だ。

    ピック内の書き込みには、今だからこそ浮き彫りになった不平等感も出ている。

    コロナで休校。共働きでも、同じ働き方をしていても、休むか仕事をやめるのは、当然のように女」
    「夫婦でお互いテレワークなのに、夫は当たり前に何の疑問ももたず、子供の世話もせずに一人部屋にこもって仕事。時間ごとに交代してほしいと言うと、『え?なんで?』だって。子供の世話しながらテレワーク、集中できないの経験してみろよ!」

    という叫びも。家にいても仕事以外何もしない夫、同じテレワークでも子どもの世話や家事は当たり前のように妻がやるという状況に「コロナ離婚」が頭をよぎる人もいるだろう。

    また、「義実家行くと、バタバタ動いてるのは女ばかり」にも共感が集まっていた。「あほな舅が『男がなめられるようなことするな。ただ威張っておけ』って酒飲んでテレビ見るように夫に強要する」というから地域差や世代間ギャップの凄まじさも深刻だ。


    「~してもらえる」という立場はリスクが高い

    一方で、「(不平等は)たくさんあるけど、逆に女性であるメリットもたくさん受けてるので、何も文句は言いません」など、「女だから得をしている」という声もチラホラあった。

    女だから得をすることとは、一時的に奢ってもらえる・養ってもらえる、肉体労働的なことを免除される、といったことだろうか。ただ、「~してもらえる」という立場は非常に危ういもので、若さや相手の優しさ度によって変わってしまう。よく「専業主婦はリスクの高い生き方」などと言われるように、経済力を男性にまかせきりにした場合、女性は自分の生存を誰かに委ね、発言権が失われるリスクも負う。

    しかし、「だから女性は皆、男性以上に努力して経済的に自立しなくてはならない」という話でもないと筆者は思う。入試で差別されないとか、当たり前に男性の賃金の方が高い、共働きなのに家事育児は女性だけ、といった構造がなんとかならないか、という話だろう。

    藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)は、著書『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』(ベストセラーズ)の中で、

    フェミニズムというのは、簡単に言えば、『女だからといって損をさせられる言われはないし、誰かの犠牲にさせられることもお断りします』という思想だ」

    と説いている。男女平等というと男女の体格差・出産など、できることが違うんだから仕方ないという言い合いで終わりがちだが、普通に頑張っていれば女性が経済的に自立できる世の中になってほしい。トピ主が訴えているのも、そういうことではないだろうか。




    男性は生活の為に働き、女性は家事をする。お互いの役割分担の中に「ミスマッチ」が生まれると、お互いにぎくしゃくしてしまう。

    こういった時だからこそ、夫婦間の関係もしっかりしていきたい所ですね。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    女性差別 (男尊女卑からのリダイレクト)
    女性差別(じょせいさべつ)とは、女性に対する性差別である。男尊女卑(だんそんじょひ)と呼ぶ人もいる。対義語は男性差別という。 日本は、男女格差が世界で最も大きい国の一つとされ、世界経済フォーラムが世界男女格差レポートにて公表している世界男女格差指数ではG7で最下位、世界中で見ても低いレベルにとどまっている。
    12キロバイト (1,571 語) - 2020年4月19日 (日) 03:50



    (出典 orenocloud.tokyo)


    昔は、女性の方が強かったけれど、今は逆転している。
    欧米では少しずつ緩和してきているが、日本はまだまだ男尊女卑が強く根付いている。

    <このニュースへのネットの反応>

    【在宅勤務で、主婦嘆き?!「子供の世話もしない」男尊女卑と言う異例な社会。】の続きを読む


     学生時代は気の合う仲間との飲み会が多いわけですが、社会人になると話の合わない同僚や上司との飲み会が避けられないことも。

    飲み会
    ※画像はイメージです(以下同じ)
     都内の自動車メーカーで事務として働く、草野明梨さん(仮名・25歳)は普段は明るく、誰とでもコミュニケーションが取れますが、もともとは人見知りで大人数での飲み会が苦手でした。

    息苦しい忘年会に感情が爆発

    「その日は職場の納会も兼ねた忘年会ホテルの宴会場を貸し切って行われ、会社の偉い人や、普段関わらない部署の人もたくさんいる、まさしく私の苦手な空間。なんとも言えない息苦しさを感じましたね」

     明梨さんは先輩にお酌したり、苦手な愛想笑いを振り撒くなど努力しました。しかし、後半に差し掛かった頃から、記憶が曖昧になり、なぜか会場を抜け出してしまったようです。

    「ふと気が付くと、無意識のうちに知らないマンションに侵入しようとしていました……」

     休日は趣味のカメラに没頭するなど穏やかな日々を過ごしていた明梨さんですが、仕事では同じことの繰り返しで、やりがいのない毎日。気づかぬうちに心を蝕まれ、忘年会で感情が爆発してしまったそうです。

    マンションの屋上で考えたこと

    マンション 夜景

    「これから忘年会に戻るわけにはいかないし、こうなったら後先考えず自分の本能に従おうと腹をくくりました。意識が朦朧(もうろう)とする中、猛烈な勢いで階段を駆け上がり、軽やかに柵も飛び越え、屋上にあった広いスペースに。1人きりになれて安心できたことを覚えています」

     もちろん不法侵入はいけませんが、マンションの屋上から周囲を眺めると、新宿のドコモタワー渋谷ヒカリエ東京タワー東京スカイツリーが視界に。

    「今まで見たことがない綺麗な夜景を目の当たりにして、ずっと淀んでいた気持ちが心が晴れやかになった気がしました。ずっと真面目に生きてきた自分が初めて殻を破れた感慨もあって、思わずその場から動けなくなったんです」

    しとしとと降る雨の冷たさで目が覚める

    屋上で水浸し

    「そのまま屋上で1時間くらい座っていました。そして無心でビルの上層階で点滅するライトを数えていたら、そのうち寝てしまっていたようです」

     翌朝、しとしとと降る雨で起きたアカリさん。夢から現実に戻ると、その場は随分と冷え込んでいたといいます。

    「雨で全身がビショビショに濡れていて、ブルブルと震えていたのを覚えています。お酒が抜けたこともあってか、『わたし、何してるんだろう』と急に情けなくなり、小走りで自宅に帰りました」

     その後、職場ではどのような対応をしたのでしょうか。真面目な印象の同僚が急に忘年会を抜け出したとなれば、当然心配してしまいますよね。

    「上司には『気分が悪くなって中座してしまいました』と平謝りをして、なんとか事なきを得ました。もちろん同僚からも『大丈夫だった?』と言われて、迷惑をかけたことに反省しきりでした」

    写真を撮り続けるだけの生活を送リたい

    カメラ

     その後も同じ会社で働き続けていた明梨さん。趣味の写真をコツコツと続け、SNSアップしていると、徐々にファンもついていったそうです。

    SNSのフォロワーが5000人を超えた辺りから、周囲の反応が変わっていきました。企業から取材や、インタビューの話が舞い込むようになったんです。好きで続けてきたことが評価され、本当に嬉しかったです」

     今では自分の写真展を開催するまでになり、今後の生き方について語ってくれました。

    「やっぱり会社での仕事は向いてない気が……。人に気を使うのが非常に疲れるんですよね……。いつかもっと有名になったら会社を辞めるつもりです。好きな写真を撮り続けるだけの生活を送るのが夢です」

     生活のためとはいえ、苦手なことを我慢して続けるよりも、自分が好きなことをして生きる方が良い。彼女の話からはそんな印象を受けました。

    ― 特集・忘年会にまつわるエトセトラ ―

    TEXTminkle イラストパウロタスク(@paultaskart)>

    【minkle】

    1992年生。港区のIT企業でエンジニアをしながら、複業でライターをしてます。趣味は読書とラジオお笑い全般が大好き。編集・ライター養成講座40期生 Twitter:@minkle_ideas



    こんなに無理してまで「忘年会」に行く必要もないと思います。
    行きたくない時は勇気を持って断ってしまいましょう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 storage.tenki.jp)


    ここまで参加しなくても良いと思います。
    自分の中に毒を持ちたい所です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【職場の忘年会が辛い!!息苦しく冷たい雨で目が覚める25歳OL。】の続きを読む


    年末年始の帰省問題、みなさん一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。特に結婚していると、どっちの実家にどれくらい帰るのか、子どもを連れてどう帰省するかなど、悩みを抱えている人も多いはず。

    本稿では、マイナビ会員20~50代の既婚女性300人にアンケートを実施。帰省の頻度や期間、みんなの帰省時に感じるぶっちゃけエピソードをご紹介します。
    ○旦那の実家への帰省は面倒臭い

    毎年旦那の実家へ帰省していますか? という質問には、約7割の人が「はい」と回答。「はい」と回答した人に、旦那の実家への帰省は面倒か? と質問すると、こんな結果に。

    なんと70%以上の人が、旦那の実家への帰省は面倒だと感じているようです。世の男性のみなさん、あなたの奥さんは大丈夫ですか?

    では、どういったことが「旦那の実家への帰省は面倒」だと感じさせるのでしょうか。その理由についても聞いてみました!
    ○旦那の実家への帰省が面倒な理由、1位は……?

    意外(?)にも、旦那の実家への帰省が面倒な理由の1位は「帰っても特にすることがない」でした。ただ、ここで「ゆっくりできてイイじゃん! 」とはならないのが難しいところ……。自分の実家ではないので、多少なりとも気遣いはするでしょうし、そういった環境での「特にすることがない」は結構辛いものがありますよね。

    次点で多い理由が「手土産や交通費などの出費」でした。特に遠方だと交通費だけでもかなりの出費。移動時間の疲れも大きな理由ですね。

    そして"やはり"というか"そういうもんだよね"というか、「家族との距離感に疲れる」人も多いようです。"するな"という方が難しい気遣いや家族からの干渉、なかなかストレスが溜まりますよね。ちなみに、「旦那の実家への帰省は気を遣いますか? 」という質問に「はい」と回答した人は全体の8割にも及びました。
    ○旦那の実家へ帰省しない人の理由は

    そもそも「旦那の実家へ帰省はしない」、と回答した人も3割近くいたので、その理由を聞いてみました。

    結果は、「(旦那や旦那の家族から)声をかけられないから」、「お互い自分の実家に帰るから」という気楽な回答もある中、帰省中のトラブルが原因で帰省しなくなったという人もいました。「実家が遠方にあり移動で疲れていてあたってしまう」、「旦那が旦那の家族と話すときに助けてくれない」など地雷はさまざま。今まで一緒に帰っていたからといって安心してはいれません。

    その他の理由には、「片道1,500kmと遠く、5人家族なので飛行機より車で帰るが往復4日間かかる」「近くに住んでいて普段からよく行っているので」「仕事があり帰れないため」といったものもありました。

    帰省しない理由として1番多かったのは、「近くに住んでいて頻繁に会うので」というものでした。距離が近いと普段からコミュニケーションが取れるので、年末年始だからといってわざわざ帰省するということは少ないようですね。
    ○帰省頻度や滞在期間はどれくらい?

    時間もお金も労力もかかる帰省、みんなどれくらいの頻度で、またどれくらいの期間帰省しているのでしょうか?

    帰省のタイミングを聞くと、半数以上の人が「年末年始やお盆といった長期休暇」と回答。「週末休みを利用して」や、「声をかけられたら帰るようにしている」という声もありました。

    帰省回数を聞くと、年に3回以上と3回以内の割合がほぼ同じになりました。実家が近所の場合の「頻繁に帰る派」と、長期休暇にあわせて帰省する「定期的に帰る派」に分かれているようです。

    また、旦那の実家へ帰省した際の滞在期間を聞くと、ダントツで「3日以内」という結果に。長期休暇の半分くらいで帰る、というイメージの人が多いようですね。

    ○旦那の実家での仰天エピソード

    お待たせしました! おそらくこの記事を読んでくださった方が1番気になっている部分であろう、実際の帰省時にあった"面倒・もう帰ってきたくない"と思ったエピソードいっきに紹介します。

    「1週間ほど滞在することがほとんどで、それでいて旦那の両親宅では居場所がない。早く自分の家に帰りたいと思ってしまいます」(44歳・専業主婦)、「いちいち小言を言われる」(44歳・事務職)、「いつももう関わりあいになりたくないと思っている」(53歳・専業主婦)、「関係性は良好にやれているが、旦那の実家にはエアコンがないので、お盆の時期だけは辛い! 子どもにアセモができてしまう」(32歳・事務職)、「盆は親戚のお墓参りで、結局はずっ~と家事手伝い。旦那の父母より、兄嫁の指示がよくあり『自分の事だけを考えずに、動いてくれる? 」と言われカチンときた。夫も見て見ぬふりだしキレた」(42歳・専業主婦)、「ただでさえ気を遣うのに、旦那はなかなか帰ろうとしてくれない。お酒が入ると癖の悪い旦那の姉にからまれ、嫌味を言われるので会いたくない」(48歳・サービス業)、「子どものことでかわいそうとか言われるとムカつく」(36歳・専門職)、「孫にお菓子や甘いものを好きなだけ買い与えられて困る」(29歳・専業主婦)

    ちらほら目立った回答が「エアコンが無い家に泊まらないといけない」というエピソード。特に子どもがいると気になってしまいますよね。フォローしてくれない旦那さんへの不満を持つ人も多かったので、男性のみなさん、自分の実家だからといって奥さんへのフォローをおろそかにしないようにしてください。
    ○年末年始の帰省は体力と気力勝負!

    以上、マイナビニュース会員へのアンケートによる「旦那の実家への帰省に関する奥さまの意見」をご紹介しました。ただでさえ付き合いや出費が増える12月。帰省には体力も気力も(ついでに財力も)使います。しっかり英気を養って、家族で助け合いながら年末年始を乗り越えてください!
    (阿部仁美)

    画像提供:マイナビニュース

    やはり「帰省」となると少々面倒です。渋滞も発生しますし、お金もそこそこかかります。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.hibiyakadan.com)


    帰省は出費もかかるし、渋滞するからめんどくさい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【良い事ばかりではない!年末年始の帰省、旦那の実家での仰天エピソード!?】の続きを読む

    このページのトップヘ