お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:動物 >


    goldfish-178584_640_e

    kaori/pixabay

     金魚といえばお祭りの金魚すくいで持ち帰るものといったイメージがあるが、フランスでも、イベントなどの景品で金魚が提供されているという。

     問題はその後だ。フランスでは、金魚を持ち帰ったのはいいものの、適切な飼育をせず、途中で飽きてトイレに流したり、川に放流する人が多いという。

     そこでパリの水族館が立ち上がった。金魚たちを救うべく、飼い主から引き取り、水族館で飼育するという救済・保護活動を2年前から行っている。

     現在、同水族館では救済された金魚600匹が、もともと飼育されている金魚に混じって飼育されており、展示は人気を呼んでいるそうだ。

    ―あわせて読みたい―

    アメリカの湖で巨大化した金魚が猛繁殖、生態系への影響を懸念(米カリフォルニア州)
    金魚の手術、続々と。英国では2匹の腫瘍摘出手術が同日に行われる。
    金魚だって仲間を見捨てない。上手に泳げない金魚を支えて餌を食べさせてあげる金魚
    金魚はタクシーじゃないから。カエル氏、金魚の背中にしがみついて水中を移動することを覚える。
    障害を抱え泳げなくなってしまった金魚が、仲間を得て再び泳げるようになるまでも物語(アメリカ)


    Paris Aquarium offers sanctuary to 600 goldfish

    トイレに流される金魚を救って!

     パリ最大の設備を持つパリ水族館で、金魚を救済・保護する取り組みのアイデアが浮かんだのは、今から4年前のことだ。

     水族館の見学者らが、当時の館長や職員に、「不要になった金魚をトイレに流す飼い主がいるが、救って保護すべきだ」という意見を伝えたことがきっかけだったという。

    fish-881161_640_e

    endlesswatts/pixabay

     特に、子供がいるパリの家庭では、子供たちがお祭り時に賞品として金魚を持ち帰ってくるのが典型的だそうだが、結局はそれらの金魚は“迷惑なペット”にしかならないという。金魚の正しい飼育法がわからないという飼い主が多いからだ。

     パリ水族館の現館長エデュアルド・ダ・フォルノさんは、金魚が捨てられる事実について、次のように話している。


    金魚は、子供たちを喜ばせるためだけにイベントで提供されます。飼育法や金魚の生存条件などは与える方も受け取る側も、よく知らないということが多いのです。

    十分な情報を持っていないことと、パリの多くの家族が金魚に適したサイズフィルター付き水槽を収容できるほどのスペースがある住居に住んでいないため、最終的には飼育できずに金魚は捨てられてしまうのです。


    veiltail-11455_640_e
    Hans/pixabay

     小さな水槽では通常5cmほどにしか成長しない金魚は、輪になって泳ぐ小さな魚というイメージが強いが、野生の金魚は5年で成熟すると最大40cmほどにまで成長し、寿命は30年とも言われている。過去に、45年生きた金魚もおり、それは最も長生きしたものとして認識されているという。

    金魚を引き取って飼育し、展示する保護・救済活動

     そこで水族館は、2年前から本格的に金魚の救済プログラムを開始した。館内に金魚の保護施設を作ったのだ。

     不要になったと飼い主から引き渡された金魚の多くは、健康状態が悪いものが多いため、1匹ずつ抗生物質や抗寄生虫治療を含む医療措置が施さる。

     残りの魚と一緒に水槽に移されるまで約1か月間隔離されるが、一部の金魚は生き延びることができず、死んでしまうこともある。

     それでも、保護された多くは元気になって繁殖している。

    aquariums-1867308_640_e

    Pexels/pixabay

     パリ水族館では、サイズの異なる金魚を3つの大きな水槽に分け、ライオンヘッドと呼ばれる金魚や、日本で一般的に見られる複数の種類の金魚と一緒にして、4万リットルの水槽で飼育中だ。

     このように整った環境の飼育下では、金魚は体長30cmぐらいまで成長し、20年ほど生きることができるのだそうだ。

    goldfish-573684_640_e

    Jaffe/pixabay

    救済プログラムの目標は飼育法と環境への影響を伝えること


     金魚を引き取って水族館で保護するという取り組みは現在、パリ市民のみを対象に行われているが、便利で金魚に優しい対処法として、水族館へ足を運ぶ飼い主は、月に平均50人にものぼるという。

     パリ水族館側は、この救済プログラムを通して、家庭での金魚飼育に何が必要かということを人々に知ってもらいたいと話している。


    金魚を生きたままトイレに流すよりも、ここに持ち込んでくれる方が、金魚にとって適切な場所で生活ができます。下水システムで処分されると、ほぼ死ぬことは確実ですから。

    また、金魚を池や川などの野生に放流すると、同じ水が最終的に私たち地元の小川や河川に流れ込むため、環境にいいとは言えません。金魚に何らかの寄生虫ウイルスがある場合は、病気が他の種に広がる危険性があります。

    生き延びた金魚は、巨大に成長し過ぎて迅速に繁殖し、在来種と競合して地元の生態系に大損害を与える可能性があり、結局のところ金魚の野放しは環境に悪影響なのです。(フォルノ館長)


     金魚は、金魚鉢のような小さな環境で飼育されると、うつ病になり苦しむこともあると言われている。そのため世界の一部では金魚を金魚鉢に入れての飼育を禁じている地域もあるそうだ。

     スイスでは、金魚が寂しい思いをすることから1匹で飼育を禁じている

    goldfish-2406298_640_e

    suncy95/pixabay

     飼い主から捨てられた金魚にとって、パリ水族館での保護は狭い金魚鉢スペースを奪われたり、飼い主によって命を奪われたりすることなく、新しく適切な生活を与えられる最高の場所といえよう。

     現在、同水族館では、これまでに救助された金魚600匹と併せて1000匹以上の豊富な品種の金魚が展示されており、元飼い主が様子を確認したい場合も含めて一般の見学者以外にも開放しているという。この救済プログラムは引き続き行われる予定とのことだ。

    References:Mental Flossなど / written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52284920.html
     

    こちらもオススメ!

    ―水中生物についての記事―

    タコの知性爆発!障害物で隠された隙間をすり抜け見事脱出を成功させる
    その魚、あまりにも人面魚。人の顔そっくりの模様を持つ鯉の姿が話題に
    捕食者の存在が獲物集団の健康改善に役立つ可能性が示唆される(米研究)
    深海のエイリアン。有明海のワラスボが海外で注目されている件
    水中の魔法のじゅうたんかな。大きなマンタと寄り添う魚のランデブー(トリニダード・トバゴ)

    ―知るの紹介記事―

    体内に入った精子により記憶力が向上するミバエのメス(フランス研究)
    水泳用グッズが役に立つ。催涙ガスから身を守るための7つのポイント
    生姜パワーで風邪予防、プルプルおいしい「生姜シナモンミルクティープリン」のレシピ【ネトメシ】
    通い慣れた本屋にいた1匹の猫...お店にいた猫と顧客の心温まる物語が共有される
    脳を半分切除しても普通に生活を送れる人がいる。その理由が明らかに(米研究)
    トイレに流される金魚を救え!フランスの水族館が金魚の保護施設を作る


    金魚の飼育が難しく飽きる人が多い以上、こういった活動はとても貴重だと思います。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.aquarium-favorite.com)


    持ち帰る金魚は良いけれど、その後の飼育が大変!
    こういった活動はとても良いと思います。

    <このニュースへのネットの反応>

    【トイレに流される「金魚」を救おう!パリの水族館が保護活動を開始。】の続きを読む


    no title

     魚が猫化した、とでもいうのだろうか?水族館の水槽の清掃をしていた男性に1匹の魚が近づいてきた。男性の膝までくると、なにかを催促している。

     男性はすぐに察したようで、いとおしそうにその魚をなでてやる。この魚、なでてもらうのが目的で近づいてきたようなのだ。

    ―あわせて読みたい―

    このなつきっぷりは!?ダイバー女性の唯一無二の親友となったのは巨大ウツボ
    かわいいじゃないか!魚の猫化進む。毎日なでなでを要求する魚、水槽に手を突っ込んでそれに応える飼い主
    海底神社の主、コブダイの頼子さん。25年来のダーリン(人間)にスリスリちゅっちゅ(千葉県館山湾)
    異種愛炸裂。巨大ウツボをまさかのムツゴロウ撫でするダイバーの相思相愛物語
    トラフザメだって甘えたい。水槽のガラスを掃除していたダイバーにモフを要求し、撫でられて幸せそうなトラフザメ


    When you're sorting the tank filters and a big boye wants cuddles

     水槽清掃をする男性の姿を確認した魚は、
     後方から一直線に男性のそばに泳いでやってきた。
    4

     男性はまず後頭部あたりをなでてやる。
    5

     そして次は喉元あたりをまたなでなで。頭とか喉元とか、この男性は自宅で猫を飼っているのだろうか?猫が喜ぶ部位をなでてあげている。

    6

     魚もとってもうれしそう。なで方は間違っていないようだ。
     もしかしたら魚が猫化しているのかもしれない。
     前世が猫だったのかもしれない。

    7

     なんだか魚か猫に見えてきてしまったけどもこれは水槽の中での出来事だ。魚はその体を男性にあずけ、足元にぴっとりとくっついている。

    8

     その仕草もまんま猫じゃないかい!

     魚の種類はちょっとよくわからないけれど、魚類の中には賢くて人懐っこいタイプも存在するようなので、もし人間が水中で暮らせるような時代になったら、魚と濃厚な関係を築くことができるのかもしれない。

    追記(2019/10/20):コメント欄によるとこの魚はクエで、大阪府大阪市港区にある海遊館での一コマだそうだ。

     クエは男性に寄生虫落としてもらってるようで、中でもこの子とほかの種類の魚3匹くらいはこの男性に寄生虫取ってもらうのが好きなんだそうだ。

     海遊館では1日3回、水槽清掃員が潜って掃除やら寄生虫やらとってるそうで、その姿を実際に見るチャンスがあるという。

     ついでにあのぽちゃっとかわいいワモンアザラシぬいぐるみゲットできるチャンスもあるな。


      全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52283686.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動画の紹介記事―

    海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)
    ネトフリ大好き柴犬?ポップコーンを食べながら人間さながら椅子に座って映画鑑賞
    720種の性別があり、脳もないのに学習能力を持つ。自己修復可能な脅威の生命体の姿が明らかに(フランス)
    お父さんはがんばった。娘のために人間UFOキャッチャーマシーンを自作。クレーンには愛娘が!(アメリカ)
    お父さんが好きすぎる子猫。お父さんを追って屋根の上まで上がってスリスリ

    ―水中生物についての記事―

    海岸で人形の首がゆっくりと動いていく。そこには悲しい事情があった(アメリカ・ウェーク島)
    深海に開く水中花火かな。クルクルと螺旋を描く優美なサンゴの映像
    グッピーが教えてくれた生物が進化する理由(米研究)
    深海の生物ってやっぱりすごい!ヒラヒラと舞うその姿はまさに異星クリーチャーなタコが撮影される(アメリカ)
    南極の氷床3500メートルで未知なる生物を発見。半透明のプニプニしたこの生き物はいったい何!?
    魚だってなでられたい。水槽清掃員にピタっと寄り添いなでてもらうのを待っている猫みたいな魚

    こう見てみると「魚」は意外と愛着がありますね。食べるのがもったいない。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    単純にえさを求めてやってきたのでは?

    <このニュースへのネットの反応>

    【食べるのはダメ!「魚だってなでられたい」清掃員に近づいてくる魚。】の続きを読む

    このページのトップヘ