お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:動物 >


     京王電鉄2020年4月13日、駅に「ツバメのフン受け板」を設置すると告知。ひなが巣立ち、巣の利用を終える7月ごろまで設置する予定です。

    【画像】板で「ポトッ」と落ちるフン被害を低減

     この施策は、鳥類の保護活動を行うNPO法人 バードリサーチの協力で2014年度から行う毎年恒例のもの。

     里地里山の減少や軒下がある日本家屋の減少などを背景に、近年、ツバメが駅に巣を作ることが増えています。ほのぼのする光景であると同時に、「ポトッ」と落ちるフン被害もどうしても発生します。利用客や駅設備にも、ツバメの住環境にも配慮した“やさしい”活動です。

     フン受け板のデザインには、京王電鉄キャラクター「けい太くん」と京王線5000系キャラクター「しんごくん」をあしらいツバメが卵から産まれて巣立つまでの姿を描きます。

     また、バードリサーチの公式サイトでは他所で同様の対策をしたい人に向けて、同じフン受け板が作れる「フン受け作成キット」「認知ポスター」「対策Q&A」の制作・対策3点セットを無料配布しています。

     皆さんも優しく見守ってくださいね

    カナブンさん)

    駅に設置するツバメの「フン受け板」

    こんなコロナ騒ぎの最中、良く帰って来たツバメさん!乗客とツバメにも良い糞受け板はナイスです。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    ツバメ(燕、玄鳥、乙鳥Hirundo rustica)は、スズメ目ツバメツバメ属に分類される鳥類。古くはツバクラメあるいはツバクロと呼ばれた。 北半球の広い範囲で繁殖する。日本では沖縄県でも繁殖する。日本で繁殖するツバメの主な越冬地は台湾、フィリピン、ボルネオ島北部、マレー半島、ジャワ島などである。
    17キロバイト (2,333 語) - 2020年4月8日 (水) 07:14



    (出典 storage.tenki.jp)


    ツバメにも乗客にも優しい対応だと思う。

    <このニュースへのネットの反応>

    【今年も無事に帰ってきたツバメさん!京王電鉄が「ツバメの糞受け板」設置へ、】の続きを読む


    写真撮影にハマっている、とち(@solexae86)さんがTwitterに投稿した2枚の画像に、大きな反響が上がっています。

    ある日、カメラを持って外に出ていた投稿者さん。空に鳥の群れが現れたそうです。

    鳥たちを収めようとシャッターを切り、写真を確認した投稿者さんでしたが…。

    「僕が撮りたかったのは、これじゃない」

    そんなひと言を投稿時に添えるほど、想像とかけ離れた姿がカメラに収められていました。それが、こちらです!

    鳥たち「スン………」

    写真には、羽をきれいに閉じた鳥たちが写っていたのです!

    投稿者さんいわく、写真は余白を少しカットしただけで、後は無加工とのこと。

    撮影した本人も困惑する不思議な写真は拡散され、41万件以上の『いいね』と、コメントが寄せられています。

    ペンギンが泳いでいるように見えました。

    ・こんなにも羽ばたいていない鳥たちを写真に収めるなんて、奇跡ですよ!

    ・倒れたボーリングのピンみたい!めちゃくちゃ笑いました!

    投稿者さんは反響に戸惑いつつも「少しでも笑っていただけたなら幸いです」と、つづっています。

    鳥たちのトリッキーな写真に、多くの人が笑いました!


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @solexae86


    鳥達が一斉に羽ばたく事はよく見ますけど、ここまで飛び方にこだわって飛んでいるとはとても驚きです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 images.china.cn)


    良く撮れていますね。鳥がこのように飛ぶなんて驚きです。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(写真)まるで倒れたボウリング玉!?写真に写った鳥の群れが面白すぎる!】の続きを読む


    0_e

    Vipersniper/iStock

     かつて地球上にはけた外れの巨大な鳥たちが存在した。3700~4000万年の南極には、体高2メートル前後のペンギンがいたらしいし、16世紀まで体高3メートルにも成長する最大の走鳥類ジャイアントモアがいた。

     だが現在も、まだまだ大きな鳥は存在する。ここでは現在も地球上に生存する、比較的大きな15の鳥たちを見ていこう。

    ―あわせて読みたい―

    かつて南極に、人間を超える大きさのメガペンギンが存在していた(アルゼンチン研究)
    海に住む巨大種たち。海に潜む巨大な18の生物
    大きくなれよ・・・通常よりもかなりどでかい15の巨大動物たち
    博物館の標本を使い、700年前に絶滅した巨大鳥「ジャイアントモア」のゲノムを再構築。再び蘇らせることはできるのだろうか?
    だってオーストラリアだから。オーストラリアの巨大な7つの生物たち(※クモ・ワニ出演中)

    1. ダチョウ


    1_e

     世界最大として知られるダチョウは、羽根があるが飛ぶことはできない。その代わりに、毎時速約69.2kmの速さで走ることができる。1時間で48km~56kmほどの距離を進むことが可能だという。

     体重は約99.8kg~136kg、体高244cm~274cmほど。寿命は通常50年ほどだが、80年生きるものもいるという。飼育下では短命の傾向がある。主にアフリカに生息。

    2. ヒクイドリ


    2_e
    bendenhartog/iStock

     オーストラリアニューギニア島の領域に生息する。日本では、喉の赤い肉垂が火を食べているように見えたことから、この「ヒクイドリ(火食鳥)」と名付けられたという説がある。

    ダチョウに次いで世界で2番目に大きな鳥とされ、アジアでは最大となる。ダチョウと同じく飛ぶことはできない。平均体重はダチョウに次いで思い58.5kgだが、体高はエミューに次いで3番目となり、150180cmほど。最大のもので2メートル近くにまで成長する。果実を中心とした雑食性で、平均寿命は40~50年。

    3. エミュー


    3_e

     オーストラリアに生息する飛べない鳥。タスマニア島とキング島のエミューは、1788年に絶滅した。泥で汚れたような茶色の深く繊細な羽毛を持つ。

     体高はダチョウに次いで世界で2番目に大きいとされる。平均の高さは158cmほどだが、最も背が高いものだと190cm近くに達し、体重は最大で70kgまでに成長。平均体重は32~40kg。

     時速50kmでの走行が可能で、長距離歩行もできる。植物や昆虫を主食とするが、栄養補給せずとも長期間生き続けることもできると言われている。平均寿命は30年~40年。

    4. コウテイペンギン


    4_e

     ペンギンの中では最大種のコウテイペンギン。南極大陸に生息。飛ぶことはできないが、翼のある動物としては、世界で3番目に重いことでも知られており、体重は88kgになるものもいる。最大122cmまで成長する。

     肉食性で、魚やオキアミなどの食糧を手に入れるために80km以上の距離を旅することも。また、水深535メートルに18分潜り続けることができたという記録もある。平均寿命は15~20年ほどとされているが、35年生きる場合もある。


    5. レア


    5_e

     南米に生息する大型の陸鳥、レア。飛ぶことはできない。平均体重は23kg~36kgほどで、平均体高は122cm~152cm。平均寿命は約15年。メスは1年で20~60個ほどの卵を産むとされている。

    6. アフリカオオノガン


    6_e

     アフリカに生息するアフリカオオノガンは、飛べる鳥類の中でも最も重い鳥とされている。一番重い体重で18kgほど。乾いた草地に住み、メスは3~5個の卵を産む。最大150cmにまで成長する。

    7. ニシハイイロペリカン


    7_e

     ペリカンの中では最大のニシハイイロペリカン。飛ぶことができる。大きなものでは体重が33kgほどあるが、平均は11.5kgほど。体高は152~183cmで、羽根を広げると300cm~350cmほどの長さになる。南アフリカヨーロッパに生息し、繁殖期は3~4月。寿命は19~25年。

    8. コンドル


    8_e

     南アメリカ大陸アンデス山脈に生息するコンドルは、南米コンドルアンデスコンドルとも呼ばれる。主食は、大型動物の死体。大きな翼を広げると、体長より200cmも長い全長330cmにもなる。体重は15kgほど。

     繁殖期には、大きさ3~4cmの280gほどあるうっすら青みがかった白い卵を産む。

    9. コブハクチョウ


    9_e

     日本では、くちばし上部の付け根に黒い瘤(こぶ)のような裸出部があることからコブハクチョウと名付けられたが、英語圏では他のハクチョウと比べてあまり声を出さないことから「Mute Swan(ミュートスワン)」と呼ばれている。

     主にユーラシア地方とアフリカ北部に生息。翼幅は254cmほど。繁殖期には1度に10個の卵を産む。

    10. ワタリアホウドリ


    10_e
    CassiekTait/iStock

     ワタリアホウドリは世界最大級の海鳥で、主に南半球に広く生息している。

     翼を広げると最大335cmにもなり、体重は最大のもので12kgほど。ほどんどのワタリアホウドリは、海から離れた場所に住んでいる。

     海で獲物を捕獲する際には、水中150メートルの深さで20分間も動き回ることができる。生涯の90%にわたり、ほとんどを空中で過ごし、滅多に地上に降りないと言われている。

     過去の記録では、12日間で6,000kmを旅したワタリアホウドリもいるという。平均寿命は30年とされるが、最長で50年生きることもある。

    11. 七面鳥


    11_e

     顎部分の赤い肉垂と18本の長い羽毛で固定された扇形の尾が特徴の七面鳥は、平均の全長100125cmだが、メスはオスの半分ほどの大きさしかない。

     体重は最大のもので39kgほど。野生の七面鳥は、繁殖期には小規模な群れを形成して生活する。家畜としても飼われており、欧米ではしばしば祝い行事にローストされた七面鳥が食卓に上る。

    12. ノガン


    12_e
    MikeLane45/iStock

     日本では山七面鳥とも呼ばれている。オスの全長は100105cmでメスは75~80cm、体重はオスが18kg、メスは3~5kg。

     ウクライナドイツの一部地域、スペインや中国北西部、モロッコ北部、ロシア南西部などに生息し、夏季には中国からヨーロッパ東部やイベリア半島へ渡り、繁殖する。交配期以外、メスとオスは1年のほとんどを別々に暮らす。


    13. オウサマペンギン


    13_e

     エンペラーペンギンに次いで、2番目に大きいのがオウサマペンギンだ。南極大陸の異なる島々に生息している。平均体長は94cm、平均体重はおよそ15kg。水中に潜り続けることができる時間は約5分。野生のオウサマペンギンは、ヒョウアザラシやナガスクジラ、サメなど数多くの天敵を持つ。野生の平均寿命は15~20年だが、飼育下では30年ほど生きるとされている。

    14. ナキハクチョウ


    14_e

     ナキハクチョウは、アメリカ北西部やカナダ西部に生息する。

     成長した平均体長は130165cmだがオスは180cmにまでなるものも。オスの体重は10.9~12.7kg、メスは9.4~10.3kg。平均寿命は野生で12年、飼育下で35年ほど。

    15. オオハクチョウ


    15_e

     アフリカオオノガン同様、オオハクチョウは、飛べる鳥の中でも最も重い鳥の1つ。オスは体重7.4~14kg、メスは9.8~11.4kgで、140165cmまで成長し、翼幅は205275cmにもなる。

     ユーラシア大陸やアイスランドで繁殖し、冬季にはヨーロッパ地方、中国やカスピ海、日本の本州を含む北の地域へ飛来する。同じユーラシア大陸に生息するコハクチョウよりもはるかに大きく、長く太目の首が特徴だ。

     なお、このリストは『thewondrous.com』に掲載されたものだ。

    written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52275010.html
     

    こちらもオススメ!

    ―動物・鳥類についての記事―

    いやちょっと待て、このサイズは反則だろ?オオサンショウウオの手の大きさが世界中で話題に
    犬?オオカミ?シベリアの永久凍土で発見された1万8000年前の動物の子どもの謎(ロシア)
    5匹の子猫をあたため続け、寒さから守りぬいた野良犬の保護物語(カナダ)
    猫の尻尾の付け根の部分を触ると皮膚はどのような動きをするのか?ほぼ無毛の猫、スフィンクスで実験してみた
    成功も失敗もあるそれが犬生。ソファに乗りたかったコーギーの見せたドラマチックな表情

    ―知るの紹介記事―

    そうだ、男ならロシアへ行こう。女性の数が男性よりも圧倒的に多いロシア、その理由とは?
    日本の外食大手初、ケンタッキーが子ども食堂にチキンを無償提供
    5匹の子猫をあたため続け、寒さから守りぬいた野良犬の保護物語(カナダ)
    背筋が凍る人続出、ネット上で共有されている本当に怖い話(前編)
    貧しい地域の人々が抱える借金を完済し、現金入りの封筒を置くトルコのロビン・フッド。それが誰なのかは誰も知らない。
    現在地球上に生存する15の大型の鳥

    地球上にはこんなに大きな鳥たちが生息しているなんて驚きです。
    でも、あまりにも大き過ぎて、とべない鳥たちも数多くいます。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 ikimono-matome.com)


    こんなに大きいと飛ぶ事はきっと難しいのだろう。

    <このニュースへのネットの反応>

    【エッ!こんなに大きいの?地球上に住む巨大な「鳥」をまとめてみた。】の続きを読む

    このページのトップヘ