お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:ニュース > 自然災害


    ゲリラ豪雨のときは止まるべき? 高速道路上で大雨に遭遇した時の対処法とは

    雨雲が通過するのを待つのが最良の選択

     今年も各地で大きな被害をもたらした大雨による水害。高速道路でも10月の台風19号のときは、大規模な土砂崩れが起きて中央自動車道通行止めになったのは記憶に新しいところ。とくに近年増加しているゲリラ豪雨高速道路上で遭遇した場合はどうすればいいのか。

     台風などによる大雨の場合は、天気予報や過去のデータと照らし合わせて、NEXCO通行止めにする場合が多い。そのため、走り続けようとしても強制的に下道に降ろされるケースがほとんどだ。通行止めになる降雨量の基準値は、各インターチェンジ間ごとに設定されていて、その基準値を超過した場合、のり面(人工的斜面)の土砂崩落等の危険性があることから交通管理者と協議を実施したうえで通行止を実施(NEXCO中日本)。問題は突発的なゲリラ豪雨ケースだ。高速道路で突然の豪雨

     これも高速道路の道路情報掲示板ハイウェイラジオで、雨の情報ハ得られるし、昼間にも関わらず急に暗くなってきたことで、ある程度は予測ができるはず。また、スマホ天気予報アプリを入れていれば、「雨雲が接近中」といった情報が簡単に届く時代。積極的に最新情報を入手して、天候が荒れると思ったら早めにSAやPAに避難して、雨雲が通過するのを待つのが最良の選択といえるだろう。

     それでもやむを得ず、大雨の中に突入してしまった場合は、ライトを点灯させ、安全な速度まで落として最寄りのSA・PAまで移動。ライトヘッドライトだけでなく、リアフォグがあれば併用し、できるだけ車間距離をとって走行車線を走ること。このとき、いくら視界が悪いといっても、本線上はもちろん路肩で停車するのは厳禁。高速道路上は、路肩や路側帯を含めて道路交通法により、駐停車禁止となっている。ちなみに、下記のような場合を除き駐停車はできない。

    ・危険防止のため一時停止するとき。

    ・故障などのため十分な幅のある路肩や路側帯にやむを得ず駐停車するとき。

    ・料金の支払いなどのため停車するとき。

    高速道路で突然の豪雨

     とくに大雨で視界が悪いときは、後続の車両から追突されるリスクがあるので、近くの出口で降りるか、SA・PAまでは移動すること。(※ 地震が発生し、大きな揺れを感じた場合は、ゆっくりと減速し、慌てずに左側路肩に停車して、エンジンを止めることになっている)

     またゲリラ豪雨は、積乱雲の発生が原因なので、突風とセットになっている場合も多いので、橋の上やトンネルの出口付近では、風でハンドルがとられないように備えも必要だ。

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    高速道路で突然の豪雨

    ゲリラ豪雨のときは止まるべき? 高速道路上で大雨に遭遇した時の対処法とは


    ゲリラ豪雨ではなくても、雨の日にも十分運転に注意してください。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ゲリラ豪雨ゲリラごうう)は、集中豪雨の一種。正式な気象用語ではなく、突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を、軍事のゲリラ(奇襲を多用する非正規部隊)にたとえたもの。従来から使用されていた驟雨(にわか雨)や集中豪雨、夕立といった言葉をマスメディアなどが代用した表現で、2008年には新語
    14キロバイト (2,080 語) - 2019年10月10日 (木) 11:29



    (出典 www.1sshindo.com)


    道路に水がたまった状態で走り続けると、ブレーキが利かなくなってくるのが恐ろしい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(自然災害)頻発する「ゲリラ豪雨」高速道路上で大雨になった際はどうするべきか?】の続きを読む


           災害大国日本!自分の身は自分で守ろう、命を守る行動6選。

    「日本」に産まれてきた以上は、きちんと災害と付き合っていこう。

    NO.7965573 2019/11/20 15:45
    巨大地震 通勤時&仕事中絶対死なない行動6
    巨大地震 通勤時&仕事中絶対死なない行動6
    地震、津波、家事、台風、豪雨……。

    災害大国日本で自分と家族を守り生き延びるにはどうしたらいいのか。

    防災士でイラストレーターの草野かおるさんは「完璧な防災設備も防災マニュアルもありませんが、知識を知っているのと知らないとでは、大きな差があります」という。

    「防災の基本」を草野さんの4コマ漫画を交えてお伝えしよう――。

    ※本稿は、草野かおる『新みんなの防災ハンドブック』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)の一部を再編集したものです。

    ■世界の大地震の2割は日本で起きている
    豊かさと残酷さは表裏一体
    地球表面を移動するプレート。そのプレートが4枚集まる、世界でも珍しい地点。

    この地点に日本列島があるということを、知っていますか?

    そのため、私たちが住む日本は、世界有数の火山国であり、地震国となりました。

    日本国土は、世界の大地のわずか0.25%しかありませんが、世界の大地震(マグニチュード6以上)の2割以上が、日本周辺で発生しています。

    美しい山々、温泉、豊かな漁場……。

    恵みと残酷さを持ちあわせているのが「自然」なのですね。

    ■太古の昔から、日本は災害とつき合ってきた
    日..



    【日時】2019年11月20日 09:15
    【ソース】プレジデントオンライン
    【関連掲示板】


    【災害大国日本!自分の身は自分で守ろう、命を守る行動6選。】の続きを読む


     (千葉)台風15号で倒れたゴルフ練習場の鉄塔、ようやく撤去作業へ!

    千葉は災害ばかりで、鉄塔を撤去する事にも時間がかかってしまった。

    NO.7909137 2019/10/28 15:44
    倒壊のゴルフ練習場鉄柱 撤去開始
    倒壊のゴルフ練習場鉄柱 撤去開始
    9月の台風15号の影響で、鉄柱が倒れ住宅を直撃した、千葉・市原市のゴルフ練習場で、10月28日、ようやく鉄柱の撤去作業が始まった。

    倒壊から、およそ1カ月半がたっている。

    9月9日、台風15号の影響で、市原市のゴルフ練習場の鉄柱が倒れ、住宅が壊れてけが人も出ていた。

    これまで、ゴルフ練習場側と住民の間で話し合いが行われていたが、28日にようやく、安全祈願を行ったうえで、午前10時前から鉄柱の撤去作業が始まった。

    住民は、「きょうから少しずつ撤去されていって、ほっとするだろうなと。なくなっていくたびに」と話した。

    倒れた鉄柱は、火災を防ぐために火花が出ないよう切断し、重機を使って持ち上げて撤去する予定で、作業が終わるまでにはおよそ2カ月かかる見通し。



    【日時】2019年10月28日 11:46
    【ソース】FNNプライム
    【関連掲示板】


    【(千葉)台風15号で倒れたゴルフ練習場の鉄塔、ようやく撤去作業へ!】の続きを読む


    台風19号は予想以上に大きな台風だった。被害に遭われた方には、心からお見舞い申し上げたい。

    そんな中、2019年10月13日に投稿された、次のようなツイートが話題となっている。

    駐輪場に漂着していた「ま」。
    しまむらのだったら随分遠いんだけど... pic.twitter.com/zxcyCZ8DoA
    - まんさき@ずんぱお疲れ様でした! (@mansaki_ddb) 2019年10月13日

    写真に捉えられているのは、なんと、ひらがなの「ま」である。かなりごっつい、ぶ厚い「ま」だ。投稿者は、「駐輪場に漂着していた『ま』。しまむらのだったら随分遠いんだけど...」とつぶやいている。

    いったい、どこの「ま」だろう。しかし、投稿者が言うとおり、しまむらの「ま」ではなさそうだ。ツイッターでは詮索しきりだ。「まいばすけっと」の「ま」ではないか? 「ステーキさくま」を強く推す人もいる。どうにも、気になる「ま」だ。

    そこでJタウンネット編集部は、投稿者に直撃した。

    「辺りを見回すと......」

    Jタウンネット編集部の問いに対して、投稿者からはツイッターのDM経由でこんな答えが返ってきた。

    「場所は、横浜某所です。10月13日朝10時頃、いつも利用している無料駐輪場で出勤中に発見しました」

    「辺りを見回すとビルの看板が大破していました。近くのビルの屋上にあった『土地と住まいの...』的な不動産の看板のものでした。
    他の文字は見当たらないし、あの高さ(5階)から落ちてきたのかと思うと正直ゾッとしました。出勤途中だったので細かくは見ませんでしたが、看板の破片が直撃したであろうバイクが、ミラーもポッキリ折れて横たわっていました」

    なるほど、不動産の看板だったようだ。「住まい」の「ま」だった。台風は「住まい」も破壊したわけである。恐ろしい。

    ツイッターでは、「ま」が気になる人たちが勝手な憶測を楽しんでいるが...、

    「ま字かよ」
    「ま『あの時助けていただいた ま です!!』」
    「この国ひらがな飛びすぎ」

    でも笑い事ではない気がする、まじで。

    落ちていた「ま」。 「まんさき@ずんぱお疲れ様でした!」さん(@mansaki_ddb)のツイートより

    何処から飛んできたのだろう?少なくとも「ま」でけが人がいなかったのが良かった。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 afpbb.ismcdn.jp)


    ドラエモンの「コエカタマリン」みたい。

    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで声の塊!?台風翌日の駐輪所にに巨大な「ま」が落ちてきた!】の続きを読む


       被災地に新たな被害、それは「空き巣」浸水の住宅に被害相次ぐ!

    空き巣は2次災害と言っても良いのだろうか?

    NO.7879472 2019/10/16 20:19
    台風で浸水の水戸、「空き巣」被害相次ぐ
    台風で浸水の水戸、「空き巣」被害相次ぐ
     那珂川が決壊し大規模な浸水被害が出ている茨城県の水戸市で、複数の空き巣被害が出ていることが分かりました。水戸市飯富町から報告です。

     ようやく水がひき、道路に残った泥を取り除くなどの復旧作業が行われていますが、こうした被害の出た地区で、空き巣などの被害が報告されています。

     「こちら、玄関のドアにはバールでこじ開けられたような痕があり、隣のガラスは割られた状態だったということです」(記者)

     この家の住人は、別の場所に避難していたということですが、家に戻ると、中は誰かが侵入したとみられる足跡が残っていて、警察に被害届を提出したということです。警察によりますと、水戸市の浸水被害が出た地域では、15日までに5件の空き巣被害が出ているということです。

     こちらのホームセンターの周辺でも、「店舗などから流れ出た商品をトラックで運び去る人がいる」などといった目撃情報があるということです。警察は空き巣などに注意を呼びかけています。



    【日時】2019年10月16日 11:37
    【ソース】TBS News
    【関連掲示板】


    【被災地に新たな被害、それは「空き巣」浸水の住宅に被害相次ぐ!】の続きを読む

    このページのトップヘ