お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:社会 > よくある悩み


     学生時代は気の合う仲間との飲み会が多いわけですが、社会人になると話の合わない同僚や上司との飲み会が避けられないことも。

    飲み会
    ※画像はイメージです(以下同じ)
     都内の自動車メーカーで事務として働く、草野明梨さん(仮名・25歳)は普段は明るく、誰とでもコミュニケーションが取れますが、もともとは人見知りで大人数での飲み会が苦手でした。

    息苦しい忘年会に感情が爆発

    「その日は職場の納会も兼ねた忘年会ホテルの宴会場を貸し切って行われ、会社の偉い人や、普段関わらない部署の人もたくさんいる、まさしく私の苦手な空間。なんとも言えない息苦しさを感じましたね」

     明梨さんは先輩にお酌したり、苦手な愛想笑いを振り撒くなど努力しました。しかし、後半に差し掛かった頃から、記憶が曖昧になり、なぜか会場を抜け出してしまったようです。

    「ふと気が付くと、無意識のうちに知らないマンションに侵入しようとしていました……」

     休日は趣味のカメラに没頭するなど穏やかな日々を過ごしていた明梨さんですが、仕事では同じことの繰り返しで、やりがいのない毎日。気づかぬうちに心を蝕まれ、忘年会で感情が爆発してしまったそうです。

    マンションの屋上で考えたこと

    マンション 夜景

    「これから忘年会に戻るわけにはいかないし、こうなったら後先考えず自分の本能に従おうと腹をくくりました。意識が朦朧(もうろう)とする中、猛烈な勢いで階段を駆け上がり、軽やかに柵も飛び越え、屋上にあった広いスペースに。1人きりになれて安心できたことを覚えています」

     もちろん不法侵入はいけませんが、マンションの屋上から周囲を眺めると、新宿のドコモタワー渋谷ヒカリエ東京タワー東京スカイツリーが視界に。

    「今まで見たことがない綺麗な夜景を目の当たりにして、ずっと淀んでいた気持ちが心が晴れやかになった気がしました。ずっと真面目に生きてきた自分が初めて殻を破れた感慨もあって、思わずその場から動けなくなったんです」

    しとしとと降る雨の冷たさで目が覚める

    屋上で水浸し

    「そのまま屋上で1時間くらい座っていました。そして無心でビルの上層階で点滅するライトを数えていたら、そのうち寝てしまっていたようです」

     翌朝、しとしとと降る雨で起きたアカリさん。夢から現実に戻ると、その場は随分と冷え込んでいたといいます。

    「雨で全身がビショビショに濡れていて、ブルブルと震えていたのを覚えています。お酒が抜けたこともあってか、『わたし、何してるんだろう』と急に情けなくなり、小走りで自宅に帰りました」

     その後、職場ではどのような対応をしたのでしょうか。真面目な印象の同僚が急に忘年会を抜け出したとなれば、当然心配してしまいますよね。

    「上司には『気分が悪くなって中座してしまいました』と平謝りをして、なんとか事なきを得ました。もちろん同僚からも『大丈夫だった?』と言われて、迷惑をかけたことに反省しきりでした」

    写真を撮り続けるだけの生活を送リたい

    カメラ

     その後も同じ会社で働き続けていた明梨さん。趣味の写真をコツコツと続け、SNSアップしていると、徐々にファンもついていったそうです。

    SNSのフォロワーが5000人を超えた辺りから、周囲の反応が変わっていきました。企業から取材や、インタビューの話が舞い込むようになったんです。好きで続けてきたことが評価され、本当に嬉しかったです」

     今では自分の写真展を開催するまでになり、今後の生き方について語ってくれました。

    「やっぱり会社での仕事は向いてない気が……。人に気を使うのが非常に疲れるんですよね……。いつかもっと有名になったら会社を辞めるつもりです。好きな写真を撮り続けるだけの生活を送るのが夢です」

     生活のためとはいえ、苦手なことを我慢して続けるよりも、自分が好きなことをして生きる方が良い。彼女の話からはそんな印象を受けました。

    ― 特集・忘年会にまつわるエトセトラ ―

    TEXTminkle イラストパウロタスク(@paultaskart)>

    【minkle】

    1992年生。港区のIT企業でエンジニアをしながら、複業でライターをしてます。趣味は読書とラジオお笑い全般が大好き。編集・ライター養成講座40期生 Twitter:@minkle_ideas



    こんなに無理してまで「忘年会」に行く必要もないと思います。
    行きたくない時は勇気を持って断ってしまいましょう。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 storage.tenki.jp)


    ここまで参加しなくても良いと思います。
    自分の中に毒を持ちたい所です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【職場の忘年会が辛い!!息苦しく冷たい雨で目が覚める25歳OL。】の続きを読む


    年末年始の帰省問題、みなさん一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。特に結婚していると、どっちの実家にどれくらい帰るのか、子どもを連れてどう帰省するかなど、悩みを抱えている人も多いはず。

    本稿では、マイナビ会員20~50代の既婚女性300人にアンケートを実施。帰省の頻度や期間、みんなの帰省時に感じるぶっちゃけエピソードをご紹介します。
    ○旦那の実家への帰省は面倒臭い

    毎年旦那の実家へ帰省していますか? という質問には、約7割の人が「はい」と回答。「はい」と回答した人に、旦那の実家への帰省は面倒か? と質問すると、こんな結果に。

    なんと70%以上の人が、旦那の実家への帰省は面倒だと感じているようです。世の男性のみなさん、あなたの奥さんは大丈夫ですか?

    では、どういったことが「旦那の実家への帰省は面倒」だと感じさせるのでしょうか。その理由についても聞いてみました!
    ○旦那の実家への帰省が面倒な理由、1位は……?

    意外(?)にも、旦那の実家への帰省が面倒な理由の1位は「帰っても特にすることがない」でした。ただ、ここで「ゆっくりできてイイじゃん! 」とはならないのが難しいところ……。自分の実家ではないので、多少なりとも気遣いはするでしょうし、そういった環境での「特にすることがない」は結構辛いものがありますよね。

    次点で多い理由が「手土産や交通費などの出費」でした。特に遠方だと交通費だけでもかなりの出費。移動時間の疲れも大きな理由ですね。

    そして"やはり"というか"そういうもんだよね"というか、「家族との距離感に疲れる」人も多いようです。"するな"という方が難しい気遣いや家族からの干渉、なかなかストレスが溜まりますよね。ちなみに、「旦那の実家への帰省は気を遣いますか? 」という質問に「はい」と回答した人は全体の8割にも及びました。
    ○旦那の実家へ帰省しない人の理由は

    そもそも「旦那の実家へ帰省はしない」、と回答した人も3割近くいたので、その理由を聞いてみました。

    結果は、「(旦那や旦那の家族から)声をかけられないから」、「お互い自分の実家に帰るから」という気楽な回答もある中、帰省中のトラブルが原因で帰省しなくなったという人もいました。「実家が遠方にあり移動で疲れていてあたってしまう」、「旦那が旦那の家族と話すときに助けてくれない」など地雷はさまざま。今まで一緒に帰っていたからといって安心してはいれません。

    その他の理由には、「片道1,500kmと遠く、5人家族なので飛行機より車で帰るが往復4日間かかる」「近くに住んでいて普段からよく行っているので」「仕事があり帰れないため」といったものもありました。

    帰省しない理由として1番多かったのは、「近くに住んでいて頻繁に会うので」というものでした。距離が近いと普段からコミュニケーションが取れるので、年末年始だからといってわざわざ帰省するということは少ないようですね。
    ○帰省頻度や滞在期間はどれくらい?

    時間もお金も労力もかかる帰省、みんなどれくらいの頻度で、またどれくらいの期間帰省しているのでしょうか?

    帰省のタイミングを聞くと、半数以上の人が「年末年始やお盆といった長期休暇」と回答。「週末休みを利用して」や、「声をかけられたら帰るようにしている」という声もありました。

    帰省回数を聞くと、年に3回以上と3回以内の割合がほぼ同じになりました。実家が近所の場合の「頻繁に帰る派」と、長期休暇にあわせて帰省する「定期的に帰る派」に分かれているようです。

    また、旦那の実家へ帰省した際の滞在期間を聞くと、ダントツで「3日以内」という結果に。長期休暇の半分くらいで帰る、というイメージの人が多いようですね。

    ○旦那の実家での仰天エピソード

    お待たせしました! おそらくこの記事を読んでくださった方が1番気になっている部分であろう、実際の帰省時にあった"面倒・もう帰ってきたくない"と思ったエピソードいっきに紹介します。

    「1週間ほど滞在することがほとんどで、それでいて旦那の両親宅では居場所がない。早く自分の家に帰りたいと思ってしまいます」(44歳・専業主婦)、「いちいち小言を言われる」(44歳・事務職)、「いつももう関わりあいになりたくないと思っている」(53歳・専業主婦)、「関係性は良好にやれているが、旦那の実家にはエアコンがないので、お盆の時期だけは辛い! 子どもにアセモができてしまう」(32歳・事務職)、「盆は親戚のお墓参りで、結局はずっ~と家事手伝い。旦那の父母より、兄嫁の指示がよくあり『自分の事だけを考えずに、動いてくれる? 」と言われカチンときた。夫も見て見ぬふりだしキレた」(42歳・専業主婦)、「ただでさえ気を遣うのに、旦那はなかなか帰ろうとしてくれない。お酒が入ると癖の悪い旦那の姉にからまれ、嫌味を言われるので会いたくない」(48歳・サービス業)、「子どものことでかわいそうとか言われるとムカつく」(36歳・専門職)、「孫にお菓子や甘いものを好きなだけ買い与えられて困る」(29歳・専業主婦)

    ちらほら目立った回答が「エアコンが無い家に泊まらないといけない」というエピソード。特に子どもがいると気になってしまいますよね。フォローしてくれない旦那さんへの不満を持つ人も多かったので、男性のみなさん、自分の実家だからといって奥さんへのフォローをおろそかにしないようにしてください。
    ○年末年始の帰省は体力と気力勝負!

    以上、マイナビニュース会員へのアンケートによる「旦那の実家への帰省に関する奥さまの意見」をご紹介しました。ただでさえ付き合いや出費が増える12月。帰省には体力も気力も(ついでに財力も)使います。しっかり英気を養って、家族で助け合いながら年末年始を乗り越えてください!
    (阿部仁美)

    画像提供:マイナビニュース

    やはり「帰省」となると少々面倒です。渋滞も発生しますし、お金もそこそこかかります。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.hibiyakadan.com)


    帰省は出費もかかるし、渋滞するからめんどくさい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【良い事ばかりではない!年末年始の帰省、旦那の実家での仰天エピソード!?】の続きを読む


    (悲報)自分の非を認めず責任転換に走る人が増殖中! ある女性の実録。

    こういった人は、絶対に非を認めようとはしない!

    NO.7985720 2019/11/28 16:53
    急増中「私は悪くない症候群」女性の実録、遅刻注意に逆ギレも
    急増中「私は悪くない症候群」女性の実録、遅刻注意に逆ギレも
    この夏立て続けに起きた、あおり運転による悲惨な事件。

    私たちが驚かされたのは、その危険性だけでなく、あおった側の多くが「自分は悪くない、悪いのはあおられる原因をつくった側だ」と主張していたことだった。

    裁判を有利にするため無理にでも自己の正当性を訴えているのではなく、彼らは本当にそう信じて発信しているのだ。

    「実生活においてもこのような人は増えているように感じます。非を認めず責任転嫁に走るため、より大きな、不必要なトラブルに発展するケースも」と、心理カウンセラーの宮本章太郎さんも“私は悪くない症候群”と呼ばれる人たちの急増を危惧している。彼らに翻弄された2人のケースを紹介。

    ■【ケース1】PTAの会合に遅刻してきた揚げ句「忙しい日に設定する人が悪い!」と逆ギレ。本当に困っています(Aさん・42歳・会社員・既婚)
    PTAのメンバーCさんに、ほとほと手を焼いています。

    先日も会合に遅刻してきた彼女に、「遅れるなら連絡くれればよかったのに」と言ったとたん、「連絡したところで早く来られるわけじゃないでしょう? 仕事でトラブルがあってそれどころじゃなかったんです。

    それでも急いで来たのに、ひどい..



    【日時】2019年11月28日 11:00
    【ソース】女性自身
    【関連掲示板】


    【(悲報)自分の非を認めず責任転換に走る人が増殖中!ある女性の実録。】の続きを読む



    「利息だけで約200万円」という例も

    毎回の支払額が定額のリボ払いは一見ゆるく見えるが、実は怖い。キャリコネニュース読者からも、

    「月々1万円の支払いにしていたら、支払い残高が200万円超になった」(30代男性、研究開発職)
    「月々1万5000円リボ払いで15年近く支払い、全部でどれくらい払ったかわかりません」(40代女性、管理・事務職)
    「月2万円の支払いを続けていたら、2年で支払い残高が35万円ぐらいになった」(40代男性、IT系技術職)

    といった声が寄せられているが、今回は「リボ払い地獄からの脱出に17年かかりました」という48歳サラリーマンの失敗談を紹介する。

    男性がリボ払いに陥ったきっかけは、ポイントほしさに手を出した「後からリボ払い」のキャンペーンだった。そのままリボ払いを続けるも、1年で支払い残高が50万円を越え、2年目には限度額の100万円に達した。

    男性は「何も買わなくても、返済額は元金1万円と利息1万5000円の合計2万5000円。電卓で計算して愕然としました」という。

    「そこで少しずつで返済して行こうと決意し、『多めに払える月は残高の一部を返していけばいつかは終わるはず』などと大雑把な計画を立てながら、リボ払いの返済生活に突入していったのが約17年前でした」


    「リボ払い返済のため夜間のバイトをしながら就職活動を続けていましたが……」

    男性は、「リボ払い返済は地獄でした」と振り返る。少しずつ人生の歯車が狂いはじめ、上手くいっていたはずの仕事もミスを連発するようになった。会社からの評価はどんどん下がり、「とうとう37歳の時に職を失いました」という。

    「その当時は景気も悪く再就職が厳しかった時期。リボ払い返済のため夜間のバイトをしながら就職活動を続けていましたが、書類選考すら通らない状態が1年も続きました。さすがに自己破産が頭をよぎり、人生で一番辛い時期だったと思います」

    そんな男性に再就職の機会が訪れる。前職の先輩から「きつい仕事かもしれないけどやってみる気はあるか?」と仕事を紹介された。男性は職種も聞かずに即答した。「これは今までのだらしない自分を変える最後のチャンスなんだ」と自身に言い聞かせたという。

    「その日から全ての習慣を変え、今回の仕事を"人生で最後の仕事"にしようと覚悟を決めて取り組みました。相変わらずリボ払いの返済は続けていましたが、これも『必ず最短で終わらせてやろう』とはじめて本気で覚悟を決めました」


    「なんてバカだったんだろう。17年も縛られるなんてあり得ない話です」

    それから3年後、男性は"最後の職場"で結果を残した。その後も「最後だ」という姿勢で仕事に取り組み、「今では小さな会社ではありますが管理職を任せていただけるほどに評価してもらっています」という。そして一昨年、リボ払いも無事に完済した。

    「自分を変えることができたからこそ、地獄のリボ払いを完済できたのではないかと確信しています。授業料と呼ぶには高過ぎる利息を払い続けてきましたが……。今回初めて計算したのですが、利息だけで約200万円を払っていました」

    男性は「なんてバカだったんだろうと自分に呆れました。17年も縛られるなんてあり得ない話です」と言い、

    カードはとても便利です。最近ではPayPayなんてものも登場し、益々カードは必須となっていくことでしょう。だからこそ『リボ払い』という危険な支払い方法がどういうものなのかを知ってほしいのです。私の失敗談で『リボ払い』は辞めようと思ってくれる人が1人でもいれば幸いです」

    と呼びかけている。

    ※キャリコネニュースでは引き続き「リボ払いの経験がある人」やに関するアンケートを募集しています。




    こんなことにならないように、しっかり「お金」に関する知識は勉強しておきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    リボルビング払いリボルビングばらい)とは消費者金融やクレジットカードの返済方法の一方式である。「リボ払い」「リボ」などと略され、「フレックス払い」と呼ばれることもある。 リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し
    13キロバイト (1,683 語) - 2019年10月29日 (火) 01:49



    (出典 frame-illust.com)


    払えるだったら一括して払った方が良いかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【本当は怖い「リボ払い」なんと「利息だけで200万円」48歳男性の失敗談! 】の続きを読む



    過半数の男性が「生きづらい」と感じていることが分かった

    Lean In Tokyoは11月「男性が感じる生きづらさ」に関する調査結果を発表した。調査は10月ネット上で実施し、学生や会社員を含む男性309人から回答を得た。

    固定概念やプレッシャーなどによる「生きづらさを感じたことがあるか」を聞いたところ、「頻繁に感じる」(17%)や「たまに感じる」(34%)と答えた人は過半数を超えた。年代別にみると、「頻繁に感じる」と答えた「50代」(2%)、「60代以上」(8%)はそれぞれ1割以下と比較的に割合が小さかったのに対して、「40代」(25%)、「30代」(23%)、「20代」(17%)ではいずれも20%前後になっており、40代と50代を境に意識に差があることが分かった。


    「男は泣いてはだめと言われ続けてきた」


    「男性としての生きづらさを最も感じること」を選択式で聞くと、最多は「力仕事や危険な仕事は男性の仕事という考え」(77票)、2位が「デートで、男性がお金を多く負担したり女性をリードすべきという風潮」(73票)、3位が「男性は定年までフルタイムで正社員で働くべきという考え」(71票)だった。

    年代別にみると、20~30代の1位は「デートで、男性がお金を多く負担したり女性をリードすべきという風潮」。20代の2位には唯一、「男性が弱音を吐いたり、悩みを打ち明けることは恥ずかしいという考え」がランクインした。

    一方、40~50代の1位は「男性は定年までフルタイムで正社員で働くべきという考え」、40代の2位には「高収入でなければならないというプレッシャー」が入るなど、仕事関係の悩みを挙げる人が目立った。

    また、20~60代の全年代で「力仕事や危険な仕事は男性の仕事という考え」がトップ3に入ったほか、30・50・60代では「『一家の大黒柱』でいなければならないというプレッシャー」と家庭を持つ年代ならではの回答もあった。

    具体的なエピソードとしては

    「男は泣いてはだめと言われ続けてきた」
    「生涯仕事に就き収入を得て、家族を支えていかなければならないプレッシャーがある」
    「ベルトやネクタイの着用を求められることが肉体的に負担」

    と合理的な理由なしに、"男性だから当たり前"とされてきたことを苦痛に感じる声が寄せられた。


    男性が求めるのは「多様な働き方」「個性」の尊重

    男性の生きづらさを改善・解消するために必要なこととしては、1、2位の「多様な働き方を尊重する文化の醸成」(88票)、「個性を尊重する文化の醸成」(86票)に、それぞれ4割近い人が回答した。

    3位以降には「日本の教育の改善」(61票)、「職場の制度改革」(54票)、「政府による制度改革」(53票)などが続き、国や職場の制度改革よりも、社会における文化レベルでの意識改革が必要と考える人が多いことが分かった。

    世間や職場でのしがらみを度外視した場合の「理想的な家事・育児の分担」については、過半数が「共働きで、育休の取得等も含め、家事・育児を男女が均等に分担する」(55%)と回答。一方、日本の育休取得の実態は、女性の取得率が82.2%、男性が6.16%(厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査(速報版)」)と男女間で取得率に大きな開きがあり、理想と実情が乖離していることが分かった。




    今と昔とではやはり価値観が違うので、今は今の時代らしく生きていきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 sbk.eimei.tv)


    今と昔は生き方も違うのに、なぜ昔の考え方を今でも引き続けているのか分かりません。

    <このニュースへのネットの反応>

    【若年男性が最も「生きづらさ」を感じる瞬間は?昔からの風潮に葛藤!】の続きを読む

    このページのトップヘ