お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:動物 > 昆虫


    何か悲しい。でも立派過ぎる!
    「ハサミムシ」の一生と母親の役割。

    ここまで子に尽くせるのは「ハサミムシ」ぐらいでしょうか。

    NO.7975123 2019/11/24 16:21
    ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い 生まれてきたわが子にすべてを捧げて逝く
    ハサミムシの母の最期はあまりにも壮絶で尊い 生まれてきたわが子にすべてを捧げて逝く
    生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──。

    老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、成虫としては1時間しか生きられないカゲロウなど生きものたちの奮闘と哀切を描いた『生き物の死にざま』から、ハサミムシの章を抜粋する。

    石をひっくり返してみると、ハサミムシがハサミを振り上げて威嚇(いかく)してくることがある。

    ハサミムシはその名のとおり、尾の先についた大きなハサミが特徴的である。

    昆虫の歴史をたどると、ハサミムシはかなり早い段階に出現した原始的な種類である。

    ゴキブリも「生きた化石」と呼ばれるほど原始的な昆虫の代表である。

    ゴキブリには、長く伸びた2本の尾毛が見られる。

    この尾毛は原始的な昆虫によく見られる特徴である。

    ハサミムシのハサミは、この2本の尾毛が発達したものと考えられている。

    ハサミムシは、サソリが毒針を振り上げるように、尾の先についたハサミを振りかざして、敵から身を守る。

    また、ダンゴムシや芋虫などの獲物を見つけるとハサミで獲物の動きをとめてゆっくりと食らいつく。

    石をひっくり返すと、石の下に身を潜めていたハサミムシが、いきなり明る..



    【日時】2019年11月24日 05:35
    【ソース】東洋経済オンライン
    【関連掲示板】


    【何か悲しい。でも立派過ぎる!「ハサミムシ」の一生と母親の役割。】の続きを読む


    Credit:depositphotos

    Point

    ■人間は交通量が道路容量の4割を越えると渋滞し始めるが、アリは8割を越えてもまったく渋滞しない

    ■実験によると、アリは混雑しそうになる道を回避し、別ルートを探す

    ■アリが混雑しない1番の理由は、全員の目的が共通しているから

    通勤ラッシュや人混みなど、「渋滞」は現代人の大きなストレス源のひとつ。

    人間社会では、交通量が道路キャパシティの40%を越えると渋滞が発生し始めるといわれています。しかし、動物界には交通量が道路容量の80%を越えても、まったく渋滞しない生き物がいます。

    それが人間にも身近な「アリ」です。

    アリの交通整理力は非常に高く、集団行動の模範例と言えます。

    今回、アメリカのトゥールーズ大学とアリゾナ大学の新たな研究により、アリの渋滞回避能力を支える「精神的なつながり」が発見されました。

    研究の詳細は、10月22日付けで「eLife」に掲載されています。

    混雑ルートはただちに回避

    アリの優れた集団行動の一つに、「渋滞しそうなルートは即座に回避する」ことがあります。

    2008年ドイツの研究チームが、ラボ内にアリ専用の小さな高速道路を特設し、食料の置いてある場所とコロニーの巣を繋いで実験を行いました。2点間には、インターチェンジも完備されています。

    実験前は、人と同じようにインターチェンジ付近で渋滞が発生すると予想されていました。しかし、アリたちは、渋滞が発生しそうになると、一部が巣に戻って、出発しようとするアリたちに別のルートを探すよう誘導したのです。

    Credit:arstechnica

    また昨年には、ジョージア工科大学により、アリが狭いトンネル内での作業をいかに能率化するかについて実験が行われました。

    トンネルは2匹のアリがかろうじて通れるほど狭いのですが、渋滞は起きませんでした。なぜなら、すでに仲間が働いているトンネルに遭遇すると、アリはすぐに後退して別のトンネルを探し始めたからです。

    やはり「渋滞する道は通らない」が、集団行動の鉄則と言えるでしょう。

    渋滞知らずは「共通目的」のおかげだった

    トゥールーズ大学とアリゾナ大学の最新研究では、アルゼンチン・アントを用いて、交通渋滞への順応性が調べられました。

    まず、アリの各コロニーと食料のある場所とを橋で繋ぎます。コロニーの大きさ(400匹〜2万5600匹)に合わせて、橋の幅を5mm、10mm、20mmと使い分けます。これは表面積あたりのアリの密度を等しくするためです。

    その後チーム170回の実験を通して、コロニーの「交通流(単位時間あたりの所定の距離を占めるアリの数)」「速度」「衝突回数」の3つを記録しました。

    橋をわたるアルゼンチン・アント/Credit:arstechnica

    すると、アリは橋を占める人口密度が80%を越えてもまったく渋滞を起こしませんでした。その差は人と比べると一目瞭然です。

    下のグラフを見ると、人は道路上の密度が増加するにつれて、交通流とスピードが落ち、衝突回数も大幅に増えています。

    対してアリは、密度が増えても交通流はスムーズに保たれ、速度も落ちにくく、衝突回数もある時点から一定になることが判明しました。

    交通流(左)、速度(中)、衝突回数(右)/Credit:arstechnica

    研究チームによると、これはアリたちが「食料を獲る」という共通目的を持っているからだと言います。

    交通渋滞が起きてしまうのは、個人がそれぞれの目的に合わせてバラバラの行動を取るために生じるのですが、アリにとっては、全員の目的が一致しているために渋滞が起きないというわけです。

    アリは「One for all, All for one」の精神を完璧に実践している生き物なんですね。

    敵の「首」を狩って巣に飾り付ける…イカれたアリ「フロリダアント」の習性が明らかに


    なぜアリは交通渋滞を起こさないの?理由は「目的」にあった

    特にアリは昆虫の中でもトップクラスに、頭も良く力も相当ありますね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 i-zukan.jp)


    アリは昆虫の中では力も強いし、頭も良いし、最強。

    <このニュースへのネットの反応>

    【人間は交通渋滞を起こすけれど、なぜ「アリ」は混雑しないのか?理由は「目的」にあった。】の続きを読む


    Homalictus terminalis/Credit: James Dorey / Flinders University

    Point

    フィジーで、新種のハチが9種類発見されるも、すでに絶滅の危機にある

    ■気候変動や人為的な環境変化によるストレスが、ハチ減少の大きな原因となっている

    フィジーにいるハチの大部分は、比較的気温の低い高地や高山にしか住み着かない

    オーストラリア・フリンダース大学の研究により、フィジーにて新種のハチが9種発見されました。

    しかし研究主任のジェームズ・ドリー氏によると、ハチたちはすでに絶滅の危機に瀕しているといいます。

    気候変動や有害植物、人為的な生息環境の変化によるストレスが大きな原因となっているようです。

    研究の詳細は、「journal Zootaxa」に掲載されました。

    Review of the bee genus Homalictus Cockerell (Hymenoptera: Halictidae) from Fiji with description of nine new species
    https://mapress.com/j/zt/article/view/zootaxa.4674.1.1

    比較的涼しい高山にしか住まないハチたち

    発見された新種はすべて「Homalictus」と呼ばれるミツバチの亜属に含まれています。生息範囲はスリランカから東南アジアオーストラリア、サモア、マリアナ諸島と広範囲に渡ります。

    新種はすべてフィジーに土着のハチであることが分かっていますが、深刻化する温暖化が彼らの生活を脅かしている状況です。

    フィジーにいるハチの大部分は、海面800m以上の高さにある高地にしか生息していません。これは、ハチたちが少しでも温度の低い高地や高山に居を移すことで、命を繋いでいる証拠であり、同時に彼らが温暖化に対して脆弱であることを物語っているのです。

    発見された内の1種は、絶滅の危機にあることを強調するために「Homalictus terminalis(=末期のHomalictus)」と命名されています。一番上の画像がそれです。

    Homalictus terminalisも、ナディという町の近くにあるバチラム山の頂上付近にしか生息していません。

    新種の一種「Homalictus groomi」/Credit:James Dorey / Flinders University

    ドリー氏は「温暖化によって、ハチたちの生息場所が徐々に山の上へと追いやられており、このまま気候変動が続くと、山の頂上にも住むことができなくなるかもしれない」と指摘しています。

    かの有名な天才物理学アインシュタインも「地球上からハチが消えたら、人類は4年しか生きられない」という言葉を残しています。

    日常の中で、ハチを意識することは少ないと思いますが、彼らの絶滅は人類存続の問題に大きく関わっています。ハチは、受粉媒介者として植物の生態系を維持する重要な役割を担っており、植物の減少は地球の滅亡にも繋がるのです。

    花はハチの音が聞こえると、一時的に「蜜を甘くしよう」とがんばることが判明


    新種のハチが発見されるも、すでに絶滅のピンチ

    今まで見つからなかったものある意味奇跡!


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.cnn.co.jp)


    羽が明るく、何か特殊な蜂ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【フィジーで「新種の蜂」発見!しかしすでに絶滅の危機に。】の続きを読む


    「子供とよく来る公園、砂場が使用中止になっててえぇ...と思ったら、想定外の理由だった。...なら仕方ないか、うん」

    こんな投稿をしたのはツイッターユーザーの空転(@Kuten_W)さんだ。2019年9月14日東京都府中市内のある公園の砂場が封鎖されているとツイートしたところ、17日時点で3万件を超えるリツイートを獲得するなど大きな反響を呼んでいる。

    砂場が封鎖された驚きの理由とは――?


    砂場を囲むように置かれた柵には、以下のような貼り紙が貼ってある。

    「現在この砂場には、一部他府県において絶滅危惧種に指定されている希少なハチが巣を作っています。
    そのため、最短でも来年6月頃までの間、砂場を閉鎖し利用中止させていただきます。
    皆様には、ご迷惑をおかけしますが、ご理解くださいますようお願いいたします。
    なお、むやみに手を出さなければ危険性はありません」

    なんと砂場に「ヤマトスナハキバチ」というハチが巣作りをしているという。ヤマトスナハキバチは環境省レッドリストにも掲載されているほか、茨城では絶滅危惧2類(絶滅の危険が増大している種)に分類されるなど珍しい種だ。

    しかし卵が羽化する翌年6月頃まで砂場を閉鎖とは、思い切った施策だ。どういう経緯でこうなったのか、Jタウンネット2019年9月17日府中市環境政策課の担当者を取材した。

    担当者「非常に稀なケース

    担当者によれば、巣に気づいたのは6月19日に市民から届いたメールがきっかけだ。「砂場に虫がたくさんいるが貴重なハチではないか」という内容だったため、大学の先生を経由して専門家に調べてもらった。

    その後7月3日、「ヤマトスナハキバチ」ということが判明したという。


    砂場は調査を始めた6月下旬から簡易的に閉鎖。8月下旬からはフェンスをたて、ハチの説明なども掲示し、利用者や近隣住民に理解を求めている。

    珍しい動物や昆虫による巣作りのため、公園の一部を閉鎖とはよくあることなのか。担当者は、

    「私が知る限りではないです、非常に稀なケースですね」

    と話す。

    ヤマトスナハキバチは現在繁殖中。10月頃までに羽化できなかった幼虫は翌年6月頃の羽化が予想され、その後の砂場利用についてはそれを見てからの判断となる。担当者は、

    「翌年6月に羽化した成虫が見られた場合は引き続き保護の措置をとる必要があるんじゃないかということで協議をしようと思っています。見られなかった場合は、越冬はしなかったのかなということで、本来の公園利用に戻すという判断もあり得ると思います」

    と話しており、現時点では砂場の再開がいつになるかは分からない。


    担当者によれば、珍しいハチということでマニアが持ち去る可能性もあるため、公園名は伏せてほしいとのことだった。

    まさかの珍しいハチ(空転@Kuten_Wさん

    珍しい蜂で、絶滅危惧種だったら仕方がないですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 codomoto.net)


    自然を守るためには仕方がないのかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【「なんで」? 公園に遊びに行ったら「砂場」が使用中止に!意外な理由が・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ