お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ:雑学 > 美術



     ペーパークラフト界の寵児、空箱職人はるきるさんの新作が話題を呼んでいます。一つの箱から幻想的ともいえる光景が生み出され、多くの人の目を引いています。

    【さらに詳しい元記事はこちら】

     「トワイニング紅茶の空箱で工作しました!」と2枚の画像をツイッターに投稿しているはるきるさん。1枚目の画像は、トワイニング紅茶のゴールデンアッサムの箱。2枚目の画像は、トナカイのような幻想的な形をした角を持つ鹿と、その鹿に片手を伸ばし、コミュニケーションを取っているかのような人物。


     その人物は金色の冠に赤い髪、きゃしゃで細い体は女性らしさを感じさせます。ゴールデンアッサムのロゴが入った紺色のパッケージ部分を使った、紺色の細身のドレス

     鹿はトワイニング紅茶のパッケージから、さらに神獣のような雰囲気をまとって抜け出してきたような感じ。赤地にオレンジや黄色の優美な曲線で彩られたパッケージの模様を生かし、威風堂々といった雰囲気を醸し出しています。角の部分はパッケージ天面などのカールした模様を切り出して立派な角に仕立てています。



     今回もメイキング動画を続くツイートで公開。箱の中の紅茶を取り出した後、箱の糊付け部分を開いて展開し、パーツ切り出していきます。切り出しパーツを三角錐状に立体化し、組み合わせて鹿の胴体の脚を作り、顔の部分を付けていきます。

     くるんとカールしている模様を精巧に切り出し、耳と尻尾になる部分も切り出して鹿の本体に付けて、鹿が完成。

     続いて人物の作成。紺色の部分から切り出しパーツを組み立て、トワイニングの紋章の入った部分に髪の毛と顔の部分を付け、胴体へ。両腕を付けて人物が完成。

     最後に、トワイニングのロゴを切り出し、軽くカーブを付けて自立させて完成。あれ、もしかして一箱の半分くらいしか使っていない……?

     こうして出来上がったおとぎの世界のような作品に、多くの人が感嘆の声。「古いアッサムの地の貴人とその愛獣に見えます」「トワイニングの高貴感が漂っていて、とてもステキ」「絶妙な配色マジック」「映画のワンシーンを見てるような感じ」と、多くの人が作品から漂う雰囲気に酔いしれています。

     今回の作品についてはるきるさんに聞いてみました。箱から受けたインスピレーションに「凛とした森の主と独りぼっちな王女の出会いをイメージしました」と作品のテーマを教えてくださいました。

     箱に描かれている鹿を生かしたいと考えたのが始まり。美しくデザインされている模様は鹿の角に。王冠のロゴと黒と金のデザインを王女にと連想して、イメージを膨らませて立体化しているそう。

     実際に作品を作り上げるのにかけた時間自体は4時間ほどだそうですが、「構想時間もいれると20時間を超えると思います」と、かなり頭の中でじっくりと作品のコンセプトイメージを作り上げていった様子。はるきるさんの創作スタイルは、図面なしでの脳内での組み立てを具現化していくスタイル

     いつもながら、その創作スタイルに感銘を受けているわけですが、今回のファンタジックな雰囲気は、背景に木漏れ日の差す森の中の小さな広場を付けてみたいような、そんな雰囲気。妖精や魔法が登場する物語の始まりをも彷彿とさせる今回の作品、筆者個人的にはシリーズ化して欲しいかも……なんて思ったりもして。

    <記事化協力>
    空箱職人 はるきるさん(@02ESyRaez4VhR2l)

    (梓川みいな)

    一つの空き箱から生まれるおとぎ話の世界 紅茶の箱から生まれた作品に感嘆


    こういった面白い作品を今後とも増やしていってほしいものです。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 otakei.otakuma.net)


    こんな面白いアイディア初めて見ました。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(芸術)ものすごい発想力!?なんと紅茶の空き箱から作品が生まれる。】の続きを読む


     高校生色鉛筆画家の、長靴をはいた猫さん。50時間をかけて描いた犬の絵に「写真としか思えない」「感動した」と称賛の声が集まっています。

    【その他の画像】

     Twitterユーザーのももさんの愛犬、「じん」くんの若かりし頃を色鉛筆だけで描いた本作。凛とした表情のじんくんが見事に描かれており、今にも絵の中から飛び出てきそうに生き生きしています。

     ボケた背景のおかげで、よりその存在感が強いじんくん。きゅっと閉じたお口や、どこかを見つめるつぶらな瞳、ピンとたったお耳や利発そうな表情など、その全てが色鉛筆で描かれています。まるで、そこにいるじんくんをそのまま切り取ったような立体感。これが色鉛筆画なんて、信じられますか……?

     長靴を履いた猫さんは制作動画も投稿しており、ラフの状態から除々に描かれていく絵の様子を見ることができます。色が足されていくたびに、紙の上にあざやかな世界が広がっていく過程は、まるで紙に命が吹き込まれていくようです。

     動画では、ツヤツヤしたお鼻や、光沢のある毛並みが描かれていく様子を見ることができます。色鉛筆だけでこんなにも多彩な描き方ができるなんて……! その超絶テクニックの数々に感嘆してしまうシーンばかりです。 

     何層にも色を重ね、毛を1本ずつ丁寧に描くことでリアルな毛並みとフサフサ感を表現。何色も使い陰影をつけて、立体感を見せていきます。気の遠くなる作業を少しずつ、とても丁寧におこなう、長靴をはいた猫さん。

     投稿には、「毛並みの感触までこちらまで伝わってきて、なでなでしたくなる」「すごいの一言」「瞳の奥に生きた魂を感じた」など、その素晴らしい才能を称賛するコメントが相次ぎました。じんくんの飼い主さんであるももさんのTwitterアカウントには、じんくんの子犬時代から現在に至るまでの姿が投稿されています。絵のキリッとした表情とは違う、とてもかわいらしいじんくんもぜひご覧ください。

     独学で色鉛筆画のテクニックを習得したという、長靴をはいた猫さん。Twitterアカウントでは、他にも生命力を感じる動物たちの作品が投稿されています。また、長靴をはいた猫さんが参加する色鉛筆画家ユニット、イロドリアルは11月23日と24日に大阪南港で行われる「大OSAKA画材まつり」内でデビューイベントを開催するとのこと。才能あふれる作品の数々を生で鑑賞できる、貴重な機会になりそうです。

    画像提供:@erumo_0384さん

    色鉛筆のみで描いた犬が話題

    まさしく写真みたい!どうしたらこのようにきれいに描けるのだろう?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 pbs.twimg.com)


    美術館に飾っていいような絵です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで写真?色鉛筆のみで描かれた犬の絵!かかった時間はなんと50時間。】の続きを読む

    このページのトップヘ