お分かり速報

ニュース、芸能、経済。最近あった出来事を ピックアップ毎日更新していきます。

    カテゴリ: その他


    「河童発見」という衝撃的スクープで、某スポーツ紙が世間を騒がせたことがある。

    岩手県遠野市の小学校裏で、先生と児童が目撃した、という見出しが付いていた。もちろん写真付きで、「全身緑色、頭にはお皿も」という小見出しも付けられていた。

    遠野市にはカッパ淵と呼ばれる場所があり、カッパ伝説が残されている土地として知られている。まさか? と思いつつも、もしかしたら......と食い入るように写真を見つめた人が多かったに違いない(筆者もその一人だ)。

    河童といえば、日本の代表的な妖怪で、伝説上の動物だ。全国各地に河童の伝承が残されている。それだけ身近で、気になる存在なのかもしれない。ひょっとしたら、実際にいるんじゃないか、誰しもそう思っていないだろうか。

    2020年4月17日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

    近所の池の注意看板だというが、河童の絵が「センスありすぎ」だ。

    どす黒い不気味な姿、大きな口をいっぱいに開けて気味の悪い長い舌を出している。手に持った青い玉はいったい何だろうか? 「あぶない」と書かれた文字が、かすれていて、まるで血糊でなぐり書きしたように見えるではないか。あまりにも怖すぎる。

    だが一方で、とても素人が描いたとは思えない、芸術性の高さを感じる。いったいどこの誰が描いた看板だろう。そんな興味も湧いてくる。

    Jタウンネット記者は、投稿者の青硝子(@putitomatoPOP)さんに詳しい話を聞いた。

    「河童がいてもなんら不思議ではないかも......」
    あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより
    あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより

    投稿者の青硝子さんによると、この看板は大阪府の南部に位置する和泉市の、とある池に数年前から立てられているという。

    「池の前の道は木立の中にあるので昼でも薄暗く、昔から不気味でした。近くを通ると何かが鳴いて飛び跳ねる水音が聞こえるので、幼い頃は本気で河童がいると思っていました(音の正体はウシガエルです)」

    河童の伝説も残されているのだろうか?

    「個人的には知りません。ただ、大阪では、何気ない近所の池が実は古墳の堀だったとか、行基が造った池だとか、そんな話は珍しくありません。河童がいてもなんら不思議ではないかも......」

    例の看板については、まったく見当もつかない、ということだった。

    そこでJタウンネット記者は、 和泉市の広報担当に問い合わせてみた

    担当者は八方手を尽くして聞いてみたのだが、看板の設置者、描いた人については、まったく手がかりがなかったということだった。ご近所の有志が、個人的に立てたものかもしれない。看板の設置者の捜索は断念せざるをえなかった。

    「ところで和泉市には河童の伝説は残ってないのですか?」と聞いてみた。すると、「こんなものがあります」と教えてくれた。「和泉のむかしばなし」という書籍の中の、「がたろ」という話だ。

    「川や池には、『がたろ』がすんでいます。『がたろ』が、どんなすがたをしているのか、だれもしりません。
    わかっているのは、ちいさな子どもが川や池であそんでいると、底のほうから、音もなくやってきて、つれていってしまうということだけです。
    そこからさきのことは、だれもしりません。うわさでは、川や池の底までつれていかれ、尻の穴から、生き血をぜんぶすいとられてしまうというはなしです。
    だから、ちいさな子どもだけで、川や池にちかづくのはよしましょう。ちかづいただけで、きっと、『がたろ』が、ニヤニヤしていますよ。」(「和泉のむかしばなし」より)

    「がたろ」の話は、和泉市周辺に多数残っており、いろいろな形で伝わっているという。看板に描かれた恐ろしい河童は、和泉市に伝わる「がたろ」の姿なのかもしれない。

    あぶない。青硝子(@putitomatoPOP)さんのツイートより


    何気なくこっちを見ている「河童」子供が見ると泣きそうになる位とても怖いイラストです。

    果たしてこのイラストはどういった方が書かれたのでしょうか?


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 image.ganref.jp)


    子供は純粋で河童を信じている子も多い。
    しかしこの絵を見るたびに、「本当に河童は存在する」と思う人もいるかもしれない。

    <このニュースへのネットの反応>

    【看板の設置者今だ分からず!!伝説の生き物「河童」その絵がリアル過ぎた。】の続きを読む


     長野県の雑貨メーカーA.Y.Judieは、ガーゼやクロスなどを簡易マスクとして利用できるようにするアイデア商品「なんでもマスク」を4月7日に発売する。ネックトラップに使用するクリップとストラップを使ったもので、子ども用のサイズも用意する。

    【その他の画像】

     簡易マスクは感染リスクの軽減やアレルギー反応を防ぐものではないが、飛沫防止や顔を触るのを防ぐ効果は見込まれる。「マスクの品薄状態が続いており、今後も恒常的な品薄が予想されます。私たちの強みを生かし、何か社会の助けになるような製品が作れないかと考えました」と同社はコメントしている。

     色は、当初ホワイトグレーで、ピンクブルーも追加予定。価格は800円(税別)。

    さまざまな布を簡易マスクに

    こういった「マスク不足」だからこそ、知恵を出しながらこういった物を利用して考えていきたい所です。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 media-01.creema.net)


    品薄状態だからこそ、こういった物を利用していきたい所ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【あるものでマスク代用に!品薄状態のマスク解消にお役立てを!?】の続きを読む


    「僕の部屋には小さな友達が住んでいる」——まるで壁の中に小人の秘密基地があるように感じさせる精巧なジオラマTwitterに投稿され、反響を呼んでいる。

    この記事の動画を見る

    「こびとの秘密基地」は、これまでにも「こびとの旅館」などで話題になったジオラマアニメーターMozuさんの作品。外見はごく普通の部屋の壁だが、実はコンセントが秘密基地への入り口になっている。基地の中は、冷蔵庫電子レンジパソコンが載った机、物が詰まったスチールラックなどがぎっしり。無造作に置かれたリモコンノート、引き出しからはみ出たケーブルからは生活感があふれ、小人が存分に趣味を満喫できる空間となっている。また、電源が入ったパソコンテレビの画面、WiFiルーターの点滅もミニチュア作品とは思えないほどリアルに再現。壁の中には、小人がいない隙に覗いているような光景が広がっている。


    制作したMozuさんによると、「こびとの秘密基地」は「小さかったら、壁の中に秘密基地作るな〜」という発想で生まれた作品。コンセントは本物だが、それ以外は壁も含めて全て手作りで、制作には約4ヶ月かかったという。また、前作「こびとの旅館」で登場したお土産袋が、秘密基地の床にあり、「実はこれ、同じこびとさん達を追っているシリーズなんです!」ということも今回の作品で明かされた。


    小人の存在を感じさせるほど精巧なジオラマTwitterでは驚きや称賛の声が殺到。「アリエッテイがいそう」「完全に生活してる感がたまらない」「ファンタジーどころか凄く現代風w」「普通に、ココに住みたい(笑)小人になって、ひっそりと」といった声が寄せられ、大きな反響となっている。


    なお、Mozuさん初の個展「Mozuアートワーク-ちいさなひみつのせかい-」は、2020年7月15日から8月13日まで東京・西武渋谷店モヴィーダ館のエンターテイメントスペーススペースJ」で開催。個展ではこれまでの作品を直接見ることができる。


    こびとの秘密基地/画像提供:Mozu(@rokubunnnoichi)さん

    まさかのコンセントの向かい側は、私たちが想像もしてなかった世界だった。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.leopalaceresort.com)


    小さな妖精さんが住みそうな世界です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【まるで小人の秘密基地!コンセントの向こう側は別の世界だった!?】の続きを読む


    歯医者さんに行くのが怖い」と思う子供は少なくありません。

    嫌がる子供を連れて行くのは、親にとっても大変なことでしょう。

    三本阪奈(mimoto19hanna)の3歳の息子・ユキくんも、以前は歯医者さんが苦手だったそうです。

    しかし、近ごろは「歯医者に行くよ」と告げると、喜んでいくのだとか。その意外な理由に、笑ってしまいます。

    歯医者さんが好きな3歳児

    優しくてかわいいお姉さんが大好きなユキくん。

    歯医者さんに喜んで行くようになったのも、「助手のお姉さんに会える」という理由からでした。

    好きなお姉さんの前では、謎の『かっこつけ行動』が発動してしまうユキくんが、なんともかわいらしいです!

    漫画を読ん人たちからも、いろいろなコメントが寄せられています。

    ・面白すぎます!我が家の3歳児も赤ちゃんの頃からクレヨンしんちゃん化が止まりません。

    かわいい助手がいる歯医者は子供だけではなく、パパさんも増えます。

    タンクトップアピールが謎すぎる!笑いました。

    動機がちょっと不純でも、喜んで歯医者さんに行ってくれるのであれば、親としては助かりますね。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    mimoto19hanna


    まさしく「しんちゃん」みたいです。男の子も近くに女性がいると照れるのですね。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 www.ha-isha.com)


    奇麗なお姉さんがいる理由で・・・
    小さくても男の子は男の子ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【(漫画)何故か歯医者に行くのを嫌がらない3歳児!その理由が可愛かった。】の続きを読む


    (衝撃)もうすぐ「クリスマス」
    サンタさんのトナカイは実は〇〇だった。

    やはりメスはオスよりも働きますね。

    NO.8008301 2019/12/07 22:01
    サンタさんのそりを引くトナカイに信じられない衝撃的事実が発覚する
    サンタさんのそりを引くトナカイに信じられない衝撃的事実が発覚する
    クリスマスに近づき、サンタさんにプレゼントをお願いする子供達の姿が微笑ましい季節となりました。大人になってからはサンタさんが訪れなくなりましたが、大人になってからも来てくれてかまわないんだよ?と言う気持ちになる子供の心を持った大人達も大量発生する時期でもあります。さて、子供達に夢とプレゼントを世界中の子供達に配っているサンタさんですが、相棒であるそりを引くトナカイに衝撃的事実が発覚したのです。

    ■サンタさんのトナカイに衝撃の事実が発覚!
    サンタさんは今頃世界中の子供にプレゼントを配るための準備をしており、一年で一番忙しい時期にさしかかっていることと思います。

    サンタさんも忙しいですが、大量の荷物をクリスマス当日に運ぶトナカイも夜通し働き大変なことでしょう。

    立派な角を持ったトナカイが、聖夜に世界中を飛び回る姿を想像するだけで幻想的ですね。

    そんなサンタさんのトナカイですが、実は衝撃的な事実が明らかとなったのです。

    ■サンタさんのトナカイ、実は・・・!
    トナカイには立派な角が生えていることから、サンタさんのそりを引くトナカイももちろんオスだと思い込んでいた人も多いのでははいでしょうか。

    結論から言うと、クリスマスにサンタさんのソリを引いているトナカイは、全員メスだったのです!

    オスは秋から冬にかけて角が落ちてしまうと言う事が分かり、立派な角を蓄えてソリを引くトナカイは、全員メスである事がこの事から分かるのです。

    トナカイの雄はクリスマスまで角が保たない、残念な生物だったのです。

    クリスマスに夜通し働くのはメスだったことが判明しました。

    【日時】2019年12月07日 20:48
    【提供】秒刊SUNDAY
    【関連掲示板】


    【(衝撃)もうすぐ「クリスマス」サンタさんのトナカイは実は〇〇だった。】の続きを読む

    このページのトップヘ