お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:動物 > 昆虫


    日本ではニホンミツバチ、セイヨウミツバチの2種が飼育(養蜂)され蜜の採取が行われている。また作物の受粉にも広く用いられるが、トマトやピーマンなどのナス科の果菜類は蜜を出さず特殊な振動採粉を行うためミツバチではなくマルハナバチミツバチ科マルハナバチ属)が使われる。セイヨウミツバチ
    44キロバイト (5,782 語) - 2020年5月16日 (土) 06:07



    (出典 www.hankyu-dept.co.jp)


    まるで自分を犠牲にする「アガペー」の愛のようだ!

    1 ごまカンパチ ★ :2020/05/25(月) 08:58:02.31

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200524-00072673-gendaibiz-sctch
    ■蜂に覚悟を決めさせるウイルス
     コロナ禍の影響で、ウイルスは死をもたらす病原体というイメージが強くなっている。だが、ウイルスが発見されたのは19世紀の終わりで、
    ウイルス学の歴史はわずか100年ほどしかない。

    近年の研究で、ウイルスは私たちが想像する以上に、地球上でさまざまな役割を担っていることが徐々に明らかになっている。
    その一つの例が、ミツバチに見られる。
    ミツバチの働き蜂は、オオスズメバチなどの天敵が現れると、巣を守るために針で外敵を攻撃する。
    針は一度使うと、相手の体に刺さって抜け落ちる。

    これが致命傷となって、攻撃したハチは*でしまう。
    自らの命と引き換えに仲間を守っているわけだ。
    この自己犠牲的な行動は、ハチの脳にどのようにプログラムされているのか、長らく科学者を悩ませてきた。

    この謎を解き明*一つの鍵となるのが、ほかでもないウイルスだ。
    働き蜂には、外敵が現れた際に、真っ先に攻撃する蜂(攻撃蜂)と、逃げ出す蜂(逃亡蜂)がいる。
    東京大学の研究グループが両者の脳の違いを調べたところ、攻撃蜂に、ミツバチが本来もっていない特殊な配列のRNA(リボ核酸)が見つかった。
    そのRNAをさらに解析したところ、変異の原因は、脳に感染したウイルスにあると判明。
    まるで、このウイルスによって、自らの命を投げ打つ「覚悟」を決めさせられているように見えたため、「カクゴウイルス」と命名された。

    しかしその後、ミツバチの巣全体にカクゴウイルスの感染が広がっているケースも見つかり、果たして本当に、
    カクゴウイルスの感染がミツバチの攻撃性を決めているのかどうかは、いまだにはっきりしていない。
    今後、研究が進めば、その全貌が明らかになるはずだ。

    ウイルスが地球上に出現したのは、少なくとも30億年前だと推測されている。
    それに対して、人類が出現したのはわずか20万年前。
    人類よりもはるかに長い歴史をもつウイルスの働き、その存在意義は、私たちが思うよりもっと大きいのかもしれない。


    (出典 zatsuneta.com)



    (出典 kobecco.hpg.co.jp)

    命と引き換えに巣を守ろうとするミツバチ!その姿は特攻隊のようだ!


    【自分と命を引き換えに攻撃する「覚悟ウィルス」ミツバチの脳にプログラムか?】の続きを読む


    養蜂農家大打撃!数回刺されると死ぬこともある
    殺人バチ。米国で目撃相次ぐ!?

    日本でもヒアリが目撃されたけれど、アメリカでも同じような事がおきている。貿易上仕方がないと思いますけど、もう少し徹底してほしいです。

    NO.8443435 2020/05/06 02:12
    外来種オオスズメバチが米国上陸、ワシントン州警戒強める
    外来種オオスズメバチが米国上陸、ワシントン州警戒強める
    (CNN) 米ワシントン州で昨年末、ミツバチを襲う侵略的外来種のオオスズメバチが米国で初めて目撃された。

    ただでさえミツバチが激減している中、冬眠から目覚めたオオスズメバチの女王バチが活動を始める時期を迎え、州は警戒を強めている。

    養蜂農家からは、頭をもぎ取られたミツバチの死骸が大量に見つかったという報告が寄せられている。

    ワシントン州立大学の専門家によると、オオスズメバチは体長5センチを超す世界最大のスズメバチで、人が複数回刺されると死ぬこともあり、研究者の間では「殺人スズメバチ」とも呼ばれる。

    アジアに生息するオオスズメバチが米国に持ち込まれた経緯は不明だが、国際貨物に紛れて運び込まれた場合があると専門家は指摘する。

    ワシントン州で最初に目撃されたのは昨年12月。

    4月になって冬眠から目覚めた女王バチが巣づくりを始め、活動を活発化させ始めているものと思われる。

    専門家によると、オオスズメバチはミツバチの巣を襲撃し、占領したコロニーを守りながら、成体のミツバチを殺して幼虫やさなぎを餌にする。針には強い神経毒があり、刺されれば強い痛みを伴う。

    ワシントン州農務局は養蜂農家や住民に対し、オオスズメバチを見かけたら報告するよう求めている。ただし近づきすぎてはいけないと警告する。オオスズメバチの針は、普通の養蜂用の防護服は貫通してしまうため、州の専門家は特製の防護服を発注したという。

    夏の終わりから秋にかけては、オオスズメバチによるミツバチ襲撃が特に増える。

    州によると、オオスズメバチを駆除しやすいのは7月から10月にかけての季節で、州当局はわなを仕掛けると同時に、目撃情報を寄せてもらうためのアプリも開発した。オオスズメバチはたとえ数匹でも、わずか数時間でミツバチの巣を壊滅させかねないとして警戒を強めている。

    女王バチが活動を始める4月ごろからわなを仕掛けることも可能だが、働きバチに比べて数が圧倒的に少ない女王バチを捕まえる可能性は低いという。

    オオスズメバチが襲撃の対象とするミツバチは、果物や野菜を受粉させ、米国の食糧生産で極めて重要な役割を果たしている。既に急減している生息数が襲撃でさらに減少する恐れがあり、州当局は警戒感を募らせている。


    【日時】2020年05月04日 18:29
    【ソース】CNN Japan
    【関連掲示板】


    【養蜂農家大打撃!数回刺されると死ぬこともある殺人バチ。米国で目撃相次ぐ!?】の続きを読む


     男性の中には、やせ我慢をして男らしく振舞おうとした経験があるのではないだろうか。海外にはそれが原因で命を落とした人がいる。
     海外ニュースサイト『7News』は2019年12月30日ブラジル・パラナ州に住む男性が毒グモに噛まれたが、病院に行くのが遅れたために死亡したと報じた。

     同記事によると、11月3日に48歳の男性が就寝中、どこから入ったのかわからないがシーツの中に紛れていたドクイトグモに脚を噛まれたという。男性の家族は病院に行くよう強く勧めたが、男性は大したことないと取り合わなかった。噛まれてから3日後、男性の脚はひどく腫れあがり、痛そうであったという。さらに、噛まれてから尿が出ていなかったようだ。男性はすぐさま病院へ向かい、そのまま集中治療室に入ったが、治療の甲斐なく男性は死亡したという。
     
     男性の母親によると、男性はマッチョで回復が早いと思い込み、男らしい態度で病院へ行くのを我慢していたという。男性の母親は「息子は病院に行くのが遅すぎて、手遅れになってしまった。家族は常に気を配り、異変があれば病院へ行かせてください。『我慢するのが男』などと言い訳をしても、取り合わずに病院へ連れて行くようにしてください」と呼び掛けた。

     このニュースが世界に広がると、ネット上では「男のプライドで病院へ行かないなんて馬鹿げてる」「クモに噛まれてもスパイダーマンにはなれない」「マッチョな男は筋肉鍛えるよりも脳を鍛える方が先だった」「クモに噛まれたことあるが、けっこう痛い。心配で病院に行く気になるものだが」「傷口が小さければ病院へ行こうとは思わない。寝ている時ならクモに噛まれたと確証できる?運が悪かった」など様々な意見が上がった。

     ドクイトグモはアメリカ合衆国南部が原産で、近年では中南米やヨーロッパなどで生息が報告されている。日本国内ではまだ見つかっていないが、原産地からの物資に紛れ込んで侵入する恐れがあるため、環境省から特定外来生物として指定されており、注意喚起がなされている。

     アメリカ国立医学図書館の出典によると、ドクイトグモは2.5cmから3.5cm位の大きさで、背中にバイオリンのような模様があり判別しやすいという。夜行性で大人しい性格だが、家屋周辺に生息していて人間との接触機会が多い。暗く狭い場所を好み、家具の裏やゴミ箱周辺、玄関の下などに巣を作るという。

     アメリカ総合的病害虫管理プログラムの報告によると、ドクイトグモに噛まれた場合、刺すような痛みがあるそうだが、何も感じない人もいるという。噛まれた傷口は赤く腫れて徐々に痛みが発生するが、噛まれても90%の人はそのまま自然治癒し、死亡例は極めてまれだという。なぜ一部の人が重症化するのかは分かっていないが、噛まれた時に注入される毒の量に関係があるとされている。特に基礎疾患のある人や子供は重症化のリスクが高くなるそうで、注意が必要のようだ。
     
     ドクイトグモに噛まれて死亡した例は、2014年7月にアメリカミシガン州の当時58歳の女性が愛馬と出かけた際に、右脚をドクイトグモに噛まれて死亡したケースイタリア2015年11月に地下室を掃除中に当時65歳の女性がドクイトグモに中指を噛まれて死亡したケースなどが数件報告されている。いずれも病院へ行くまで数日要しており、イタリア人女性の場合は基礎疾患があったと、『CBS Detroit』および『Live Science』がそれぞれ報じている。
     
     クモなど毒を持つ生き物に噛まれた場合は、早めに病院へ行くことが大切だ。男らしいプライドを守るよりも、命を守る方が大切なのは言うまでもない。

    記事内の引用について
    Man bitten by spider in bed in Brazil dies after being 'too macho' to see doctor(7NEWSより)
    https://7news.com.au/lifestyle/health-wellbeing/man-bitten-by-spider-in-bed-in-brazil-dies-after-being-too-macho-to-see-doctor-c-625798
    危険な外来生物 ドクイトグモ(東京都環境局)
    https://gairaisyu.tokyo/species/danger_10.html
    特定外来生物等一覧(環境省)
    http://www.env.go.jp/nature/intro/2outline/list.html
    Brown recluse spider(アメリカ国立医学図書館)
    https://medlineplus.gov/ency/article/002859.htm
    Brown Recluse Spiders: Facts, Bites & Symptoms(Live Scienceより)
    https://www.livescience.com/39996-brown-recluse-spiders.html
    Woman Dies After Bite From Rare Brown Recluse Spider In Michigan(CBS Detroitより)
    https://detroit.cbslocal.com/2014/07/18/woman-dies-after-bite-from-rare-brown-recluse-spider-in-michigan/
    1st Death from a Recluse Spider Bite Reported in Europe(Live Scienceより)
    https://www.livescience.com/56463-mediterranean-recluse-spider-bite-death-italy.html

    画像はイメージです


    クモも昆虫だからといって侮れない(涙)これから暑くなって来るから、嫌な虫が増えるばかりだ!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドクイトグモ(学名:Loxosceles reclusa)は、クモ綱・クモ目・イトグモ科に分類されるクモの一種。 北アメリカ南部に分布する。 体長7-12mm。頭胸部背面にヴァイオリンによく似た形の褐色の斑紋をもつ。 石や枝の下、人家、納屋に生息する。夜行性で、壁に網をつくり、昆虫を捕食する。その名のとおり、とても強い毒をもっている。
    2キロバイト (182 語) - 2019年4月10日 (水) 11:06



    (出典 upload.wikimedia.org)


    素直に病院に行ったら助かる命だったかもしれないですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【やせ我慢が命取りに!!マッチョだった男性が昆虫に殺されたその背景とは?】の続きを読む


     家の中でひっそりと身を忍ばせ、たまに出現すると、人々は驚き、叫び、嫌がる。多くの人に忌み嫌われる「ゴキブリ」の生態や雑学だけでなく、専門家への取材や、殺虫剤の検証などの対策も講じ、「正しいゴキブリの情報を提供するサイト」を謡うゴキブリ対策専門サイト「ゴキラボ」が、クレジット不要、無料で使用できるゴキブリイラスト素材の提供している。イラストリアルなものから、戦隊ヒーロー風、魔法少女風など、擬人化し、デフォルメしたものまで実に70種。なぜこのような多様なイラストを無料提供しようと考えたのか。同サイトを運営するシンクラフトの「ゴキラボ」担当の和田麻里氏に目的を聞いた。

    【画像】細部までぬかりない設定…“魔法少女風”ゴキブリの設定資料

    ゴキブリ=悪ではなく、良い面も知ることが一番の対策につながる

     もともとWebサイト運営者向けサービスを提供していた同社が、そのノウハウを活かした特色あるメディアの制作を企画したいと、「ゴキブリ」に着目したのは2018年の春ごろ。

    【和田氏】『ユーザーに身近、かつ役に立つテーマ』を検討した結果、ゴキブリという案が出てきました。検討を進める中で『ゴキブリは人間にとって一番身近な昆虫でありながら、なぜ一番嫌われているのか』という、対策とは相反する気持ちも抱くようになりました。
     ゴキブリ対策についてまず知るべきことは、彼らの生態(種類・行動・寿命・繁殖・卵・巣・ふんなど)です。それらを把握した上で、対策方法、対策アイテム、そして昆虫としての魅力を発信するという方針に決めました。

    「日本には50種以上のゴキブリが存在し、屋内に出るのはその一部。ほとんどが森林で暮らしており、他の昆虫と何ら変わりません」と話す和田氏の姿勢は、一方的に「ゴキブリ=悪」という概念を植え付けるのではなく、ゴキブリ側の視線からも平等に見てもらおうという気持ちが垣間見られる。

    【和田氏】信憑性の高い記事を制作するために、記事の9割は専門家に取材・監修をお願いしています。アース製薬さんのゴキブリ飼育室を取材したり、ダスキンさんの研修施設にお邪魔したりと、メーカーさんにもご協力をいただいています。
     そのほか、国内外のゴキブリをフィーチャーした『ゴキブリ展3』や、ペットにできる美しいゴキブリなど、彼らの魅力を啓蒙する記事にも力を入れています。正しいゴキブリについての知識を持ち、嫌うばかりではなく良い面も知る。それが、一番の対策につながると考え『ゴキラボ』は情報発信を続けています。

    嫌われる原因1位は「外見」 そのイメージを覆すイラストの開発に苦労

     そんな「ゴキラボ」が、昨年12月からゴキブリイラストの無料配布をスタートした。

    【和田氏】ゴキブリが注目されるのは、最盛期の春から夏にかけてです。閑散期となる秋冬に話題性のある企画を検討しました。『ゴキラボ』には、『ゴキブリの対策方法は知りたいが、視界には入れたくない』という方がたくさん訪れます。そのため、私たちは写真ではなくイラストを使った記事制作に注力してきました。ここで培ったイラストのノウハウを活かしたイラストを配布したら、イラストを通じて『ゴキラボ』を知ってくれる方が増えるという期待もあり、本企画をスタートしました。

     本企画の驚く点は、そのバリエーションの豊富さ。リアルゴキブリイラストだけなく、ゆるキャラ風、戦隊ヒーロー風、魔法少女風などぱっと見ゴキブリとはわからないようなものまで約70種類もあり、そのすべてが無料かつ、ノンクレジットで活用OKとなっている。

    【和田氏】一般的なゴキブリの無料素材はバリエーションが少ないと感じていたため、パターンシーンを増やし、ゴキブリが嫌いな方にも、興味を持っていただけるイラストとして採用しました。彼らが嫌われる理由の1位は外見です。そのイメージを覆すイラストであれば、嫌いな方でも受け入れていただけるかもしれないという考えがありました。ユーザーにご活用いただきやすくするために、無料配布・ノンクレジットOK・商用利用OKにしました。

     なかでも人気なのは、魔法少女風のイラストだと言うが、その開発の背景には苦労があったという。

    【和田氏】擬人化イラスト魔法少女が一番難しかったです。マイナスイメージを持たれやすいゴキブリに対して、サブカル要素とゴキブリらしい要素を組み込めるかが肝でした。オスはカッコよく、メスは可愛らしくと最初のイメージは固まっていたのですがデザインにとても苦労しました。
     実は、魔法少女は見た目だけではなく、裏設定もしっかり作り込んでいるんです。表に出ない設定を作ることで、より愛してもらいやすい、親しみのあるゴキブリキャラクターにしたいと考えていました。例えば、敵となる対象は人間や猫。出会ってはいけない存在は、天敵であるエメラルドゴキブリバチ、のような感じです。ゴキブリの気持ちになり、ゴキブリ視点から世界観を考えるのが難しかったです。裏設定のひとつに、『食事モード魔法少女』というのがあります。この案は、可愛いだけではなく、ゴキブリらしい『グロテスク』な部分も出したいと考え、かなり思い切ったデザインにしました。

    ゴキブリにも性格があり、知れば知るほど魅力的な昆虫

     このイラスト無料配布のプロジェクトを通じて多くの人に「ゴキブリ」の魅力を知ってもらいたいと和田氏は言う。

    【和田氏】イラストをきっかけにゴキブリに対するイメージが変わる、もしくはゴキブリに興味をお持ちいただけるとうれしいです。悪いイメージばかりが先行してしまっているゴキブリですが、実は昆虫として見ると非常にユニーク生き物です。私自身、イラスト制作をするにあたって、ゴキブリについてこれまで以上に調べました。ゴキブリには、大人しい性格の子もいれば、気性の荒い性格の子もいる、知れば知るほど魅力的な昆虫なんです。このプロジェクトを通して、さらにゴキブリに魅了されてしましました。
     世界には4000種以上のゴキブリがいます。その中には宝石のように美しいものや、カブトムシのようにカッコいいものも存在します。生態もさまざまで、子育てをする種類や、土の中に巣穴を作る種類もいます。プロジェクトを通じて、こういったゴキブリの魅力を知ってくださる方が増えるといいなと思っています。

    ゴキブリ対策専門サイト「ゴキラボ」では、戦隊ヒーロー風(左)、魔法少女風(右)に擬人化したゴキブリのイラストを無料配布

    ゴキブリ=悪と言う価値観が根付いていると思います。原本はゴキブリですが、擬人化する事によって少しは緩和されたと思います。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    無理やり擬人化しても、気持ち悪いものは気持ち悪いです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ゴキブリ=悪ではない!ゴキブリを擬人化したイラストが話題を呼んでいる。】の続きを読む


    何か悲しい。でも立派過ぎる!
    「ハサミムシ」の一生と母親の役割。

    ここまで子に尽くせるのは「ハサミムシ」ぐらいでしょうか。

    NO.7975123 2019/11/24 16:21
    ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い 生まれてきたわが子にすべてを捧げて逝く
    ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い 生まれてきたわが子にすべてを捧げて逝く
    生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──。

    老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、成虫としては1時間しか生きられないカゲロウなど生きものたちの奮闘と哀切を描いた『生き物の死にざま』から、ハサミムシの章を抜粋する。

    石をひっくり返してみると、ハサミムシがハサミを振り上げて威嚇(いかく)してくることがある。

    ハサミムシはその名のとおり、尾の先についた大きなハサミが特徴的である。

    昆虫の歴史をたどると、ハサミムシはかなり早い段階に出現した原始的な種類である。

    ゴキブリも「生きた化石」と呼ばれるほど原始的な昆虫の代表である。

    ゴキブリには、長く伸びた2本の尾毛が見られる。

    この尾毛は原始的な昆虫によく見られる特徴である。

    ハサミムシのハサミは、この2本の尾毛が発達したものと考えられている。

    ハサミムシは、サソリが毒針を振り上げるように、尾の先についたハサミを振りかざして、敵から身を守る。

    また、ダンゴムシや芋虫などの獲物を見つけるとハサミで獲物の動きをとめてゆっくりと食らいつく。

    石をひっくり返すと、石の下に身を潜めていたハサミムシが、いきなり明る..



    【日時】2019年11月24日 05:35
    【ソース】東洋経済オンライン
    【関連掲示板】


    【何か悲しい。でも立派過ぎる!「ハサミムシ」の一生と母親の役割。】の続きを読む

    このページのトップヘ