お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:娯楽 > 漫画


    (こくさいナースデー、International Nurses Day) の、日本で制定された記念日としての名称である。フローレンス・ナイチンゲールの誕生日に由来し、ナイチンゲールの日とも呼ばれる。 1953年、アメリカ合衆国保健社会福祉省で「看護師の日 (Nurses Day)」に制定しようとする運動があったが、実現しなかった。
    4キロバイト (549 語) - 2019年5月11日 (土) 12:19



    (出典 i.ytimg.com)


    奇跡の看護婦としか言いようがありませんね。

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/01/10(金) 19:49:00.032


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    あの「ナースコール」を生み出したナイチンゲール!
    彼女の働きにはいつも驚いています。

     


    【病院でのナースコールを考えだした「ナイチンゲール」その画像を集めてみた。】の続きを読む


    浦安鉄筋家族』(うらやすてっきんかぞく、SUPER RADICAL GAG FAMILY)は、浜岡賢次による日本のギャグ漫画。略称は「浦安」(うらやす)、「浦鉄」(うらてつ)、「浦筋」(うらきん)など。本記事では続編の『元祖!浦安鉄筋家族』(がんそ うらやすてっきんかぞく)、『毎度!浦安鉄筋家族』(まいど
    35キロバイト (3,809 語) - 2019年12月2日 (月) 05:32



    (出典 anibu.jp)


    どのように実写化されるのか気になる所です。

    1 スピカ(栃木県) [ニダ] :2019/12/02(月) 10:16:37 BE:886559449-PLT ID:OIWQKtHl0●.net

    sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
    「浦安鉄筋家族」2020年4月クールでドラマ化!主演は佐藤二朗に決定『俺が主演でエエんかいな』


    シリーズ累計発行部数4400万部の人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」が佐藤二朗主演で
    ドラマ化されることが発表された。2020年4月からテレビ東京系の金曜深夜「ドラマ24」枠
    (毎週金曜深夜0:12-0:55)で放送される。放送決定に併せて、主演の佐藤らからコメントが到着した。

    同枠は、「きのう何食べた?」や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、現在放送中の「孤独のグルメ Season8」など
    数々のヒット作を生み出し、1月クールには滝藤賢一と古館寛治がW主演を務める「コタキ兄弟と四苦八苦」の
    放送も控えている。

    ■ 主演・佐藤二朗×監督・瑠東東一郎×脚本・上田誠!

    原作は、浜岡賢次による同名漫画。同作は「週刊少年チャンピオン」で25年以上連載を続けており、
    特に30代・40代から絶大な人気を誇るギャグ漫画シリーズ。

    実写化は難しいと思われていた同作を、主演・佐藤二朗、監督・瑠東東一郎(「おっさんずラブ」他)、
    脚本・上田誠(ヨーロッパ企画)という布陣で初のドラマ化。

    子供から大人まで幅広い支持を得る個性派バイプレイヤーの佐藤が、とにかく“超テキトー”で
    だらしがない大沢木家の大黒柱である“大鉄”を演じる。

    「ドラマ化」という事で、どういった風に仕上がるのだろうか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00214321-the_tv-ent


    【(朗報)ドラマ化大丈夫?「浦安鉄筋家族」30代40代共に人気な漫画!】の続きを読む


     日本の漫画やアニメゲームには世界中にファンがいる。中国人の若者の間でも人気が高いわけだが、日本の漫画やアニメには中国人からするとどうにも納得できない1つの描写があるのだという。

     中国メディアの今日頭条は2日、日本の漫画やアニメにはしばしば「中国人キャラクター」が登場するが、このキャラクターには日本人の固定概念が反映されており、中国人からすると理解に苦しむものもあるとする記事を掲載した。

     記事は、かつて推理小説が大衆の人気を集めた黄金期に、英国の推理作家ドナルドロックスが記した「ロックスの十戒」について触れ、推理小説を執筆する際のルールの一つに「中国人を登場させてはならない」というものがあると紹介。これは、中国人が武林の達人として物語に登場すると、推理の軸が揺らいでしまうとして含められたものと説明した。

     しかし、時代は移り変わり、「現代のアニメや漫画、ゲームには必ず中国人キャラクターが登場するようになっている」と指摘。なかには中国人キャラが主役として描かれるものもあるが、「日本のアニメーターが描き出す中国人キャラクターには大きく分けると3つのパターンしかない」と主張した。

     その3つのパターンのうちの1つは「カンフーの使い手」であること、2つ目は「中華料理を作る料理人」であること、3つ目は「チャイナドレスを着て、女性の髪型は二つにまとめたお団子ヘアー」というものだと主張。

     これらのパターン日本人中国人に対する固定概念を示しているとし、中国人からすると理解に苦しみ、複雑な気持ちになるようだが、ストーリーを展開させるうえで重要な役割を果たす中国人キャラクターも多いゆえに、「中国の要素は日本のアニメや漫画の関連産業に大きな利益をもたらしているのは間違いない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    日本の漫画やアニメに登場する中国人キャラは「だいたい3つのパターン」=中国

    確かに日本人の中国に対するイメージは、カンフー、中華料理、チャイナドレスですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 jp.xinhuanet.com)


    後は、中国人のキャラが最後に「アル」をつけるパターン!

    <このニュースへのネットの反応>

    【日本のアニメなどに出てくる「中国人キャラ」大体3パターンぐらいある。】の続きを読む


    ながしまひろみ(@nagashitake)さんの描いた『おするばん』という漫画をご紹介します。

    物語に登場するのは、1人の女の子です。目に涙をにじませながら、玄関で「行かないで」と訴えていて…。

    『おるすばん』

    女の子の正体は、1匹の黒猫でした。さびしさをまぎらわすため、飼い主さんの匂いが残った布団に体をこすりつけたり、好物のおやつを思うがままに食べたりと、家の中で自由に振る舞います。

    漫画に対し、ネット上では次のような感想が相次ぎました。

    ・うちの猫と重ねてしまって、涙が出てきた。

    ・そうきたか!読み終わってからもう一度読みたくなる作品だった。

    ・こんなの読んじゃったらダメだ…。愛猫を置いて、仕事になんかいけない。

    飼い主が留守にしている時に、ペットがこんな風に帰りを待ちわびていると思ったら、胸がギュッと締め付けられますね。

    漫画を読んで、多くの飼い主が「いつだって大好きな我が子と一緒にいたい…」と願ったことでしょう!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @nagashitake



    こういったものを見ると猫をおいては出かけにくくなりますね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 image.jimcdn.com)


    1人という孤独の寂しさが伝わってくる漫画です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(漫画)「おるすばん」何か切なくて涙の出る物語、そして最後には・・】の続きを読む

    このページのトップヘ